Dream Art Laboratory


安心の中に不安あり、不安の中にこそ安心がある

親の教育、しつけ、抑圧、自己否定、神経症、悩み

安心の中に不安あり、不安の中にこそ安心がある。


私(岩波)は人によく「いつも元気ですね。パワーがありますね」と言われます。
なぜ同年代よりも元気があるかというと「リスクを背負ってもいいし、何が降ってきてもいい、やってやるぞ」と思っているから。
少なからずそんな風に生きています。

はったりの元気じゃなくて、「何があってもいい、リスクなんかいつでも来い」という覚悟で生きている。
ある意味、人よりも違う方向や違った視点で生きているところがあります。
平穏を何よりも望む人からすると、ズレた考え方かもしれない。
だからこそ悩まない。


だけど、平穏・安心を望むことこそ、危険と不安に襲われる考え方だ。
平穏・安心志向は当たり前の思考だし、望まないほうが本当はいかれてる。どうかしてる。

そこで人生を振り返ってください。
心が不安や緊張に呑まれた時、平穏・安心・普通欲求志向になって、逆にいつまでも悩む原因になっていなかったか?
この誰でもやってしまう当たり前の思考回路が、神経症解決を先延ばししてきた大きな原因です。

違う視野から物事を見てはじめて、その悪循環が断ち切れるけれど、ここでも逆転の発想をしないといけない。
従来とはズレた思考を身につけないと、ずっと同じ思考を繰り返してしまう。
そうなると、今までの苦心に見合った見返りは得られないまま、将来もさらなる悪循環にはまりこみながら、より辛酸を舐めていくことになります。

安心を望みすぎると、ちょっとした受け流せばいい不安の量でも、あってはいけないものだ執着し、受け流せない量にしてしまう。
この状態が不都合極まりないし、生きるのに効率が悪いものだから、常に不安チェックして、「大丈夫かな」とやる。
しかし、不安の水牢で浸かり、余計おびえてしまう。


心を騙し騙し調節しながら「今日もやっていけるかな、平気かな、ダメかな、失敗したかな」ばかりやっていると本当の安心は来ない。
人生がうまくいかないとき、なるべく負担を感じないで生きようとしてしまう。
けれど、そこに悩みを悪化させる罠が潜んでいる。

「うまくいってもいかなくても、計算通りいかなくても関係ない。やるだけだ」で生きると、のちのち安心や平穏がやってきます。
そこに駆け引き、症状チェックはないし、小ずるく頭を働かせて得をしようだとか、きつい思いをどうにかしないように計算する頭がない。
だから難しく考えないで済む。

逆に言えば、常にそれをやってしまうから悩みを強化してしまう。
あまりに煩雑で理屈や知恵をフル回転させてしまうから、コンピュータが処理しきれずおかしくなってしまう。

100%のCPU稼働を何年もやり続けて、何が生まれたか?
それは、 マイナス思考が導き出されただけかもしれない。
システムもそれでダウンしてしまうから、抑うつ状態になってしまう。
神経もぼろぼろになっていく。

楽してうまくやりたいと思う心だと、勝手に「うまくいかなかったらどうしよう」と不安を寄せてしまうだけ。
最初の願いとは逆の変なスパイラルに陥る。


そこで「もういいぞ、うまくいかなくても、それでもやるだけだ!」という精神状態が大事だ。 
これは一種のリスク覚悟の思考だし、行動力やパワー、元気につながる。

そこまでいくと、開き直っているし割り切りもついているから、逆に楽に感じられる。
焦りも感じないし、もっとうまくいい循環になってくれる。
そして、人が当たり前にやってしまう思考からズレた頭、イカれた頭でものごとを捉えないと、ずっと同じ罠にはまってしまう。

ズレた頭、イカれた頭とは、普通やってしまう思考(つらい時こそ平穏志向になる)から方向をずらすという意味。
そして理屈を超えた魂の世界という意味だ。

普通にやっていたんじゃ、いつまで経っても神経症を含む心の悩みは解決できない。
それに同意してくれる人も多いと思います。
「不安の中に安心がある」とはこういった意味です。
または、「リスクの中にだけ本当の平穏が訪れる」とも言える。


例を出して言えば、格闘家が思いきり叩かれて痛いなと怯えていたら、とてもじゃないがリングに上がれない。
「どれだけ殴られても蹴られても、俺は向かっていってやるぞ。相手を叩きのめしてやる!」
そういう気持でいるからいい試合ができる。

その時は頭もかなりいっちゃっていて、「3ラウンド以内に奴をKOしてやる」とプラス暗示をかけて望めば怖がらず試合できる。
普段の実力も発揮できる。

「やられたらどうしよう、恥をかいたらどうしよう…」と思っていたら、恐怖が増幅するだけ。

ある分野を追求している人でも同じ。
芸術家、科学者、研究者、オリンピックでメダルを取る人、成果を出す人はみな人とはズレた、イカれた頭を持っている。
いっちゃっている。

批判されても気にしないで走っちゃうから、雑音が入っても集中している。
そして人が及びもつかないような成果を上げてしまう。
普通は雑音が入り込んだだけで状況判断して、「これをやっていていいかな、どうかな、やばいかな」と思ってしまう。


悩んできた人が、悩んできた以上のものをこれから挽回するには、そういう「イカレ」「狂」をいかに前向きに走るかで使うべきだ。
ドラえもんなんかいないんだから、失った過去は決して取り戻せない。これから積み上げるしかない。
人と同じことばかりやっていたら潤いのある未来はない。

だから心の悩みに一度罠にはまると抜け出せないのは、みんな同じ対策しか取れていないからだ。
同じ思考だと停滞し続けることにもなる。

あとは何に向かって走るかだ。
高い目標設定も必要になってくる。
それを必ずやり遂げるというプラス暗示も、目標にたどりつくための逆算から導いたシミュレーションも

目標が見いだせない人も多い。
そういう人はとにかく何かをガムシャラに取り組んでみる。
目標が見つからないことを言い訳にして停滞していたんじゃ、せっかくの人生がもったいない。

不安を消すためを目標にしていたのでは、一生不安や恐怖にうなされる。
不安ばかり執着して向かい合っていたら、もっと不安に攻撃されるから、焦りだす。
焦ってテンパった頭では、どんなことも不可能になる。
この流れに恐怖心を持って欲しい。
一生楽か不安だけか、貴方は今その瀬戸際に立っている。


安心は不安を引き寄せ、不安・リスクこそ、真の安心・平穏を吸い寄せる。


※ この言葉・講演集の内容に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です

岩波英知’s ドリームアートの神経症克服セミナー(東京、大阪)

脳覚醒セミナー(東京・大阪)はこちら

心の悩み解決方法】【人間心理の本質】【恐怖・不安・焦り脱出法】【自己啓発を成功させる方法


奇跡の脳覚醒 本

岩波先生著作『奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学』 絶賛発売中


<< このページの上に戻る



コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~17時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら