Dream Art Laboratory


トラウマ・心の傷克服、感情抑圧解消方法

トラウマ・心の傷克服、感情抑圧解消方法 岩波英知の言葉


1 心の抑圧について 【トラウマ・心の傷克服、感情抑圧解消方法】

心の抑圧が外れてくると、人によっては不安になったり、恐怖感を持ってしまう。
今まで抑えたり、無視しようとしてきた悪いものに直面してしまうから。

でも、一生心の抑圧を続けて、心に修復不能な穴を開けるより、出してしまった方がよい。
だから、一時的に不安になっても…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


2 悩みのルーツ分析について 【トラウマ・心の傷克服、感情抑圧解消方法】

周りが快適に生きているのを見ると、苦しみの原因が掴めず悩んでいる人は「何で自分だけ?」と思ってしまう。
理由がわからないから、狐に包まれたように、どんどん深みに入ってしまう。
ひどいとすっかり心が飲み込まれてしまって、恐慌状態になっていく。
錯乱状態にもなっていく。

しかし、悩みが起きている原因や思考回路がわかってくるにつれて飲まれなくなる。
トランス状態でのルーツ分析ではそういうことをやっていくけれど、最初は…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


3 行動制限と防衛本能 【トラウマ・心の傷克服、感情抑圧解消方法】

頭でわかっていても行動に移せないのは、防衛本能とリンクしている。
悩みが強くて、それが長く続いていると防衛本能を強化してしまう。
防衛本能は劇薬だ。

防衛本能があんまり強いと…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


4 感情的抑圧と演技の繰り返し 【トラウマ・心の傷克服、感情抑圧解消方法】

心の抑圧はものすごいものがある。
死体のように隠しても腐臭は隠せないのと同じこと。
自分自身の心なのだから、演技して人から悩んでいるように見えなくしても、
ことあるごとに潜在意識レベルの抑圧が悪さをしてしまう。

一時しのぎはできても、長い人生で隠しきれるものではない。
ましてや自分自身には…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


5 漠然とした不安・孤独感の処理 【トラウマ・心の傷克服、感情抑圧解消方法】

理由がなんだかわからないけれど、不安や孤独を抱えている人の数は実に多い。
その場合、多くが潜在意識や無意識に抑圧してきたはずの不安や孤独感の種が、時々意識上にちょっかいを出してきている。

人は都合が悪いことを、潜在意識に抑圧して、平穏に生きようとする。
それが単発的な場合、悪影響を受けずに、次に気持ちが切り替わることができる。
しかし、断続的な不安状況にいて、なおかつ抑圧を発散する機会がないと、潜在意識にコントロール不能なドロドロとした不安のマグマが噴火してしまう。
マグマ噴出が継続的になったものが、漠然とした不安や孤独感、虚無感となって現れる。

そういう人は、常に心が晴れず、落ち着かなくて、頭が重くなってしまう。
特に理由がないのに、どうも落ち込んでいるな、というのは、恒常化した潜在意識の抑圧が常に心や脳を襲っているからだ。

不安の種は…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


6 トランスの深さと長さを妨げるもの 【トラウマ・心の傷克服、感情抑圧解消方法】

脳覚醒状態の深さや余韻の長さは、訓練や想像力の有無もあるけれど、プライドとか見栄などに大きく関係する。
それが防衛本能を高まらせるから、せっかく深く入れるのに自分でストップさせてしまう。

知恵を使うのも深く入れない要素だ。
「ああやればいいかな、こうやればうまくできるかな、どうしたらうまくやれるかな、深く入ってやろうかな」では自分で深さを消してしまう。
深く入ろうとする意図や努力が逆効果に行く。

これはとても矛盾していることだけど、その矛盾こそが人の…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


7 抑圧処理の黄金タイム 【トラウマ・心の傷克服、感情抑圧解消方法】

脳覚醒トランス状態の後の余韻がある。
この余韻には、悩みの現状や種を思い浮かべると抜け出てくれる「黄金タイム」がある。
普通の意識の流れではないからこそ可能で、その時だけ脳が開いてくれる。

これはその人の脳覚醒トランス状態の深さによって、効果がある時間が違ってくるが、悩みの種を認識すれば心が落ち着いてくる。
執着心が減っていくからだ。
ただし普段の頭で、永遠と悩みの種や精神的現状について格闘してはいけない。
特別な時間だけに有効な方法なので注意して欲しい。

抑圧は解放させていかないと…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


8 過去の亡霊 【トラウマ・心の傷克服、感情抑圧解消方法】

誰であれ、過去の経験値によって、現在を生き、未来を生きていくことになる。
それがいいことがない経験値だと、悪いことしか起こりえないという想像しかできなくなる。

だから、占い師ではなくとも、その人の未来を言い当てることはそんなに難しくない。
過去と今は密接に関連していて、未来もそれで決まってしまう。
思考も好みも、自分の過去の青写真から判断してしまう。
それしか判断しようがないからだ。

過去の悩みのルーツやトラウマをほったらかしにしていたら、どんなに考えても、いいことなんか考えられない。
考えれば考えるほど、脳みそに余裕がなくなり混乱し、落ち込むだけ。

逆に、苦難を乗り越えた人は、その経験値があるからこそ、次の苦境が来てもたくましく対処できる。
ピンチこそチャンスだという経験を体感した人は、リスクあることにも飛び込んでいける。
だから、どんどん人生が開けていく。
その体験値ほど尊いものはない。

人はプラス面でもマイナス面でも、過去に支配されている。
それが実態のない自信になり、得体のしれない不安にもなる。
悩みを抱えている時の好む異性も…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


9 トラウマ解決への刺客 【トラウマ・心の傷克服、感情抑圧解消方法】

心的外傷(トラウマ)は、心の傷を受けた人の中で最大の衝撃であり、極度なマイナスの実感だ。
その後のひどく生きづらい人生を決定づけてしまうほど脳に焼きつかせてしまう。
それを表面的に理性や知恵で切り抜けよう、なかったことにしよう、気にしないようにしようとかすること自体、心の傷を深く認識し執着する行為に他ならない。

どんなに逃避防衛行動をとっても、残念だけど一生ついてまわるんだ。
無駄なあがきをするだけ、状況を悪化させる。
生きている限り、脳の一番深い情動・本能に深くえぐられた傷を無にすることなど不可能だ。

衝撃的なマイナスの実感を解決するには…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


10 無感動的死脳にならない方法 【トラウマ・心の傷克服、感情抑圧解消方法】

感動することは大事だ。
燃えるエネルギー、生きていてよかったという実感、能力発揮へとつながっていく。
そうすると感動する下地が自分にできて、さらに感動しやすい体質になる。

一方無感動の人は脳が死んでいく。
つまらなさ、やるせなさ、むなしさ、さびしさの感情の海で脳が浸かり続けると、発展的な脳の思考が起きなくなる。
そうなるとさらにマイナスの感情に取り憑かれ、ついには機能不全に陥っていく。
感動できないのは感動できないルーツがあるからだ。
そんな人に「感動したらいいですよ、人生楽しいですよ」とおせっかい人間が助言しても「そんなこと言われなくてもわかってる!」 「感動したいのにできないんだよ!」「感動ってどういうこと?」となるだろう。

しかし感動はやはり人生にも脳にも絶対必要だ。
ではどうするか?
ここでは…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方


目次へ


11 記憶の断絶とトラウマ 【トラウマ・心の傷克服、感情抑圧解消方法】

過去の記憶が思い出せない時、それはよっぽどつらい時。
つらさ、ストレスはそれほど記憶にまでダメージを与えてしまう。
つまり、ストレスが極度過多になった時、人は防衛本能で心をストップさせる。
あまりに抑圧やストレス負荷がかかりすぎた人は、ある時期だけ霞がかかったように思い出せないケースが多い。

とはいえ、表面的に思い出せないだけで、一生消せないほどの傷があることに変わりはない。
そうなってしまうと、脳の防衛機制を外すことが…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


12 無感動の人も感動させることができる 【トラウマ・心の傷克服、感情抑圧解消方法】

生まれてきたからには、生まれてきてよかったという経験をしてほしいと思います。
しかしそれが自分のせいではないのに難しい人がいます。
生きていることが苦痛で、過去の辛いことに時間が経っても苦しめられる。
いくらあがいても幸せになれない。楽しい感情がどういうことかも思い出せない。

その状態が続くと、時間とマイナスの経験値が脳をさらに萎縮させてしまう。
感動や幸福感がない人はさらに不幸になっていくという構図があります。
脳は味わっていない感覚、感情をどんどん奥へしまいこんで退化していくからです。

しかし、脳覚醒トランス状態が深まると、誰もが生まれて来てよかったという感動を味わえるようになります。
最初は辛いことや感情的に抑圧してきたものが出てきて、しんどい場面もあるかもしれない。
それを頑張って乗り越えたら、誰もが脳に感動と至福感の嵐を巻き起こすことができます。
そうすると脳が蘇って…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


13 トラウマの悪夢を建設的に利用させる 【トラウマ・心の傷克服、感情抑圧解消方法】

トラウマを停滞を突き抜けさせるエネルギーに変えることができます。
トラウマは非常に厄介で人生全体を蝕む呪いのようなものですが、エネルギーの量といったら無尽蔵なくらいあります。だから人の意志では太刀打ち出来ないのだけど。
下手に素人や自分で手を出したら、もっと地獄のドロドロのマグマに落ち、最悪な結果に終わってしまう。

トラウマを処理する時、トラウマの突き上げるエネルギーを抜いていくこともできますが、その途中で反動のエネルギーに転化することが可能です。
過去のつらい出来事は決して消せない。
しかし…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


14 心の傷はコンピュータウイルスのように心を蝕んでいく 【トラウマ・心の傷克服、感情抑圧解消方法】

過去起きたことは、しっかりPCのハードディスクやメモリのように脳に記憶されている。
それをフォルダの奥の方奥の方にしまおうとも、隠しファイル化しても、ゴミ箱から消し去ることはできない。
記憶が心の傷、トラウマともなると決して見えない位置にしまいこんでも、コンピュータウイルスのように悪さをしてくる。

パソコンなら工場出荷時の状態に戻せばいいが、人間の脳はそうはいかない。
トラウマというコンピュータウイルスは、正常なプログラムまで蝕んでいく。
メモリもCPUも100%酷使し続けても消すことができない。
逆にオーバーヒートを起こし、ストレスと苦しみで脳が機能停止状態になるだけだろう。

無意識の働きで表から消したとしても(感情抑圧、記憶抹殺)、裏ファイルでプログラムを稼働し続ける。
アンチウイルスソフトが現実にない人間の脳には消す方法がないんだ。
消したいのに消せないことほどストレスとなるものはないし、現に心の傷によってコンディションをひどく蝕まれているから、ボロボロにならないわけがない。
ついには…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


15 感情の発散と魂からの浄化 【トラウマ・心の傷克服、感情抑圧解消方法】

感情の発散は生きていく上で必須なことと言っていい。
ずっと我慢に我慢を重ねることは美徳だし、その精神力の強さは誰も真似できないことだ。
しかし、感情をずっと抑え込んできて、自分の気持ちを外に出せないままでいると、精神的健康にとっては最悪なことだ。
我慢に限界が来て内へ外へ暴発したり錯乱してしまったら、それまでの苦労も水の泡になる。失うもののほうが圧倒的に大きい。

人は色々なストレス解消法を無意識的に模索している。
享楽に走ったり、酒や異性に走ったり、中には理解できないような変態行動でぎりぎり精神的なバランスをとる人もいる。
ある見方からすれば、不良やヤクザが反社会行動を取るのも、トラウマや心の傷、生い立ちにおける孤独や愛情不足と関係していることが多い。
反社会性による抑圧解消で崩壊する心を保っているとも言える。

だがほとんどのケースで、逃避行動にしてしまっている。
つまり、積み重なるストレスや不都合な感情だけを抜くことで、日々を生きることに精一杯になっているんだ。
だが、ずっと抑え込んできた悪い感情の抑圧は…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


16 プライバシー トラウマは人に知られず克服可能 【トラウマ・心の傷克服、感情抑圧解消方法】

人にはそれぞれの事情がある。絶対人に言いたく秘密がある。
カウンセラーや医師を相手にしてもそうだ。
ずっと心の奥にしまいこんで見ないようにしているものをさらけ出すことの恐怖、自我崩壊の危険、恥ずかしさを含めて、人に打ち明けるならば死んだほうがマシなものがある。

しかし現実問題として、トラウマや大きな過去のとらわれがある限り苦しみ続けてしまうのも確かだ。
そこが浄化されない限り悩むが、表に出して解決しようとすることも恐怖だ。
その兼ね合いをどうするべきか。

脳覚醒状態が深まると、例えば私(岩波)に打ち明けなくても、周りの人に知られないまま、トラウマの克服が可能になる。
言葉に出さなくてもいいし、私にすべてを正直に打ち明ける必要もない。
自分の心の中で…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


17 トラウマがトラウマでなくなる時 【トラウマ・心の傷克服、感情抑圧解消方法】

トラウマや心の傷を生殺しにしながら、生きづらさを切り抜けようとすると、いつまで経ってもモヤモヤ、イライラ、言い知れぬ不安、孤独、恐怖にさいなまれることになる。

トラウマや心の傷を抑圧することで、何とか生きていくことはできる。
しかし、それで傷が治ってくれるわけではない。
表層の記憶から抹殺できたとしても、深層の記憶、つまり無意識では心の傷が疼いている。

残念ながら、過去起きたショックなことは、その記録はなくせないし、記憶も抹消できない。
だが、トラウマで…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ

 

 

※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です(同一コースで、何個でも同時に受けられます)

岩波英知’s ドリームアートの神経症克服セミナー(東京、大阪)

目次へ


<< このページの上に戻る

コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~16時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら