Dream Art Laboratory


幼少期からの家庭環境、親のしつけ、
エゴ抑圧と神経症との関連

親の教育、しつけ、抑圧、自己否定、神経症、悩み

なぜ神経症に陥ったのか? 親の育て方、育った環境とエゴの抑圧

大人になっても悩む人の親は、子供の心を萎縮させてしまう性向がある。
のびのびさせてなかったり、「こうあるべき」「こうでなくてはいけない」と非常に偏った育て方をしてしまう。

それはその親の親からの教育やしつけの問題もあるんだけれど、とにかく子供はのびのび出来ないし、自由じゃなくなってしまう。
自分の地をさらけ出せないで、いつも自分を防衛して生きるようになる。

人の顔色、しぐさなどの反応を一々チェックして、病んだ状況判断をしてしまい、自己主張もできなくなる。
そのもろく繊細になっている神経の状態で、何かしらの精神的ショックを受けると、マイナスの感情が強化されていく。
不安や怯えや孤独や恐怖に浸かると、その感情しか悪い意味で育たなくなる。
そして、どんなに頑張っても自分では克服不可能な神経症へとつながっていくケースが非常に多い。

抑圧して生きてきた人の生きづらさ

そうなると、最悪なまでに自分の心を抑圧してしまう。
満たしたいエゴを満たせなくなり、わがままができなくなる。
無理矢理やったとしても、人の視線を気にしたり、罪悪感を感じてたり、ひどいと心身症的になり、体も不調になり、いつもきつい状態になる。

すると、学校や社会に出た時、人間関係や日常の習慣でも、同じように加速度的に悪い波紋を広げていく。
いろんな場面に適用されていく。
どこにいっても、何をやっても自分を出せなくなる。

つまり自分を抑えようとすることだから、エゴを抑圧することになる。
自分をさらけ出さず、抑え殺す人間は、当然満足できない、充たされない。
喜びやわき上がる感情もしだいに死んでいく。
それでも作り笑いや必死で演技や知恵で乗り切ろうとするが、いつしか限界が来る。

価値を認められず自己承認欲求がない子供

親にそのままの価値を認められないで育ってきた子供は、自分の中でも存在価値を認められない。
自信がつかないし、寂しい。
孤独の感情が増し、もろくなっている。
だから非常に傷つきやすい。

それから今度、親があんまり強いと、萎縮した子供にとっては、人の中でも自己主張をしないから(する術を学べないため)、人に合わせるような生き方をしてしまう。
エゴを充たせないと、何かあるごとに罪悪感を持ってしまう人も多い。

怖いことに、人間関係でも感動がない人は、コミュニケーションも人と取りにくくなるし、疎外されやすい。
相手にも楽しみを与えられないし、バランスがとれないから、結局は人間関係も悪化する。
仲良くしたくても、逆に浮いて孤立をしてしまったりする。
ますます対人恐怖、表情恐怖症、視線恐怖症といった社会不安障害的な症状が大きくなる。

常に脳に重い負荷がかかっているわけだから、うつ病にもなりやすくなる。
ストレスを浴び続け、発散もできない。
楽しもうとしても、抑圧することが身についてまい、耐えるだけ耐えるけれど、心がもろくなっているから、憂鬱に支配されるのは当然のことだ。

孤立したくない、阻害されたくない、そして自分を殺す

孤立した人は相手に合わせよう、疎外されないようにしようと思って生きている。
感情がない(あまりわきたたない)人が相手に合わせようとすると、感情が余計もろくなるから、余計うつ病気味になる。あるいは対人恐怖が悪化したりする。

でも、本人は必死で人と合わせようと頑張っている。
本当にすごい努力をしてきている。
そのエネルギーといったら、もし建設的方向に使えれば、とんでもない成果をあげられるほどだ。
しかし、現実はその逆にばかり加速して、その努力がすべて徒労で空虚に感じる。
これでは悩むのは当然だ。

エゴの抑圧、潜在意識への抑圧、神経症、あがり症

対人的緊張と親とエゴ抑圧の関係

強い親とか力関係で圧力を受けた子供は、地を出せなくなる。
自己主張が出来ないし、やっぱり存在価値を自分に見いだせない。
傷つきやすく、マイナス思考に陥る。

それから自分を抑圧して強い力で押さえつけられたり、それ以外にも「こうあるべきなんだ」と親に教育されると、その枠から出られなくなる。
だから、冒険心が潰され、リスクチャレンジできなくなり、逃避と防衛本能が大きくなる。
知恵と演技で自分を守りながら行動するようになる。

恥をかいたらおしまいだ、失敗したらおしまいだ…

そのために恥はさらしたくない、どう見られるかとか、変に見られるんじゃないかとか、少し相手に笑われたりすることへ恐怖が飛躍的に高まる。
何か失敗すると自己嫌悪に陥る、それが強い。

そうすると当然、人前で発表や発言したときに人の何十倍もあがってしまう。
失敗は許されないし、恥もかきたくない。
人から変に思われたくない、うまくやろうとしてしまう。

受け身に終止し、人からどう思われるかだけに負荷がかかり、その緊張が声をつまらせたり、交感神経を暴走させ、汗がすごくなったり、頭が真っ白になってしまう。
それがパニックになり、緊張していない以前から予期不安を高めてしまう悪循環に突き落とされる。

ますます自分を信用できなくなり、あがる場面に直面すると完全に飲まれて統制をとれなくなる。

あがり症も幼少期からの親のしつけや考え方が大きなウェイトを占めていることが多い。
あがってしまっても、いつまでもくよくよひっぱらない人間もいるけれど、それはそれ以前のベースの違いがある。
(ただし、一度の大きな失敗がトラウマとなって、次の過度のあがりのトラウマに波及していくケースも有る)

ずっと気に病んでしまった、緊張する場面になったら生きていけない、恥をかいたらお終いだと思う人と緊張はするけれど、日常はそのことをすっかり忘れて生きている人の差は、幼少期からの環境が非常に大きい。

悩み克服とエゴを充たすことの重要性と関連性

悩んできた人はエゴを充たせないから心がもろくなり、悩みをひろったり、ひっぱってしまってきた。
逆に自分を出し、わがままに生き、エゴを充たした方が劇的によくなることができる。
悩んでいない人は必ず自分のエゴを満たせている。

しかし、悩んで来た人がエゴを充たすには、まず大きな壁がある。
今までずっとエゴを充たせない生き方をやってくると、充たすことに対し罪悪感を感じてしまう。
生まれたときからの教育で、我慢することが美徳だとか、人の目を意識して恥をかくことをするないう教育をされてしまうと、エゴを充たすことが非常に無理がある行動となる。

ではどうしたらいいか。

ルーツ分析・整理・受け入れの方法 潜在意識の奥底に答えがある

コアからのルーツ分析・整理作業が必要となってくる。

例えば、エゴを充たせなかったことが、いかに今の悩みの現実とリンクしているか分析する。
他のエゴを充たせた人と比較した場合、自分はこんなに違う、不都合な生き方をしてしまった、と眼で見させて、感じた頭で理解させる。

「たしかに自分本来の生き方を出来ていなかった、自分をおさえて地を出さず、周りに会わせて、演技しながら生きてきた」と。
でも自分にはどうにでもならなかった、なぜなら子供は親も環境も選択できない。
その環境や親を絶対的にそのまま受け入れていくしか手段がなかったから。

でも今になってみると、「だいぶ他の人とは違う、他の人は自由にのびのびと動けているけれど、自分はこんなに動けなかったんじゃないか」と自覚したときにはじめて「このままじゃまずい、方向を変えないといけない」という意識に変わってくる。

そのときにはじめて、ルーツの整理が脳内で自動的に作動し、混乱を起こした脳が整理し、心の余裕が生まれてくる。
深い客観性が生まれ始め、悩みの突き上げに対し、非常に柔軟に、あるいは強くなっていく。

「私が子供の時こんな風になって、こういう思いをして、こんなマイナスの思考や感情を拾ってしまった。こういう流れになって、こんな風に悩んでしまった」
「確かにこんな生き方じゃあ、悩みに陥って当たり前だ」と一つのラインで、今の現実に至るまでを、脳に納得させる。

潜在意識、無意識の感情抑圧を浄化させる

納得した上で、今度はルーツに点在する苦しいこと、負担になることが浮かび上がってくる。
それら負担を人間は忘れよう、考えないようする頭がある。無意識への感情抑圧だ。
負担がこんなに自分の無意識に重くのしかかっているんだと、現実逃避させないで見つめさせた時に、はじめて今までと違う方向に変化しようという動きが起こる。

ただし、その変化は、今までの人生に無かったもので新しい体験値なんだ。
経験値がないだけに、けっこうな不安を感じるかもしれない。
それまでの自分のルーツに欠けていた要素なだけに、「変化する」ことは大切だと頭では知っていても、変化が怖くなる。
悩んでいた方が楽で得だと、病床利得に走りたくなる場合もある。

そこで勇気と覚悟と開き直った割り切りが必要になってくる
神経症克服プログラムあがり症克服プログラムの中でも推し進めていきます)。
割り切ったり、自分を励ますことができるものを、脳に教え込んで説得していかないいけない。

勇気をもって走れるか、走れないかの別れ道は、「保証」があるかないかということ。
このラインで自分が進むなら大丈夫だという「保証」を自覚をさせていかないと、覚悟をすることも難しい。

覚悟するために自覚をちゃんと植え付けて、その上で覚悟をする。
そうやって方向を変えていくしかない。

エゴを抑圧してきた潜在意識を解放させ、地で走った時

自分のエゴで走れたときに、はじめて感動できる。
感情も生き生きしていくし、生きている実感も出てくる。

一方、エゴを抑圧してしまうといい感情は死んでいく、生きている実感も薄れてくる。
下手すると何のために生きているのか、生まれてきたのか、ひどい自己嫌悪に陥るくらい自分の存在価値を見いだせない。
他人からも自分が認められていないという悪い感情だけが出てしまう。

それが今までの人生なら、自分を変えるためにも前向きの感情というエネルギーが必要になる。
それには前へ向かって走るための要素(勇気、覚悟、自信、プラス感情)の足ひっぱりになるマイナスのエネルギーを沈めてやる。
理解すること、気づくことから始め、次に感情の処理をしていく。
普段抑え込んでいる抑圧を、潜在意識からダイレクトに解放していきます。

エゴの抑圧がいかに身を滅ぼしてきたのか、どうしたら劇的に好転できるのか教えます。
そしてそれを身につける効果的なプログラムを用意しています。

今までの自分の生き方は本当に心が満たされたのか、満足したのか? 感動できたのか?
今の状態のままいったら、この先どういう未来が描けるのか? 
一生おなじ悪いコピーの連続を繰り返す可能性があるのか?

過去と未来をしっかり見つめて、修正しなくてはいけない。
「一番自分にぴったりの理想の生き方はこうなんだ」というものを一緒に発見して、ラインを引くお手伝いもします。

※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です(これらのプログラムは同時に受けられます)

岩波英知’s ドリームアートの神経症克服セミナー(東京、大阪)

あがり症克服セミナー(東京、大阪)

親子関係悩み解消・不登校親支援プログラムはこちら

エゴを満たす、我侭、自己肯定、自己満足

精神分析】【子供の心のトラブル】【対人緊張・あがり症克服法】【うつ病克服法】【恐怖・不安対処法


奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学(岩波英知の本)

岩波先生著作『奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学』 絶賛発売中


<< このページの上に戻る



コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~16時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら