Dream Art Laboratory


プラス暗示が脳に浸透する時とマイナス暗示

プラス暗示とマイナス暗示 浸透するときの条件 岩波英知の言葉

メンタルの悩み・神経症解決のために、強力なプラス暗示は非常に重要な要素となります。

しかし、世の中に強力なプラス暗示はなかなかありません。
所詮は『できたらいいな暗示』ぐらいのものをかけ続けて、苦境を脱しようともがいていることしかできません。

これまで苦しい状況に陥った時、「大丈夫、大丈夫」「平気、平気」「気にしない、気にしない」をいくらかけ続けても大丈夫じゃなくなり、平気じゃなくなり、余計気になってしまう経験をした人は多いと思います。
「自信を持とう、自信がある」と自己暗示をかけても、自信のなさの再認識に終わり、厳しい現実の壁に途方に暮れてしまう。

まあ、プラス暗示の文句にも気をつけなければいけない点があるんだけど、とにかく必死の自分への言い聞かせが現実との矛盾というジレンマを生み出してしまう。
でも、プラス暗示がかからなくても、神経症の人は簡単にマイナス暗示にかかってしまう。
神経症レベルの心の悩みは、厄介きわまりないものです。

そこに神経症がいつまでたっても解決できない要素があるし、自己暗示が通じない理由があります。

神経症など心の悩みは、人によって引き起こされたにせよ、自分で追い込んでしまっている所があります。
たとえば、人からひどい言葉を浴びせられたとしても、いつまでもそれを引きずってしまい、マイナス暗示をかけ続けてしまっているのは自分自身。

例えば、パニック障害の場合「今日はやばそうだな、息苦しくなりそうだな、電車に乗れそうにない、パニックでみんなに迷惑をかけたらどうしよう…」
起きている間、そんなことばっかり考えている。

予期不安が現実化した日には、ずっと消えない心の傷となってその後を支配する。
そんな人に、普通の状態でプラス暗示をかけたところで、何にも意味をなさない。

あがり症でも同じことで、必死に「今日は大丈夫、落ち着いている、できる、やれる、緊張しない…」といくら自己暗示をかけても、いざ本番ではアガリの反射神経が作動して、何の効果も上がらない。

必死のプラス暗示でも、逆にその暗示の文句の中に、マイナスを拾ってしまう思考が働いてしまう。
「気にならない、へっちゃらだ、気にしないぞ!」という自己暗示が「気にしてしまったらどうしよう」に変化する。
「緊張しない、落ち着いている」という暗示は「あがれ、頭が真っ白になれ」というマイナス暗示が無意識に簡単にしてしまう。

神経症レベルの悩みには、プラス暗示も普通に脳に叩き込んでいただけでは、場合によっては自分をもっと追い込んでしまう働きになってしまう。
だから、自力での神経症克服は効果がないどころか、もっと酷い結果を導いてしまうことになります。

現に悩んでいる自分を騙すのは、非常に困難な作業だ。
日常の意識ではまず不可能。
どんな良書を読みあさっても、名医や名カウンセラーに相談しても難しい。

理性と防衛本能が働き、プラス暗示をはじいてしまう。
それどころか、マイナス暗示は、その人の恐怖・不安・焦りの感情によって、スッと潜在意識にまでたやすく浸透してしまうから、「焼け石に水」ではなく「泣きっ面に蜂」をやってしまう結果に終わる。

だから、たとえ浅い催眠状態下で暗示をかけても、厳しい現実の前に挫折してしまう。
中ぐらいの催眠状態でもなかなか自分を言い聞かせられない、騙せない。
恐怖・不安・焦りなどのマイナスの感情の前に、プラス暗示はあまりに無力だ。

無意識や潜在意識は、普通ではまずコントロールできないと思っていい。
そもそも自分の意識の力だけで、無意識を攻略できるのであれば、神経症なんてものはこの世に存在していない。
どんなに根性があって、頑張りやで、必死さを持ってしても、神経症だけは何にもできない。

本当はすごい精神力を持っている人が、神経症に無駄なエネルギーを浪費し続けていることは悲劇だ。
普通の凡人が、自分のやりたいことにエネルギーを振り分けていることに比べたら、どれだけ大きな損をしていることだろう。
もしそのエネルギーを、もっと建設的なものに費やせたら、その人はどれだけ大きなことを成し遂げられるんだろう。

それもこれも、無意識や脳内の情動レベルに暗示が一向に入らないからだ。

では、神経症解決の鍵となる、プラス暗示が脳に染みこむためにはどうしたらいいのか?

馬鹿になってやる。暗示で自分を徹底的に騙す。
理性が極端に少なく、非常に感覚的な、もっといえば感情的な状態(=超変性意識・脳覚醒トランス状態)で暗示を入れ込む。
催眠状態で言えば頂点に位置するくらいの深さでないと難しい。

「プラス暗示はもっともだけど、そんなわけないよな」「人は良くてもどうせ自分は……」ではダメ。
どこかで馬鹿になりきらないと自分を騙せない。
誤解を覚悟で言えば、いかれるぐらいの頭でやっちゃったら、呼吸法でも暗示浸透でも何でも非常に密度濃くできる。

またそのバックアップが可能です。
この「いかれる」という意味は、文字通りの「狂い」ではなくて、理性を越えて一心不乱に物事に取り組む精神状態という意味。

無批判状態と感覚だけに心身が支配されている感情の世界時に、プラス暗示を徹底的に入れ込んでやると、ダイレクトに暗示が脳に浸透する。
そのためには呼吸法も重要になるし、悩みに至るルーツ分析もやらなければいけない。
溜まり続けたパンク寸前の抑圧も抜いていかなければいけない。

どちらにしても、無批判状態、感覚が極まった脳覚醒トランス状態の時に一番効率よくできる。
「暗示が効くかな、どうかな」ではなく、暗示「そのもの」の状態になる。
それがプラス暗示がダイレクトに脳に焼き付く時だ。
そして、一生その素晴らしい暗示は抜けていかない。

人は思いこみ一つで、悩みをつくり、強化し、溺れてしまう。
マイナス暗示に簡単にかかる自分を壊し、プラス暗示を潜在意識にダイレクトに入れる。
そのための技術を開発し、どこよりも深く暗示を入れ込むノウハウを持っています。
他のどこよりも実感を味合わせることができるから、期待をして欲しいです。

プラス暗示は神経症の悩み克服だけでなく、社会的成功にしても、何かのチャレンジにしても、必ず必要になります。
強い人間は最初から強いわけではなく、誰よりもプラスの自己暗示をかけて乗り切っている。
その思いが信念に達するまで強いからこそ、成し遂げられる。

暗示(プラス、マイナス両方)は人が生きるために武器にもなるし、毒にもなる。
どうせならプラス暗示にかかる自分になりましょう。できるし、なれるから。

プラス暗示もマイナス暗示に勝手に変換して、無意識の奥底に浸透させてしまう、そんな誤作動を起こしてしまっている心と脳内が、なくなっていきます。
プラスをプラスに、素直にダイレクトに受け取れる貴方に必ずなれます。

※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です

岩波英知’s ドリームアートの神経症克服セミナー(東京、大阪)

あがり症克服セミナー(東京、大阪)


心理・脳内プログラム】【潜在意識・無意識】【トランス・瞑想・マインドフルネス


奇跡の脳覚醒 本

岩波先生著作『奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学』 絶賛発売中


<< このページの上に戻る



コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~17時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら