Dream Art Laboratory


リミッターを外せ 自分を変えたいが変わりたくない心理

脳の覚醒効果 超越した脳 成功の道筋

『~したいが変わるのが恐怖』という矛盾した心理

人間には『成功したいけどしたくない』『人生を変えたいけど変えたくない』『今の自分を変えたいけれど変わるのも恐怖だ』といった矛盾した心理を持っている。
そのせめぎあいで結局よりよく行くことを捨ててしまう、諦めてしまう人の方が多い。

成功の歩みを自分で止めてしまうという天邪鬼さが人間という生き物の複雑怪奇なところだ。 成功したい気持ち、願望を実現したい気持ち、そして人生や自分を大きく変えたい気持ちがある。
しかしどこかで怖気づいている自分はいないだろうか?
何か自分が邪魔をしている、足を引っ張ろうとしている窮屈さを感じていないだろうか? だが、そこを突破しないと今後の人生の障壁に必ずなるだろう。

病床利得 なぜか悪い状況を維持しようとする心理

人間にはなぜか不都合な状況でいることを好む心理がある。
マイナスなこと、まずいことを拾うと利益になると思う病床利得がまさにそうだ。

恋愛をしたいけどしたくないのも同じ。
頂点を極めたいけど極めたくないのもそうだ。 それはその人のルーツやトラウマがある。
そこを処理しないといつまでも一番の味方であるはずの自分に足を引っ張られる。

潜在意識や自分の脳に成功を邪魔される

他人ではなく自分に成功達成を邪魔をされることほどやるせないものはない。
最大の障害は自分だったなんて、そしてその自分を説得することが何よりも難しい。
例えば戦国時代だったら、他人が障害になったら殺してしまえばいいが、いつの時代も自分だけは殺すわけにもいかない。
しかも潜在意識が邪魔をする自分に乗っ取られコントロールされているのだから、いくら表面的な意識で頑張っても、思いは届かない。
強くこうありたいと願った思いなんてものは現実化しない『現実』に途方に暮れる。

人間の無意識や潜在意識は面白いもので、自分の願望とは別に、それを妨げようとする働きがある。
しかも恐怖感や不安感や心配という強力な感情によって抵抗されるから、一朝一夕の決意など簡単に吹き飛ばされる。

とんとんの成功者が一流の成功者に突き抜けられない原因

成功はしたけれど、ある程度の成功まで行ったら、自分で歯止めをかけてしまうのも同じ構図だ。
例えば、トップに立てる経営者は自分で自分の可能性を閉じない。
頂点に突き抜けられない経営者には、それだけの障壁が内面に眠っている。
止めたほうが利得があると潜在意識で思ってしまうため、やりたいのにやりたくないという葛藤を起こす。

強い感情に妨げられているため、意識や気持ちだけでは変えられない。
蓋が閉まって絶対に自分の強い意志の力をもってしてもこじ開けられない領域がある。 そして蓋を開けたいけれど開けたくない心理もある。
パンドラの箱を開けるくらいなら、安全や平穏無事を人間は好むからだ。

脳と潜在意識への保証が変化恐怖症を克服させる

ではどうすればいいのだろう? その蓋を開けても大丈夫という保証を与えると(潜在意識への暗示浸透、脳内への定着)、根底から変わる。 自分は突き抜けてもいいんだ、成功してもいいんだ、幸せになっていいんだという保証があると、その大義名分のもと足引っ張りがなくなっていく。

変われない人生の恐怖の反動モチベーション

もう一つは保証とは全く逆のように思えるが、このまま突き抜けられずに時間だけが無為に過ごしたときの恐怖を掻き立てる方法がある。
そもそも突き抜けられた人の多くが、恐怖のモチベーションを反動にして、常人が思いつかない発想で一生100万人が束になっても叶わない業績を上げてきている。
この感情のエネルギーも使わない手はない。
ただしこれにいつまでも依存することは避けた方がいい。爆発力があるが持続力がないからだ。

潜在意識と脳内への保証と反動エネルギーをうまく使い分けることで、自分に邪魔をされる矛盾を破壊できて、自分から解放される。自由に能力を発揮できるようになる。

脳のリミッターを外せる方法

そして、私の施術後すぐにリミッターを外した時の自分に秘められたエネルギー、パワー、感情の力、本能のとどろき、超越的な精神状態が爆発した時、リミッターを外せない自分と外したときの自分の落差によって、『外してもいいんだ』という大義名分が得られる。
それは経験値となる。
もしリミッターを外したまま、大きな交渉や本番の試験、勝負事、試合、オーディション、そして愛の告白を含め、一大局面に臨み実力以上のものを発揮できたとしたら、一生消えることのない自信となる。
『変化恐怖症』『成功したいけれど成功したくない病』なんて木っ端微塵に吹き飛んでいるはずだ。
突き抜けて突っ走っている自分のほうが、遥かに快感で気分が良くて充実感があり感動もあるからだ。

※こちらのケースに当てはまる方は、これらのプログラムが最適です

岩波英知ドリームアートの脳覚醒セミナー(東京、大阪)

東京西新宿や大阪開催のセミナー予約申し込み、お問い合せはこちら

愛と孤独とトラウマ 愛情不足と孤独感とそのトラウマからの心の悩みの解決方法

自己啓発方法】 【脳覚醒方法】 【潜在意識・無意識・本能】 【人間心理の本質


奇跡の脳覚醒 本

岩波先生著作『奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学』 絶賛発売中


<< このページの上に戻る



コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~17時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら