Dream Art Laboratory


愛と孤独とトラウマ その克服方法


人生の充実度を測る一つの尺度に、自分の能力(脳力)を存分に発揮しているかどうかがある。

いくら潜在能力があっても、現実に発揮できていなければ宝の持ち腐れに過ぎない。
いい大学を出ても、高度な専門職の資格を取ってもそう。
そういう人は、能力が自分にあると思っていて、プライドがあるだけに、何かあると焦燥感と閉塞感を感じやすい。

一方で、仮に潜在能力がなくても、存分に才能を発揮している者もいる。
プライドを保てないまま、くすぶっている人とは、何が違っているのか?
なぜ結果として大きな差が出来てしまうのか?
答えは単純明快だ。

理性でモノを考え、うまく人生を送りたいと思う人ほど、能力的くすぶりが早い。
本能に根付いて走る人の方が長く続く。
それは自然だし、能力発揮の一番の理想型だ。

そこに心から好きで「これをやってみたいんだ!」「俺はこれを追求してやるぞ!」というハートが加わると情熱が飛躍的に高まり、能力も発揮できる。
建設的感情が伴った使命感でもいい。
いい感情が伴っているから、毎日の充実感もある。そしてなによりも持続する。

考えてしまう人は、悪い感情を引き寄せたあげく、さらに考えることで対処しようとする。
それじゃ、くすぶって当たり前。
脳力が自分の考えている通りに発揮できず、プライドが肥大化し、自分を苦しめてしまうのも無理はない。

言いたいことは、能力発揮とは、考えたり理性と知恵をフル回転することではないんだ。
知恵を使って、騙し騙し何か取り繕う、うまくいかせてやろうと理性の負荷がかかると、感動しないから燃えられない。

感動は、本能や感情レベルとリンクして初めて生まれるものだ。
理性や知恵のみでは、なんの感動もない。
頭の中がくすぶってすぐに一酸化炭素中毒になる。
つまりぼーっとしたり、何か燃えられなかったり、何か息苦しい。
作業能率も行動のスピード、判断力も落ちる。

俺はこんなはずではないと焦りも生まれたら、自分で逃れることは難しい。
自分の中でそうなんだから、上司や監督者から見たら、こいつは使えないと判断される恐れもある。

トップに立っている人間でも、みるみる業績は落ちていくだけだ。
スポーツ選手もスランプに陥ると、逃れようとして考えてしまって余計泥沼にはまっていく。

脳力とは、その人に脳力があるから「頭がいい」「成功できる」わけではなく、持っている能力を存分に発揮できているかどうかだ。
理性と理性じゃない世界との区分けでそれは証明がつく。

どうも自分の能力を発揮できていない、足かせがあって力を発揮できないと感じる人は、本能に添って生きているか自問しよう。
理性の世界でどれだけ足掻いてきたか、過去を見つめ直すといいかもしれない。

能力を発揮させてくれないのは、会社組織や嫌な上司や足を引っぱる同僚だけではない。
そいつらはたしかにどうしょうもないクソムシかもしれない。

しかし、一番の障害は、もう一人の自分であるし、もっといえば、自分の本能を抑圧しているからだ。
それが損か得かばかりを考えてしまう理性(=考える行為)であったり、今までの人生の流れだったり、トラウマだったりする。
それじゃあ、職場も味気ないもので憂鬱になるし、自分が本来こうあるべき姿(理想)と現実の狭間でもがいてしまう。

自分はもっとできるはずと思う人間ほどプライドが高いから、その狭間はますます乖離していく。
プライドはこの時本当に邪魔になる。

心と感情、つまり本能の部分を、どれくらい揺らせるか揺らせないかで、くすぶるのか、脳内を変革して脱皮できるのか状況が変わってくる。

理性を突き詰めて完全にやった方が、自分の能力を一番発揮できると思うかもしれないが、錯覚に過ぎない。
もし今までそれをやってきて、気づかないままだと、この先もずっとやってしまうだろう。
その未来への恐怖心をもつことが、今自分を変える大きなエネルギーになってくれる。

理性をすべて否定するつもりもないし、理性があるから日常の仕事がはかどる一面がある。
でも、大きな仕事を成し遂げるとなると、理性は捨てた方が大きな事をできる。

その結果の感動は、お金ではいくら積んでも得られない価値がある。

理性を使って得られる答えほど、実は赤点をとる羽目になる。
理性と知恵(つまり考える行為)は、自分にとって損か得か、それだけだ。
考えれば考えるほど得しようと小細工な知恵を使い、建設的感情や冒険心を抹殺していく。

己にとって得とは、楽な道、安全な道。
リスクをうまく避けて、大きな見返りを得たいという答えを生み出す。
そこに最悪な結果を招く。

自分にとって損だと思えること(つまりリスクがある道)ほど、実は大きなチャンスと好運を内包している。
「私は運が悪い…」という人ほど、自分で運のなさを引き寄せているに過ぎない。
俺はもっとやれるはずだと思う人ほど、考えてしまうことで、やれるチャンスを自ら放棄している。
環境が悪いだの理由をつけたところで、先に進めない。

本当にやれる人間は、人が考えている瞬間にもうやっちゃっている。
考えてしまう行為など鼻くそだと思っている。

かといって、頭がパーで使えないかというと、存分に能力を発揮している。
どこかでちゃんと誰よりも鋭く深く、そして高く考えている。
それができるってことは、脳がフル回転していること。
心に火がついているから、生み出すアイデア一つとっても爆発力があり、鋭い。

つまり感覚の世界で主体的に勝負しているからこそ、建設的に生きられる。
スポーツの世界──格闘技でもサッカーでも何でも──敵と相対した時、勝負は一瞬でついている。
考えている暇など無い。

実社会も全く同じだ。
交渉ごとも、日々日常の小さな勝負事でも、考えた人間は必ず負ける。
理性や知恵は貴方を高めてくれないし、救ってくれもしない。
貴方の可能性、オーラ、脳力までおとしめてしまう劇毒だ。

自分の得になる薬だと思っていたら、毒だったわけだ。
よく効く薬は劇薬指定されていて、非常な毒にもなってしまう。
いつのまにか脳内が毒まみれになっていないだろうか。

脳内やハートをフル回転させるコツはそこにある。
当プログラムでは、能力(脳力)開発のための技術ノウハウをどこよりも高いレベルで有しています。

何が障害になって、何が必要か知ること、
感情と信念として脳深くに植えつける段階、
そして能力を存分に発揮していくことをやっていきます。
脳と感情が揺り動いてはじめて、脳力が開発できる。
逆にそれしか方法はないと思う。

せっかくこの世に生まれてきたわけだし、やり直しは二度とできない。
さっかく与えられたギフト(才能)を使わずに、誰からも高い評価を得られず、自分よりも才能がない人間に抜かれてしまっている現状があるのならば、これほど悔しくてもったいないことはない。

生きているからには証を残そう。
くすぶっている自分をリセットし、本来の能力を縦横無尽に発揮し、成功へと邁進していく。
人からも一目置かれる存在になり、結果を出し、本当に生きていて良かったと思えるような人生になれる。
そうじゃなくて、何のための人生か。
貴方なら必ずできるはずだ。

本当の頭の良さとは、能力があるかどうかではなく、脳力を発揮できたかどうかだけ。
「俺はもっとやってやる、私は大きな価値を人生で創るんだ!」 
そんな人と共に頑張っていけたらと思っています。

貴方には能力がある。
それを最大限引き出して、人生に仕事に大きな価値を構築するために尽力するし、そのための私の技術です。
私に任せて欲しい。必ず突き抜けられるから。

※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です

脳覚醒セミナー(東京・大阪)はこちら

脳覚醒方法】【自己啓発を成功させる方法


<< このページの上に戻る


コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~17時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら