Dream Art Laboratory


あがり症、社会不安障害、対人恐怖克服方法

あがり症、社会不安障害、対人恐怖克服方法 脳覚醒岩波英知の言葉


1 対人緊張の人の多くの思考 【社会不安障害・対人恐怖解決方法】

対人恐怖の悩みがある人は、好意を抱かれても戸惑ってしまう。
好きな人であるがゆえに、つきあって相手に迷惑をかけたくない。
お互い好き合っていても、距離をとらざるを得ない矛盾がある。

好きだからこそ離れなくてはいけない悲劇。
でも心のどこかでは距離をとりたくない欲求もあるし、ずっと仲良くやっていきたい思いが強い。
そのジレンマと矛盾が、対人緊張の人にはある。

職場、学校、近所における知人・友人関係でもそう。
仲良くなったからこそ、自分から距離を…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


2 あがり症の思考と逆方向の発想 【社会不安障害・対人恐怖解決方法】

「視線が私の所に来るな、みんな私の声を聞いているな、注目されている・・・、どう思っているんだろう、うまくやりたいな、失敗しないようにしよう、普通に見られるようにしよう」と思ってしまうのがあがり症の思考です。
あがり症が続くと、完全に受け身の思考になり、どんなに対策をとっても緊張だけが反射的に増していく。

だからこそ、逆の発想をしていかなければならない。
「それを伝えるんだ! わかってほしいんだ! 聞かせるんだ! 社長でも先生でも何でも聞いてくれよ!」と。
「私だけがこれを伝えられるんだ!」
その気持を高めた上でその場に臨む。

どう思われるかをすっかり捨てるくらい、逆方向の暗示をかける。
異性の場合でも…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


3 人との比較とコンプレックス 【社会不安障害・対人恐怖解決方法】

人と比較しすぎると、精神的にドン底にはまる。
対人関係で緊張する人は、思春期にコンプレックスを感じる。
背が低いだの、足が太い、短いだの、ニキビが、包茎が、スタイルが、髪の毛がどうだの……あげて行ったらキリがない。
それがずっと大の大人になってもやってしまう。

コンプレックスは人との比較によって生まれる。
劣等感が強まっていくと、パーツへのコンプレックスだけじゃなく、自分自身へ劣等感を感じてしまい、不安を引き寄せてしまう。
コンプレックスポイントだけに執着していくと、あらゆる方面へ劣等感が拡大増幅していく。
ダムがたったひとつの破損箇所から決壊していくように、マイナスの感情もそこからすべてに波及していく。

自分が標準だと思おう。
自分の都合よく生きていないと、どんどん自己嫌悪を引き寄せてしまう。
比較しては…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


4 あがり症と主体性 【社会不安障害・対人恐怖解決方法】

「どう思われたかな…緊張しないで落ち着いていられればいいな」とばかり思う人がいる。
その一方で、人を緊張をさせているような奴ほど悩んでいない。
自分がどんな風に生きてやるかが何よりも先。

貴方はどう思われるかの為だけに生まれてきたわけじゃない。
「俺の心がばれちゃったかな?」 「私の顔、どういう表情かな?」 「震えたらどうしよう、気づかないで欲しい」 「人から笑われないようにしよう」
受け身や逃げる方向ばかり行くと、どこまでもはまってしまう。

緊張というものは生きていたら必ずあるもので、悪いことにそんな姿勢の人に容赦無い。
絶対に逃げ切れることはない。
それは自分自身の心が発しているものだからだ。
生きている限り、無意識の影響から逃れられる人間は皆無だ。
なかったことにもできない。
かならず抑圧された強烈なエネルギーが、総攻撃してくる。

人を緊張させて、自分は緊張しない人間は、「私は今日何を訴えてやろうかな、皆にわからせてやろうか」 「俺は喋りたいんだ」と思えている。
だからあがり症とは一番無縁だし、不安がなく能力を存分にどこでも発揮できている。
貴方よりも才能がない人間であっても、結果としての能力…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


5 あがり症のトラウマ強化 【社会不安障害・対人恐怖解決方法】

あがる人は、苦手な場面で「私は落ち着いている、落ち着け」と言い聞かせているが、実はあがるための暗示をかけてしまっている。
「大丈夫かな? あがったらどうしよう? 失敗したらおしまいだ」という不安や焦りの感情時に、「落ち着く」自己暗示をかけても、自分の精神的苦境を強く再認識するだけに終わっている。
結果的に、非常に強いマイナス暗示をかけてしまっている。

不安と恐怖と焦っている時、人はいとも容易くマイナスの自己暗示にかかる。
プラス暗示には全く反応しないのに…。
そんな一番マイナス暗示が浸透しやすい中でやっているから、あがり症の罠から抜け出せないのは当然なんだ。
ずっと同じことの繰り返してをしてきたから、場数を踏んでも慣れるどころか、逆に…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


6 自分の心はそんな甘くはない 【社会不安障害・対人恐怖解決方法】

人に変に思われたら? 人に嫌な印象与えたら? 自分がこれをやったら相手はどう思うだろうか? 

そういう想像ばっかりすると、想像の世界だけで飛躍してどうにもならなくなる。
その思考の位置を変えないで、その狭い世界だけで行くと、ずるずると心が飲まれておかしくなる。
そうなると、どんなに必死にもがいても、自分の首を絞めるだけになる。

考え方のすり替えをしないと、その泥沼地獄から抜け出せない。
逆に言えば、それができたら、どれだけ人生が楽になるか、ということ。

恥と緊張なんてものは、本人が「俺はこうしたい!」という「何にも勝ってそれだ!」という大義名分を積み…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


7 手の震えの心理、震えない心理 【社会不安障害・対人恐怖解決方法】

手が震える時、人は震えを抑えようと必死で努力する。
手や腕や肩に力を入れて震えを止めようとしたり、「私は落ち着いている、震えるな! 震えてはまずい、人に悟られてはやばい、なんとかしないと。震えるな!」と精一杯心の中で戦う。

しかし、この思考に入ると、焦りはますます強化され、手の震えや書痙への執着は二度と消せないほどになっていきます。
震えの悩みで、せっかく就いた職業なのに、多くの人が転職、廃業に追い込まれています。
そして、対人関係でも重い枷となって、どれだけその後の人生を支配してきたかわかりません。

常に震えたらどうしようという予期不安に苦しみ、震えるシチュエーションでは、何とか震えを抑えこもうと、もっと異常に肩や腕や手に力が入れようとする。
しかし、精一杯の努力と対策に反し、ますます震えが増幅していく。

この焦りと執着と不安と異常な疲労感がエンドレスに続いていく。
心がすっかり不安と焦燥感に飲み込まれて、冷静さも客観性もなくなっていく。
肩から背中、手までが異常に硬くなり、肉体的にも震えやすい体になってしまう。

そうなると、今まで震えない場面でも簡単に反射的に震えてしまうようになる。
どんどん震えの悩みの執着が増し、その執着が悩みを強化する悪循環にこうしてハマる。
そんな人が「震えるな、私は落ち着いている」といくら自己暗示をかけても悪い執着を強化するだけだ。

思考のベクトルとしてはこう考えるべき…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


8 親の目、世間の目、自分の目 【社会不安障害・対人恐怖解決方法】

対人恐怖の人は、親や故郷(親の目、世間の目)が癌になっている。
人目を気にせずリスクに挑戦できる人はそれが絡まない。
親が引っかかっている人は、その負荷がかかると自分のパワーが消失する。
自分が出せなくなったり、いつも親の目・世間の目に支配されて何もできない。
道徳観念・罪悪感で抑圧したり、わがままをしてエゴを満たせなくなり、がんじがらめになる。
まずいことに親や世間を意識するということは、それ以上の意識を他人にも…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


9 自臭症の心理と対人緊張 【社会不安障害・対人恐怖解決方法】

特に思春期において、『自分の臭いが人に不快な思いをさせているのではないか?』『皆迷惑して、私の悪口を言ったり嫌っているのではないか?』と怯える症状がある。
汗の臭い、脇の臭い、オナラの臭い、体臭、口臭などにとらわれて、存在することがひどく苦痛でたまらない。
「気にしないように、清潔にしなくちゃ、臭いがバレないように」などそればかり考えると、余計緊張する。
臭いにひどく執着して、過度に緊張している人にとっては、自分から余計臭い出るように感じてしまう(この場合、他人がいくら臭っていないと言っても、本人の嗅覚にはそれが反応している) 。

そうなると、周りを怯えた眼で、「あの人は臭いを感じたな、感じられたら困るな」と周りの表情や仕草(鼻の辺りを指で触る、咳払いする、舌打ちをするなど)を見ると、絶対感じているなと思ってしまう。
あの人は…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


10 あがり症克服と脳と体の緩み 【社会不安障害・対人恐怖解決方法】

「頭が真っ白になる、息苦しくなる、パニックになる、手足が震える、声も震える」というあがり症。
自己制御できなくなってしまうのは、緊張が強くなりすぎて体が硬直し、精神的にも肉体的にも緩みがなくなってしまうからだ。
その状態でいくらあがり症対策をしても、心が勝手に飲まれてしまう。極度の緊張状態でもっと体が固まっていく。
この永遠の悪循環から抜け出せなくなる。

緊張に飲みこまれないような体の緩みと精神的な心の枠(余裕)を作らないと負のサイクルは断ち切れない。
体が硬いと、ちょっとした心の傷や衝撃でも、増幅して自分で悪化させてしまう。
だから体と脳に緩みを再び味わわせなければならない。
体を緩めるといっても、マッサージや整体のそれとは違う。
脳が過度に緊張させ体を硬直化させてしまうのだから、大元の脳を芯から緩めなければならない。

どうすればいいのかというと…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


11 物音恐怖、騒音恐怖と対人恐怖 【社会不安障害・対人恐怖解決方法】

対人緊張の強い人は人にどう思われるかを気にし、変に思われたくないと思う。
つまり、内面に意識のベクトルが向きすぎている。
アパートやマンションで一人暮らしをしていてもそう。
たまたま自分が立ち上がった時、隣(上)からゴトンと音が鳴ると、こちらを意識して音を鳴らしたと妄想してしまう。
皿洗いを始めたら、トイレに行ったら、リモコンを落としたら、隣が音を鳴らした……どこまでいっても妄想はきりがない。

一人でいても隣(上)の挙動が気になって、その物音に病的に取り憑かれて、心が安まらなくなったりする。
物音、騒音への予期不安が生じ、ますます敏感になっていく。
そして物音がしたら、異常にビクッとしてしまい、さらに予期不安がひどくなる。
物音がしなくても、騒音主が帰ってきたらどうしようと身構えていく。
家という平穏無事にくつろげる最後の空間でも心臓がドキドキして心が休まらない。
ノイローゼ状態がさらに悪化していって、交感神経だけが優位に働く。
ストレス、イライラ、不安、うつ状態、そして安心を奪う騒音主への殺意によってぼろぼろになる。

音は対人恐怖や社会不安障害の人にとって密接な関係だ。
音は一度気になったらとことんまで気になるものだ。
これは視線や脇見や仕草と同じで、神経症になったら…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


12 落ち着かなくなる呪いの暗示 【社会不安障害・対人恐怖解決方法】

「落ち着く落ち着く」は落ち着かない魔法(呪い)の言葉。
潜在意識と暗示的観点から言うと、落ち着かない状態を認識した上での焦った自己暗示だから、逆に…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


13 人間関係での緊張と不安の増幅メカニズム 【社会不安障害・対人恐怖解決方法】

場を繕おうとする空気こそが、自分をぎこちなくさせ、場もぎこちなくさせ、周りまで気を使わせる。
私は相手が緊張している時や不安を感じている時、相手の緊張や不安を無視して雑に扱っています。
そうすると相手の緊張がほぐれやすくなる。
しかし、相手の緊張や不安を汲み取ってしまうと、相手はますます緊張するし、どちらもどんどん動きが悪くなる。
お互い居心地が悪くなるし、次からはますます固まった空気が流れる。

その悪循環を打ち壊すには、自分自身が…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


14 緊張からくる震え、書痙の根本的解決法 【社会不安障害・対人恐怖解決方法】

手が震えや書痙は自分の意志でコントロールできないところに悲劇がある。
そして、手が震えたり書痙になる人は例外なく肩、肘、手、指先に力が入りやすくなっている。震えを止めるための当然の防衛機制だ。
どうしても筋肉をつかってコントロールしようしてしまうが、それではますます震えや書痙が悪化してしまう肉体になってしまう。

そのマイナススパイラルに入らないようにするためには、肩や肘や皮脂や手や指先が緩んだ時の状態を脳にインプットをする。
震えたり書痙になっていない何にもとらわれても考えてもいなかった頃のような状態だ。
それは脳覚醒状態が深まると作り込めるようになる。

また震えや書痙は、プライドを維持しないといけない場面でなってしまう。
だから、そこへの感情的抑圧や不安、心の負荷を脳の…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


15 誰のための人生か? 人などくそくらえだ 【社会不安障害・対人恐怖解決方法】

人の顔色をうかがうことを死ぬまで繰り返し続け、人間関係に悩む人生にしたいのか?
たった一度の人生は人のためにあるのではない。自分のためにある。
自分がどれだけ人生で感動したかだ。

エゴを押さえつける必要はない。
エゴを満たすことは…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ


16 脇見恐怖症の苦しみ、視線恐怖症の絶望 【社会不安障害・対人恐怖解決方法】

視線恐怖症の一種に脇見恐怖症がある。
この脇見恐怖症は思春期に発症しやすく、何十年にも渡って、視線恐怖や脇見恐怖に苦しめられる人は多い。
自分の強い願いとは逆に、気にしないようにしようと思うほど、呪いのように何百倍も気になってしまう。

そもそも視線恐怖症自体が、ベースが『人によく思われたい、変に思われたら嫌だ、恥をかきたくない』というベースが異常に強い。
そして『ここで緊張したらまずい、人に知られたくない』という戦いに入り、例えば学校や職場で人に不愉快にさせてしまったらどうしようという観念にとらわれる。
相手が視線を避けた、顔を背けた、あっちを向いたのは自分のせいだとか、あの表情は自分に嫌なな印象を持ったからだと落ち込む。

そして、あんまり見ないようにしようとすると、逆に気になって視線が引っ張られる。
どんどんはまっていくと、目のやり場がなくなる。
黒板をしっかり見ようとしても、視線に入る周りが邪魔になる。
後ろで音がなるとそちらも気になってしまう。

周りに視線恐怖(脇見恐怖)が発覚しないように寝た振りなど色々と努力する。
電車やレストランなど色々座る位置を考える。
表情が硬くなったり、視線がきつくなると、ますます不愉快な加害意識に悩む。
何とか普通を装うとすればするほど、緊張が増し、集中力がなくなり、頭が真っ白になる。
ひどくなると誰に対しても落ち着かなくなる。

考えれば考えるほど脳みそが視線に執着して、はまっていく。
どうして他の奴らは普通なのに自分だけ…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

目次へ

 

 

※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です(同一コースで、何個でも同時に受けられます)
あがり症克服セミナー(東京、大阪)

岩波英知’s ドリームアートの神経症克服セミナー(東京、大阪)

目次へ


<< このページの上に戻る

コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~16時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら