Dream Art Laboratory


脳覚醒と能力発揮

内覚醒と能力発揮 能力開発とスキルアップを劇的に成功させる方法

脳覚醒は生きがいの獲得

当所の心理・脳内プログラムは、その人の本来持っている才能、感覚的なものを生産的に変えていくことができます。
なぜ生きているのか、その意義は何か問うた時、
「楽しむこと」「何かを残すこと」とかあるけど、「才能を存分に発揮すること」も生きがいにつながる。

しかし、ほとんどの人は、能力の発揮できる方法を知らない。
頑張りやは、勉強して知識を得れば脳力が花開くと思っている。
それは半分あたっているけど、それだけじゃないんだ。
何でも継続的な努力は必要になるけど、能力発揮につながるかというとそうじゃない。

頭がいいから才能が発揮されない

なぜ人によって、能力に差が出るのか?
なぜ結果的に格差が生まれるのだろうか?
それはいかにその人が、脳力を発揮し結果に結びつけたかによることが大きい。

決して、もとからの潜在能力の差ではない。
頭がいい人、悪い人いるけれど、実は頭がいい人ほど悪い結果が出てしまい、「この人頭悪いんじゃないの?」と思うような人間ほど、タフだったり自分の力を発揮していたりする。
頭が悪くても、能力が発揮するなら、それは頭がいい証拠だ。
頭がいいだけに、本能のパワーを減らしてしまっているもったいない人も数多い。

才能とは発揮すること、他に意味があるのか

100の人と80の潜在能力の人がいたら、100%力を出し切ったのか、50%で燻っているかで、結果も違ってくる。
80の人でも100%の能力発揮をしたら、100の人間に勝てる。
そうしたら、80の潜在能力すら、100以上に枠が広がっていく。

そのためには、どのケースで潜在能力が十二分に発揮できるのか知ることが必要。
気づきがなければ、なかなか人間の心に火はつかない。
そのエネルギーがなければ、どんなに才能があってもただの宝の持ち腐れだ。
逆にくすぶり続けると、頭の中で一酸化炭素中毒になって、思考回路・感受性ともに停止状態に陥り、腐っていってしまう。

「俺はもっとやれるはずなんだ」といくら焦っても、ますます遠のいていく。
「私はこうなりたいんだ!」といくら願っても、能力発揮方法を知らないと、ただの夢物語で終わる。

能力を変革し、覚醒させる条件1

人生において、心の感動と自分のやっていく分野がリンクしていくと、才能発揮の初期段階になる。
これは好きこそものの上手なれ、そのものだろう。
好きよりも、「愛」ぐらいになるとベター。

もっと言えば、「私は生まれてきたからにはこれをやりたい、成し遂げたいんだ!」という人生のテーゼ・哲学が組み込まれるといい。
こうなると、嫌いなことや苦手な分野でも、人生のテーゼ・哲学から見たら、ちっぽけに思えてくるから、得意苦手を超えた能力発揮につながる。

嫌なことは誰だって嫌だ。
けど、大局的視点から見たら小さいことだったら、嫌いなことでも簡単に乗り越えられる。
嫌いだ、苦手なんて言っていられる場合じゃない。

脳内変革・覚醒条件2

建設的な前向きな意味で「これをやるんだ!」という気持が無くてもいい。
生きるエネルギーにはプラスもあれば、マイナスもある。
負の感情をエネルギー変換させることもできる。

例えばずっと貧乏で辛い思いをしてきて、鬱屈した精神を持つ人間がいる。
絶対にそんな思いしたくないとその人の本能に組み込まれたイカレ具合が、のちの大富豪を生んだりする。
三菱創業者の岩崎弥太郎やギリシアの海運王他いくらでも例がある。

どちらの例も本能が燻らなくて、ずっと続けられるための火種を持っている。
変な意味ではないイカレ・狂気が、その人の資質を覚醒させている
いい意味での生産的トラウマの本能への組み込みだ。

トラウマまで行かなくても、生きていれば、必ず鬱屈した抑圧されたエネルギーがその人の中に眠っている。
「バカにされたくない!」「俺はもっとやれるんだ!」「絶対見返してやる!」「くすぶりつづける人生なんかもうたくさんだ!」
強烈なエネルギーは山ほどあるし、無い人間なんかいない。ただ抑圧しているだけだ。

愛と信頼で才能発揮できるならそれに越したことはないが、使い分けが必要。
マイナスのエネルギーは、一度目標を達成するとホッとしてしまい、すぐ消える。
それに持続しない性質を持つ。
そういう欠点があるとはいえ、人生の意義とうまく組み合わせることで、持続可能になる。

どんな人間にも抑圧されたエネルギーがあるわけだから、有効活用しよう。
それを可能にできる技術がある。

マイナスのエネルギーの建設的転換

普通トラウマは、本能に組み込まれて、どうしようもなくきつい状態になる。
これに苦しむ人は多い。

一方で、生産的トラウマが本能に組み込まれると、才能発揮と大きな成果を生み出すことにつながる。
脳が覚醒するってことは、本能と密接にリンクし、つねに情動のエネルギーをそこから放出するということだ。

知識の集積も確かに必要だけど、知識の塵が積もって役立たずの山ができるより、塵山ごと燃え上がって、野性的な切れ味を持てば、必ず脳力は覚醒できる。
そう意味じゃ、当所のプログラムは、心に火をつけることができるし、脳や心ももっとも深いところで、生産的トラウマや暗示を組み込むことができる。
その技術・ノウハウについて強い自信を持っています。

知識を得ることは誰だって本を読めばできるし、そこらへんにいくらでも転がっている。
今は、インターネットで簡単に知識や情報が手に入る便利な世の中だ。
ただ、それじゃ横並びで差は出ない。

だけど、本能への組み込みや能力発揮に関して、とんでもない大きな差が出る。
本能レベルのパワーアップに関しても任せて下さい。

他に必要なこと

他にも色々とやることがあります。
固定観念や「考える」癖を崩さないといけない。
人生の意義を見つめることも大事になる。
それに目標とリンクさせることも必要。

すべて本能がパワーアップして、脳が覚醒するために不可欠なことです。
心のコアで能力を発揮させるか、理性や理屈といった本能・情動に届かない部分で、真の力量を発揮できないまま過ごすか、そこには大きな結果の差がでます。

もし報われない思いがあるならば、それまでの努力とやり方の延長線上に、『未来』がほんとうにあるのか自問してください。
何のために生まれてきて、せっかくの能力をもし燻らせていたのだとしたら、何が足りないのか、何をやってこなかったのか、考えてください。
その答えと方法は、ここにあります。

※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です

脳覚醒セミナー(東京・大阪)はこちら


心理・脳内プログラム】【自己啓発を成功させる方法】【脳覚醒方法


奇跡の脳覚醒 本

岩波先生著作『奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学』 絶賛発売中


<< このページの上に戻る



コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~17時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら