Dream Art Laboratory


心をもろくする教育方針

心をもろくする教育方針 親の教育の悲劇。心がタフな人間と脆い人間の差

心がタフな人、心が脆い人

心がタフな人と脆い人の差はどこにあるのか?
強いからタフなのか? 決してそうじゃない。
出来が悪い人がとても打たれ強かったりする。

その逆に、優秀な人程、何かあると心が折れたり萎縮しやすい。
そんな人は、それでも頑張れば何とか出来ると思ってしまう。
気持ちを強くしようと頑張れば頑張るほど、ついにはボロボロになってしまうのはなぜなのだろうか?

この矛盾した悲劇を解決しないと、せっかくのいい能力も発揮できないまま埋もれていってしまう。

頭が良く、繊細なために心をもろくしてしまう

当所には超一流大学、超一流企業や高度な専門性を持つ職業の人がたくさん通ってきています。
しかし、その優秀性に比べ、心がもろくなっている人が多い。

傍から見ると自信を持って当然なのに、自分に自信がないし、建設的な思考ができなくなっています。
すぐ都合の悪いことばかり考えてしまう。

要は人間は頭じゃないし、結局覚悟や自信で勝負は決まる。
だけど、優秀な人は何か成し遂げた人が多いはず。
入りたくても入れない大学や企業、士業などの職業につけるのだし、それだけ覚悟を決めて努力をしてきたのだから、自信を持って当たり前だと考えるけれど、本人にとってはそうじゃない。
無駄にプライドだけが多くなって、心が追い付いてこないと告げる人が実に多い。

心がもろくなるには必ずその人のルーツがある

それにはその人のそれまでの人生が密接に関係している。
悩みの悪循環に陥る人の親は、教育熱心な人が多い。
中には異常なぐらいの教育虐待じゃないかという厳格な親がいる。

そのため、その子供も結果的に優秀な成績をおさめたりしている。
その人達の親の多くは、とにかく厳しく、子供が頑張って良い点数をとっても褒めない。
それどころか、もっとできるように叱咤する。

親の教育、しつけ。一種の教育虐待

例えば、褒めない親の事情としてはこういったものがあるだろう。
本当は褒めたいけれど、ここで甘やかしてはダメになるから、さらに発破をかけるという考え。
とにかく厳しくすれば子供は立派になる、という考え。
泣く泣く厳しくするけれど、後で子供は私に感謝するだろうという考え。

愛情をかけてあげたいけれど、ただ褒め方を知らない。
親なりのトラウマから発した一種の(子供から見ての)虐待。

しかし、やられた本人にとってはたまったものじゃない。
愛が相手の心に届かなかったら、それは本当の愛じゃない。
親の言いつけを守り、楽しみを減らし、頑張っていい成績をとっても、さらに厳しくされる。
見返りはなんにもない。

「私の親は私のことを愛しているの…?」
こんな思考が意識上でも無意識でも浮かんでしまう。

頑張っても頑張っても点数は上がっても心だけは報われない

いくら頑張って高い点数をとっても自分の証明ができない(その理由は後述する)。
そうなると感情が抑圧され、もっと頑張らなくてはいけない(それでも褒められない)という無間地獄に陥る。
常に心に余裕がなくなるから、他人との関わりもギクシャクする。
ただでさえ、あまり遊べないから、孤独感・疎外感を感じる。

家に帰ると厳しいしつけと教育が待っている。
こんな子供のどこにタフな心が根付くだろうか?
いやある意味、非常にタフな子供だ。
他の子供が投げ出すことでも、頑張りぬく力があるからだ。

頑張れる、根性もある、けれど限界もある

しかし、それは、伸びきったゴムのタフさだ。
ぎりぎり土俵際ではじき出されないように頑張っているに過ぎない。
本当のタフさは、余裕ある心からしか生まれない。
人生は長い。
心が空虚なまま、いつまでも自分の心を騙し続けられはしない。

そんな生活を子供の頃からしていると、当然感情が満たされない。
まだエネルギーがあって頑張れているうちはいい。
ふと立ち止まった時、不安に襲われたり、生きている意味を失い、ちょっとしたショックにも、ひどく崩れやすくなる。

もしも点数が悪かったら、もう生きた心地はしない。
唯一の自分の証明できることがなくなるからだ。
できの悪い人間=存在価値のない人間と思ってしまう。
挫折したまま大人になって、もともと頑張り屋で優秀な人間が、末端の生活をせざるを得なくなっている。

外面と内面のギャップ。自己承認欲求と自己証明の重要性

逃げ切れてずっといい成績だったとしても、勉強以外の自己証明(一番大切な自己存在証明)が家で為されないから、いずれ悩みの悪循環に陥るのは時間の問題だったりする。
心がボロボロになったら、誰もが羨むいい職業についても、生きていること自体、苦痛になる。
経歴・学歴なんて、心を満たしきる材料にはならない。

何のための頑張りだったのか? 
私の人生は一体何なんだ?
楽しいってどういうことなの?
こんな絶望が待っている。

出来が元々悪くても褒められて愛を感じたルーツを持つ人の心は結構タフだ

もし出来の悪い子供が良い点数を取ったら、普通、親は褒めるだろう。
「よくがんばった、やればできるじゃないか、すごいぞ!」と。
その子の心は満たされ、成績の良し悪し関係なく、愛を感じながら…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方


親の愛が歪んだ形で子供を追い詰めている

子供を無意識的に追い詰める親は自分が悪いとは思えない

親から自立しても呪いはどこに行ってもかかったまま

親のための人生じゃない! 自分のためだけの人生だ

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

 

※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です

岩波英知’s ドリームアートの神経症克服セミナー(東京、大阪)

親子関係悩み解消・不登校親支援プログラムはこちら

親の目を意識し続ける人生
誰のための人生か?
心をもろくする教育方針 親の教育の悲劇。心がタフな人間と脆い人間の差 岩波英知の言葉
岩波英知の言葉 心をもろくする教育方針 心がタフな人間と脆い人間の差

【心理脳内プログラム】【うつ病克服法】【子供の心のトラブル解決法】【心の悩み克服法】


奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学(岩波英知の本)

岩波先生著作『奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学』 絶賛発売中


<< このページの上に戻る



コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~16時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら