Dream Art Laboratory


トップを極める成功者になる秘訣 
岩波先生の言葉・講演集

トップを極める成功者になる秘訣 脳覚醒の魔術師 岩波英知の言葉

この言葉・講演集は『自分の価値を証明したい、脳を覚醒させて潜在能力を存分に発揮して活躍したい』人向けになります。
人生は一度です。
自分の能力を存分に発揮し、最高の自分を証明してみて下さい。
そのお役に立てれば幸いです。

目次

よくコントロールされた狂気が世の中を変えられる

絶対感へと覚醒した脳

何があっても結果を出せる人の思考

成功者と末端 加速し続ける脳と停滞脳

選ばれし1%に入れる脳の構図とは?


自己啓発を成功させる方法

自己啓発方法と脳の覚醒方法(短編言葉集)


よくコントロールされた狂気が世の中を変えられる

理性で自分を調整したら熱情が醒めていく

人間は感情の動物だけど、その人の感情の強さによって人も世の中も動かされる。
その人の感情、つまり『熱』によって、最高のモノが生み出される。
ひいては成功もお金も名声も手に入れられる。
つまり、自分の感情の料理ができない者は、大きな成果は挙げられない。

ただし理性でのコントロールはしてはいけない。
それをすると、熱が冷め、自分を小さく収めてしまう。
極論すれば、成功するためには理性などいらない。
理性を捨てられた人間の感情だけが、大きな事を成す究極のエネルギーとなる。

理性を捨てて行動を起こすことは恐怖だ。
だからこそ、その壁を乗り越えた少数の者の感情こそ、自分の脳も極限にまで動かせるし、世の中を変えられる。

超越性、絶対性、神秘性、そして狂気を有しているか?

超越性、絶対性、神秘性、そして狂気に人間は惹かれる。
歴史上の人物を見てほしい。
彼らの狂気にこそ、皆拍手喝采を送っている。
そういう人間が大成功をするタイプだ。
カリスマは狂気を有している。

しかし間違えないで欲しい、それは文字通りの狂気ではない。
いい意味でのイカレ、ズレがあり、常識にとらわれない自由さと結果を出すことの執着性を含んでいる狂気だ。

トップを極める成功者になる秘訣 脳覚醒の魔術師 岩波英知の言葉

何をしても許される存在

普通の人なら阻害されてしまうことでも、そんな人間だけは許されてしまう。
仮に攻撃を受けても、意に介さない強さと鈍感さがある。
そして、自分の感覚に絶大な自信を持っている。
そんな狂気を含んだ感覚脳の持ち主が世界を征服できる。
狂気を秘めている人間(それは一応社会性の仮面に隠されていても)こそが、世の中を動かせる人間だ。

誰でも内に成功の要素『狂』を秘めている

平々凡々の定番人間をやりすぎると、どんなに頑張ってもその努力が無駄となるだろう。
労働以下の収入しか得られず、突き抜けられないまま年老いていくだけだ。
だが、いい意味で狂うことは実は誰にでも可能なんだ。
理性でがんじがらめになって、窮屈に生きてきた人でもだ。

理性的な人が、少しでも『狂』を発揮した時は恐ろしい。
最高にバランスが取れる。
そして、誰にでも潜在意識や無意識の奥底には『狂』が眠っている。
それを引き出すことさえできれば、そしてコントロールできるだけで、成功者の素質を完全に獲得できる。

理性、知恵のできる範囲は意外に小さい

どうすればいいか?
理性が邪魔だということに気づくことだ。
しかし、これまでのソフトを使わなくなることはとても難しい。

その時は、脳覚醒技術によって、理性を遥かに飛び越えた意識の世界で、奥底に秘められた能力(狂)を発揮さ せることができる。
その時、一番自分が自分を信じ切ることができるだろう。
自分に必要なのは、理性的な選択ではなく、自分の直感と狂気による選択なのだと悟るだろう。


絶対感へと覚醒した脳

絶対感に至った人間が勝つ

成功を手中に収めるためには脳が絶対的な状態になっていなければならない。
つまり絶対感だ。
この絶対感には「うまくいかなかったらどうしよう」「失敗したらやばい」という思考は一切入り込まない。
結果しか見えておらず、自分は結果を出せる人間だという絶対的信頼感を持っている。
途中でうまくいかなくても俺は結果を出すぞという絶対的なものを持っている。
世の成功者はみんな絶対感に覚醒した時期がある。

大きくなれない人、二流で終わる人は保証を欲し、保証があるからやり始める。
リスクを背負わないで安全にうまく切り抜けようとする。
そこに絶対感はない。
ママがいなければなんにもできないでは駄目だ。
みんながやっているから自分もやろうでは、残りカスのおこぼれしか拾えない。

失敗しても最後は成功までやりきる胆力

大きく伸びる者はここ一番でリスクを背負ってもいいという覚悟を持って生きている。
「成功できなかったら、やれなかったらどうしよう」がない。
やれなくてもどんな事があってもやってやる、やりきってしまえる。
途中で失敗をたくさん経験してきただろう。
しかし、成功するまでやり通せてしまうタフさを持っている。

これは脳に絶対感がなければ不可能なことだ。
人間は感情に飲まれる脆い生き物だ。
しかし、そんな人間でも信じられないほど強さを発揮することがある。
それこそ自分への絶対感覚、できてしまうと思えてしまう超越性だ。

保証ががあってはじめて行動できる人は…

できない人は足踏みしながら考え出す。
失敗を恐れリスクを避けて、なるべく安全に、しかも大きな見返りだけは得ようとする。
その姿勢がまずい!。
自分への冒涜にもなるし、せっかくの能力を目減りさせる。

しかも、普段からのその思念が周りにも反映してしまう。
経営者だったら幹部や社員に伝わってしまうし、起業したばかりなら、交渉先の会社に低く値踏みされてビジネスが上手くいかなくなる。
会社内でも、リスクを避けようという人間を出世させたいという殊勝な人間はいない。

脳が惰性化し、世の中のニーズも見えなくなる。
スピードも衰え、いつの間にか最高の機会を逸してしまうが、それすら気づかない。
うまくいかないのは運が悪いからだと決めつけたりする。
そのうち、言葉だけ吠えまくって実行できない頭でっかちの人間になってしまう。

絶対感に至った脳内の状態とは

本当にできる奴は、思った瞬間にやってしまっている。
ビジネス(そして人生)に対して覚悟を持った奴と持たない奴とでは大きく違う。
荒波の中を突き進める根性がある人間だけが生き残れる。
波打ち際でボートが転覆したらどうしようという奴はその先が考えつかない。

これを根性論として受け止めないで欲しい。
なぜなら、根性は気合でなんとかしようとするが、本当の絶対感とは自然で、意外に青筋を立てるほどの根性を必要としていないし、覚悟も大げさではなく落ち着いた覚悟でもある。
絶対感に入れた時、ものすごいモチベーションが上がり、そのパワーに自分で圧倒されるほどだが、同時にひどく冷静で客観的でもある。

それもそのはずだ。
「俺はできる!」と強く思おうとしている時点で、絶対感ではない。
「俺はできてしまうんだ」「自分はそういう人間だ」と自然に思えてしまうのが絶対感だ。
そしてすべてをわかっている感覚になる。

決して根性だけではたどり着かない世界なんだ。
もちろん惰性より根性があったほうがいいが、気合だけで入れたら誰も苦労しない。
そしてそんなものでは長続きできない。

トップを極める成功者になる秘訣 脳覚醒の魔術師 岩波英知の言葉

貴方の脳が覚醒していく

私の技術に絡ませれば、脳覚醒状態に入れれば絶対感が出てくる。
この時、貴方はすべてを受け入れられ、リスクを歓迎でき、すべての法則の流れを把握でき、自然とできると思えてしまう。
沸々と最強のモチベーションのエネルギーが爆発したかと思えば、もっと深い次元からそんな自分を冷静に客観的に見えていたりもする。
心の内が蠢き轟いていながら、非常に静かで定まっている。

その時、成功者の脳とはこんなものなのかと気づける、しかもダイレクトに実感できてしまうすごい。
自己啓発書で読んでもわかった気になって何にもわかっていなかったことにも気づくだろう。
全知全能的に何でもわかってしまう超越した感覚に入れる。


何があっても結果を出せる人の思考

実態なき自信と条件づきの自信

自分を信じた人、信じられない人、当然結果が全く違う。
実態のない自信を持てるかどうかが成功の秘訣だ。

実態のない自信がなぜ重要かというと、実態のある理由ある自信は、その根拠が崩れたとき、一気に崩壊するか らだ。
その方程式でこれまでうまく行ってきただけに、自信喪失の反動は半端ない。
だから、今自信がある人でも注意しなければならない。
決して過信しないことだ。

理由がある自信はもろく崩れやすい

もしもその自信が、他人との比較により自分が優位だからという理由で生じているならば、それは本当の自信じゃない。
他者と比較し相対的に自信が増えたり減ったりしていたら、いつか自分よりも上に思える人が現れたら自己否定を得やすい。

それにうまくいかないのが人生だ。
どんな順調な人にもいつか苦境は訪れる。
そんな時に実態のある自信への不信感が芽生えやすい。

実態のない自信とは絶対感であり、成功のためには相対的自信ではなく、実態なき自信である絶対感を持つべき だ。
これはビジネスでも芸能芸術分野でもどの分野でも当てはまる。

頂点を極めた成功者は失敗をいくら重ねても、結果的に成功させてしまう。
失敗を何度しても、絶対感までブレていないから立ち上がれる。

逆境でも自分は運がいいと思えているか? 何とかなると思えているか?

実態のない自信には運も重要だ。
才能があっても、運が悪い人間は結果がついてこない。
みんなが駄目だ、不可能だと言ってきても、実態なき自信があり、自分は運がいいと思えている人は、自分だけはそれが可能だと思える。
どこまでも自分はできると思っている。
だからこそ、周囲の反対の中でも人が思いつかないことをやれる。

自信は他人と比較してしまったら、上には上が必ずいる。
才能がなくても運が良くて順調な奴もいる。
それらと比べて自分の不遇を比較したら、たちまち落ち込む、焦る。
商売がスランプに陥ったら、なぜなんだという脳が混乱を呼び、脳が使いものにならなくなる。

どうやったら絶対感をもてるのか?

実態なき自信、つまり絶対感をどうやったら獲得できるのか?
それは他人と比較しないようになることだ。
そして何よりも自分の潜在意識のコアから、強い自己信頼感が湧いて出てくる必要がある。
自分の内部から生まれる自信は、相対的なものではない。
理性で他人と比較して生まれたものではないからだ。

私(岩波)が脳のスイッチを入れ、ダイレクトに潜在意識のコアから生み出させることができる。
この時、貴方は絶対感というものを全感覚で知ることになる。

トップを極める成功者になる秘訣 脳覚醒の魔術師 岩波英知の言葉


成功者と末端 加速し続ける脳と停滞脳

ビジネス成功の鍵とは?

特にビジネスがそうだけど、大きな成功を収めるにはスピードが非常に重要になる。
人間の脳はすぐ飽きるし、惰性化する。
スピードが遅い人間は、営業でも交渉でも相手の脳を退屈にさせてしまう。
余裕があったり、吟味があったり知恵を使ったりすると、お客の心が冷め、逃げてしまうだろう。

女性を口説くのもそうだ。
スピードが遅い人間は、競争相手に意中の人をかっさらわれる。
投資詐欺に騙される人も、騙す側のスピードが早いからこそ、考える脳を制限されて、あれよあれよという間にお金を振り込んでしまう。
オレオレ詐欺も、身内の恥となる心理を使用しパニックを引き起こし理性を使わせる前に大金を手早く支払わせる。

そんなあくどい話だけじゃなく、ビジネスすべてに当てはまっていることだ。
動くスピード、考えるスピード、認知するスピード、全て脳が加速していなければ、来バツには勝てない。
脳の動きが、成り行きの惰性で変わり映えしないで、スピードが感に乏しくなっていないだろうか?

それがないと、営業をやっても成績が悪く肩身が狭くなるし、事務処理能力にも劣り、出世から外れてしまうだろう。

頭がいい人が陥る罠とは

頭が良く知恵に頼りすぎる人ほど、結果を生み出すスピードが遅くなる。
決して頭の回転が遅いというわけじゃない。
スピードを意識して生きているかどうかなんだ。

出来る人間はスピードが早い。
頭が良かろうが悪かろうが、リスクがあってもなくても、これと思ったことを閃き、人が準備している間にアクションを起こしてしまっている。
「やれるかな、どうかな」と思っている間にもうやっちゃって、結果を出しているんだ。

あんまり深く考えて頭が良くなってしまうと一番の脳の美味しいところを手放してしまう。
仕事やメンタルで悩む人は、くどくど考えて答えを出せない。
考える始める前と後ろで何の変化もない。
自分を変えなくてはならないとわかっているのに、変えることにも考え込んで悩みに変えてしまう。

物事の極致

物事の極致は簡単明瞭だ。
脳を結果に向かって一直線に単純化できたら、大きな武器となる。
これが潜在能力を劇的に覚醒させられる秘訣だ。

頂点を知っている人たちは、くどくどと説明しない。
仕事を頼み頼まれた時、「これ頼むよ」「おう、わかった」と直感で判断し、すぐ行動に起こす。
だからスピードが早い。
いわゆる『ツーときたらカー』『ピンとくる状態』だ。
脳の反応が非常に素早い。
そこで彼らはこいつは有能かどうか判断している。
「この場合は…」「こうなったらどうなんですか?」という説明を嫌う。

直感で全部動き出して、後は細部を綿密に詰めるにしても、行動と判断の初速が非常に素早いんだ。
頂点にいる人は、スピードの速さと単純明快さが体に染み付いている。
だからこそ、彼らの直感は当たりやすい。

出世する人、成功する人、末端をやってしまう人

社会の末端をやってしまう人ほど、くどくて状況判断して、いつまでも決断できない。
迷い続けるし、何にも閃かないし、脳の反応が遅い。

優秀な経営者やどんどん出世していく人間は、簡単明瞭で話がすぐわかる。
簡単明瞭な脳こそが、本当の意味で利口な脳だ。
そこに屁理屈や迷いはない。
相手のことを飲み込んで全部感覚で把握し、即動いて結果を出せる。
一を聞いて十ができる。

頼む側は簡単明瞭に一だけ言えばいい。
だから仕事がトントン拍子に進んでいく。
そんな人間を近くに置きたくないトップはいない。
くどくなって一々説明しなければならない人は、末端の席に置くしかない。
小賢しい知恵に頼っている人は、社会では使い物にならないんだ。

割り切りもスピード感もないくどい生き方をしていると、いくら自己啓発書を読んでも身につかない。
一番肝心なところを学べていないからだ。

人間は時間の無駄を異常に嫌う

人間心理の本質は無駄を異常に毛嫌いするところにある。
特に時間を無駄にする行為に拒否感を示す。
説明ばかりする、説明ばかり求める人間は、その人がいくらいい人でも厳しい社会では最悪な存在なんだ。
できる人間同士、無用な説明を要らず「頼む」「おうわかった、任せてくれ」となる。

出世するのも、起業して成功するのも、自分の進むべき道で頂点に立つにも、すべてスピードと簡単明瞭さが必須になる。
もしもスピードに乏しいのならば、何が堰き止めているのか気づくことが肝要だ。
考えすぎる脳にある。
それが直感を失わせ、脳の切れ味を鈍くさせてしまっている。


選ばれし1%に入れる脳の構図とは?

勝負に勝つための狡さ

スポーツや勝負ごとの世界は、得点を決めなければ勝てない。
そうなると得点を入れるための、そして相手を出し抜くための戦略的ズルさが必要になる(小狡さではないことに注意)。
それがないと、並み居るライバルの中で飛びぬけた存在にはなれない。

極端な例を挙げれば、汚いと思われても勝つか、「あの人はいい人だ」と思われて負けるかだ。
アスリートや勝負師と同じく、ビジネスの世界もまったく同じだ。
どんな企業理念やコンプライアンスがあろうとも、利益を追求している以上、勝つか負けるかの厳しい世界だ。

やらなきゃやられる、食わなきゃ骨の髄まで食われてしまう。
そこに正々堂々はない。
一応社会的にコンプライアンスを遵守している風を装いながら、裏ではえげつないこと、卑怯なことすらやっている。
真似やパクリも当たり前で、それを恥とも思っていない。
どんな大企業も、他社がいいものを出したらすぐ真似をする節操のない世の中だ。
だがキレイ事ばかりをやっていたら、ライバルに出し抜かれ悔しい思いだけをするだろう。

社会で勝ち残るために知らなければならない脳の構図

そんな魑魅魍魎が跋扈する世の中では、やはり勝たなければならない。
勝たなければ勝手に負け続けるだけだ。

そうならないために自己啓発やコーチングで学んだ理論やテクニックを磨こうとするが、現実はうまくいかない。
それは決定的なものが欠けているからだ。
それがないと、テクニックやスキルがあっても点を決めることはできない。

それは成功できる『脳の構図』を手に入れること。
知識で学んだだけでは難しい。
勝負事で勝てる人間は、点を決めるだけの脳の構図とメンタリティを持っている。
それを有する人間がさらに「強く勝つこと、結果を出すこと」に執着するから、常人をはるかに超越した成果を挙げられる。

しかも超一流と言われる人間は例外なく運がいい。
スピリチュアルのようなあやふやな概念ではなく、運も引き寄せることが出来る脳の構図とメンタリティを持っているからこそ、最終的に勝ち残れるんだ。
それがない人間がいくら頑張っても、努力と時間を無駄にしてしまう。

結果を出せる脳の構図がないと消耗していくだけ

皆成功したい、お金持ちになりたい、幸せになりたいと頑張っている。
世のライバルも、等しく頭の良さ(理論やスキルの高さ)と情熱を持って日々行動している。
いくら貴方が頭が良く、行動力があり、モチベーションも高く、テクニックに長け、ライバルに勝っても所詮五十歩百歩だ。
僅差の勝利であり、そこに安定はない。

怖いのが、ちょっと気を緩めただけで先頭集団から一周遅れ集団になってしまうことだ。
情熱だけじゃ勝てない、知恵や理性だけじゃ勝てない。
いくら頑張って時間を費やしても、突き抜けられない。

究極に単純に、最高に明快になる脳覚醒状態

では、何が必要か?
やはり『脳の構図』を手に入れるしかない。
どんな脳の構図かというと、結果を出せてしまう脳の状態のことだ。
脳が完全に覚醒しているかどうかだけの問題だ。

そこに難しい話はいらない。
私がその状態にさせるから任せて欲しい。
しかし、難しくさせているのは自分しかいないことも気づく必要があるかもしれない。
自分のこれまでの良かれと思って学んできたことが、実は成功を阻んでいるんだ。
自分を一度見つめ直し、脳を一旦リセットすることから始めよう。
あまりに複雑に考えていないだろうか?

成功者の脳みそは、私も見ていてわかるけれど、本当に単純だ。
そしてそれ以上に明快だ。
みんなが難しいことを考えている間に、直感による閃きで次々と決断を下し、真っ先に行動を起こしている。
「いずれ、そのうち」という概念はなく、もうやっちゃっている。
「できるかどうか」に長い時間を費やさず、『結果を期限を決めて出してしまう』脳しか持っていない。
それが成功する結果を出せる『脳の構図』だ。

結果を出せる人間になろう

だからこそ、運を我が物とできてしまう。
決して頭が良かったからではない。
どんな手を使ってでも結果を出してしまう大きなズルさ、戦略的ズルさを持っている。

一度でいい、狂っていかれて大きくズレて走って欲しい。
成功できないジレンマは、自分の脳が作り出している。
問題を難しくしているのも、成功への道筋が見えないのも自分が原因だ。
ここで一気に突き抜けて欲しい。
最強の後押しを私がしてみせる。


岩波英知脳覚醒プログラム

岩波英知短期集中合宿プログラムはこちら


奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学(岩波英知の本)

岩波先生著作『奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学』 絶賛発売中


<< このページの上に戻る



脳覚醒プログラム
コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~16時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら

短期集中合宿プログラムはこちら

岩波英知短期集中合宿プログラムはこちら