Dream Art Laboratory


更年期障害が悪化し続ける理由と自律神経失調症

更年期障害が悪化し続ける理由と

避けて通れぬ更年期に罠にハマると後半生が不幸に

長い間、生きていたら、様々な病気や精神的な悩みといった罠が待ち構えています。
そして、決して避けて通れないのが年齢を重ね老いていくこと、そして更年期におけるホルモンバランスの乱れです。
この時に、下手をすると、人生の後半を苦しみの連鎖でボロボロになってしまう可能性があります。
そして、浮上できないまま行ってしまう。

当所には、更年期障害をこじらせ、更年期うつ、自律神経失調症で来られる方が多いです。
更年期障害がひどくなり、自律神経のバランスがひどく乱れ、ホルモン治療、漢方療法、食事療法などどんな治療をやっても改善しない。

自律神経(交感神経、副交感神経)は厄介で、自分の意思じゃコントロール出来ない。
もともと自律神経のバランスが崩れた人が更年期障害になったら、対処しようがなくなる。
整っていた人でさえも、更年期障害で自律神経の働きが乱されたら、初めての経験だけにパニックになったりする。
そして、何をしたらいいのかわからなくなり、迷い、焦り、混乱を生じ、エネルギーを不毛に使ってしまう。

きつい肉体的な症状(耳鳴り、ほてり、頭痛、肩こり、めまい、発汗など)から逃れられず、常に耐えなくてはならず、ずっとストレスを感じて生きなくてはいけない。
我慢し続けたところで、何の見返りもなく、症状も改善できないから、イライラも憂鬱も高まるのは当然だし、もっと自律神経のバランスが崩壊していってしまいます。

更年期障害の治療法をたくさん試しても、メンタルの根幹から解決する方法がなく、そのためいつまで経っても楽にならない。
将来への展望が見えなくなるため、精神的に苛々したり落ち込んだりし続けることで、もっと心身のバランスが崩れ、自律神経失調症も併発していく。

そうなると、抑うつ状態、不眠、苛立ち、不安感、焦燥感、孤独感もひどくなり、精神的にも最悪な状況に陥っていきます。
心と体の不調が、相互に悪影響を与え続け、かといって、それを断ち切る手立てもないまま、ついには更年期障害で苦しみながら、さらに自律神経失調症もうつ病の苦しみも加わるトリプルパンチを食らってしまいます。
どこかで負の連鎖を断ち切らないと、人生で最も大事な時期を楽しめないまま過ごすことになりかねません。

誰でも更年期障害がひどくなり、精神と肉体のバランスが崩れつづけてしまう可能性がある

怖いことに、それまで深く長く悩んだことがない人でさえ、更年期障害発症の時期から、上述した流れで、地滑り的に自律神経失調症やうつ病になってしまう。
当然、その状態では更年期障害の症状も一層きついものとなってしまいます。

急に肉体的なつらさを常に味わい、精神的苦しみの終わることのない悪循環に飲み込まれていくため、そのときの狼狽や焦りや将来への不安が、さらに更年期障害をひどくする。
空前の体験であるため、頭がパニックになり、混乱を起こしていくから、うつ状態が悪化していく流れに入ってしまう。
そういう罠が更年期の時期にはあります。

まして、もともと神経質であったり、メンタル面でストレスやプレッシャー、抑圧やトラウマといったものを抱えてきた人は、更年期障害が当然のように悪化し、いつ終わるとも知らぬ苦しみの連鎖に入ってしまうのも無理はありません。
ストレスや悩みで、自律神経のバランスがもともと崩れている人ほど、更年期障害は牙を向き、ひどい抑うつ状態に突き落とされてしまいます。
それまで自分をだましだまし生きて、何とか取り繕ってきた人でも、いつ何時、重度の更年期障害になってしまうかもしれない可能性が高いのです。

まじめであったり、几帳面であったり、責任感があったり、いい人であったり、社会的にも人間的にも立派にやってきた人ほど悪化しやすい。
身体的には身体が硬い人、環境的にも心の傷を抱えてきたり、家族の問題があったり、夫婦関係がうまくいかない、親の介護をしなくてはいけない、子供の心配で神経がピリピリしている人ほど悪化していきます。

一時しのぎの対症療法では、解決を先延ばしにしてしまう

更年期障害も自律神経失調症もうつ病もかかってしまったら、もはや表面的で一時的な対策は意味をなさず、苦しむ時期を延ばす延ばしにする分だけ、人生を無駄にしてしまいます。
ホルモン治療、薬物療法などを受け続けたとしても、自律神経のバランスがひどく崩れ、脳内の神経伝達物質のバランスまで悪影響を受けていた状態では、効果が出るものも意味がなくなってしまいます。 そんな人たちが、メンタルの問題の解決の必要性に気づいて、当所のプログラムを最後の最後の方法として、多く通ってきています。

そこまで至ってしまった人が、いくら時間をたっぷり休養しても、ストレスフリーな生活を心がけようとしても、楽しく笑う生活がいいと知っていても、もともと苦しい状態が厳然としてあるのだから、気分転換なんかできようがありません。
知識や机上の空論や理想だけでは、解決が先延ばしになり、対症療法を繰り返したり、不定愁訴なだけにドクターショッピングをやり続け…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

メンタル面からの根本解決なくして、更年期障害も自律神経失調症も改善はありえない

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

 

※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です

岩波英知’s ドリームアートの神経症克服セミナー(東京、大阪)

岩波英知’s ドリームアートの神経症克服セミナー(東京、大阪)


奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学(岩波英知の本)

岩波先生著作『奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学』 絶賛発売中


<< このページの上に戻る



コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~16時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら