Dream Art Laboratory


考えすぎが不安を引き寄せる

考えすぎが不安を引き寄せる 脳覚醒のために知るべき秘訣

考えすぎると悩み、悩むと考えて脳が疲弊する

日常から考えて考えて生きている人ほど、考えた分の見返りは得られていない。
悩む人ほど考えてしまうが、悩みから抜けだした人やたくましい人は、考えていない。
考えない、ということは、悩みが少ないということだ。

逆に言えば考える人は、悩んでいる人か、悩みやすく脆い人ということ。
特に悩みを持った人が考えると、考えた量だけ、ろくな結果にはならない。
残念ながら、 思い悩んだ時、思考だけで悩み対策をすると、もっと悩みを重症化させてしまう。
でも、それでも人は悩んだ時に考えてしまう

いつまでも同じ思考と考えを繰り返す悪循環

普段考えないで生きることほど楽なものはない。

しかし、常に考えて考えて、状況判断をして、更に考えて、怯えて不安になって、また考える。
その結果悩みに悩んで、脱出しようと考える。
頭が重くなり、心は沈むくせに神経過敏になり、感情の抑圧だけが溜まっていく。

考えたわりには答えは出ず、またまた思い悩んで考える・・・・。
仮に答えが出たと思っても、正解ではない。
または、一時しのぎすることばかり考えるようになり、その手が使えなければ、もっと考える。

狭い世界で同じことばかり考えて、10年前と同じことばかり考えていたりする。
ずっと続けてしまった人は、「考えないことって何? そんなことってありえるの?」になるか、あるいは、悩みの思考が常態化して、その渦に呑み込まれていることに気づかない。

子供は考えない、子供の心を持てる大人は脳が異常に活性化できる

考えない人は、馬鹿だったりアホだったりするケースはあるかもしれないけれど、少なくとも思い悩むことはない。

もっと良いのは、普段考えていないんだけど、いざというときに考えて、脳が鋭く働き、常に考えていた人の何百倍もの成果をあげられる場合だ。
脳が普段から自由で余裕があって、考えないわりに危険もなく、だからこそ考えた時に脳がフル活動できる。

そもそも幼少期は、人は考えてないし、無邪気そのものだ。
思春期からだんだん考え始めて、自意識も強くなる。
子供の頃の天真爛漫な心はだんだん消え失せて、『大人』になっていく。
心に遊びや天真爛漫さがなくなっていった『大人』ほど考えやすくなる

一方で、大人になっても自由でのびのびしている人がいる。
そんな人は、遊びがうまかったりする。
遊んでいる時は、大人であっても、無邪気で天真爛漫で、子供の心が出ている。

そういう意味じゃ、『大人』をやってしまう人ほど、悩みにもろくなるということだ。
心に余裕がなく、抑圧を心の底に溜め込みやすい。

こんな人もいる。
ある時までガムシャラに考えないで社会で成功を収めた人だ。
しかし、ふと立ち止まって考えてしまった時、一気に悩みにとらわれ、坂道を転げ落ちるように転落していくケースも多い。

ある意味、考えすぎる思考にとらわれたら、人生は負けといえるかもしれない。
何気なくやってしまうことでも、人生を左右するほどの威力と毒があるのが『考える』行為だ。

立派な知恵や理性でも、感情や本能に歯が立たない

知恵や理性はたしかに大切だ。
それらは考えるときに発揮されるけれど、悩み対策に対して、なんの意味もないどころか、状況を悪化させやすい。
世の中の進歩にはとても大事なものに思えるけれど、実は人間の生きる行為の中では、優先順位はそんなに高くない。

圧倒的に順位が上なのは、感情や本能といった原始的なものだ。
そこの対策と処理をしていくことが、現状打破の唯一の突破口だと思う。

だから、当所のプログラムでは、いかに理性を取っ払って感情の世界に入れていくか、そこに主眼をおいています。
特に遠い記憶の子供の心、その感情の追体験が大きな鍵になります。

助かるためだけの考えは身を滅ぼす

考えないようになることが、自由に楽しく生きられる秘訣と言えるだろう。
もっといえば、天真爛漫さと子供の心を取り戻すことで、それがなされる。

では、考えないで生きるにはどうしたらいいのか?
それを言う前に、なぜ考えてしまうのか? からやったほうが早い。
考えてしまう人は、自動的にせよ、あえて考えるにせよ、なぜやってしまうのか?

それはそこに『うまみ』があると思っているからだ。
たしかに、考えることで多くのすばらしい発想が生まれたことも事実。

だけど、そういう人は、脳が自由で奇抜で飛んでいる人が考えることに没頭した末に生まれたものであって、常に考え状況判断し、さらに考える人が到達できる世界ではない。
自由な脳で考えるか、悩みに囚われそこから抜け出るために考えたり、安全の道のためだけに考える脳では、大きく結果が違ってくる。

自己防衛の考える行為は生きる範囲をひどく狭める

『考える』といっても、高尚な考えもある一方で、心配を解消するとか、安全を願うとか、効率をよくするとか、とりあえず得ができるとか、恥をかかないとか、怪我しないとか、そのために考える人がいる。

「これを解決すれば、うまく生きるのに役立つぞ」「いかにリスクを避けて、効率よくポイントを取ってやろうか」という前提と発想から、考えることをやめられない。
そんな本人の頭のなかには「考えないで生きることこそ、もっとも非効率的で危険である」と組み込まれている。

知恵の対策と状況判断こそが、一番いい方法だと思ってしまう。
だから、考えるのをやめられない。
考えるのをやめた自分がひどく心細く頼りなく感じる。

思考が自分を守ってくれる鎧だと思い込んでしまっているからだ。
気を抜くことができないから、考えるのをやめられない。

考える人間は危険と不安を引き寄せて身動き取れなくなる

はっきりと言いたい。
考えないでやったほうが、確実にうまく…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

考えた時の見返りと考えないで断行した時の見返り

子供の時の自由な心を思い出して欲しい

考えすぎる脳をリセットし、自由な脳と心を取り戻す方法

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

 

考えすぎが不安を引き寄せる 脳覚醒のために知るべき秘訣

人間心理の本質】【メンタル強化方法恐怖・不安・焦り脱出法


奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学(岩波英知の本)

岩波先生著作『奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学』 絶賛発売中


<< このページの上に戻る



コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~16時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら