岩波英知's ドリームアート(東京、大阪)
岩波英知DALへの予約・問い合わせはこちら
 
Return to DAL Dream Art Laboratory HP 岩波英知先生の言葉・講演集 岩波英知のプロフィール、経歴 DAL ドリームアート(東京・大阪)概要 セミナー(東京・大阪)へよくある質問 岩波先生のセミナー/プログラムメール予約はこちら
岩波英知の各セミナーメニュー 東京、大阪で開催
脳覚醒セミナー(東京・大阪)
神経症克服セミナー(東京、大阪)
あがり症克服セミナー(東京、大阪)
不登校克服親子関係支援セミナー
メンタル強化セミナー
コミュニケーションセミナー(大阪、東京)
スポーツメンタルトレーニングプログラム
Dream Art(大阪・東京) 予約メール
東京西新宿連絡事務所
東京西新宿事務所電話番号03-6416-0611
東京都新宿区西新宿 3-5-3-216
大阪事務所電話番号06-6973-6100
大阪市東成区中道3-3-7-207
親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉
岩波英知の言葉集 成功セミナー、自己啓発、経営セミナー、神経症克服、あがり症克服、瞑想セミナー 成功哲学、神経症あがり症克服、潜在意識、瞑想セミナー言葉集トップ
岩波英知の言葉・講演集 話し方、会話、営業術向上のコツ

 会話の格闘術皆伝のキーポイント

「会話の格闘術」とは? 相手の心を揺り動かす技術

人間は感覚の生き物。
その感覚、直感によって、その多くを判断していると言っていい。

同時に人が表現するものすべてが、相手の心に何らかの印象を与えてしまうという現実がある。
会話・言葉・話し方・沈黙・無言・音・トーン・ボディランゲージ・雰囲気・オーラ・視線・眼の光り・笑顔・威嚇・踊り・文章・絵・彫刻・映像・・・。

人間から発せられるものすべて(創作活動も含む)が、相手の心と感情に、時には魂にまで影響を与えている。
もしこちら側が望む時に、何らかのアクションを起こすことで、相手の心や感情を揺り動かすことが出来るのならば、それは夢の技術だ。
こちらの思惑通りに相手の心を持っていくことが可能な人間、その人はどのスキルよりも大きな武器を手にしている。
これ一つだけで、世の中を縦横無尽にわたっていけるだろう。
仕事も恋愛も人間関係も何もかもうまくいく誰もが欲しがるスキルだ。

世の成功者とそれ以外の比率は、そのままコミュニケーション術を武器として使えているか、人に振り回される人間の比率とイコールだ。

・退屈や敵意、不安、恐怖、緊張、苛立ち

・感銘、感動、笑い、情動への波紋、涙

この二つは、表現(会話)を武器として使っているか、平凡以下でやってしまうかの差、相手の反応。
ほとんどの人がそれをはっきり意識していないだろう。

ただ会話や表現技法を無目的に垂れ流していて、設定もなくダラダラと会話をしてしまう。
それがどんな結果に結びつくのか考えていないか、また知っていても、実戦では考えられなくなってしまう。
意図をもってやっても多くの人が結果が出ず、会話本を読み研鑽を重ねても、実践のめまぐるしく変わるお互いの感情の機微の中で、すぐ先細りになっていく現実の壁・・・・。

反射神経、度胸、勇気、ギャップ、生き様、覚悟、押し出し、切り返し、ボケやツッコミ、傾聴、同意、受容、いじり、サプライズ──

どれも大事だと知識でわかっていても、どうしても使いこなせない。
なぜできないのか?と自信喪失に陥ってしまう。

結局、流れのまま身を任せ、結果は出たとこ勝負。
結局運に身を委ねるしかなくなり、その運は宝くじに当たるよりも可能性が低い。

人間関係で武器を持ちたくても持てないままいってしまうから、劣等感が増していく。
気後れ、自信の無さ、結果が出せない焦り、空回り……このマイナススパイラルに入りかねない。

そして、相手の心をつかむのがうまい人を見ると、話し上手になりたいと思ってしまう。
どうにかして上達するために、さらに技術と知識を身につけようとする。
話が上手になればすべてうまく行く、と錯覚を起こす。
この流れに入ると、ますます『話し上手』の世界とは縁遠くなってしまう。

彼らが相手の心を惹きつけているのは、話がうまいからだという結論は、一部当たっているけれど、ほとんど外れていると言っていい。
もしうまい人がいたとしても、結果的にうまく話しているだけの話で、もっとベースの部分から違いが出ていることに気づかないと、一生『話し上手』にはなれないんだ。

恋人を作るには、喋りすぎてはいけない。別の武器がなければ失敗する

一番身近な例だと、恋人をゲットする時、うまく話そう、量をたくさん話して楽しく話そう、それが一番の口説ける方法だと錯覚してしまう。
自分の情報をたくさん開示し、アピールすることで、あの人を振り向かせたいと、特に男はしてしまう。
しかし、たくさん喋った割に、結果は振られてはいないだろうか?
お互い話が盛り上がったんだけど、「友達でいましょう」になっていないだろうか?

どこがまずかったのか? もっと上手く話さなくちゃいけないのだろうか?
冗談をもっと言ったほうがいいのか? それとももっとアピールしたほうがいいのか?
あの時のボケは外したかな…もしかしたら、俺の容姿が悪いからかもしれない。
それならば、挽回するために、もっと完璧に話してやるぞ!

そう思って、ますます話すことだけに磨きをかける。
しかし、女性は、いや男女関係なく人間というものは、たくさん話したからって、その人を認めるわけじゃない。
逆に、その重みのなさ、焦り、意図(スケベ心)、器量のなさ、細かさ、落ち着きの無さを看破して、距離を保とうとする心理的働きがある。

その人をたくさん知らず、その人のことをなんにも知らないのに、男女の仲が感覚が響きあってすぐに成立してしまうことがある。
つまり、話し上手だからとか、相手を楽しませたからといって、恋人になるにはあまりに的はずれな要素なんだ。
人には感覚がある、直感がある、心があり、感情があり、情動がある。
そこに響かない会話は、いくらベラベラ喋っても、決してコミュニケーションの達人とはいえない。

会話よりも圧倒的に勝る人間の武器

男女関係を例に取ったけれど、営業やプレゼンテーション、交渉、職場の人間関係、学校のクラスメート、近所づきあい、あらゆる場所での人間関係に、かなり多くの人が苦しみ傷つき疲れ果てている。
期待したとおりに、相手は動いてくれないから迷い続ける。
なぜか? それは武器を持っていないからに他ならない。

例えば、相手があなた(の話)に退屈する=何の心の揺さぶりを起こしていない、だからです
退屈を与える相手を人は評価しないもの。
ただし、この「退屈」というのは話下手だから、貴方が与えているわけではないので、そこの認識は大事だ。

この会話の格闘術は、話し上手や話下手という会話や話し方のテクニックを超えた、もっと根本的な、『会話なき会話術』のこと。
つまり、極論すれば、貴方の存在そのものが、会話を経なくても相手の感情を揺さぶれる、そうなるプログラムと言える。
相手の心に深い感動と感銘を与え、心を揺さぶり、相手の心理を読み取り、目的に持って行かせる方法を教えることできます。

人間はどこまで言っても動物であり、感覚を最終判断にする。
もし会話のテクニックだけで、相手の感覚を揺さぶろうとしたら、逆に嫌悪感だけを相手に抱かせるようになる。
そこが本を読みまくっても、ある一線を越えられない理由です。

人は徹底的に意図的なことを嫌う。
逆の立場ならば、意図的に話をしてくる人間に対して、抵抗感、嫌悪感、不安感を必ず抱くだろう。
真の感覚なき知識は、必ず意図的に堕していく。

いくら会話の知識を本や話し方教室で豊富に獲得した人間であっても、所詮は一生本を読まされる側。
真のコミュニケーション術を獲得している人は、本は読まず、本を読ませる側に立つ(本を書かなくてもだ)。
だから、本を次から次へと読んでいる時点で、ますます向こう側にいけないという証明になる。

もちろん一線を越えるための準備体操としての本は、無駄にならない。
本にはたくさんの素晴らしいことが書かれてある。
ただし、もっとベースのコアの部分から構築していけば、の話だ。

人間はバカじゃない。話し上手ほど信用されない

世の中には会話本にかぎらず、たくさんの話し方教室が存在している。
ただし話し方の技術を教えてもらっても、現実では役立たないことが多い。
話し方教室は「武器」を与えてくれない。

当プログラムには、あらゆる書籍を読みあさり、話し方教室、自己啓発を受けられた方ばかりが通ってきています。
裏を返せば、それだけ表面的対策に限界を感じている、もっと根本的なことから変えていかなければならないと気づいた人が多いということです。

私のプログラムに通った人で、恋人がいなかった人皆が、魅力的な彼女や彼氏を作っています。
今まで恋人がいなかった人でも作れ、また傷つくことばかりの相手と交際してきた人でも、次は理想の人と結ばれています。
仕事面でも、営業成績が伸び悩んで追い詰められていた人でも、トップの成績を上げるようになっています。

会話の格闘術はただの話し方の技術ではない

あがり症や話し方に弱点を抱え、劣等感と焦燥感に苦しむ人は非常に多い。
元々の能力とは別に、それ一つだけですべて「できないレッテル」を貼られている人もいるだろう。
本当は凄い能力があるのに、適正に評価されない不安は本当にすさまじいものがあると思う。

また、そういう苦境に陥らないために、例えば研究者としてコツコツ一心不乱に何事にもとらわれることなく打ち込んできた人もいる。
しかし、そういう人でさえ、 研究成果が上がったり、その中で出世すると、人前でプレゼンテーションしなくてはいけなくなる。
どの道、社会で生きる以上は、話し方の苦境からは逃れられないということ。

もし、 それがコンプレックスにならず、常に自分に自信を与えるようになったら?
会話の格闘術が身に付いたらどうなるか?
逆に弱点となり自分を苦しめるようになったらどうなるか?

言葉、会話といっても、「発しない」ということも言葉の一つ。
雰囲気・オーラ・喜怒哀楽の表現といったように。
極論すれば、沈黙も相手の心に決定的な影響を与えることが出来る。

武器として身につければ、話さなくても、聞くだけでも相手の心は動く。
つまり何をしようとも、相手の心を揺り動かすことさえできればいい。
流れに身を任せるのではなく、結果を出すという強い設定をかけて、そこから逆算して考えなければならない。

理屈・理論ではなく、相手の「感情と感覚」を攻略

「感情と感覚」はあらゆる人間の内部の中で、絶対的な存在だ。
「感情」「感覚」を揺さぶる。
説明・理屈・知識では人の心は決して動かない。
つまらない人間と見下されるだけだ。

相手の心が揺れてはじめて、説明・理屈・知識本体が感銘を受けるようになる。
今まで逆をやってきてはいなかっただろうか?
言葉を発する以上は、相手を自分の思うとおりに持って行く。
しかも相手は自分で勝手に動いたと思ってしまう錯覚を起こせます。

総合的に人間関係向上のためののスキルを身につける

職場や学校、近所のたった一人の嫌な人間で振り回され、心がクタクタになり、自分を見失ってしまう。
同時にたった一つのコミュニケーション術を武器として身につけるだけで、人の心を攻略でき、思うとおりに持って行ける。
そのまま「充実感と幸せ」と「苦しみ疲れ悩み続けるか」の差に直結していく。
仕事でも「できる人間」になるか「ちょっとダメな奴」になるかの差がでてくる。

人の心が動くとき、どんなことが彼らの内面に起きているのか? どうやって引き起こせるか?
話し方、会話技術といっても、そのまま文字で表現できる通りの言葉だけではない。
雰囲気・オーラ・すごみなど総合的に関係してくる。
美辞麗句・ぶれない言い方・きれいな言い回し、丁寧な言葉だけでは、人の心は動かないんだ。

自分も理性の世界で終われば、相手も理性の世界でそれを受け取る。
こちらが警戒していれば、あちらも警戒する。
こちらが心を開かなければ、相手も決して心を開かない。
こちらが恥を見せれば、あちらも恥を見せてくれる。
理性と緊張は、感動とは真逆のベクトルだ。

相手の心に波紋を起こさせる

感動──心が動かされるから、人はあり得ない矛盾したことをも受け入れてしまう。
心がやられてしまったら、もう理性ではかなわない。
だからこそ、あなたは自分の目的通り相手を持って行くことができる。

逆に相手に振り回されてしまうというのは、相手のペースに感情(恐怖や不安、緊張の感情を含め)が乗せられ、自分の理性が使い物にならなくなるということ。
ひどい場合、視野が狭くなったり、脳が混乱したり、状況判断ができなくなり、冷静さも客観性もなくなっていく。
これでは、相手を上回ることができず、精神的な支配下、抑圧下に置かれる。
一人の人間が一人の人間と相対する時、特に利害関係が一致しない場合、感覚の世界ではそういう闘いが行われている。
その敗者となるか、勝者となるか、あるいはお互いに認め合う仲になるのか、それは人間のコア、つまりベースが強固に確立しているかどうかにかかってくる。

そんなに簡単に人の心が動くのか? 感動させるのはどうするの? 泣かせればいいのか? 笑わせればいいのか? 怒らせて理性をなくさせばいいのか?

感動といっても、大げさなものではなく、心に小さな波紋を起こし続けるということ。
また人間は実は複雑そうに見えて、ひどく単純だからこそ可能なんだ。
人間は利口ですが、語弊があるかもしれないけれど、同時にバカだ。
そこは感情的な生き物だから、結局動物と変わらない。
しかし、なまじ知恵があるから、それに頼ると一番大事なコアの炎をひどく弱めてしまう。
それは、一個の生物として、組みしやすい存在となり、この弱肉強食の世の中では負け組となる。

勝者になるためには「武器」としてコミュニケーション術を使いこなせてはじめてできる。
コミュニケーション能力に武器がない時点では何をやっても困難だ。
定番でありきたりに人の心が動かされないように(何の変化も起こせず退屈だから)、従来の発想と話し方の技術で会話していたのではいつまでも対人スキルが身に付かない。

ここにはコアから武器を身につける技術がある
同時にコアに突き刺さった弓矢を抜き、傷を癒やす技術もある。
その傷(あがり症のトラウマ、話し方の弱点の劣等感など)が武器を獲得する邪魔になっている場合、その処理をしていくことで、プラスに全力で走れるようにしていくことができる。

「人間心理」「感情」が関わるすべてに活用できる

心を動かされる──。
人間関係では気に入られる、異性関係では好感をもたれる(愛は心がもっともゆれ動いている時)、営業では大きな営業、難しい交渉でも成果を上げられる、面接やオーディションなら多くの倍率からあなただけが採用される・・・・。
職場だったら、同僚の誰よりも上に行け、出世できる。
もちろん仕事がしやすくなる。

そこに偶然という運はない。
あなたの意図通りに目的を達成できる。
すべてあなたのコミュニケーションのやり方一つで達成できる。
あなたの思いのまま、世の中を渡っていけ、さらに意図通りの人を動かし、世をも動かせる。
お金が儲かるということは、いくらでも後からついてくる。

コミュニケーション術を武器として身につけたときの威力は、人生を180°転換させます。
実際ここに通って、武器を身につけた人が、劇的に人間関係や仕事で成長している。
自信、充実感、幸福感、モチベーション、覚悟、高い設定、生き様──人生が変わっている。

ただの会話だけでなく

極論すれば、言葉がたどたどしくてもかなわない。
どもってもひっかかっても大いに結構。
会話の格闘術が身に付いていたら、「うまく話せる、話せない」という価値尺度は意味を持たない。
結局、あなたの目的通りに達するのであれば、それは「うまく話せている」ということになる。

人の心を揺さぶり、視野を狭くし、あなただけしか見せなくできる、すごい奴だと思われる。
出世やいい給料なんて当然のようについてくる。
充実して生きられる好循環に突入できます。

いい/悪い人生は人間関係でほとんど左右される

いくら能力や価値があっても、人に認められなければ意味がありません。
どれだけ多くの人が自分の能力を正当に評価されず、埋もれてしまっているのか?
どれだけの人が苦しみ、現状を呪い、人間関係に振り回され、行き場をなくしてしまっているか?
話し方が上手になりたい、馬鹿にされたくない、職場と学校でうまくやっていきたい、なぜ自分は評価が低いままなのか?

いくら願っても自問自答しても、今までは打破できる方法も手段も機会も存在していなかったと思います。

でもこれからは違います。

必然的に貴方は成功できる

逆に言えば、成功者は武器として身につけ(あるいは知らず知らずのうちに身に付いて)世の中を縦横無尽にエゴを充たしながら生きている。
出世もでき、人間関係も苦労せず構築でき、富と名誉を手に入れている。
人生の成功者は非常に限られていますが、彼らが特殊なわけでは決してない。
一般から見ると特殊に思える「武器」を身につけている差だけだ。

それなら、会話の格闘術を身につけられたら、あなたはいくらでも成功者の側に身をおけるということ。
驚きと刺激と劇的な効果に満ちた体験が待っています。
根本から自分を変えるって、こういうことなんだ、こんな凄いことなんだ、これぐらいすごくないと変わらないことなんだと全身全霊で実感されるでしょう。

※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です

人間関係の悩み解決、対人関係が得意になるには

会話術、話し方の技術、交渉術、営業術劇的向上方法 岩波先生の言葉・講演集

話し方・会話術向上】【人間心理の本質】【人間関係対処法】【あがり症克服法

ドリームアート(東京・大阪)トップへ
Dream Art(大阪・東京) 予約メール
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) 03-6416-0611
DAL大阪事務所(Dream Art Laboratory) 06-6973-6100
岩波英知ドリームアート(東京/大坂)のプライバシー保護
Dream Art Laboraotry (DAL) TOP PAGE
当所はいかなる団体・宗教とも関係しません。当サイトにある記事、画像の無断転用を禁止します。 岩波英知書「奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学」 岩波先生の言葉・講演集 e-mail でのお問合せ
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) TEL:03-6416-0611  大阪事務所 TEL:06-6973-6100
COPYRIGHT(c) 2014 DREAM ART LABOLATORY ALL RIGHTS RESDRVED.