Dream Art Laboratory


不登校・引きこもりの子供の 心の闇と根本的解決の必要性

親から子供への悪影響 親子関係の悩みと不安解決方法

不登校(ひきこもり)の子供の心の中(脳内・無意識)にはどんなマイナスの心理と思考が渦巻いているのか

※これがもちろん子供の心のすべてではありません。あくまで一例です
柔軟に個別の心理について対処していきます

子供の心のトラブルのゆがみ

子供は、何か問題があった時、理性的に冷静に物事に対応できません。
それが子供の特質だからでもあるけれど、すぐに感情的に不安や恐怖に飲み込まれてやられてしまいます。

つまり、親がどんなに理性的に言い聞かせようとしても全く意味を成さないどころか、子供の逃げ場を奪い、頭が混乱させ、自分でも親でも学校の教師も誰もコントロールできなくなるのです。
とはいえ、子供自身、集団(学校など)の流れから一度落ちてしまうと、もう自分がみんなと同じ流れには戻れないと無意識で自覚してしまいます。
子供にかぎらず、人は皆社会的動物であり、他人と比較してしまうからです。

将来への漠然とした不安は子供であっても逃れられず、学校に通う期間だけの問題じゃなく、子供はその後の先まで感じざるを得ないのです。
学校は3年だったり、6年だったりするけれど、その先にもずっと自分には人生が続いていきます。
でも、周りの人とは違って、マイナス方面を心に抱えたままだと、自己嫌悪に陥り自信喪失を感じやすい。
大学、就職、友達、恋愛、人間関係、社会……

そうすると「自分は何も出来ないんだ」という設定を自分にかけてしまい、自信喪失の世界で生きてしまう。
常に何をやるにしても恐怖になり、不安を毎日感じて生きなくてはいけない。
逃避することが唯一自分の崩壊を食い止める方法になるから、どんどん殻に閉じこもってしまう。
経験するあらゆるものごとを、その世界から猜疑心と怯えた心で見てしまう。

ということは、ジレンマや不安を増幅させ、ますます周囲とのギャップを感じる。
そうして、終わることのない悪循環でもがき苦しんでしまう。
常に心の不安に直面せざるを得なくなる。
でも、それは生きる上できついし嫌な感情だから、子供はある方法で対処しようとします。

逃げ場と安息地と絶望

現状の苦しみ、将来への不安と恐怖を子供なりに認めて生きることは、あまりに不都合です。
感じてはいるけれど直視したくないため、どうにか逃れようと必死で努力します。
しかし、心の抑圧のはけ口がないから、どんどん心が追いつめられるだけに終わる。

結局逃げ場は家の中、部屋の中だけになってしまう(しかし安息地ではありません。無意識に渦巻く不安からはどこにいても逃れ得ません。一番マシな場所というだけ)。
そこを親なりの正義と子供のためという愛情で、逃避先からどうにか出そうとします。

これは親としては当然とってしまう行動ですが、最後の逃げ場を破壊されることを極度に子供は恐れます。
その時には、もう子供は、混乱して自分の心がわからなくなっている。
親の視点から見たら、支離滅裂でおかしなことを言っているようだけど、子供にとっては、自分を維持するためのギリギリの対策として、親に反発したり、わがままを言ったり、めちゃくちゃやったりして、必死になる。
親はそこまで追い詰められているなんて考えても見ないため、そこも子供はショックを受けます。

そして、無意識レベルから子供は混乱しているため、いくら正当なことを理性の部分で説き伏せても、ますます親子間の溝が深まり、不登校・ひきこもりの問題は複雑化してしまいます。
どんな名カウンセラーでも、理性や説得はきかなくなります。

いくら上手に説き伏せたとしても、本能とリンクした子供の怯えや不安には通じない。
それどころか、逆に攻撃性や暴発、或いは内面的な抑圧を肥大化させてしまいます。
子供は子供なりに将来のことを感じていますが、圧倒的に今この瞬間の不安から逃れる一心で、何も見えなくなっています。
聞く耳も持てず、さらに自分の無意識の混乱を伝える術も持ち得ません。

終わりのない悪循環と問題解決の先延ばし

それでも、親なり周囲なりが逃避先までも潰しちゃうと、子供はもう逃げ場がないから、ますます精神的にボロボロになる。
子供は唯一の「わかってくれる存在」「わかって欲しい存在」の親から、そういう仕打ちをされたら、人間不信はマックスに達し、親の言うことに耳を傾けなくなります。
親子関係に不信感が芽生えたら、他人との人間関係がうまくいくはずがありません。

「どうせわかってもらえない」「どうせ自分の気持ちなんかわかる奴なんかいないんだ」と絶望にさいなまれていきます。
孤独と絶望と不安の中で一日中過ごすことになります。
その間、社会性や対人スキルは一切身につきません。
勉強が遅れるのはまだいいです。
いくらでも後々挽回が効くことだから。

しかし、心は、その時の傷が、一生その子供の人生を左右します。
悪い方向に・・・。

たしかに、子供なりに様々なことを感じて生きてはいますが、建設的じゃないことがほとんどで、自身を卑下することばかり。
社会性がないことを自覚しているため、社会に出ることを極度に恐れるようになりますが、無理に出たとしても自信がないため潰れてしまいます。
多くの子供が、この悪循環をずっと繰り返して、年齢だけを積み重ねてしまいます。

そこで更に親が焦り、 表に出そうとすると、こちらも悪循環で問題を悪化させていくだけです。
親の心の余裕の無さは、子供の心の余裕の無さにも影響を…

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

親だからこそ子供の心を救えない、しかし親だからこそ子供にできることがある

目先の対処よりも根本的解決を

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

保護者向け 岩波の言葉・講演集

本人向け 岩波の言葉・講演集

親子関係悩み解消・不登校親支援プログラムはこちら

親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉

Official Home Page

親子関係不登校悩み不安解消へ 岩波英知先生の言葉・講演集


<< このページの上に戻る


コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~16時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら