Dream Art Laboratory


不眠症解消の条件 ~眠れない苦しみとうつ病悪化への危険性排除~

不眠症解消の条件 ~眠れない苦しみとうつ病悪化への危険性排除~

不眠症を早い段階で克服すべき理由

不眠(入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、睡眠負債など)は体力、気力、精神力を奪う。
その眠れないストレスにより、別の深刻な症状~例えばうつ病、自律神経失調症、不安障害など~へと波及していきやすい。

不眠が続いた疲労の中で頑張りすぎてしまい、過呼吸や息苦しさなどパニック発作を起こして、パニック障害へと悪化する人もいる。
これらは非常に難治化しやすい症状で、睡眠薬の他に抗うつ剤、抗不安剤など薬漬けになっていきやすい。

だからこそ不眠症の段階で克服すべきだし、睡眠負債となって悪化してしまったとしても、不眠症を解消することで健康的な心と身体を取り戻せる端緒とすることができる。

人間の脳はストレスに晒され続け、さらに不眠による体調不良や精神的疲弊が加わると、常に不安、焦り、憂鬱、不快、イライラの感情に蝕まれていく。
そうなると脳内神経伝達物質の分泌や自律神経の働きも機能不全に陥り、心身ともに先の見えない苦しみに陥ってしまう。

そこに至ると、もはや気力や意識の力や知恵の対策では克服が不可能になってしまう。
楽しい感情や幸福感を味わえなくなり、不眠症だけだった時代のほうがまだマシだと思うくらいきつい状態が永続化する。

精神医療機関で不眠症の段階で問題を解決しておくべきと喧伝されているのも、不眠症は他の症状に派生しやすいからだ。

不眠症慢性化の後に待ち受ける苦しみの未来 睡眠負債

不眠症を根本的に解決できないと、良質な睡眠が得られないまま疲労が蓄積され、気力減衰やモチベーション低下をもたらし、集中力欠如や脳の働きがひどく鈍くなる。
気持ちに余裕がなくなり、神経が過敏になり、心がもろくなっていく。
この脳と心に蓄積された睡眠負債が万病の元となってしまう。

メンタルと自律神経に問題を抱えた多くの人が最初に通るものが、この不眠症に他ならない。
睡眠薬という頼もしい味方がいるが、これも中長期に渡って依存してしまうと、逆に精神的依存、肉体的負荷というリスクが高まる。
一時しのぎをするほど、しのげなくなっていく。

不眠症の苦しみとマイナスのスパイラル うつ病へ

不眠症の何がきついかというと、睡眠時間が短かったり十分な熟睡感がないと、その日は朝から不快感と倦怠感が続き、体力と脳の消耗で地獄になることだ。
不眠症だと神経が常に高ぶっている(交感神経が勝手に暴走する)から、8時間ベッドにいたとしても疲労感がとれない。
それどころか神経的に疲れた状態で翌朝を迎えてしまう。
ベッドから無理やり起き上がって、ヘトヘトの神経と体で仕事や学校に行くつらさといったらない。

異常な眠気、倦怠感、イライラ、落ち込み、きつさ…。
これらの中で一日過ごさねばならないことを経験していると、翌日の心配ばかりが頭をぐるぐる駆け巡る。
その予期不安が「どうしよう、やばい、何とか早く寝なくちゃ!」という焦りをもたらし、眠ることに気合が入りすぎてしまう。

眠る行為に人生をかけた戦闘態勢で臨んでしまい、もっと体が緊張し、神経が高ぶり、目がギンギンに冴えてしまう。
体がだるくてたまらないのに、脳がサーっと悪い意味で冴えてしまう恐怖感に睡眠恐怖症になっていく人は多い。

不眠症が続くと自然に眠る方法を脳が忘れてしまう 睡眠負債恒常化

不眠ストレスが常態化すると、自然に眠りに入れなくなり、眠る『方法』も脳が忘れてしまう。
誰しも眠ることは本来自然にできるはずで、昔は自分も何も考えずに眠れていたはずだ。

しかし、今は無理やり眠ろうとしたり、悪い思考ばかりぐるぐると渦巻いたり、自律神経の暴走で動悸やイライラがマックスになっている。
これが続いてしまったら、身がもたないことも知っているため、本能のままできる睡眠という行為に異常な緊張感をもって臨み、不眠症を自分でこじらせてしまう。

眠りに執着した脳では、自然な眠りは決してやってこない。

体の力を抜くとか、考えないようしようとか思えば思うほど緊張していく。
眠る瞬間がどういうものなのかわからなくなるし、眠ること、ベッドに入ることすら逆に怖くなる。

「眠ろう、眠らなくちゃ」と思うだけで心臓がバクバクし、恐怖感が出てきてしまうようになる。
至福なひとときであるはずの睡眠が、不眠症の人には見返りのない苦行でしかなくなる。

それは布団に入った時点で、反射的に交感神経だけが暴走し、不快感や焦りや不安が脳に刷り込まれてしまうからだ。
イライラとひどい動悸やぐるぐる回り続ける雑念、心配事が勝手に押し寄せてくる。

こうして神経も体も思考もすべてが眠れない体質になってしまう。
自分でコントロール出来ないからこそつらい。

不眠症対策のために、照明を変えたり、スマホやパソコンを見ないようにしたり、刺激を避けたり、朝日や日光をたくさん浴びたり、散歩したり、枕を変えたり、安眠グッズに頼るけれど、暴走する自律神経だけはコントロールできない。

結局、ストレスや不安、焦りや自律神経のひどい乱れや潜在意識下の感情の抑圧をどうすることもなく、不眠症が長期化してしまう。
そこにはいい感情は一つもないし、日中も体調不良と脳の衰え(集中力、注意力欠如など)しか感じられないから、時間が過ぎるほど難治化してしまう。

なぜ眠れないのか? 不眠に陥る条件

不眠症克服と上手に寝るために知っておくべきことがある。
眠れない時は、眠れないだけの理由がある。
それを知ることで、不眠対策に役立ててほしい。

眠りにくい時の条件とは、

・眠る努力をしてしまう時、意識が眠ろうと思う時。

・寝るような体勢を意図的に作ろうと思う時、眠りに執着している時。

・体に力が入っている時。

・自律神経の働きが乱れている時(交感神経の暴走、動悸)。

・睡眠恐怖症。

・自然に眠るイメージが全く湧かない。

・悩や心配事にとらわれている。

・体の不快感。

・手足が冷えている時、逆に異常に火照っている時。

・体が硬直化している。

・イライラしている時、興奮してアドレナリンが出すぎている時。

などだ。

逆に眠れる時の条件とは、

・眠る努力をしていない、する必要がない、眠ることに執着していない。

・雑念にとらわれていない、何にも考えていない。

・体の力が抜けている、身をだらーんと投げ出すことができている。

・体が適度に温まっている。

・脳が刺激から…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方


快眠は眠りの放棄から始まる 眠る努力と執着は最悪な毒になる

いつでもどこでもすぐに眠れる条件と訓練、そしてトランス呼吸法のこと

脳から眠れるイメージを引き出し増幅させる

「眠らなくてもいいや」の覚悟が不眠症克服の道を切り開く

不眠脳を眠れる脳に変えていく必要性

感情的抑圧、ストレスの解消、睡眠恐怖症解決、悩みへの執着解消で不眠症を短期に克服

ただ一度の人生、睡眠の状態たった一つで幸福度が大きく変わる

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方


関連言葉集『不眠症は睡眠薬で解決可能か? 自然な快眠と強制的眠りの歪み』

うつ病克服法】 【心の悩み解決方法


奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学(岩波英知の本)

岩波先生著作『奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学』 絶賛発売中


<< このページの上に戻る



コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~16時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら