Dream Art Laboratory


親の「空気」をコピーしてしまう 不登校・ひきこもりの子供

親から子供への悪影響 親子関係の悩みと不安解決方法

人間は感覚を総動員して、相手の空気を無意識で感じている

人は知らず知らず、ある空気を発して、人に影響を与えてしまいます。
その逆もしかりで、影響を受けているのです。
「愛しているよ」と言葉をかけなくても通じるものがあるように、「苦手だ」と口に出さなくても空気感として相手に伝わってしまうように。
人はいくら理性が発達していても、五感、第六感によって生きています。

子供は親の空気、オーラを吸って育つ

『親の背を見て子は育つ』という格言があります。
親子関係の場合、生まれてからずっと一緒にいるため、親の出す空気、オーラ、雰囲気の波及力は絶大です。
子供にとって、親という存在はかけがえのないものであると同時に、唯一絶対です。

鳥類の世界に『刷り込み』というものがあります。
卵からかえった雛が、最初に見たものを親だと思い込む、というものです。
刷り込みまではいかないけれど、親と子の間には、それぐらい強い影響力があると思っていいと思います。
それが共同生活を何年も、しかも赤ん坊の頃から一緒にしていくのだから、プラスもマイナスも影響を受けないはずはありません。

そして、行動、言葉に出さなくても、親の『空気』、家庭の『空気』は、親も子も知らず知らず発したり感じたりしているのです。
不登校に陥ったり、悩みやすい子供がいるとしたら、親、あるいは家庭から発する『空気』が不登校やひきこもりの下地を作っていたりするのです。
そのため学校などでトラブルがあると、子供だけの力では対処できずに悩んでしまいます。

その『空気』とは、言葉による教育、しつけではなく、親の性格・受け止め方・思考・あるいは人生そのものが発するものです。
子供は敏感に幼児期から、小学生、思春期に至っても、家族・家庭・親を意識的・無意識的にコピーしてしまいます。
都合のいいところだけ取捨選択して、親のオーラ、空気をコピーできる子供は圧倒的少数です。
そういう子供は、どこに行ってものびのびとできます。
何があっても、たくましく切り開いていけるでしょう。
それすら、都合のいい所を拾うことができるための『空気』を、その親が発して、それを感じたり学んだりしているからできることなのですが。

教育、しつけ以外で子供が感じる親の空気の例

一方、社会や集団生活で、もろくて傷つきやすく、自信をすぐ喪失してしまう子供は、親から都合の悪いところまでコピーしてしまいます。

例えば、親が世間の目にとらわれて生きていると、子供は教わらなくても、勝手に世間の目を意識して生きるようになります。
恥の概念が強い親だと、子供は冒険ができず、強くなる機会を作る機会を制限してしまいます。
親が情緒不安定な場合、子供も情緒が安定しなくなります。
社会性に乏しい親の場合、子供も社会性が身につかなくなります。
社交性がない親の元で育つと、子供はどう人と接していいかわからないため、孤立していってしまいます。
神経過敏な親の子供は、やはり神経がもろく何かあったら傷つきやすく育ちやすいです。
親が抑うつ状態で過ごしていても、やはり子供にとって抑うつが忍び寄っていきます。
夫婦仲が悪い家庭の子供は、自分否定をしやすくなります。

人の性格は同じようその中にプラスもマイナスも内包していて、例えば神経過敏な親の子供は、繊細さを発揮して活躍できるということでもあります。
ただし、親の発する空気をプラスのものとして、子供が建設的に利用できる能力、親の空気や教育が必要になってきます。
そして、家庭だけでなく、ある程度、学校や習い事など集団生活をすることで、いくらでも挽回できます。

が、そもそも学校などの集団生活になじめない要素を身に着けてしまった場合、成長できる機会を失い、そこから挫折してしまいます。
もちろん、親の発する『空気』だけで、子供は悩み傷ついたり、不登校になるわけじゃありません。
しかし、ベースとして、もろく崩れやすい子供として育ってしまうことは避けられません。
親も、そのまた親の思考や空気に影響を受けたり、学校や社会での経験から、固定観念が出来上がるわけで、責任は誰にあるわけでもありません。
人間は誰であっても、知らず知らず感覚的に影響を与えてあって生きているのです。

学校、社会生活で成功する人、失敗する人のベースはどこで作られるのか?

不登校や心の悩みで潰れてしまう直接的な原因は、学校などでの人間不信や心の傷があります。。
一方、いじめを受けたり、友達とのトラブルがあっても、翌日普通に登校している子供もいます。
なぜ分かれてしまうのでしょうか?

それは、その子供の…

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

親の内面が少しでも変化すると、子供は大きく変化するエネルギーを吸い込む

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

 

保護者向け 岩波の言葉・講演集

本人向け 岩波の言葉・講演集

親子関係悩み解消・不登校親支援プログラムはこちら

親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉

Official Home Page

親子関係不登校悩み不安解消へ 岩波英知先生の言葉・講演集


<< このページの上に戻る


コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~16時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら