Dream Art Laboratory


人の感情を動かす方法と会話の格闘術

人の感情を動かす方法と会話の格闘術 岩波英知の言葉・講演集

どんな人間も感情によって突き動かされている

人はどこまでいっても感情の生き物だ。
自分や人の感情を震わせることができたら、その人は、この世の中を自分に満足して生きられるようになるでしょう。

そのためのツールとして、コミュニケーション能力、もっといえば、会話能力、話し方の技術に磨きをかけることを誰もがしてしまう。
そこに罠があったりする。

うまく話すことさえできれば、相手の気持ちが動く・・・
言葉の数だけ費やせば費やすほど、そして、きれいに流すことができたら、相手の感情が動いてくれる・・・
でも、そもそもそれが大きな間違いだったりする。

キレイに上手に話そうとすると相手の感情は逆に動かない

人の気持ちを動かすためには、きれいに上手に話をしては逆にいけないんだ。
それに磨きをかけようとすればするほど、会話や人間関係の袋小路にはまり込んで、その中でもがき苦闘する羽目に陥る。

人間関係構築のための会話・話し方、交渉術から営業術、そして異性の口説き方に至るまで、それらはストレートで打っちゃうと、相手の心には届かないし、距離を取られてしまう。
渾身のパンチであればあるほど、見事なくらい空を切ってしまう。

会話・話し方は、ジャブであったほうがいい。
人間関係構築のための会話は、情報伝達は実は必要ない。
流れを止めてしまうだけだ。

文章レベルの会話になってしまうと、相手の心には響かない。
逆に理性と醒めた感情を引き起こしてしまう。
でも、話す方は一生懸命喋っているつもりなだけに、その努力が仇となり、焦りやじれったさが入り、ますます相手との感情にギャップが生じていく。
頑張りが仇になっていき、どう話していいかわからなくなるし、そうなると自分の表情、容姿や存在そのものまで、その価値に疑念は否定感が入り込む。
第一、無理に喋ろうと肩肘張って緊張していたんじゃ、楽しくないはず。

どんな人も感情の交流を心のどこかで求めている

人間関係構築が苦手だったり、人付き合いにコンプレックスを持っている人であれ、普段からムスッとしている人であれ、心のどこかでは感情の交流を求めている。
苦手とか面倒くさい、うざいからといった理由で、あえて自らコミュニケーションをとらないだけであって、心の底は違う。

どんな人でも、感情ある人間だから、つまらなく味気なく生きたくないという本質的欲求がある。
「俺は孤独でもいいんだ」と一見覚悟を決めているような人でも、他者と感情の共有をしたいと無意識下では願っている。
そんなことだから、人間誰もが感情を動かしたい、動かされたいと願っているのは言うまでもない。
映画やドラマを見たり、音楽を聴いたり、旅に出たり、冒険するのも、感動するためだ。

相手の感情のニーズに応えられる人間がコミュニケーション能力の達人

コミュニケーションにおいて、そのニーズを与えることができる人が、いわゆる「話し上手」「コミュニケーション能力が抜群」と評される人だ。
そういう人間はやっぱり仕事もできるし、男性にも女性にももてるし、遊びも楽しめる。
学業成績や事務能力とは別なんだ。
仮に仕事なんかできなくても、引き上げてくれる上司にめぐり合ったり、協力者が現れるから、結局仕事がうまくいく。

別に人と群れろ、仲良くしろと言っているわけじゃない。
第一、私(岩波)が群れるのが大嫌いだ。
だけど、どんな人とでも上手くやれる。
仲良くしたいという気持ちなんか全く無いし、こういっちゃなんだけど、人なんかくそくらえぐらい思っている。
人間関係の悩みとは全く無縁だから、脳が自由で、他のことに限られた能力を振り分けられる。

無理に人に合わせて、仲良しごっこ、仲間ごっこをしなくてもいいんだ。
孤高の存在でもいい。
自分に主体性があり、自分をしっかり持ってさえいれば──。

人に合わすためだけに生きるな

ただし、会話のときだけ、「相手に合わせよう」とか、「相手にこう思われたい」「うまくいかないダメだ」をやっていたら良くない。
それでは人に振り回され、何のための人生か迷うようになってしまう。

会話・話し方を上達させ、人間関係の達人になりたいのなら、文章としての会話、「うまく話そう」「上手に話を持っていこう」なんていう理性と知恵が入り込んだ部分で勝負したら不可能だ。
相手の感情は、それじゃ絶対に揺り動かない。

最悪なのは「なぜうまくいかない、もっとうまく話さなくちゃ」と焦慮が加わって、ますます悪循環にはまるパターンだ。
知恵を使い出し、吟味し、焦燥感を拾い、ぎこちなさを増幅させ、一杯一杯の頭で、もっともっと上手に話さなくちゃ、でもだめだ…というドツボにはまっていく。

ジャブの会話術

会話でもコミュニケーションでも、情念がこもったストレートを打つような人間よりも、ジャブをやる人間に惹かれる。
言葉は一言、二言、あとは…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方


変に思われたくないからうまく話そう…会話や雑談が苦手になるのも当然

人間心理の本質を知る、気づく、悟る

ストレートを打とうとするな、ジャブだけで相手の感情をノックアウトできる

うまくいかなくてもどうでもいいという執着の無さに人は惹かれる

会話や人間関係における固定観念を捨てろ

生き様を確立しよう、人にどう思われるかだけの人生になるな

話し方のテクニックを学んでも悪い感情に支配されたら意味をなさない

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

 

 

会話上手・話し方上手 話し下手・会話下手    人の感情を動かす方法と会話の格闘術 岩波英知の言葉・講演集

人間関係対処法】 【話し方・会話術向上対人恐怖・社会不安障害克服法】【あがり症克服法人間心理の本質


奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学(岩波英知の本)

岩波先生著作『奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学』 絶賛発売中


<< このページの上に戻る



コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~16時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら