Dream Art Laboratory


会話を捨て去れ 簡単に良好な人間関係構築を築ける秘訣

会話を捨て去れ 簡単に良好な人間関係構築を築ける秘訣 岩波英知の言葉

良好な人間関係構築には長い会話は必要ない

会話、及びコミュニケーション能力の劇的向上のために、まず会話をしないといけないという固定観念を破壊しなくてはいけません。
それが人間関係改善のコツを獲得する前、是非やらなくてはいけないことです。

この世に生まれてきた以上、人と関わらなくちゃいけない。
うまく世を渡るためには、この人間どもを攻略したい。
だから、人を上手に処理する方法を獲得したいと望むけれど、それは会話しかないと思ってしまう幻想がある。
その方法は、会話でもないし話し方でもない。
まして容姿でもない。

人とうまくやる、または上手に扱うために必要な要素は、実は会話ではない。
逆に話しては駄目だ。
話そうとすればするほど失敗をする。

ますますうまく取り繕うとすると、自分をなくすから、相手の心に響かない。
微妙な空気が流れてしまう気がするのもそのせいだ。

うまく話そうという焦りが次の墓穴を掘る

まあ、ほとんどは相手はなんとも思っていないわけだけど、焦っている本人だけは絶対空気が白けたと思い込んでしまう。
だから、ますます「会話上手にならないといけない、それが俺の生きる道だ。うまくやろう!」と技術修練に磨きをかけようとする。

その思考で行った会話の研鑽は、一層の苦手感を磨くだけに終わる。
これは一対一の会話でも複数の喋りでも会議・プレゼンテーションでも交渉ごとでも、言葉を発すること全てにあてはまる。

会話は話そうとした時点で流れが先細りする。
勝手に生まれるのが会話だ。

会話は中身ではない、空気、感覚、感情、地を伝えるものだ

会話が長続きしようが、途切れようが、もっと重要なのは、自分の「空気を流す」ということ。
「おはよう」「気をつけて」という言葉が、違う人間で、全く印象が異なる受け止め方をされる。
それはその人の流す空気がそうさせているであって、文章の内容ではない。

どもろうが、つっかえようが、その空気さえあれば、人間関係なんて成立する。
ある種の空気を流せる人は、だからこそ、会話なんて考えずとも、余裕があるから次々とベラベラしゃべることができる。
もし話し上手だなと思う人がいたら、それは会話上手だからではなく、結果的にそうなっているだけの話だ。

自分という空気をたった一吹きするだけで人間関係は簡単に成立する

私(岩波)もよく喋るほうだし、話すことがどんどん出てくる。
だけど、実は喋らなくてもいいと思っている。
それで相手がいい思いをしようがしまいが関係ない。

実際、挨拶をチョットして、短い言葉をかけただけで、もう人間関係が成立してしまう。
街を歩いても店に行ってもどこでもそうだ。

相手が、もし私をよく思っているとしたら、それはたくさん会話をしたからではなくて、私という空気を流して、相手に感じさせただけ。
驚くほど話をしていない。会話の内容も薄っぺらいし、どうでもいいことばかりだ。

相手は私のことを知らないし、私も相手のことなんて何もわかっていない。
でも、とても気持ちいい人間関係がすぐに構築される。

私がとんでもない大悪党だろうが、大慈善家だろうが関係ない。
人間はそこで判断しているわけじゃない。

相手の感覚を調理する

人間は感情の動物というけれど、更に言えば、感覚で生きている。
相手の感覚を動かすものは、深い意味のある会話や笑いのある会話ではない。ベラベラたくさん話した末のものでもない。
まずそこをわかることから始めなくてはいけない。

私は話すことに執着が全くないからこそ、脳や心の余裕が生まれて、バンバン言葉になって出てくるだけだ。
話上手な人の表面事象だけ掬って、 「会話上手になれば誰とでもとうまくやれるんだ」と話し方を磨こうとすると、望んだものと逆方向にことは進んでしまう。
「あの人はできるのに、何故自分はダメなんだ、どうしてなんだ・・・・」という焦りと迷いと試行錯誤との繰り返しで、泥沼でもがくことになっていく。
このままではよくない。

無理に会話しようとして失っているものはないか?

人間関係、会話、営業やプレゼンを上達させるまえに、大前提となるものがある。
それは、人をコントロールしてやりたいと憧れるより前に、「自分は何なんだろう、何のために生まれてきたのか」ということ。

うまく喋りたいという気持ちをまず捨てることから、すべてを始める。
コミュニケーションの極意は人間の心。

例えば、芸術家が絵を描いたり、モノを創作したりする。
それを見に来た人は、直感で何か受け取る。心が震える。
なんでか? 
そこに絵が飾ってあるからじゃなくて、絵から感動させる何かが出たから。
上手い下手は関係ない。

絵から、何がなぜ出たのか?
その作者の心の中にエネルギーがあって、それが抑圧がかかって、もう発散しなくちゃやっていられない、絵にしたい! というパワーが芸術作品になる。
もし知恵を使って書いたならば、絵はとてもつまらなく見える。
「俺は描きたいんだ! 表現したいんだ!」このハートが見るものの感覚に訴える。

人は相手の人の感覚を感じたい、知りたいと無意識で思う

人は、会話を知恵や理屈で話す人よりも、感覚で話す人を好む傾向にある。
自信や信念を持っている人の言葉に耳を…

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方


自分に価値があると感じる時初めて人は耳を傾けてくれる

抜本的な意識改革が早期にコミュニケーション能力を永続的に上げる

人の心を知らず知らず動かす秘訣

自分で制限している能力を覚醒させろ

脳覚醒状態でリミッターが外れた自分に感動しよう

自分を押さえつける必要はない、開放した時全てが好転する

会話をして相手に理性を発動させた時点で負け

↓↓↓↓↓

脳覚醒の魔術師 岩波英知(岩波先生)の言葉集を読みたい方

 


会話を捨て去れ 簡単に良好な人間関係構築を築ける秘訣 岩波英知の言葉

人間関係対処法】【話し方・会話術向上】【人間心理の本質メンタル強化方法


奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学(岩波英知の本)

岩波先生著作『奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学』 絶賛発売中


<< このページの上に戻る



コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~16時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら