Dream Art Laboratory


親の言うことを子供が聞かなくなる理由

親から子供への悪影響 親子関係の悩みと不安解決方法

悩んだ子供ほど大人をやる

子供は精神的に悩み続けると無意識から混乱してしまうけれど、四六時中そうではありません。
例えば、学校に通う前になると錯乱に近いほど抵抗感を示したり、ある場面だけはすっかりマイナスの感情に呑まれてしまうけれど、それ以外は普通だったり、と。
大人が考えているよりもずっと、ある面では冷静だったりする。

ハッとするほど、ゾッとするほど冷静で、ちゃんと立派な意見を持っている子供も多いのです。
親の方がしっかりしているようだけど、視野が狭くて、固定観念のかたまりだったりする。
「こうあるべき、あれをしておけば間違いない」など知らず知らず狭い世界でしか物事を見られなくなっている。

逆に子供が大人をやっていたりする。
本当にしっかりしている。
心に傷を抱えていたり、不登校になったり、引きこもりになる子供ほど、非常に冷静でよく物事を見ているものです。
そして冷めています。
(非常にもろい部分を持つ反面、別の面では尊敬するしかない能力を有しています。学力とは別の頭の良さを持っています)

子供は自分の心に呑まれながらも冷静に親を見ている

親がそのままの頭で、子供に何かしよう、コントロールしようとしたら、当然子供は舐めるし、ある意味バカにします。
だから、「大人の意見」を入れてしまうと、子供は反発して言うことを聞かなくなる構図ができます。
どんなにそれが大義名分があり、正解だったとしてもです。

同時に、子供は冷静に客観的に物事を冷めて捉えていますが、どんなに正しいと思っていることでも、「気持をわかって欲しい」という感情的欲求の方がはるかに強いのです。
これは子供だけの話ではないのですが・・・・。
大人の正解のほとんどは、子供にとって、自分の気持を踏みにじるアドバイスにすぎません。
言ってみれば、ハード・ネゴシエーター。
これほど説得が聞かない存在はいないかもしれません。
親が思っている以上に、大人だったりするから、子供だからといって舐めると親子関係に重大な歪みが生じます。

親もやっぱり知恵を持っているから、子供に物わかりがいい大人だと思わせるように演技をしたりします。
それで子供に接しようとします。
そうすれば子供のガードが外れて、コントロールしやすくなるだろうという下心を持って・・・・・

しかし、子供はその知恵と演技を敏感に察し、冷めた眼で見ています。
「わかっていないくせに・・・・」とますます反発してしまいます。
表面的に反発せずとも、無意識ではそう感じています。
「何かいけすかない・・・・信用できない」と。

心が開かない相手をこじ開けることは、親であっても難しくなります。
いや親だからこそ、ますます問題をこじらせてしまうだけです。
親子関係ほど冷静で居られない関係はないからです。

愛情のボタンの掛け違いがさらなる矛盾を産んでいく

親が知恵と演技でうまく取り繕うとしても、子供には絶対通じません。
それがメッキであることを簡単に読んでしまう。
そうなると、子供はますます親に気を許せなくなります。

もともと人間不信で誰にも気を許せなくなっているのに、子供のその時の絶望ははかりしれません。
もちろん、それをやるのも子供のためを思ってのことでしょう。
これに関して掛け値なしに素晴らしいことですが、愛情や大事に思う心が、必ず相手に伝わるわけではありません。
愛情は時に毒になります。視野が狭いだけに。

これが親子関係の意思の疎通ができなくなる一つの構図です。
言うことを聞かなくなる理由は他にもたくさんあります。
子供から見たら、さんざん追いつめられてきた上に、さらに頑張りを強要されることへの反発や、無意識的な混乱が強い時の対処の仕方で、「私の気持ちなんか誰もわからない」と感じたり。

いずれにせよ、親が子供をコントロールできなくなったら、どんなに愛情を親が注いでも、一生懸命解決に努力しても、聞く耳を持たない相手には反発を増させるだけです。
親の素晴らしい愛情がすべて逆効果になる悲惨な末路に進んでいきます。
うまくいかない状況に、今度は親側まで精神的に限界が来て、錯乱してしまったら、どうなっていくでしょう。
お互いが視野の狭い中で、お互いが追い詰めることしかやっていない、悲惨な泥仕合、それも終りが見えない絶望の状況に陥ってしまいます。

親子関係悩み解消・不登校親支援プログラムはこちら

親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉

Official Home Page

親子関係不登校悩み不安解消へ 岩波英知先生の言葉・講演集


<< このページの上に戻る


コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~17時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら