人間関係の悩み対処法

人間関係で悩み続ける人は、結局は幸せになれない

人間は社会的動物だ。
どんなに孤独を好んでも、人間関係が悪いままでは、幸福感を得られにくい現実がある。
友達関係、恋人関係、職場の人間関係、取引における人間関係、近所づきあい、親戚関係…うんざりするほど人間関係だらけだ。
孤独のまま、孤立したまま、経済的に生きていくことはできない。
経済的にやっていくためには、社会に関わり、その中で力を発揮していかなければならない。

もし人間関係がまずいと、力を発揮させてもらえない。
能力があっても、潰される。昇進も遅れていく。
どんなに気を使っても、うまくいかなければ、努力をしてもバカを見る。
残るのはどうしようもない孤独感と劣等感。

人間は、人間関係で始まり、人間関係の中でもまれ、そして死んでいく。
逆に言えば、人間関係さえ良ければ、能力がなくても、失敗がいくらあっても、幸せに生きられる。
貴方が築いた人間関係により、誰かが手を差し伸べてくれる。

学校、職場、近所付き合いでの人間関係

人間関係構築に苦手意識がある者は、たった1つのその弱点があるだけで、人生全体が味気ないものに変わってしまう危険性が高い。
人間関係に一見かかわらないところでも、悪影響を受け続けていくし、人生すべてが灰色の鬱屈した空気に染められていくかもしれない。
その威力たるや、人間関係がこじれ続けてしまうと、殺人にまで発展してしまうのだから、我々にどれだけ大きなストレスを与えてしまうのかわかる。

一時的な人間関係ならともかく、中長期的に続いてしまう人間関係の場合、地獄の日々にもなってしまう。
職場、学校、近所づきあい、親戚づきあい…
逆に言えば、人間関係に武器を持てた人間は、それ一つで、裸の自分のまま、世の中を縦横無尽に渡っていける。
明るい色に人生を染め上げていくことができる。

人生全体を貫く幸福感

幸せという感情は、実は人間関係がうまくいっている時に味わえる。
友情、恋人、夫婦仲、家族愛、職場の連帯感、円満な近所付き合い、人の情の素晴らしさ、そして愛。 これらの幸福感は、人間関係と切り離して考えることはできない。
人間関係の武器をもたざる者にとって、どんどん縁が遠くなっていく話だ。
人間関係を苦手のままにしておくと、歳を重ねるごとに、幸せの領域が狭まり、生きづらさの障害物ばかり増えていく。

それが嫌で、現実逃避をし、自分一人の世界で生きようとしても、いずれ限界が来る。
経済的にも精神的にも騙し続けることは決してできない。
人間関係で抑圧を溜め込んで、外に発散する機会がないと、抑うつ状態や孤独感や不安感が勝手に襲ってくるようになる。

コミュニケーション能力と人間関係

もちろん、それがまずいことを誰より理解しているはずだ。
だから、コミュニケーション能力を向上させようと頑張る。

例えば、話し方の技術を身につけようとする。 もっとキレイに話そうとする。 自分を押し殺して、人に合わせれば、うまくやれるかもしれないと思う。 いや、聞き上手になることが話し上手への道だと思う。
人間心理を勉強すれば、うまくいくかもしれない…
それでもうまくいかないと、自分のどこかに人に嫌われる要素があるのかもしれない…という不安がもたげてくる。

こういうふうに試行錯誤をして、ますます自分をなくしていく。 自分を見失っている人間に、人は結構冷たい。
だから、努力の割には、どんどん人間関係がぱっとしなくなり、うまくいかないジレンマに飲み込まれる。
一度人間関係が崩れてしまうと、もっと精神的スランプに陥っていく。
孤独、孤立、対人不安、防衛本能が増していき、他者と人間関係構築する以前の自分の内面の問題になってしまう。

なぜ努力をしても人間関係構築に失敗するのか?

人間関係が苦手な人は、いつのまにか狭い視野でしか物事を考えられないからだ。
もっと別の素晴らしい人間関係構築方法があると、本で読んで頭でわかっても、感覚的につかめない
それは人間関係とは理性のやり取りではなく、感情と感覚の繋がり合いだからだ。

だから、ますます苦手な人は、得意になる機会を一生得られないまま、年をとっていく。
その間に得られたものは、うまくいかない経験値と不安・孤独・焦り・苛立ちといったマイナスの感情だけ。
自然さがなくなるし、ぎこちなさだけが人間関係で生まれる。
そこまでいくと、いくら素晴らしい人間を演じても、表情が強張ったり、視線がきつくなったり、自由に受け答えができなくなり、全てが固まる。
だからもっとうまくいかなくなる。
相手の感情と感覚を動かす前に、自分の脳が勝手に機能停止状態となってしまう。

そうなると、焦りと不安だけが増幅され、もはや本能や無意識のレベルでトラブルが起きる。
素晴らしい人間関係構築本、コミュニケーション能力向上本を何百万円分読み漁っても、ただの気休めに終わる。
気休めをしている間に、どんどん悪い経験値だけは溜まっていく。

そもそも人間関係が得意な人は、苦手な人ほど何にも考えていないし、何か策を練ろうなんて思わない。
狭い視野でとらわれてもいないし、自分を打ち出せば成立すると思っている。
ちょっと潤滑油を流せばいいと思っているし、どうでもいいとすら思っている。 だからうまくいく。
良い経験値が積み重なるし、うまく人間関係が構築できない人間がいたとしても、自分が悪いなんて思えない。
相手がたまたま特殊だったからで終わる。 何にもあとに引っ張らない。

この差って凄く大きい。

人間関係を向上させるには、根本的に自分を変革するしか無い

人間関係とコミュニケーション能力の罠にハマると、頭でっかちになり、マイナスの感情と悪い経験値が増すだけだ。
努力をしても人間関係構築ができない人は、もう知識のレベルで対処できる話ではないということ。
それでうまくいくようだったら、すでにうまく行っていなくちゃおかしい。

だから、根本的な、本質的なところを考えてほしい。
貴方の感情だ。 もっと言えば、情動と本能のことだ。
そこに何か妨げているものはないだろうか?
理性で知識や無理矢理の気合いだけでは手が届かない世界だ。
そこから人間関係対処法をはじめないと、一生うまくいくことはないだろう。

一生の幸福と不幸を決定づける、人間関係 貴方は表面的対策と根本的変革、どちらを選びたいだろうか?

↓↓↓

会話の格闘術はこちら

あがり、過緊張、震えが短期解決へ

会話の格闘術の 体験談 はこちら

 


目次

人間関係対処法のヒント

言葉・講演集を目的別に分けています。
各内容から言葉・講演集へと進むことができます。
ご自分に該当する分野を選んでください。


  1. 人間関係の悩み解消のために うまくいかせる方法と潤滑油の必要
  2. 人間関係の悩みを抱える方へ なぜストレスをためコミュニケーションがうまくいかないか、職場、学校で孤立感を味あわないために
  3. 会話とコミュニケーションを武器に変える秘訣・オーラの獲得方法
  4. 対人緊張の思考と逆転の発想・行動
  5. 自分の個性(キャラ)で生きる
  6. 人間関係向上とあいさつ
  7. 地を見せず上手にキレイに話すことの無駄
  8. 人間関係向上のコツと本能的裏側
  9. 負のオーラの出し方と空気を悪くする秘訣
  10. 人を説得するテクニック その前に・・・
  11. 吃音改善についての話
  12. 愛と孤独とトラウマ
  13. 性の圧倒的抑圧力とその影響
  14. 感情を動かす方法と会話の格闘術
  15. 対人緊張の人のための会話術教室
  16. コミュニケーション能力向上のキーポイント
  17. 職場の環境変化によるストレスで潰れる人

 

岩波英知の言葉・講演集 金言・格言・名言集
言葉・講演集

 

Return To Top Page

 

心理脳内プログラム会話の格闘術メンタル強化脳覚醒特別限定プログラム言葉・講演集当所概要お問い合わせSITEMAP