岩波英知 DAL Dream Art Laboratory
岩波英知DALへの予約・問い合わせはこちら
 
Return to DAL Dream Art Laboratory HP 岩波英知先生の言葉・講演集 岩波英知先生のプロフィール DAL ドリームアート研究所概要 各種心理脳内プログラムへよくある質問 岩波先生のセミナー/プログラムメール予約はこちら
岩波先生の脳覚醒技術心理脳内プログラムメニュー
脳覚醒プログラム
神経症克服プログラム
あがり症克服プログラム
親子関係悩み不安解決プログラム
メンタル強化プログラム
会話の格闘術
スポーツメンタルトレーニングプログラム
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
・料金システム
[ベーシックコース]
一般向け 通い1コース(10回)
400,000円
※現金一括払いのみとなっています。
集団形式で開催。
※一般向けコースは個人では行っていません。集団のみ受け付けています。
東京の西新宿、大阪の森ノ宮の事務所まで通ってきて下さい
東京西新宿連絡事務所
東京西新宿事務所電話番号03-6416-0611
東京都新宿区西新宿 3-5-3-216
大阪事務所電話番号06-6973-6100
大阪市東成区中道3-3-7-207
親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉
脳覚醒プログラム・心理脳内プログラムメール申し込みはこちら
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
脳覚醒へ 成功哲学、自己啓発方法、神経症あがり症克服 自己啓発、神経症克服、無意識、潜在意識、瞑想言葉集 トップへ
孤独・孤独感を解消する方法とは? 心の悩みと神経症との関係 孤独の埋め方

孤独とは何か? 孤独と悩み、
成功するための孤独とのつきあい方


孤独と心の悩み・不安感・神経症の関係

神経症(あがり症も)と心の悩みは、孤独感とすごく距離が近いところにある。
神経症の悩みは残念なことに、親であろうと大親友であろうと、そっくりそのままのきつさと苦しみを共有できない

よく親に悩みを勇気を持って打ち明けても、「わかってくれなさ」に心がえぐられるようなショックを受ける人が多い。
神経症は同じ症状を経験した人にしかわからない世界だと言える。

結局、一人で闘い、傷つき、落ち込み、ズタズタに心が切り裂かれていってしまう。
耐えても頑張っても未来は暗いものしか見えない。
その孤独感はものすごい。

孤独感と罪の意識

人間はそもそも孤独だ。
自分と同じ人間は存在しないから。

心の中はなおさら相手に理解されないし、わかることも難しい。
ことに神経症の苦しみはそうだ。

でも人間という生き物は孤独では生きてはいけない。
孤独感は当然寂しいし、孤独自体が非常に悪い意味で強力で、せっかく生まれてきたその人の存在価値までなくすほどだ。

そこには夢がない。
孤独にさいなまれ続けていると、自分自身が存在価値を把握できない
ということは自信が持てない。
存在していいのか、という漠然とした罪の意識と不安を持ってしまう。
それが未来永劫続いていくことを考えると、なんとかしないとという強い焦りが入る。

対人恐怖症とうつ病、孤独感との関係

一般には親がいる、家族がいるということから、自分の存在価値が自動的に認められる。
愛されてる実感という──

幼児期から「自分はここに存在している」という自信をそれによって持てる。
存在価値が大きいと実感している人は、どんどん自信を持って生きられる。

対人緊張・恐怖でも存在価値の問題が絶大だ。
トラウマ、親にわかってもらえない悲しみ、疎外されている感情、虐待される、そういう経験は最悪だ。
子供が孤独という闇を心に持つし、そもそも自信を持てない。
どこかでいつも不安を抱えて生きていってる。
疎外感を持つ人間は孤独と密接だ。

出来が悪いのによく親などに褒められる子供は、自信をもって世の中を渡っていける。
そのこと自体が孤独でなくなる。
それがその後の対人関係の善し悪しにつながっていく。

鬱病も多くの比率で、子供の頃、一人の世界で遊んでいることが好きだった人が多い。
一人の世界での遊びは想像の世界だから、一見孤独だけど、子供のときは孤独ではなかった。
イメージの中で繰り広げられ、孤独ではなかったといえるかもしれない。

その反面、人間社会では、スムーズにコミュニケーションがとれないから、その中に入ったとき、「これではいけない、何かまずい」となって、鬱病に入っていくケースがある。
対人的なトラブルは誰にでも起こるからなおさらだ。
孤独も鬱とは密接に関係している。

対人恐怖は相手に「疎外された、嫌われた、好かれていない」となり、自分に自信がなくなっている。
要は対人緊張とコンプレックスと自信喪失と孤独と密接に関係している。
常に他人の視線を意識してる。
きついから逃げなくちゃいけない、でも「やっぱりきつい」と言うパターンになる。
結局孤独と同じになる。

そうならないために「孤独」への設定と認識を、従来のものから変える必要がある。

逆に「孤独」「孤独感」への認識設定をいい具合につかむことができたら、孤独は孤独ではなくなる。ということは孤独感も薄くなったり、なくなっていく。

孤独感は怖いもので、それは一つの悪い感情であるため(しかも人生を滅ぼすほど強い感情だ)、さらなる孤独感を増幅させ、同時に他のマイナスの感情(不安や恐怖、罪の意識、コンプレックス)を招き入れやすい。

しかし、孤独・孤独感への認識を新しくつかめれば、さらなる悪化が食い止められるということでもある。

孤独感が起きにくい回路

人から認められると大きな自信になる。
それは孤独であっても関係ないし、その時点で孤独感はない。
成功したり、自分の思い通りにやったり、個性を打ち出したときには、それらは価値観として存在するから、孤独じゃなくなっている。
「すごい」と言われたり、その目線を意識したり、感じたりするだけで(どう見られているのかという目線は関係なしに)、実体験としての自信になる。

それは念仏のように何万回唱えたものよりも大きな自信なんだ。
「周囲の人に自分は支持されている、人に価値観が認められているんだ」という孤独と正反対の場面が出来たときに、人生をエンジョイできる。

それにはなるべく高いレベルを追うことが必要。
そこまでいくと、孤独であっても孤独ではなくなる
孤独感は喪失している。

ここでも「孤独だ、孤独じゃない」という狭い範囲で葛藤、相克、闘争をしていることから脱して、高い設定、違う視点から捉えればいい。

孤独と孤独感

ここで「孤独」と「孤独感」を言っておきたい。
孤独に生きている人がいても、孤独感を抱えて生きていなければ、その人は孤独ではない。
(人から干さたあまり「俺は孤独でもいい。孤独でも生きていける」とすねているケースとは違うことに注意)

でも、いくら友達に取り囲まれていても、孤独感を抱えていたら、その人は孤独だ。
ただ傍目に孤独に見えないだけ。
これは芸能人・有名人に多い
孤独とは一番無縁で人に囲まれたきらびやかな世界に思えても、一層本人の内面に孤独感が増してしまう。
自分の無意識までは騙せないからだ。
虚飾の世界にいる人ほど、無意識へのしわ寄せはひどいものとなる。

大都会にいても、自分の心だけは孤独でたまらないことと同じだ。
あるいは、豪華絢爛なネオンやイルミネーションを見ると、余計に孤独が浮き彫りになる心理と同じ構図だ。

その孤独感が嫌で、著名人、芸能人ほど、孤独を紛らわせようと人に囲まれる。
あるいは街に繰り出して、孤独を忘れようとする。
一時的には孤独を埋められても、その反動は大きく、孤独感がひどくなる…。
一時しのぎでは、いずれにしても未来は行き詰まる。

結局「孤独感」が重要だ。
孤独であっても孤独感がなければかまわないと、私は思う。

孤独には、大なり小なりのトラウマとなる大きなベースが心の底に抑圧されているから、いっそう大きく感じ取れてしまう。
だから、悪い孤独感は、人の未来に暗く降りかかりつづけてしまう。

「孤独」は悪じゃないけど、「孤独感」は難しい問題だ。
そこを乗り越えなければならない。
それを強力に支援するものが、当所の各種プログラムにはあります。

神経症で失ったものを何倍にも取り戻したい人へ

そもそも成功するためには、みんな孤独を乗り越えなければならない。
成功者は孤独である。
成功者とはその時点で一般の人とは違うものだから。
それを目指すときも孤独である。

トップに立つ者や成功者は、近くに並ぶものがいない。
同じ立場で相談できないから孤独だ。

孤独への対処は、悩みから脱するとき、成功を目指すときに、孤独への設定を変えなくてはならない。
大きいスパンで、まず悩みから脱するためには孤独感を排除する。
そこは各種プログラムによって、トラウマの処理とか考え方の変化とか設定をすることでできます。

次のステップで、孤独に対しての対策、孤独へのある次元のはき違え、使い分けをまず考えなければ効果は上げられない。

例えば、仲間はずれにされた、疎外されたという悩みの段階がある。
次に社会人や学生や主婦が、身を投じる社会の中で周りから、魅力的個性的と言われたいと望む層がある。
仲間内で光り輝くことを望む設定のレベルもある。

さらに一流になりたい、自分の生き様を世の中に刻みつけたいという段階の人もある。
経営者、成功者独自の孤独というものもある。

だから様々な段階、目的に応じて使い分けることが必要だ。
でもそれができれば、何倍にも失ったものを取り戻せる。

悩みや孤独感とは無縁の人 ・孤独感への対処法

そもそも、いい感情で走っている人は、孤独でも関係ない。
つまり孤独に対する悩んでいる人のとらえ方が問題なんだ。

疎外感とか不安とか、干されたとか見捨てられたとか、孤立感とかそういう悪い感情がまずい。
孤独は不安や恐怖と同じく排除しようとしても出来ない
それは孤独自体が大きな不安や恐怖自体の感情だから。

無しにしようとすると、よけい恐怖と不安が強くなる。
感情の世界だから、意識や知恵の構築でいくら頑張っても無駄。
いくら孤独じゃなくなれと祈っても、自分がいかに孤独感にさいなまれているか強く認識してしまうだけだ。
だからさらに苦しんでしまう。

孤独が逆に貴方のパワーになる、モチベーションになるという、いい意味の無意識部分からの設定を植え付けなければならないし、そうしていく。
孤独を怖がっていたら、自分を向上させるためには何にも出来ない。

孤独は一見すると寂しいものかもしれない。
でも盲目的に避けようとしても無駄だ。
心の底から受け入れたとき、孤独感は喪失している。
そういう人間しか、孤独感から逃れられない。

最後に

仮に金銭的に成功していて、周りがうらやましいと思っていても、その本人は孤独という大きな不安の感情や疎外感の感情などによって、孤独でたまらないということがよくある。
芸能人とか女優とかそうだ。

学校や会社でちやほやされている人だって実はそうかもしれない。
周りと比べて自分だけ孤独なんだと「孤独感」を持ってはいけない。

結局、みんな孤独なんだ。
だから孤独ってどういうものかを認識しなおさなくちゃいけないし、いつでもその罠にはまってしまう。

人は死ぬときは一人だ。
人で孤独感を埋めようとする一時しのぎをやるよりも、根本的に自分が孤独とどう向き合うかをやらなくてはいけない。
一時しのぎはいつか限界が来る。

それに他人は、親であってもパートナーであっても恋人でも親友でも、自分の思い通り動いてくれないものだ。
あくまでも自分主体で生きなければならない。

もう一つ、どうしようもない孤独感というものに襲われることがある。
原因すらわからないくらいのものすごいものがある。
もし孤独感・不安感が原因があるなと自分で認識できていたら、それほど大きな苦しみにはつながらない。

でも有無を言わさず起きる孤独感が襲ってきたら、もう苦しいし、抜け出したい。
でも焦って余計深みにはまってしまう。
自分をボロボロにしてしまう。

強大なマイナスの感情は、無意識(本能)のレベルから起きているから、理論ではなくて、感情の世界で無意識から悩む思考回路を解消していきます。
その二つで同時にやっていくことで劇的に効果が上がる。

※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です

岩波英知メンタル強化プログラム

岩波英知’s ドリームアートの神経症克服プログラム

DAL ドリームアート・ラボラトリー ページ・トップへ
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) 03-6416-0611
DAL大阪事務所(Dream Art Laboratory) 06-6973-6100
プライバシー保護について
Dream Art Laboraotry (DAL) TOP PAGE
当所はいかなる団体・宗教とも関係しません。当サイトにある記事、画像の無断転用を禁止します。 岩波英知書「奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学」 岩波先生の言葉・講演集 e-mail でのお問合せ
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) TEL:03-6416-0611  大阪事務所 TEL:06-6973-6100
COPYRIGHT(c) 2014 DREAM ART LABOLATORY ALL RIGHTS RESDRVED.