Dream Art Laboratory


悩んでいる子供は、親にどう期待しているのか?

親から子供への悪影響 親子関係の悩みと不安解決方法

神経症、心の悩みを抱える人の親子関係

親や家庭との絡みで、社会人になってから、うつ病やその他神経症に陥る人が非常に多いです。
不登校は何とか避けることはできたけれど、社会に飛び込んでから、仕事や人間関係でのストレスでうつ病になって潰れてしまった、パニック障害になった、社会不安障害になったというパターンがあります。

そういう人は「まだ10代の時に悩みを経験していれば良かった」と言います。
心理・脳内プログラムに「もっと早い段階で通いたかった」と言ってくれます。
子供に無理矢理登校させたとしても、今後、子供が社会人になった時、たくましく乗り越えてやっていけるかどうか考えてみて下さい。
一時しのぎは、中長期的に見て、痛いしっぺ返しを食らう可能性が高いのです。

精神的トラブルの原因のルーツ分析・整理を行っていくのですが、ほとんどが親や家の事情と、現在の症状が密接にリンクしています。
なぜうつ病になってしまったのか、神経症になったのか、たくさんのデータがありますが、親子関係は欠かせないキーワードとなっています。

何も悩む人が皆、親子関係が悪い人ばかりではありません。
親を尊敬していたり、大好きだったり、愛情を持っている人はたくさんいます。
親のために、どんなにきつくても自殺だけはしない という人もいます。

それでも、親の考え方や性格、家庭の空気、教育方針によって、生きづらい人間になってしまっています。
それぐらい、親の影響力はすさまじいものがあります。
(現在親である人でも、自分の親との絡みで影響を受けて今日に至っています)

一方で、親が憎くてたまらないという人もいます。
そういう子供の生きづらさは、言わずもがな、でしょう。
本来くつろぎと安心感があるはずの家が、どこよりも居心地が悪く、肩身の狭い思いで、幼児期からずっと生きてきたことを考えれば、心と脳がダメージを受けて当然です。

トラブルがあっても強く生きられる子、潰れる子のベースの差

たしかに子供の心が傷つき、トラウマになってしまう原因の多くが、学校や他者との人間関係で起こってます。
そこは親の責任でもありません。
ただ、学校や人間関係でのトラブル、悲劇があったとしても、潰れてしまう流れにいく子供と、乗り越えていく子供と分かれます。
更に攻撃されてしまう子供と、逆にたくましく切り抜けていく子供がいます。
そこの差は何があるのでしょうか?

その人の有しているベースが違っています。
そのベースは幼児期からの家庭環境の比重が圧倒的です。
家庭環境とは、つまり親の教育や性格、流す空気です。
夫婦関係が仲が悪さも、子供の前では隠していても、敏感にその子は察知します。

ましてや夫婦関係が悪い場合、子供は自分の存在価値を著しく低く評価してしまいます。
教育虐待で、点数を上げても、エゴを充たせず、自己肯定感を著しく損なわれた子供はやはり、どこかで病んでいきます。

アダルトチルドレンにかぎらず、社会人になってから、うつ病や神経症で通ってくる人は、ほとんどが「親の教育、性格、空気」からの影響と言います。
良い親だと思っていても、「そのことだけは、もうちょっと何とかして欲しかった」と言っています。
親がすべて悪い、子供が悩むのは親の責任だという意味ではありません。
影響力がそれだけ強いということです。

つまり、悪い方向だけじゃなく、問題が起こった時、良い方向にいくらでも親は誘導できるという保証でもあります。
何かトラブルがあっても乗り越えていける子供は、持って生まれた性格だけじゃなく、生まれ育った環境から、それだけの強さを得ていたということかもしれません。

私自身(岩波先生)、親との色々な葛藤がありました。
抱えきれないほどの重荷を抱えていた時期もありました。
しかし、100歳近くまで生きた父親とは、ある時期を境に非常に良好なものになりました。
心と心が通じ合うような感覚が、他の親子関係よりもあったかもしれません。
親子関係は抜き差しならない問題があっても、乗り越えられます。

子供だけが変わればいい問題ではない

子供は変われます。
ただし条件があります。
親側の変化があって、はじめて子供の変化への意志が沸き上がってきます。
親の接し方や流す空気の変化が、子供に圧倒的な好影響を与えることは間違いありません

トラブルを抱えて当所に来た人でも、親子間に流れる空気が変わってきただけで、問題が解決していったという人は数え切れません。
悩みを抱えてきた人が言う「(親に育て方を)もうちょっと何とかして欲しかった・・・・」という心情は、「何か」を子供に与えてあげたら、それだけで悩みなんかなかった、もっと強く生きることができた、思春期の段階で悩みを克服できた、社会人になってから潰れずに済んだ、という意味の裏返しでもあるでしょう。
社会人になってからよりも、まだ子供が10代の内に、親の空気が変わることは、どれだけ解決に効果が出るか比較になりません。

親は親の人生、子供は子供の人生があり、子供の問題の責任は親にすべてはありません。
どちらかといえば、学校や人間関係での理不尽な出来事の方が多いと思います。

言いたいことは、これから先、子供が社会に入っても、襲って来るであろう理不尽な出来事を、子供が乗り切る力を得るためには、親もやることはたくさんあるかもしれない、ということですね。
それが、子供の心に波紋を起こして、感情的にも上向きに持って行けることは間違いありません。
親のための支援プログラムを用意してしますので、子供に対して好影響を与えたい、そして子供の心が前向きになって欲しいという方の力に誰よりもなります。

親子間の負の連鎖は、先祖代々続いてきたものかもしれない

親子の問題は非常に難しいもので、親子という当事者間だけの問題ではなく、実は先祖代々、「生きにくくなる要素」が受け継がれてきているということがあります。
どういうことかというと、極端な例を挙げれば、虐待があります(肉体的虐待、精神的虐待、ネグレクト、教育虐待など)。
虐待を受けた子供は、成長して親になった時、虐待を自分の子供にしてしまうのです。
あるいは親から愛情を与えられずに育った子供(親は与えたつもりでも子供には伝わっていないケースを含む)は、自分の子供に対しても、愛し方がわからないため、悲惨な親子関係、家庭環境になってしまうという例もあります。

機能不全家族で育った子供が成長して、家庭を持っても、機能不全家族しか作れない・・・・
アダルトチルドレンだった人の子供もアダルトチルドレンになってしまう・・・・
この悪連鎖の例は、枚挙に暇がありません。
こんな極端なケースじゃなくても、何かしら、悪い部分で代々伝わっていくこともある、ということです。

その最大の被害者が、今を生きる子供なのですが、その祖父・祖母が、間接的に親を通して、孫に問題が増幅して伝わっているとしたら、その悪連鎖を断ち切れるのは誰になるでしょうか?
子供は主体的な意志に乏しく、大人になってこのままではまずいと気づいた時にはじめて行動を起こします。

行動を起こせない人は、そのまま老人になっても、思春期時代の傷を抱えて苦しんで生きなければいけません。
行動を起こしたとしても、心の傷は非常に厄介になっていて、潜在意識にまで深く根付いてしまっているため、薬やカウンセリングなどでは難しいことが多いのです。
それならば、悪連鎖を断ち切るのは、親といえるのかもしれません

そして、親自身が強くなった時、その子供は自動的に精神的に引き上げられます。
子供自身も、はじめて前向きに自分を何とかしようと行動を起こせますし、その時はまだまだ若い段階です。
いくらでも未来がありますし、失ってきたものの何倍もこれから取り戻せるのです。

まずは親が親支援プログラムの中で自分をどうにかする、その中で、子供が通いたいと思うならば、いつでも私は子供を見ます。
その前に、子供が立ち上がるための土台を、ご自身の中にしっかりと作ることが大切だと思います。
不登校の問題は、子供だけの問題ではない、これだけは認識されたほうが、結果的にいい方向に親も子供も進むスタートになることでしょう。

そして、親御さん自身に、幼少期から精神的に抱えているものがあり、感情的抑圧をしてきて生きてきたり、自分というものを押さえつけてきたり、トラウマを持ったまま成長した場合、特に子供より先に、プログラムを受け、心のコアを浄化したほうが、絶対的に子供に好影響を与えられます。
子供のメンタル面でのトラブルは、多くが親の内面の拡大鏡なのですから。

親子関係悩み解消・不登校親支援プログラムはこちら

親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉

Official Home Page

親子関係不登校悩み不安解消へ 岩波英知先生の言葉・講演集


<< このページの上に戻る


コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~17時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら