Dream Art Laboratory


性の圧倒的抑圧力とその影響 生きづらさの多くが性の抑圧から作られている

性の圧倒的抑圧力とその影響 生きづらさの多くが性の抑圧から作られている 岩波英知の言葉

性の抑圧、罪悪感、それはそのまま生きづらさに直結する

性に関する話です。
性(性欲、自慰行為、セックス、エロ、風俗、異性関係、LGBTなど)に関することは、想像以上に、そして異常なくらい、その人の内面・無意識に大きな影響力を与えます。
破壊力といった方がいいかもしれない。
性に関してタブーを持ったり、問題を抱えた人ほど、性の悩みだけにとどまらず、男女関係にも大きな支障をきたし、ひいては何事にも心がもろくなりやすいのです。

性は罪の意識と直結しており、性に対してひどく閉鎖的すぎると、そのまま日常生活で大変な生きづらさを感じなければいけなくなります。
本能と密接に関係している問題のため、性への抑圧や罪悪感を解放させないと、ずっと悩み続けることになります。

性がタブーの家庭環境=人間不信になりやすい、人間関係が苦手になりやすい

性に関して明るい家と、閉ざして、いやらしい話にタブーな家では、そこで育った人間に、その後の生きやすさ・生きにくさに大きな差が出てしまう。
例えば、性的にきわどいシーンで無言のままチャンネル変えるような家、いわゆる性に対しオープンじゃない環境で育った人は、その度合いに比例して病みやすくなりやすい。

男女関係が自然に望める人がいる一方で、必要以上に異性に固定観念的こだわりを持ってしまい、緊張・萎縮して苦手になってしまう人たちもいる。
ましてや人間関係も自然じゃなくなり、社会生活もうまくいかなくなる。

性の問題や悩みは、本能と密接に結びついているものだから、理性で解決しようとしても、解決できるものではない。
逆にそこを放置し続けてしまうと、手の届かない深い暗闇から、人間の意識的行動、無意識的行動すべて悪い影響を与えていく。

そういう意味で、心の悩みと性の問題は、非常にリンクしているところがある。
行動がうまく流れない、不自然さが出てしまう人は、性に関しても異性に対してもぎこちないし、うまく流れないし、不自然になっている。
その逆もそうだ。

性に関して乱れている家庭環境も病みやすさを作る

もちろん性にオープンすぎて、いわゆる淫蕩で不道徳な家庭で育った子供は、同じくボロボロに病みやすい。
自分という存在意義を子供は見いだせなくなり、自己不信に直結する。
一種の精神的虐待をずっと受け続けているのに近く、自己肯定感が持てないまま大人になり、ひどい孤独感と脆い心のまま自分を傷つける方向に行ってしまう。

人間の最も生きる上で重要な愛の感覚を得られないまま、つまり自己承認欲求が満たされないまま成長するから、どこかでしわ寄せが来てしまうのも無理はない。

本能から発する罪悪感=性の抑圧が原因

逆にあまりに性を閉ざしすぎていて、社会的に立派に真面目にやっている環境でも、いびつに育ちやすい。

性に対してしっかりしていることと、タブーにして閉ざしている家は違う。
性をタブーにする後者は、親が人間としてどこか不自然だったりする。
性欲は、食欲、睡眠欲と並んで人間の三大欲求なんだけど、他二つは気楽に話しやすいが、性に関してだけはあけっぴろげに話すことははばかられる。
罪の意識を感じやすくなり、だからこそ無意識に抑圧しやすい。

本能を過度に抑圧しすぎるると、人の行動や思考に大きな歪みを生じさせる。
その抑圧が、その人の行動すべてに枷をかけ続ける。
結果、生きづらさが増していく。
自然にやることができなくなり、地を出せず、常に演じているか、緊張を感じている自分になっていく。

それが性の問題にもフィードバックしていく悪い構図が出来上がっていく。
勃起不全や不感症、性への過度の潔癖感、逆に性的倒錯…どこかに悪影響を与えていく。

人間は動物。本能である性欲を完全無視したら歪みが生じやすい

異性(同性でもそうだが)と付き合ったり、交流があったりするということは、人間の本来大切なこと。
そして、人間は人間である前に動物だ。
オスとメス、生物としても、性に関することは避けて通れない。

それがちょっと歪んだり、流れが悪いってことは、いろいろな意味で障害を起こす。
それって精神的な緊張が生じるとか、自分に自信がないとか、コンプレックスを感じるとか、人の目を意識する、円滑なコミュニケーションが図れないなど、いろいろなマイナス面があらわれる。
異性関係だけじゃなく、性のタブーの数が多ければ多いほど、人間関係が自然に流れなくなる。

そこで、もたついて時間だけが流れ、経験と自信を積み重ねる機会がないままだと、自分が人と比べて否定感、劣等感が生じたり、自分は欠陥を持っている、ダメだとなってしまう。
生きる意味も生きる喜びも精力も失っていく。
さらに、「ダメだから、うまくいかないから…」という思考の悪循環で、さらに異性に対し避けたり身構えたりすると、もっと流れがまずくなる。
一生、いい関係が築けないまま、孤独感が募っていく。
しかし、恋人を作ろうとしても、経験値も不足しているから、年齢とともにもっと縁が無くなっていく。

自分を無意識的に押し殺してしまう原因

そうなるのも、性に対して自然じゃない、どこか歪な環境で育った影響が大きい。
無意識・潜在意識・抑圧という観点から言うと、本当に大きな影響を知らず知らず、私たちは受けている。

性にタブーな家の雰囲気は、自分を押し殺す人間を作り上げてしまう。
誰だって性欲があるのは当たり前で、自然なことなのに、それがタブーとなっていると、子供は無意識的に戸惑う。
その結果、無意識に抑圧するしかなくなり、行動にどこか重しがのったような、不自然な歩みになりやすい。

性をタブーとする親自身、病んでいる?

そもそも性をタブーとしてしまう親自身、そういう環境に生きてきて、地で生きていないとか、演技して生きていたり、生命的な解放感をもって生きていなかったりする。
親子関係も、だからいびつになりやすい。

そんな雰囲気の中だから、子供はどう自分を発揮していいかわからないとか、発揮していきてはいけないと思い込んでしまう。
自然に生きたいのにどうしても難しい人は、性的なことに対しての過去の環境を振り返ってみたほうがいい。
本能のものすごいエネルギーを閉ざしたその抑圧のパワーを知ったら、悩んで当然だとおもうほどだ。

性と無意識

何度も言うけれど、性は、本当に心に大きな影響を与える。
フロイトもそこに注目していた。
フロイトといえば、無意識の概念を打ち立てた心理学上欠かせない人だ。

実際的には意識上でしか人の心理に対処できず、無意識の深い世界には手が届かなかったけれど、性に関する彼の着眼点は素晴らしい。
一部に首をかしげざるを得ない理論があるけど、どれだけ人は性の部分に大きな影響を受けて育つかという所に着目したのは鋭い。

性って、人間の本能に一番近くて、原始的情動と密接に結びついている
普通生きていくための知恵は理性の分野。
悩みって、その理性と本能とのはざまで生じていたりする。

本能を抑圧する人ほど理性に頼り、自分の理性によって生きづらさを作り上げる

理性が強すぎて本能を抑圧してしまったりすると、本能が死んでいき、生きる感動がなくなり、心がもろくなっていく。
悩みが強い人は、性の部分の抑圧がすごくかかっている人が多い。
性が良い・悪い、はしたない・崇高だとかじゃなくて、愛とか希望とか歓びとか、意外と性とか本能といったものが根幹を占めている。
それは理屈じゃない。

だから、性がタブーだと、セックス以外の様々な分野で、抑圧が非常にかかりやすい人間になってしまう。

抑圧して生きないほうが生きる喜びと感動が寄ってくる

性の部分は生きる喜び、感動でもある。
理性的な社会情勢の話をしても心は動かないけど、男同士、あるいは女性同士でも、性の話、男女の話をしたら、非常に盛り上がったりする。
普段その素振りを見せない人ですら、だ。

話の中身を聞いたら、レベルの低いくだらない話をしているのだけど、話をしている人同士通じるものがある、感情的共有がある。
それは本能に即した話だからだ。
情動を震わせやすいんだ。

本能を通じ、共有の部分を通じ、人とのコミュニケーションの空気を…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

親子関係が良くない家と性とのリンク

性のトラウマ、勃起不全、不感症

人間関係構築能力、コミュニケーション能力に長けている人と性の抑圧の関係

孤独感とセックス依存症、自慰行為依存症

性に関する何気ない言葉ですら心を傷つけ、尊厳も破壊する

人間は理性で自分を変えられない。本能レベルからやらなければいけない

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

 

 

※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です

岩波英知’s ドリームアートの神経症克服セミナー(東京、大阪)

人間関係の悩み解決、対人関係が得意になるには

性の圧倒的抑圧力とその影響 生きづらさの多くが性の抑圧から作られている


奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学(岩波英知の本)

岩波先生著作『奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学』 絶賛発売中


<< このページの上に戻る



コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~16時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら