Dream Art Laboratory


職場の環境変化によるストレスで潰れる人

職場の環境変化のストレスで潰れる人 うつ病、会議、営業、スピーチ、家族の問題

概要

  • 環境が変化した時、心の悩みが発症する
  • 転勤は家族皆に大きな精神的影響を与える
  • 今まで通じていたやり方がうまくいかない時、人は心を呑まれ、崩れていく
  • どんな環境条件でも、メンタルタフネスを持ち続ける人
  • 職場の環境変化で潰れてしまう人は、運が悪いだけなのか?
  • 環境変化で潰れかかる原因には、無意識のルーツが関係している
  • 今回の精神的危機は、変われる絶好のチャンス
  • ピンチを克服した時、強靭な精神力が手に入り、二度と悩まなくなる
  • 職場の異動と環境変化とストレス

    職場の環境変化をきっかけで、そのストレスから心の悩みにハマる人は多い。
    転勤、転職、部署の異動、出世、会社組織の改変、仕事内容の変化、新しい上司の方針など…。
    せっかく仕事や環境や人間関係に慣れたのに、新しい仕事、立場、人間関係、上司と、環境がめまぐるしく変わってしまい、新しい環境に適応できず潰れていく。

    職場だけじゃなく、転勤などで家族まで巻き込んだものとなると、子供やパートナーまで潰れてしまいます。
    夫は、仕事の内容の変化や新しい職場の人間関係で不眠症やうつ病に、妻はホームシックや新しい近所付き合いでの孤独感から心身のバランスを崩し、子供は新しいクラスメートに馴染めず孤立し、不登校やひきこもりになってしまう…。

    あくまで一例だけど、環境の変化は本当に人間にストレスと負荷と抑圧を与えます。

    社会人である限り異動や環境変化からは逃げ切れない

    人は慣れ親しんだ環境がガラッと変わって、今までのやり方が通用しなかった時こそ、人生の落とし穴に一番ハマります。
    それまで心の悩みと無縁だったとしても、大の立派な人でさえも、心に処理しきれない負荷と抑圧がかかってしまう。
    ストレスのはけ口を見いだせないと、精神的に健康な人でさえ病んでいきます。

    ましてや、以前より心の悩みを抱えていて、それまでの仕事内容や立場や人間関係などいい条件に恵まれ、何とかやってこれた人ならば、職場の環境変化は恐ろしい災難を伴ってしまうでしょう。

  • 急に慣れない苦手な営業をしなくてはいけなくなり、ストレスやプレッシャーや劣等感が毎日つづくようになった

  • 出世してしまったがために、大の苦手だった人前でのプレゼンや発言をする機会が増えてしまった

  • 異動により親しんでいた部署を離れ、今までと違う新しい同僚との人間関係の悩みや上司のパワハラで、うつ病になってしまった

  • 急に仕事量が増え、残業も増えてしまい、どんどん身も心もすり減らしていった…


  • 環境の変化で、動物に滅び行く種が出てきたりするように、人間もとんでもないストレス負荷が心にかかります。
    今まで通用していたやり方、それなりに認めてもらっていた自分という存在価値が、新しい環境で否定されたり無視されたり通用しなくなる。
    急にハシゴを外されたように、人は焦り、戸惑い、苛立ち、落ち込みのマイナスの感情の中で溺れていってしまいます。

    一度狂った歯車はそう簡単に修正は効かず、社会人として給料をもらっている以上、ワガママは通用しない。
    退職するまでの長い年月、歯車を摩耗しながら、苦しみに耐えながら働いていかなければならない…。

    環境激変でもタフでいられる人とストレスで潰される人

    では環境が悪くなっても、自分を見失わず能力を発揮できる人がいます。
    この人はどんな環境でもタフに生き延びられるというようなタイプです。

    そうなると、精神的に潰れかかった理由というのも、環境変化という突発的な運の悪さだけではなく、自分の潜在意識に脈々と流れる源流(悩みに至るルーツ)に答えがある。
    もっと言えば、その流れがあったから、環境が変わって適応できない脳の余裕になってしまっているのかもしれない。

    「異動してストレスが増えて私は運が悪い」という問題にしてしまうと、「一層あの上司がいなければ・・・」とか「もっとああしておけばよかった・・・」「なぜあの時・・・」「出世なんかしなけりゃよかった」と過去を後悔しはじめます。
    答えのない難問を解き続けたり、穴を掘ってはすぐ埋め直すという意味のない労働をやりつづけた人のように、脳がますます混乱していってしまい、消耗していきます。

    そして脳の枠がなくなり、地滑り的悪化へ進んでいきます。

    環境変化のストレスこそ、自分を変える最大のチャンス

    問題は運の悪さだけではありません。
    環境の激変で、人間のコアの部分が問われています。
    つまりそれまでの人生へのケリをつけなくちゃいけない、そういうタイミングだということです。

    職場は人生のほとんどの時間を過ごさなくちゃいけないだけに、問題がそこで起こったということは…

    ↓↓↓↓↓

    脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

    ストレスに強い/弱いの差は、それまでの人生の蓄積による

    根本から変われないままだといつか環境変化と異動で潰れる

    ↓↓↓↓↓

    脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

     

    ※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です(同一コースで、何個でも同時に受けられます)

    メンタル強化セミナー

    岩波英知’s ドリームアートの神経症克服セミナー(東京、大阪)

    あがり症克服セミナー(東京、大阪)

    人間関係対処法】 【メンタル強化方法】 【心の悩み解決方法

    東京西新宿、大阪開催予約申し込み、お問い合せはこちら


    奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学(岩波英知の本)

    岩波先生著作『奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学』 絶賛発売中


    << このページの上に戻る


    書籍

    奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学(岩波英知の本)

    岩波先生著作『奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学』 絶賛発売中

    amazon詳細ページへ



    コース形式・料金システム

    岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

    [ベーシックコース]
    通い形式集団コース(10回)
    400,000円

    ※現金一括払いのみとなっています。


    予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

    プログラムの時間

    脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

    東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

    ※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

    予約をするには

    岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

    まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
    メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
    その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
    ※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


    電話は「非通知設定」では通じません。
    いきなりのご来訪も固くお断りしています。
    日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
    よろしくお願いいたします。

    連絡先

    連絡可能時間は
    11時30分~16時(火曜・金曜以外)
    ※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
    ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
    岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
    東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

    東京西新宿事務所(西新宿)

    03-6416-0611

    東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


    大阪事務所(森ノ宮)

    06-6973-6100

    大阪市東成区中道3-3-7-207


    携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

    080-3382-0774

    脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

    メールフォームから送れない方はこちら