Dream Art Laboratory


仕事で成功するための永続的にモティベーションを上げる方法

仕事で成功するための永続的にモティベーションを上げる方法

成功するためのモチベーションと長続きしないモチベーション

どんな怠け者でもモチベーションは上げることができる、たった一日ならば。
仕事で成功するためにはモチベーションが欠かせないが、無理やり感情的になってモチベーションを上げ続けることをしたら、いつか心が折れてしまう時が来る。
だからこそ、本能から発したモチベーションの上げ方をしないと、出涸らしのお茶人間になってしまうだろう。

願望を実現させたい動機と本能が結びついた時、人は永続的なモチベーションを獲得できる。
モチベーション全開で人生を突っ走りたい時、必ず本能をおざなりにしてはいけない。
本能は無尽のエネルギー源だ。

モチベーションがなぜ長続きしないのか

ご存知のようにモチベーションがない人間に成功は難しい。

だから皆モチベーションを求めて、たくさんの自己啓発本を読み、あちこちのビジネスセミナーや経営セミナーに参加する。
しかし、モチベーションを上げて邁進していきたいという『意識』をいくら強く持とうとも、現実には続かない。

その意識のレベルは浅いものでしかなく、そこでいくら全身全霊やる気を出そうとしても、エネルギー源は別のところにあるからだ。
それこそ本能であり、使えば使うほど充填されるモチベーションが存在している。

本能とリンクしないモチベーションは、単発の打ち上げ花火で終わる。
精神力の強さゆえ無理強いして振り絞ったモチベーションにばかり頼っていると、とんでもない破綻が来たりする。
空回りしたり、エンジンが不完全燃焼になる。
そこで無理に頑張ろうとすればするほど、一酸化炭素が車内に入り込み、脳みそが眠ってしまう。

長くモチベーションが続く場合

だからこそ、本能を大事にしないといけないんだ。
夢や目標があるならば、本能から発した動機が、永続的なモチベーションが貴方を成功の道へ導いてくれるだろう。
そして、モチベーション全開で走っている時、成功しようが苦しい時を過ごそうが、それ自体が非常に楽しく刺激的だ。
感動だし、生きている実感が持てる。

例えば、小さい頃にドラマや漫画を見て、お医者さんに憧れる子供がいる。
「お医者さんになりたい!」という曇りのない動機が感情と本能に刻み込まれ、大人になってからも残っているからこそ受験戦争を勝ち抜くことができる。
その後も勉強や研修を続けて医師になれる。

無理矢理のモチベーションではいつか挫折する

同じ人間でも、もし親が自分のエゴのために、その子の本能や感情を無視して医師になることを無理強いしたら、モチベーションは続かない。
感動よりも苦労が多く、目的を達成した後、心に空白が生まれる。

親の期待に応えるために、気持ちを振り絞って必死に勉強する。
その子の頑張りや忍耐力によって医学部に入る。
しかし、その時点で動機が先細り、医学部に入ってから、研修医になってから、医師になってから、激務とストレスと責任感でボロボロになっていく人は多い。
目的を見失った生は、ひどく虚しい。

もちろん自分の感情を抑え込んでまで頑張ることができたことは誰も真似できないことだ。
だが、人生は非常に長く永続性という意味で言うと、どこかで必ずゆがみが来てしまう。

本能と結びつかない追い込んだ末のモチベーション

本能とリンクした感動、憧れ、動機を持てた人間は強い。
何が起きても、いなせるし跳ね返せる。
リスクに直面しても、それにエネルギーを吸い取られることなく、さらに起爆剤にできてしまう。
なぜならば本能の力は、前述の無理矢理の意識の強さと比べ、はるかに強大で無尽蔵だからだ。

本能は理性で制御しなければならないものだけど、押し潰すまで本能を制限した人はもろい。
その精神力の強さによって途中までは強靭さを発揮できるが、目的を達成したと思った時にポッキリ折れやすい。
まして挫折した時、モチベーションはおろか自分を見失う。

一見、強く生きていると映る人でも、本能レベルから見ると、無理をしすぎていて実は脆いという人は多い。
自分はどうなのか、自分の心と体に真っ正直に聞いてみるとよく分かるだろう。

人間は無目的に生きると、脳が刺激を得られず衰えていく。
情動がかきたてられず、感動への感度が鈍くなる。
結果も出せなくなるし、人生が味気ないものに変わる。

そもそも本能は寿命が来るまで永遠に衰えないと思っていい。
生きることへの執着もそうだし、老人になっても男女の中で嫉妬をしたりもする。
老人になってもゾクゾクした冒険がしたいという人はいつまでも若い。

今は医療の発達で本能が死んでも、生きながらえることは可能だ。
だけど、自分が感動も本能が刺激されもしないまま、隠花植物のように生きつづけたいだろうか?(病気になった方を除く)

成功者は皆子供。「大人」は子供の向上心に勝てない

大人になっても、ちゃんと本能の力は発揮できる。
ただし長い間の社会性の確立と知恵がついたことで、本能を眠らせてしまっているだけだ。
子供の心に退行することはとても大事だ。
仕事で成功するためには大人の力を発揮してはダメだ。
子供にならなければならない。

世の中の成功者を見ると、かなりガキなところがある。
いい意味で子供で、素晴らしいなと感じる。
子供の心をもった大人は人から愛される。
そして発想も自由だし、無尽蔵のモチベーションを持っている。
だから成功者になれたんだ。

一瞬しかやる気が続かず反動でエネルギー切れになる理由

なぜ色々な成功セミナーを受けて、一瞬モチベーションが掻き立てられるけれど、やる気がすぐに萎んでしまうのだろうか?
もって三日間だけモチベーションマックスだけど、後から妙な疲労感が来てしまうことを訴える成功セミナー経験者は多い。

それは、言ってきたようにその人の本能とモチベーションがリンクしないまま、意識の上っ面だけで頑張ろうとしてしまうからだ。
感情は知恵や意図的なものではないし、ただ感情が噴出すればいいわけでもない。
勝手に情動の部分から湧き上がってこないものは感情でもないし、本物のモチベーションでもない。

一瞬モチベーションが上がって、殻を大きく破った自分(及びセミナー)に感動するのかもしれないけれど、その感情の発露は本能から出たものではなく、一種の錯乱に近いものがある 。
もちろんその体験だってとても貴重だ。惰性な毎日では決して味わえなかったのだから。
だが、無理矢理の歪な方法では後で確実にしわ寄せが来る。そこが怖いんだ。

永久機関の本能から出たエネルギーではなく、浅い意識に残っていた限りあるモチベーション燃料を浪費してしまったのだから、当然そうなってしまう。
泣いたり叫んだり踊ったりすれば本能に届くわけではない。
実は浅い意識のレベルでも人は泣けるんだ。

もっと問題の本質は別次元の深いところにある。

表面的意識の力の限界、本能と情動という永久機関

人の意識の力には限界がある。
人間の思う力、信念の力はすべてを可能にすると思うかもしれないが、それは大間違いだ。
本能に達しない思いなんて、宝くじを買わないのに当選賞金を待ち焦がれるぐらいに見当違いだ。

もう表面的な意識でもがくのではなく、コアから自分を変えていきましょう。
人生は一回です。逡巡している暇はないのだから。

※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です(どちらも同時に受けられます)

あがり症克服セミナー(東京、大阪)

岩波英知のメンタル強化プログラム

自己啓発を成功させる方法】【脳覚醒方法】【潜在意識・無意識・本能


奇跡の脳覚醒 本

岩波先生著作『奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学』 絶賛発売中


<< このページの上に戻る



コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~17時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら