Dream Art Laboratory


愛と感動と感情の不足による対人恐怖症

愛と感動と感情と負のスパイラル

不快な感情を打ち消せるのは感動と愛しかない

感動ができないと脳が機能不全になっていく。
いい感情が阻害され、不快な感情だけに支配されていく。
理性の力で何とかしのごうとしたり、気力を振り絞って乗り越えようとするけれど、不快感だけは押しとどめることができない。

感情的崩落を食い止めるには頭の表面で対処しては墓穴を掘る。
不快な感情(孤独感、不安、恐怖、心配、苛立ち、焦り、落ち込み等)を打ち消すには、もっと深い情動から発する感情で対処するしかない。

そして、最も強い感情は感動と愛で、それに勝るエネルギーはない。
これは相対的ではない、絶対的な自己肯定感につながってくれる。

感動と愛が乏しいままだと感情が死んでいく、悪い感情のみ増幅する

愛と書くとこそばゆい感じがするけれど、愛は理由もなく掛け値なしに生じるものなだけに真実だし、最高の感動をもたらしてくれる。
愛がないと感動できないし、感動が伴わないものに愛は生まれない。

過度にストレスが溜まったり、トラウマや心の傷に苦しめられたり、人間関係でショックなことがあったり、運が悪いことが連続したりすると、人は愛とは対極の感情を抱いてしまう。
それが常態化すると感動がない人生になっていく。

これが脳に悪影響を与え、集中力が落ちる一方になるし、エネルギーが湧いてこない。
能力も発揮できなくなり、理性の力も悪い意味で弱まってしまう。
そして自律神経のバランスが壊れ、体も固まり疲労感が人の何倍にもなり、なんてことはないストレスに対してももろくなっていく。
耐える苦しみにエネルギーを奪われ、何をせずとも息をしているだけでどんどん疲労感が溜まり、厭世観が強くなる。

何をやっても疲れる、エネルギーが奪われる悪い流れ

そこでたくさん休息してもどこか疲れるし、常に不安や焦りに苦しめられる。
そして何をするにしてもエネルギー不足で、脳も働かなくなる。
脳に感動という最大栄養素を与えられないから、落ち込むし、抑うつ状態が常態化していく。

行動が鈍り、感動したくて動いたことですら、疲労感と無感動の再確認に終わり追い詰められていく。
やることといえば、考えて考えて悩み抜いて、結局打開策も見いだせず、不安の再取り込みの結果に終わる。
こうして愛の感情とは対極に行ってしまい、自己否定感や不快な感情で支配されてしまう。

負のスパイラルから抜け出せないまま時間だけが無駄に過ぎて行く。
悪い感情の抑圧して必死で耐えるけれど、抑圧を溜めることしかできなくなる。
我慢我慢の人生で、それで報われるわけでもなく、人生に絶望感を感じてしまったら、乗り越えようとするエネルギーも湧いてこなくなる。

かつての幸せな記憶も抑圧が恒常化したら上書き保存されてしまう

ますます潜在意識がマイナスで占拠され、実態のない不安だけが深淵に渦巻き、脳もいよいよ機能不全に陥って行く。

感動したかつての記憶と実感も、現在と予期不安による灰色の感情に上書き保存されて、かつての楽しい感覚も忘れてしまう。
いい感情が死んでいくが、味わいたくもない悪いマイナスの感情だけは心の奥底から突き上げて行く。
これが頑張るほど泥沼にハマっていく悩みの流れだ。

感動できない人に神様はもっと苦しみを与える現実

神様はその時、決して手を差し伸べてくれない。
まるで感動してくれない人間に罰を与えるように無慈悲で無関心でほったらかしにする。
この時生きる意味を考えても、絶望の二文字しか思い浮かばない。
愛とは何かも思い出せなくなる。

この悪い歯車の回転をどこかで大きく逆回転させなければならない。
これは誰だってよくわかっている。しかし、実際のやり方がわからない。
結論を言えば、大きく逆回転させるには、愛と感情の力を使うほかない。
そのエネルギーは誰だって本能や潜在意識の奥底に眠っているんだ。
ただ上書き保存されて、容易に引っ張り出すことができていないだけだ。
だが、実際にそれが可能だ…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

負のスパイラルを大逆転させる方法

最悪な状況の時、愛も感動も思い出せるわけがない。何が必要か?

感動していい、もっともっと人生を謳歌していい

これからは苦しんできた分を何倍にもして取り戻せる

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

 

※ 愛と孤独感の問題解決のためにこちらも参考にどうぞ

愛と孤独とトラウマ その克服方法

孤独経験・愛情欲求と 心のもろさ

孤独とは何か? 孤独と悩み、 成功するための孤独とのつきあい方

東京西新宿、大阪開催予約申し込み、お問い合せはこちら

愛と孤独とトラウマ 愛情不足と孤独感とそのトラウマからの心の悩みの解決方法

うつ病克服法】【恐怖・不安・焦り対処法】【心の悩み解決方法】【人間心理の本質


奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学(岩波英知の本)

岩波先生著作『奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学』 絶賛発売中


<< このページの上に戻る



コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~16時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら