Dream Art Laboratory


発想の方向性をずらせ

発想の横行性と位置をずらせ 発想の転換の必要性 岩波英知の言葉集

ダメな思考回路

ダメだと思ってしまう思考回路がある。
決してダメだと思わないことだ。

まだまだ人生これからなのに、人生終わったと思うこと自体、運を逃している。
60歳でも70歳でも関係ない。

俺はダメだと思うのは、その人が作り出す思考に過ぎない。
実際ダメじゃない。ダメなことは何にもない。
決めているのは自分だけだ。

ダメだと思ったら、可能なことでもダメになる。
ダメだと思わなければ、不可能なことでも可能になる。
たったそれだけでガラッと人生が変わる。

人生は考え方一つでバラ色にも灰色にもなる。

ダメだと思うには、自分なりに理由があるからだろう。
その思わざるをえないルーツをたどってきたからだ。

しかし、ダメなことばっかり経験している人でも、それにめげず前向きに生きている層がある。
伝記や自伝を読めばいくらでも書かれてある。
ダメだったとしても、本人だけはそうは思っていない。
だからチャンスをものにしている。

ダメなのは、誰だって同じ条件だ。
そりゃあ、落ち込んだりもしただろうし、ギリギリまで追いつめられただろう。
それでも乗り越えられたのは、苦しい時の発想と思考の方向性がただ違うだけだ。

自己否定

たとえば、悩み疲れて家に引きこもっていても、ちょっと家にこもっていただけの話。
騒ぐ事じゃないんだけど、学校休んだとか、みんな職場に行っているとか比べてしまう。

他の人は順調なのに、自分は今これ(ひきこもり、ニート、フリーター、休職)だよな、ハンデがあるなと比較してしまう。
他者を比較すると落ち込むだけだし、自己否定につながる。
そんなものはどうでもいい、くそくらえの話だ。

どこまでいっても人は人だ。
学校を出なかったからといって、将来は会社の社長になるかもしれない。
医者志望が挫折したとしても、病院つくって理事長になって、優秀な医者をたくさん雇えば良い話。
今フリーターでも、時間と自由があったら、正社員や公務員には出来ない発想をすることも出来る。

人と違うことはそれだけで大きな武器だ。
いちいち比較して落ち込んでいたら、残りの人生をずっと憂鬱ですごさなくてはいけない。
まして比較対象なんて、この地球上に70億人分あるし、いずれは90億人に増える。
そんな不毛な比較をしつづけてダメージを食らうならば、大きく発想を飛躍して歩みをとめないで欲しい。

悩みを引きずる人

人と違うズレた発想が大きな価値を生み出すし、生み出すにはズレたイカレた発想がないと無理。
普通に危機もなければ、ただ時間だけが過ぎていく。
これこそ虚しい人生だ。

せっかく危機と隣り合わせの人生になったなら、呑まれるだけじゃなく、発想の方向性をずらすチャンスだ。
道から外れたこと(別に何でもないことだ)で焦って、普通になろうと思うと生きがいを無くす。
飛躍するチャンスをみすみす逃してしまう。

悩みを引きずり続ける人は、「あの時に勉強したのに何で落ちたんだろう」「何であの時フラれたんだろう」と、おじいちゃん、おばあちゃんになるまで後悔しかねない。

発想や思考を都合よくすり替えられればいい。
ものごとを見る角度を変えれば何でも出来る。

危機がチャンスになる。
ピンチほど人間の脳みそは動く。それも異常に。

しかし呑まれて思考停止するのは、考え方がまずい、それだけの話だ。
自分はダメだと自分を追い込むことは絶対に無い。
悪い方に考えれば、いくらでも考えてしまう。

悪い状況なりに視点を変えれば、可能性は無限に広がる。

女の子(男の子)に振られたら人生終わりだと言う。
何年もクヨクヨ引きずる人がいる。

一方で、すぐ次の素敵な人を探す奴がいる。
本当はそれで終わる話。
好きな人に振られても、主動的に「次は私は100人の中の1人選んでやるぞ」という気持だとすぐ割り切れる。
悩みも停滞もないし、次のいいことが掴める。

「次はどんな人と出会えるかな」と楽しみが増える。
そうなったら、失恋の心の傷なんて感じないで、別れた事自体楽しみに変わる。
「いいきっかけだ、俺は自由だ! もっと羽ばたいてやるぞ!」と別れたことのショックはあっても、すぐに新しい刺激と冒険にワクワクできる。

落ち込むと何をやっても疲れる。
疲れないようにすることでも疲れる。

どうせなら主動的なロマンが必要。
ロマンはその場で鬱屈せず、次から次へと行動してこそロマンだ。
人生はこれからだ。
思考の方向性で天国にも地獄にもなる。

せっかく生まれてきたのだから、生き地獄で苦しむのはもったいない。
生きていてよかったという思いは、今からでもできる、遅いことなんて無い。
それに、そうならなければ、今まで何のために悩んで耐え続けてきたのかわからない。。

たった一つの思考の転換で、地獄でも天国への階段が見つけられる。
そうしたら、必ず素晴らしい人生が待っている。
貴方ならそうなれるし、約束します。

※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です

岩波英知’s ドリームアートの神経症克服セミナー(東京、大阪)


ずれていかれて走れ。発想の逆転の必要性 岩波英知先生の言葉・講演集

心の悩み解決方法】【自己啓発を成功させる方法】【脳覚醒方法】【メンタル強化方法


奇跡の脳覚醒 本

岩波先生著作『奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学』 絶賛発売中


<< このページの上に戻る



コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~17時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら