Dream Art Laboratory


自分を変える


自分を変えるチャンスは今しかない

人は現状に満足できず、変わりたいと心の何処かで考えている。
しかし、変わることのリスク、落ち着かなさ、不安感に比べたら、別にいいか、とも思ってしまう。
そして、ずるずると現状維持のまま、あるいはそれまでの精神的貯金をすり減らしながら、時間が過ぎて一生を終える。

とはいえ、心の何処かでは「あれをしたかった、ああしとけばよかった、なぜしなかったんだ」と思っている。
難しいことを考えない人ならば、それで思い悩むこともないかもしれないし、それはそれで幸せなことだ。
変わる必要がない人ならば、あとで後悔しなければ結構なことだ。
己が変わらなくちゃやっていけない、という差し迫った事情がない事自体、幸せな人生とも言える。

変わらないままの人生

しかし、常に過去と現状に不満を感じ、未来に対しての不安を強く持っている人は、変わらないまま人生を無為に過ごすと、必ず後悔することになる。
私に言われるまでもなく、本人も変わらなければまずい、と一番自覚している。
変わらなければ、このままジリ貧で過ごすことは想像つくからだ。

が、そういう人ほど、変わることに異様に不安を持ってしまう。
どちらが不安かというと、変わることのほうが怖かったりする。
何か現状打破のアクションを起こして、心理的な負担を味わうくらいなら、まだ慣れている(?)現在の停滞感のほうが安心できる。

真綿で首を絞められていくような感覚を持ちながらも、惰性で停滞感を持って生きたほうが、まだ変化する恐怖、面倒くささに比べたらマシだな、と思ってしまう。

これはとても怖いことだ。
悩んでいる方が得だと思ってしまう。
悩んでいて弱点を持っていることを、変わりたくない理由として使ってしまう。

もっといくと、あれほど嫌な悩み自体にプライドを持ってしまう。
プライドは、アクションを起こさず頭のなかでだけグルグルと思いめぐらして行くと、ますます肥大化していってしまう。
そうなると、ますます変化する行動を起こせなくなる。
プライドが邪魔をして、意固地なほど、変化を拒む。

年月が経れば経るほど「変わりたいけれど、今更・・・・」となる。
「変わるって何? 今の自分が変わったらどうなるのか? どう変わればいいのか? どんな自分に変わるべきなのか?」と変化した理想の自分の想像すらつかなくなってしまう。
変化したい気持は持ちながらも、変わった時のリスクのほうがはるかに強く感じられて、それならばそのまま低空飛行でもいいと思ってしまう。

自分が変わる

変わりたいと思っても、もう少し状況が良くなったら始めようなんて思う。
しかし、変わりたい時こそ、すぐさま行動に移さなくてはいけない。
もう少し状況が好転することを待っていたら、一生その時は来ないだろう。

それに、状況を好転させるには、変わるためのアクションを起こすから、可能になるんだ。

結論から言えば、変化は怖いことではない。
変わることはとても楽しいことだ。

自分が変わる、最初は違和感がある。
これは当たり前のことで、変化があるのは違和感を伴うもの。
変わらないままズルズルいく停滞感に比べたら、どんなにすばらしいかわからない。
停滞とは大きく対極にある。

自分が変わって戸惑うならいいけれど、周囲のほうが戸惑うんじゃないか?と思う人もいる。
そうしたら、何のための人生か考えよう。
人のための人生か? 自分のための人生だ。
それに前向きに変化している人を好む人のほうが多い

人は他人の停滞感を嫌う。
自分まで引っ張られてしまうと思うし、そばに居たくないと思う。
もし、前向きな変化を嫌う人がいたとしたら、かなりその人が歪んでいる証拠だ。
そんなちっぽけな人間に振り回されるために生まれてきたのか?
そう考えれば自ずと答えは出るはず。

今までの自分を変え人生を楽しむ

人生を楽しむってことは、変化を楽しむってことだ。
それに変化を楽しめる人は、ずっと変わらない事象に対してすら心がウキウキできる。
停滞感とは違う、変わらないことへの感動を味わえる。

変わらない景色をずっと見て、同じ空気だけを吸っている人は、何を見ても感動できない。
しかし、不安感や焦燥感だけはしっかりと感じる。
だからますます気持がクサクサしていく。

ポジティブに マインドフルネス

変わることはすばらしい。これほど気持が高揚することはない。
変わっていく自分が好きになれる。

とはいえ、何もドラマティックに変われ、と言っているわけじゃない。
身近な例を上げれば、男女が次第に仲良くなって恋人になっていく過程がある。
また仕事が上達していくことも変化だ。
株価が変化しなければ誰も株なんて買わない。
サッカーで得点が入った時が一番盛り上がる。

変化は停滞感、惰性から大きく抜け出させてくれる。
心が動くってことは、変化しているからだ。

しかし、待っているだけではダメだ。
だからこそ、変わることへの認識を改めなくてはいけない。

変わりたいけれど変わりたくない心理

これではまずい! と思って人は何かにチャレンジしようとする。
自分を変え、現在の状況を打破するために、あるいは来るべき苦難に対し、たくましく乗り越えられる自分であるために、時々頑張るけれど、中途半端になってしまう人が多い。

それは、そもそも変わる術が見つからなかったり、有効的な方法ではなかったり、心が追いつかなかったり、変わるリスクならば、まだ悩んでいる「安定」を選んだほうがマシと思うからだ。
他の人よりもはるかに低空飛行であっても、低空で安定して飛んでいる方が、上昇するためのエネルギーや、乱気流に巻き込まれるリスク、墜落するときの衝撃の大きさに比べたら、はるかに心が「落ち着ける」と思ってしまう。

しかし、冷静に考えてみてほしい。
このままズルズルと低空飛行を続け、上空を飛んでいる飛行機を見てため息をついたり、焦ったり、イライラしたり、落ち込む。
地面を見ては、墜落したらどうしようと恐怖と不安に怯える。
それなら、それがずっと続くならば、低空飛行を脱し、自分を変え、現状を打破し、はるか高みに上昇を目指したほうがいいに決まっている。

変わりたいけれど変わりたくない恐怖は誰にだってあるけれど、このまま行ったら不時着する可能性が高いならば、変わることのリスクを選ぼう。
本当のリスクは、変わらないままズルズル高度を下げていくことだ。
それに低空のまま安定飛行するなんてことはない。

なぜか?
安定して生きるための精神状態を持っていないからだ。
上を見ても下を見ても心が落ち着かない。
低空飛行でも上に行ったり下に行ったり、コースをそれたり、乱気流がないのに勝手に自分で乱気流に巻き込まれたかのような操縦をしている。

脳覚醒により自分を変える

当所の技術・ノウハウにしても、未知の世界、変化する恐怖は、誰であっても少なからず不安を覚える。

普通は、人が変化するなんてことはほとんどない。
人を変える仕事に就いている人は、みんな苦労している。
ものすごいエネルギーがいるし、大きな壁にみんな挫折している。

人の心を建設的な方向に変える、脳を変化させることは、ちょっと他の方法では威力不足なんだ。
ありきたりの普通のやり方では不可能といっていい。

当所のプログラムは、それだけ強い効果を威力を持っているわけだけど、それだけに変わりたい気持は強いけれど、変化することへの抵抗感を持つ人がいる。
そういう時は原点に戻って「変わらないままいったらどうなるか」を想像してほしい。

そして、変化は不安でも恐怖でもなく、楽しいこと、心躍ることなんだと念じてほしい。
変わるのはいつか? 今なんだ、変わりたいと思った今しかチャンスはない、と思ってほしい。

※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です

脳覚醒セミナー(東京・大阪)はこちら

岩波英知’s ドリームアートの神経症克服セミナー(東京、大阪)

あがり症克服セミナー(東京、大阪)

心理・脳内プログラム】【人間心理の本質】【心の悩み解決方法


<< このページの上に戻る


コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~17時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら