Dream Art Laboratory


親から子、さらにその子への負の連鎖

親から子供への悪影響 親子関係の悩みと不安解決方法

バランスを欠いた育てられ方をした先祖代々の負の連鎖

不登校やひきこもりの子供の親の中には、それ自身、親からいびつな育てられ方をしてきた人がいます。
親に対して、「こうやって育てて欲しかった、接して欲しかった」「なんでああいうしつけをしたのか?」という思いがあると思います。

そして、自分が親になった時、自分が他の家族と違って、バランスを欠いた家庭の中で育ったため、子供だけはしっかりと愛情深く育てそうと決意します。
自分の親と同じ事を繰り返して、子供に負の連鎖を続けさせてしまうケースと比べたら、この決意と愛情は本当に尊いものです。
「私が親になった場合、子供には、私と同じような負の感情を抱かせたくない」「寂しい思いはさせない」とはっきり自覚し、強く決心するのですが、ここに子育ての難しさと、心の難しさがあります。

そんな親は、子供には、自分の親のやり方とは全く180度違う方向で育てようとします。
いわゆる自分の親を反面教師に使うのです。
しかし、一生懸命愛情を込めて子供を育てたとしても、意外なことに、子供は精神的な健全さを持って育つことは少ないのです。
バランスのひどく欠いた親を反面教師にしたにもかかわらず、自分の子供に対してバランスとれるかというとそうじゃなくて、いびつな形での育て方になってしまいます。

それはなぜでしょうか?
あれほど二度と同じ轍を踏まないようにしたのに。
自分の経験をフィードバックしたのに。

なぜかというと、自身の親がいびつな愛情だったため、逆方向に育ててみたところで、それは結局反動にすぎないのです。
単純に言えば、極端に育てられた人が、その子供に対して正反対に極端にやってしまった、ということです。
どちらにしてもバランスを欠いてしまっているのです。

バランスを欠いて、右か左か、白か黒かでやってしまうと、子供は追い詰められてしまうのです。
ひどくいびつな育て方を基準にしているからです。
せざるを得ない、とも言えるかもしれません。

同じ思いを子供にはさせたくない決意すら歪ませる無意識の抑圧の力

いくら自分の親とは違うやり方で子供を育てようとしても、いびつな形で育てられたから、子供には歪んだ形でしか伝わらない。
自身の親がバランス感覚を欠いているから、自分自身のバランスを整えないと、子供はバランスよく育ってくれない。
そこが子育てと心と負の連鎖の怖さです。

親から受けた仕打ちのつらさを、子供には絶対に味あわせたくない決意を持ったすばらしい親が、すばらしい子供を育て上げるとは限らないのが、人間教育の難しいところです。
それは人間の無意識、潜在意識の奥深さが関係していて、その影響から逃れることはできないということです。
人間は素晴らしい決意を持ったとしても、無意識で割り切れない思いをしてきた場合、そこが解消されていないうちは、知らず知らず無意識の闇の影響下におかれてしまいます。

心の闇というものは本当に根深く、あれほど同じ轍を踏むまいと思っていても、まったく同じ事を子供にやってしまっていた、と気づいてギョッとする親がいます。
そこまで、無意識的な抑圧やトラウマは怖い。

なので、子供の不登校問題解決のためだけに視野を狭くして対策をもがくと、効果が全くないのです。
親自身がバランスを欠いてしまっているのだから。
だから、いくら愛情をかけても、子供は立ち直ることはできないのです。

不登校の子供の親はみんな頑張り屋でしっかりしています。
しかし、もとの心の抑圧部分があったまま、いくら頑張ったとしても、心はますますこんがらがってしまいます。

子供の心の抑圧処理の前に、親の無意識の浄化が必要

子供の心の抑圧を処理することはとても大事です。
しかし、その前にやるべきことは、なんといっても、親自身の心の抑圧、あるいは心の傷を解放させないといけないのです。

解放された時の親の言葉、もしくは言葉なき態度(空気)は、子供の心に、言葉の意味以上に深く届くでしょう。
私がよく言うのが、家族の心のトラブルは、当人だけの問題だけではなくて、親の心の闇の投影ということです。
家族は、お互いにすばらしい影響を与え合いますが、同じくらい負の影響を与えてしまうのです。

とはいっても、様々な経験で、子供は親の負の影響を、都合よくたくましくプラスに変えることができるのですが、それができない子供もいます。
それも親の生い立ちと関連しています。
先祖代々の反面教師を含む負の連鎖を、もろに被ってしまって潰れる子供が、そうしてできあがってしまうのです。
どんなに子供の為を思って生きている親でも、自分自身の心の抑圧を解消しない限り、いびつな伝わり方になってしまうのです。

親は自分自身の抑圧を解放させて、自分自身のために人生を歩んでください。
子供は心配なのはわかりますが、親がしっかりと夢や目標を設定し、それに向かって燃えてください。
決して子供の不登校がなくなることだけを夢にしてはいけません。

親が子供に先駆けて人生を走った時、子供ははじめて、言葉で言われなくても、良い影響を受けるでしょう。
子供の問題に直面したということは、親自身の人生の問題の総括を求められているのです。

親子関係悩み解消・不登校親支援プログラムはこちら

親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉

Official Home Page

親子関係不登校悩み不安解消へ 岩波英知先生の言葉・講演集


<< このページの上に戻る


コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~17時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら