岩波英知 DAL Dream Art Laboratory
岩波英知DALへの予約・問い合わせはこちら
 
Return to DAL Dream Art Laboratory HP 岩波英知先生の言葉・講演集 岩波英知先生のプロフィール DAL ドリームアート研究所概要 各種心理脳内プログラムへよくある質問 岩波先生のセミナー/プログラムメール予約はこちら
岩波先生の脳覚醒技術心理脳内プログラムメニュー
脳覚醒プログラム
神経症克服プログラム
あがり症克服プログラム
親子関係悩み不安解決プログラム
メンタル強化プログラム
会話の格闘術
スポーツメンタルトレーニングプログラム
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
・料金システム
[ベーシックコース]
一般向け 通い1コース(10回)
400,000円
※現金一括払いのみとなっています。
集団形式で開催。
※一般向けコースは個人では行っていません。集団のみ受け付けています。当所の技術だからこそ、集団の中で個別の事情に沿ったコアの処理が可能です。また、集団形式の方が非常に効果が上がります。
東京の西新宿、大阪の森ノ宮の事務所まで通ってきて下さい
東京西新宿連絡事務所
東京西新宿事務所電話番号03-6416-0611
東京都新宿区西新宿 3-5-3-216
大阪事務所電話番号06-6973-6100
大阪市東成区中道3-3-7-207
親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉
脳覚醒プログラム・心理脳内プログラムメール申し込みはこちら
脳覚醒プログラム・心理脳内プログラムメール申し込みはこちら
岩波先生の脳覚醒技術心理脳内プログラムメニュー
脳覚醒プログラム
神経症克服プログラム
あがり症克服プログラム
親子関係悩み不安解決プログラム
メンタル強化プログラム
会話の格闘術
スポーツメンタルトレーニングプログラム
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
・料金システム
[ベーシックコース]
一般向け 通い1コース(10回)
400,000円
※現金一括払いのみとなっています。
集団形式で開催。
※一般向けコースは個人では行っていません。集団のみ受け付けています。当所の技術だからこそ、集団の中で個別の事情に沿ったコアの処理が可能です。また、集団形式の方が非常に効果が上がります。
東京の西新宿、大阪の森ノ宮の事務所まで通ってきて下さい
東京西新宿連絡事務所
東京西新宿事務所電話番号03-6416-0611
東京都新宿区西新宿 3-5-3-216
大阪事務所電話番号06-6973-6100
大阪市東成区中道3-3-7-207
親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
岩波先生の脳覚醒技術心理脳内プログラムメニュー
芸能人専門脳覚醒プログラム
上級特別層専門脳覚醒プログラム
上級特別層専門家族支援プログラム
医師専門心理脳内プログラム
経営者専門脳覚醒プログラム
2代目社長専門心理脳内プログラム
起業家専門脳覚醒プログラム
脳覚醒プログラム・心理脳内プログラムメール申し込みはこちら
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory)
東京西新宿事務所電話番号03-6416-0611
東京都新宿区西新宿 3-5-3-216
大阪事務所電話番号06-6973-6100
大阪市東成区中道3-3-7-207
親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉
脳覚醒プログラム・心理脳内プログラムメール申し込みはこちら
脳覚醒プログラム・心理脳内プログラムメール申し込みはこちら
岩波先生の脳覚醒技術心理脳内プログラムメニュー
芸能人専門脳覚醒プログラム
上級特別層専門脳覚醒プログラム
上級特別層専門家族支援プログラム
医師専門心理脳内プログラム
経営者専門脳覚醒プログラム
2代目社長専門心理脳内プログラム
起業家専門脳覚醒プログラム
脳覚醒プログラム・心理脳内プログラムメール申し込みはこちら
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory)
東京西新宿事務所電話番号03-6416-0611
東京都新宿区西新宿 3-5-3-216
大阪事務所電話番号06-6973-6100
大阪市東成区中道3-3-7-207
親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
脳覚醒へ 成功哲学、自己啓発方法、神経症あがり症克服 自己啓発、神経症克服、無意識、潜在意識、瞑想言葉集 トップへ

  無意識・潜在意識・脳内のコントロール方法

自己啓発、神経症克服、あがり症克服、無意識、潜在意識、瞑想系言葉集

1 心の壁 【無意識のコントロール方法】

充たされている人間は、他者から裏切られても関係ない。
でも、裏切られたトラウマがあると、今度は裏切られなくない、傷つきたくないという心ができてしまう。
コアからその観念を壊さないといけない。
なぜ自分は壁を作ったり、怯えてしまったのか分析し、根本から処理していく。

この世に人間がわんさかいる中で生きざるを得ないから、対人不安を生じるとひどく生きにくくなってしまう。
しかし、不安は意識で沈めようとしても難しい。
それはすべて無意識、潜在意識から発するものだからだ。
不安や緊張といった感情をコントロール出来ないからこそ、人は悩み傷つく。

心の壁が高くそびえ立っているから、言葉で言うよりも無意識に訴えかけることは難しいし、プロであっても無意識への誘導は至難の業だ。
しかし、誰であっても100%心の壁を越えさせる技術があるから、期待をして欲しい。

目次へ


2 お利口さんな生き方の結果 【無意識のコントロール方法】

人間の一番重要なものは感情の部分。コアとハートの部分。
自然にわき上がる感情を抑えて、誤魔化してきた「お利口さん」が悩んでしまう。
親の教えだったり、クラスメートや友人とのいざこざなどでそうならざるを得なかったけれども。
自分を制限し過ぎると、心まで病んでいく。

一生そのままで行ったら、自分を見失い、感情もなくなり、気分が鬱いでしまう。
つまらない、憂鬱、生きている実感が湧かない、不安だ、神経が張りつめる、そういう生き方になってしまう。
利口な生き方が、非常に利口ではない結果を生んでしまった矛盾がある。

目次へ


3 脳覚醒トランス状態下におけるルーツ整理 【無意識のコントロール方法】

ルーツ分析・整理作業は、冷静に客観的に分析することも大事。
しかし、普通の意識の流れじゃない時、そして感覚絶対的優位である脳覚醒トランス状態のときにやるともっと心に整理がかかる。
もう一つの脳が自動的に処理をしてくれるようになる魔法の時間がある。

心が整理がついてくると、焦りや頭の混乱、パニック状態が治まってくる。
つまり、おぞましい病的なマイナス思考や悪い感情に呑まれることがなくなっていく。
脳が解放され、いい方向に頭が働くようになってくる。

脳覚醒トランス状態や超変性意識状態で、潜在意識が顕在化している時、冷静にルーツ整理を自分の頭の中でかけてみる。
そうすると、理性や知恵、必死の努力では決して手が届かなかった、無意識におけるルーツ整理がかかる。
そうすると平穏な気持が生じる枠が生まれてくる。
そういうこともできます。
いくら頭で100年考えても到達できなかった処理の世界に誘えます。

目次へ


4 プラス暗示と大義名分 【無意識のコントロール方法】

プラス暗示の言葉は自分なりの大義名分がある方がいい。
人殺しも戦争なら英雄。
大義名分のもと遂行される。

いくら客観的に良い暗示だと思っていても、自分が罪悪感が出たり、葛藤を起こす暗示の言葉よりも、正当性や大義名分が自分の中で持てる言葉を考える。
戦争は正義の名のもとに、どの勢力も行なっている。
正義の反対語は悪ではなく、別の正義という。
だからこそ、どの勢力も大義名分のもと戦う。

つまり、プラス暗示を自分の深層心理に入れるにも、自分なりの大義名分に絡んだ暗示が必要になる。

逆になぜマイナス暗示がいとも簡単に自分でかかってしまうのか?
その状態は不安、孤独、恐怖心や焦りに焦った時にマイナス暗示が入ってしまう。
マイナスの状態がひどい時だから、マイナス暗示がかかる大義名分があるからだ。
不安、恐怖心、焦燥感が高まっている時、プラス暗示は正反対のことだから、大義名分がない。
だから自分が一番納得してくれない。

目次へ


5 防衛本能の行き着く処 【無意識のコントロール方法】

神経症的症状とは自分の身を守るために発する。
本来なら人にあって然るべきものだ。

しかし過度に防衛本能が働くと、逆に自分の身を守ることもおぼつかない。
そんな人はリラックスや体の力が緩むことすら恐怖が出てしまう。
歓迎すべき、とても心地よいリラックス感が不安でたまらない。

いつも気を張り、身構えて生きることしか知らなくなるからだ。
そして、気を張っても恐怖と不安を引き寄せ、リラックスしても不安でたまらないという神経症的な症状ができあがる。
どっちにいこうとしてもとても落ち着かない。

だから 防衛本能をとっていかないといつまでも楽にならない。
人間関係も苦手になるし、今後何十年生きることを考えると、何から何までいいことはない。
他人はもちろん、自分に気を許せなくなるし、しまいには嫌いになる。
己の身を守るためにやっていることが、自分を苦しめるのは非常に矛盾だし悲劇だ。

過度の防衛本能は、そうならざるを得ないその人オリジナルの事情があってできあがる。
好き好んで防衛本能を高めている人はいない。
特殊な意識の流れの中で、その原因や種を沈めていくことで、心と脳を洗い、すっきりさせていくことが大事になる。

目次へ


6 自己肯定感の獲得 【無意識のコントロール方法】

悩まない人間の性質に、自己肯定感がある。
自分を肯定すると楽になれる。まあ、当たり前の話だ。

だけど、悩んでいる時はできない話だ。
できないから悩むし、高いお金を払ってまで何とかしようとはしない。
悩めば悩むほど、ますます否定の感情が増す。

そこで、何をしていくべきかというと「悩んで当然だった。同じ状況で生きてきたら、どんな人でもなるよな」と頭の表面だけではなく、脳の奥深くから思えた時、それが肯定感につながってくれる。
この「どんな人でもそうなる」という考えは、まず自己否定感を薄めてくれる。

それを特殊な深い脳覚醒トランス状態下でやると、もっと心が落ち着いて来る。
脳が悩んでいる現状と過去を受け入れてくれるし、話に耳を傾ける回路が開くから、自分の悩みのルーツのドラマを認められるようになる。
心の重荷が取れたようにすっきりしてくる。

自分のつらい過去を思い出すことはたしかに憂鬱な経験だ。
しかし、そのつらい過去が現在の自己否定につながっているから、そこを処理しないといつまでも精神的に上向くことはない。
悩むルーツはどんなに無意識下に抑圧しても、ひどい悪臭を普段の日常の意識上にまで漂わせてくる。
その脳内環境にずっといたら、心理的に優れなくなるのは当然だ。

脳覚醒トランス状態という普通の意識の流れではない状態で行うルーツ整理は、つらい過去でも綺麗に洗い流してくれる性質がある。
それが深く長い状態であればあるほど、劇的に効果を上げる。
抑圧が抜け出た時、心がリセットされ、まっさらなすがすがしい気持ちになっていく。
無意識は本当に怖い。

目次へ


7 漠然とした不安の種 【無意識のコントロール方法】

みんなは地でやって楽しそうなのに、どうして自分だけダメなんだと思ってしまう。
常に人と比べて、自然体になれない自分に嫌悪感をもつ。
常にチェックチェック、チェックの連続。

心が重たいし、ぜんぜん楽しくない。
でも人に合わせなければならない窮屈さ。
無理して演じて、普通を装う。
そうなると、恒常化した抑うつ状態が当たり前になってしまう。

生きている意味、楽しさとは? 存在価値は何か?
憂鬱な哲学と形而上学にはまり希死念慮が常について回る。
こういうパターンで鬱病になるベースをつくっている人が多い。

漠然とした不安や抑うつ状態だとしても、必ず原因と不安の種はある。
そこを処理することをすれば、さらに原因が自覚できるし、不安の種もなくなっていく。
人は生きている以上、不安だらけだ。
それを見ないようにして押し殺すと、無意識で不安の種が制御不能になるまで発芽し、生い茂り、一生漠然とした不安を抱えて生きることになってしまう。

逆に言えば、脳を根底から洗い流すことで、不安の種や現在の不安の感情も徐々に抜け出ていってくれる。
そういうことがどこよりも強烈に根本からできるプログラムを用意しています。
ただし、家で憂鬱なことを思い浮かべたとき、さらに堕ちてしまう人は、一人ではやらないほうがいいです。
ある特殊な脳の状態の時だけ、洗い流される性質のものだから。

無意識や抑圧、トラウマの取り扱いは非常に難しく、一人でやると顕在意識まで完全に毒に侵されてしまいます。

目次へ


8 無意識の抵抗 【無意識のコントロール方法】

弱いゆっくりの呼吸法をやると普段ストレスを抱えながら生活している人ほど、眠りに誘われる(不眠症の方以外)。
勉強嫌いな子供は遊びでエネルギーを使っても疲れないけれど、勉強になると途端に眠気を覚える。
これは無意識の抵抗だ。

弱い呼吸法も無意識の抵抗が起こる。それで睡眠に逃げようとする。
面倒くさいことをやりたくないから。
だから、目覚ましをかけてでも起きてやる、また寝てしまう、それでも起きてやる、を繰り返すと、その抵抗感が止まってくる
面倒くさい、寝てしまおう、という気持を乗り越えてやると、寝なくてももっとくつろげる極上の世界に入ってくれる。

一見無駄に思えることでもやってみること、その積み重ねだけが、自分の心を変えることができる。

目次へ


9 こんなはずだった 【無意識のコントロール方法】

何か苦境に立たされた時、「こんなはずではなかった」と思う。
しかし、失礼な言い方になるけど、実は「こんなはずだった」から、今現在の崖っぷちに立たされてしまった、と私は思う。

それに気づいて受け入れる、つまり「こうなって当たり前だった、ならないほうが逆におかしいくらいだ。私と同じ経験をしてきたら、誰だってそうなるよな」と思い描けると、自己肯定が初めて出来るようになる。
少なくとも自己否定感はおさまってくる。

なぜなら理由がちゃんと存在し、誰でもなるものだという安心感が脳の混乱をおさめてくれるから。
脳覚醒トランス状態とその後の余韻における『気づき』、つまり脳が特殊な状態になって、理性が少なく感覚が様々な面で鋭敏でいながら深まっていたほうが、普段気づくことよりも、心底からの発見につながり、それが波及して別の気づきに導いてくれる。
決して見えなかったことに気づいたり、一種の小さな悟りに近いレベルまで発見できることがある。

これは認知の歪みを気づかせる認知療法的アプローチよりも、無意識レベルで可能になるため、圧倒的な効果が上がるし、圧倒的に早い。
癖がついてくると、つまり脳の条件付けができてくると、日常でも様々な気づきが発生し、その数だけ心も余裕が出てくるし洗われていく。

逆に悩みの受け入れは、そうしないと心は受け入れてくれない。
感情的に必ず拒否するからだ。
それをさらに何歩も飛び越えた深いところで気づくことが、悩みの受け入れ、ひいては悩みの解決への道筋をたどることになる。

意識的には受け入れることはできない。現実に嫌な悩みなのだから。
だから意識や理性や知恵を飛び越えた世界で受け入れること、それしかない。

目次へ


10 脳を動かすプログラミング言語 【無意識のコントロール方法】

脳は不確か、不明瞭で、とらえどころがない。
それにいくら理性で訴えかけても、脳は実は理性的ではない。
こちらの訴えに耳を傾けてくれない。

理性を生み出しているのも脳だけど、それよりもはるかに重要な優先順位の高いものがある。
いわば、非理性的なものに強く耳を傾けてくれるんだ。
脳に強く訴えかけるには、こちらの気持ちも、脳と同じ非理性的な状態、感覚になっていないといけない。
同じベースに立って始めて、脳には、対話・訴えかけが可能になる。

それ以外の方法で言い聞かせることは、ありそうだけどないんだ。
我々が普通の意識の中で、普段から使っている言語は、脳を動かせる言語とはまったく種類が違う。
パソコンでいうプログラミング言語が違うんだ。

ただし、特殊な強い変性意識状態の時、脳の回路が開いて、ピッとスイッチが入る時がある。
そのときならば、言葉や思いなどの訴えかけは可能になる。

脳の扉を開かせる技術に、とても自信を持っています。
スイッチが入ってはじめて脳は明瞭になり、単純になり、とらえどころが出てくるのです。
脳が可視化できるようになります。

目次へ


11 執着の悪連鎖 【無意識のコントロール方法】

悩みはある対象への執着から起こる。
その悩みに対して、脳が「どうでもいい」状態に持っていくことが、神経症克服あがり症克服プログラムの大きな柱になる。

悩みは「これさえなければ! これさえなければ・・・」とますます自分で悩みの執着を強めてしまう。
そしてどうにもならなくなる。
簡単に悩みが悪化するのも、抜け出せなくなるのも執着が強いからだ。
悩みがあるから当然執着し、執着するからさらに取り憑かれる。

その永遠の繰り返しをしてしまうのが恐ろしいところだ。
悪循環どころか、加速度的に執着の度合いが肥大化していく。
意識は怖い。
その持っていき方で人生が良くも悪くもガラッと変わる。
希望か絶望か、夢に執着するのか、悩みだけに執着するのか、はっきりわかれる。

だいたい悩みが軽くなっていく人は、自分の悩んでいることへの執着が減っていっている。
逆に、夢や目標に対してのいい執着をつくることができるようになる。

執着の外し方は頭で考えても、やればやるほど執着を強める結果になるため、どうやっていくかが問題になる。
過去のトラウマや、悩みに至るルーツと悩みの種、そして最悪の場面集を思い浮かべて、脳覚醒トランス状態で負荷を抜いていくことで、どうでもいい状態になって行く。
執着が薄らいでいくことが、心の負担、脳の混乱をおさめて、心の枠、いわば余裕を生み出していく。
冷静さと客観性を取り戻せるようになっていき、頭で考えても不可能なレベルの貴重な気づきを獲得できる。

それによりはじめて、プラスに自分を持っていける暗示が脳深くに浸透するし、持続していく。
「これさえなければ!」という思考は非常にまずいものだけど、どんな人間もまず例外なくやってしまう。
その時点で悩みを強化するラインに乗ってしまう。
執着が強ければ強いほど、無意識レベルに自分でマイナス暗示を入れ込んでしまう。
そしてエンドレスでマイナス暗示効果、執着効果を強化してしまい、どうにもならなくなる。
これが悩みのドツボにはまって最悪になるパターンだ。

悪循環を断絶させるためには、それを上回る強烈な感覚体験、いわば脳覚醒トランス体験、脳の原始的情動的、本能的体感のもとで、ルーツ処理をして執着を減らしていくしかない。
意識と理性と全精力を悩み克服に費やしても、自力では悪化させるか、うまく行っても一時しのぎでおわる。
一時しのぎができなくなったら、ただ悩みの海で溺れる一方になる。
意識がかかればかかるほど、悩みの対象に対して執着を強めてしまうから、もはや対策を取れなくなるからだ。

目次へ


12 悩み=脳の混乱 【無意識のコントロール方法】

悩むと、目には見えないけれど、脳が混乱してしまう。
混乱するからコントロールできずに、さらに悩みが悪化する。

混乱が増す一つの要因に、悩みを受け入れたくない、消してしまいたいのに、厳然として不都合な状況が脳の奥深くに巣食っている状況がある。
意識でも無意識でも、常にその相克・葛藤・対立・諦め・焦りで、脳が許容範囲を超えてオーバーヒートしている。
だからカオスで混乱して、そうなると、きつくて生きづらいのも当たり前だ。

脳が何らかの混乱が起こしていると、どんなにいいアドバイスをしても届かない。
素晴らしいカウンセラーが50年説得しても、一層焦りが脳に混乱を与えてしまう。
理性では扱えきれないほどの混乱カオスだからだ。

しかし、理性が極度に少なく、非常に特殊な感覚的状態、あるいは、ある神経伝達物質が分泌されている状態では、脳の混乱を抑えることができるようになる。
感じる回路が開くからだ。

この感じるということは、ダイレクトに自分の思いや人の的確な言葉がけも感じることができる、つまり受け入れられる状態だ。
その時になってはじめて、言葉や想念の働きかけに脳が耳を傾けてくれる。

そして、自分のそれまでの人生の流れ、つまり悩むべきして悩んだルーツを受け入れてくれるようになる。
だから、混乱が止まり、心の余裕が広がってくれる。
そして深い気づきがなされるようになる。
どんなに思慮を尽くしても不可能だった気づきが、ポンと生まれる。
まさに生まれるといった表現が正しい。

さらに進むと、プラスの暗示も入るようになる。
混乱がおさまった脳に、大義名分を伴ったプラス暗示は非常に浸透しやすい。
プログラムでは、混乱を起こしている脳に整理を与えて、混乱を引き起こす塊を洗い流していくことが誰でも可能です。

目次へ


13 負の反動のエネルギー利用 【無意識のコントロール方法】

できなくてもやる、ダメでもやる、自信がなくてもやる。

人間の脳は、不安と緊張と焦りの時しか動かない。
安全な時、逃げ込んでいる時は眠ってしまう。
つまり、マイナスの状況だろうがなんだろうが、やってしまうこと。

せっかくの無尽蔵の心のエネルギー資源を使わないともったいない。
不安などのマイナスの感情をバネにしないと意味がない。

「私は一体このままでいいのか」という恐怖のモチベーションを反動にした時、ものすごいエネルギーが生まれる。
トラウマもコンプレックスもそれ自体、膨大なエネルギーを有している。
それを利用した人間で、トップに立っているケースはたくさんある。

最終的に、プラスの感情で走れるようにしていけばいい。
しかし、スイッチを入れないことには何にも始まらない。
マイナスの感情エネルギーは反動として使わないと、自分を苦しめるためだけに発動する。
耐えていても一生、悩んでいても一生、何があろうとバネにして走っても一生だ。

目次へ


14 失われし子供心の追体験 【無意識のコントロール方法】

子供は、思春期から成年期、壮年期にかけての悩みとは無縁だ。
子供は無邪気だ。天真爛漫だ。
無邪気さとは計算しないこと、考えないこと、そして感動を全身全霊でできる。

人は成長していく生き物だけど、天真爛漫さや子供の心だけは変に成長してなくしてしまうのはもったいない。
無邪気さ・天真爛漫さを持っている大人ほどストレスがない、人生が楽しい、そして感動がある。
そんな人を見ればわかると思う。
しかもそれが長続きするし、あらゆることが心の栄養になる。趣味でも仕事でも。

ストレスを溜め込みやすく人生に感動が少ない人は、誰よりも大人をやってしまっている。
大人をやるからこそ、ストレスに弱くなり、生きていて辛いことばかり拾ってしまう。
そんな人であれどんな人であれ、心の奥底に眠る『子供の心』を持っている。

しかし、あまりにもそれらを抑圧して生きてきたために、自分にそんなものがあるなんて気づかない。
だからこそ、大人の虚飾をすべて剥いだ心の状態になる必要がある。
それは心のリセットだ。

時間軸では起きたことはリセットできない。
が、脳覚醒トランス状態では、その人の脳奥深くに眠る子供心にリンクさせることが可能だ。
成長するに従って、色がついていった心をリセットできる。

脳は刺激を与えないとどんどん衰えていく。
それは子供の心も同じ。
大人をやると、子供の心が大切だと思っても使うことができなくなる。
楽しみたくても楽しめない人間になってしまう。

そんな大人の脳に、自分自身の子供心を追体験させる。
なぜそんなことが可能かというと、変性意識状態がある一線を越えると、人は子供に戻っていく。
それを退行というけれど、理論上存在しても、実際にその状態になることは非常に難しい。

それもそのはずで、浅い催眠状態に入ることすら、被暗示性の高い極少数をのぞいて困難なのだから。
ここでは、ほとんどが理論倒れに終わっている退行状態に実際に誘導で入ることができる。
そこで子供時代の無邪気さ、天真爛漫さに浸ることで、ギュウギュウに狭められた大人の脳に余裕を与えていく。
感情的栄養も与えることができる。
効果も緩みも暗示浸透力も延ばすことができる。

感動しようと思っても、大人では感動できない。
子供のように素直に天真爛漫に感動できるベース作りをしていく。
いつでも子供心を大人でありながら適用できる人間は、強いししなやかに悩みをかわすことができ、楽しいことへのアンテナが張るし、人にもモテるようになる。
いいことだらけだけど、大人をやり過ぎると、すべてが味気なく辛く停滞した人生になってしまう。

目次へ


15 無意識の扉を開くストレッチ 【無意識のコントロール方法】

トランス・ストレッチ法は、ただのストレッチだと思ってやってはダメ。
脳に緩み、解放感を味あわせ、なおかつ、緩みの暗示に一瞬で反応するために大切だ。
呼吸法の質の向上にもつながり、脳覚醒トランス状態の深さと余韻を飛躍的に深め延ばす。

首のストレッチや肩甲骨のストレッチであっても、すべては脳の緩みと直結している。
体の緩みは脳の緩み。
そして、脳の緩みは体の緩みを作り出す。
緊張状態やストレス状態で暮らしている人は、体が硬直化している。

脳に余裕がなくなり、更に体が硬くなり、緊張やストレスを受け流せなくなる。
さらにそのしわ寄せが、脳の枠を狭め、余裕をなくしていく。
肩、腰、首、背中、腕などの部位が異常に凝るようになり、脳はますます『緩み』を忘れていく。
そんな状態で、いくら自分にプラス暗示をかけても、リラックスしようとしてもすべてを跳ね返してしまう。

だからストレッチ法は、体の部位を緩めるだけではなく、脳の緩みも創出しなくてはいけない。
そのために、目を閉じ負荷の部分に意識を集中させ、ゆっくりと緩める。
そして解放感や緩みの感覚を脳に味合わせる。
ベロンベロンに脳が緩身を味わうぐらいにやってほしい。

想像力がある人や、直近でそれなりに体の緩みを脳が味わっている人は、その想像がしやすい。
決してぐいぐい押し込んだり、味合わないで『ながらストレッチ』をしないこと。
首のストレッチであっても、全ては脳のストレッチなのだから。

目次へ


16 飛べない飛行機と無意識 【無意識のコントロール方法】

人間の無意識の可能性において、いくらすばらしい理論を打ち立てたとしても、実際に体感を伴わなければ意味がない。
それは机上の設計だけ素晴らしくて、実際に飛べない飛行機をつくっているようなもの。
飛ばなければなんの意味もない。
小学生の考えた未来の飛行機の絵と同じ。

そういったものが、あまりに世の中にあふれてしまっている。
でも「可能性を感じるから」「非日常的でなんだか凄そうだ」「理性だけでは人間の深い可能性は開花させることはできない」「人間って、その精神って、そんな可能性があるのか!」とブヨブヨと引き寄せられてしまう。
その結果、実感も伴わなず、ただ時が過ぎ去るだけになる。

『知』だけ肥大化させても、人の心にはまったく届かない。
本当の『知』を会得するためには、絶対的な体感が必要だ。
たった一回の体感が、教科書100万回朗読の成果をはるかに超える。
飛べない飛行機はただの置物。

飛べる飛行機を作ること、それだけに着目して、私は心理脳内訴求技術を研鑽してきました。
実際にすぐに飛び立つことができます。
時間は貴重です。無駄にしていい時間などありません。

目次へ


17 スランプと脳のリセット 【無意識のコントロール方法】

スランプは、シンプルな答えだけ持っていた人間が、急に複雑化して考え始めるから起きる。
考えてもいなかったことにとらわれ、急に考え始め、焦りが入り込み、さらに不安も入り、当たり前のようにできていたことできなくなる。
そして急に守りに入る。
そうなるとそれまでどんな成功体験を積み重ねていた人でも脆い。
今いい気分で生きている人でもスランプにはまって抜け出せなくなる。

脳の使い方は非常に厄介だ。
長い人生いつその罠にはまってしまうかわからないし、そのトラップは生きていればいくらでも道端に転がっている。
スランプを脱出して生き残れるか? それともスランプでもがいて落ちていくか? 

脳はいつだってシンプルな答えを欲している。
それを無駄な理性や小細工をして複雑化させてしまったから、脳が疲労を起こし思考力も消えていく。
だから一度脳をリセットしてやる必要がある。そうしないといつまでも知恵と理性に頼り、スランプを長引かせるし、悪い感情に取り憑かれやすくなる。
リセットできない脳は使い物にならない。

目次へ

DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) 03-6416-0611
DAL大阪事務所(Dream Art Laboratory) 06-6973-6100
プライバシー保護について
Dream Art Laboraotry (DAL) TOP PAGE
当所はいかなる団体・宗教とも関係しません。当サイトにある記事、画像の無断転用を禁止します。 岩波英知書「奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学」 岩波先生の言葉・講演集 e-mail でのお問合せ
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) TEL:03-6416-0611  大阪事務所 TEL:06-6973-6100
COPYRIGHT(c) 2014 DREAM ART LABOLATORY ALL RIGHTS RESDRVED.