Dream Art Laboratory


孤独経験・愛情欲求と心のもろさ

孤独経験・愛情欲求と心のもろさ 心の悩み解決方法孤独経験・愛情欲求と心のもろさ 心の悩み解決方法

孤独感と愛は密接にリンクしている。
小さい頃から親の愛情不足(コミュニケーション不足)や周囲から孤立し、孤独の悲しみを経験してきた人は、その後も色々な心の空白ができやすい。

そして、孤独感があるばっかりに愛情欲求が強くなる。
そんな人が「愛情を充たそう、充たそう」と心の底で思いながらも、充たせないでここまで来てしまったとしたら、これはもう悩んで当然だ。

実は子供のように愛情を求めているにもかかわらず、充たされない人ほど大人の演技をしちゃう。
このギャップでも苦しむし、ますます心がやられてしまうんだけど、どうしてもうまくバランスとって愛情を充たそうとする。
うまくやろうといろいろ知恵を回してしまう。
そこで自分を見失う可能性が高い。

愛情不足や自己を肯定される機会が少ないと、心がひどくもろくなる。メンタルタフネスがスカスカになってしまう。
全身全霊の愛情欲求を潜在意識で持っているのに、大人と演技と知恵で切り抜けようとするからますます充たせない。


じゃあ、充たすためにはどうしたらいいか?
自らのプライドを壊し、すべてをさらけ出して、充たそうとする方がはるかに効率がいい。
大人の取り繕った充たし方や知恵とプライドを伴った演技ではなく、無駄な知恵を使わないで生きている子供のような充たし方をする。


今までは心をどんなに充たしたくても、プライドが邪魔して充たせなかったかもしれない。
出来がいい自分でやってしまうと、出来が悪い結果に終わるんだ。

でも、出来の悪い自分が、出来のいい自分を作り上げる。
なのに、うまくいかないときこそ、出来のいい自分を作り上げようとする矛盾。
それで得点を稼ごうと人間はやってしまう。キレイに治めようとしてしまう。
それを当たり前だと思っている。

プライドがどうとか、体裁を繕うとか受動的に生きてしまうと、愛情を充たす方法も受動的になってしまう。
キリストやマザーテレサのような無償の愛を与えてくれる人間はほとんどいない。
だから、いつまで経っても心の空白は埋まらない。

仮にいいパートナーと出会うことができて、一時心が充たされて幸せを味わったとしても、男女の仲だからいつか破綻が来るかもしれない。
別れをきっかけに最悪の精神状態になってしまった人もたくさんいる。

一人の人間にのめり込みすぎてしまって、失恋をきっかけにうつ病や抑うつに陥る人は、小さい頃からの流れで形成された心のもろさと関係していることが多い。
いい恋愛をするためにも、心のベースを処理しなくちゃいけない。


そもそも演技しようとしても、ボロボロの時は演技しきれないし、得点もとれない。
得点を取れると思ったらそれは錯覚。

ならば、ボロボロの自分、最低の自分(姿)をみんなに見せまくって、例えば腹が減ったら、がむしゃらにみんなのものを食べる。
その生き様こそ本当の大人に作り上げる。

地でいけるし、だからこそ楽だ。
自分が充たすことができる生き方を主導的にやっていく。

みんなのものをおいしく食べてこそ、本当の大人の気配りが出来る。
自分の心を充たす事の罪悪感があったら、人との潤滑油をまいておく(その技術も教えていきます)。

でも、それは上っ面だけでいい。
本心から気を使う必要はないし、呑まれることもない。
まずは自分の欲求を満たすことを第一に考え設定をかけ、そのために障害になる状況になりそうだったら、表だけ気を配ればいいだけ。


でも、それができず、心の根からキレイに大人を演じてしまうから、悩んでしまう。
マイナスを見せずにいかに得点を稼ぐかばかり知恵を回してしまう。

演技には「自分」がないから、周りに振り回されるだけでストレスと抑圧が溜まる。
結局自分を満たせず、よく思われたい欲求にますます拍車がかかる。
また大人を演じると、努力に割に報われず、ますます抑圧が溜まる。

今度こそは完璧にうまくキレイに治めようとするが、結末は明るいものじゃない。
こうやってエンドレスで生きづらさが増していく・・・・


孤独経験・愛情欲求と心のもろさ 心の悩み解決方法岩波英知先生の言葉・講演集 愛と孤独とトラウマ

本当は自分をさらけ出して行っていったら、今の状態にはなっていないかもしれない。
そうやったら、たくましく生きられる。

地を出すことが、マイナスだと思ってしまう環境で育ってきたかもしれないけど、実はそうじゃないんだ。
優しさ、気遣いは確かに素晴らしいことだし、かけがえのないものだ。
でも、本当の優しさは自分が満足しているから生まれる。
自分に負担がかかりすぎる優しさは、本当の優しさじゃない。

自分の心身を削ってまで相手に優しさを提供するのは、アンパンマンやキリストだけでいい。
優しさを振りまく生き方をしたかったら、まずは優先順位を再考した方がいいかもしれない。


※こちらのケースに当てはまる方は、これらのプログラムが最適です

孤独感解消セラピー/孤独恐怖症克服プログラム

岩波英知’s ドリームアートの神経症克服セミナー(東京、大阪)

東京西新宿、大阪開催予約申し込み、お問い合せはこちら

※ 愛と孤独感の問題解決のためにこちらも参考にどうぞ

愛と孤独とトラウマ その克服方法

愛と感動と感情の不足による対人恐怖症

孤独とは何か? 孤独と悩み、 成功するための孤独とのつきあい方


精神分析】【メンタル強化方法】【恐怖・不安・焦り脱出法


奇跡の脳覚醒 本

岩波先生著作『奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学』 絶賛発売中


<< このページの上に戻る



コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~17時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら