Dream Art Laboratory


自己防衛本能と悩み

防衛本能の壁  心の悩み解決方法 神経症、あがり症との関係

ほとんどの悩みは『自己防衛本能』とリンクしている。

「人になんかされたくないな、嫌がらせされたくない」が強いと疲労困憊になる。
強迫観念も自分の身を守ることと関係がある。

防衛本能が強すぎると、気を許せないし、ストレスだけが溜まる。
その心が相手にも伝播して、お互いぎこちなくなる。
なかなか人とうまくいかないのは、そういうところが大きい。
余計人に気を許せないから、防衛本能が肥大化する。

エンドレスで防衛本能を強化しながら生き続けるとなると、毎日が疲れる人生になっていく。


いつも戦闘態勢全快だから、リラックスもできないし、体も硬くなる。
常に緊張状態だから、体にしわ寄せがくるし、自分を防衛するどころの騒ぎじゃなくなる。

しかも、自分自身のことだけに、強烈な本能的情動が働くから、いくら自分に言い聞かせても説得できない。
そして、底なし沼にはまっていく。
自分を守ろうとする精一杯の努力が、すべて空振りに終わっている。
それどころか空を切ったバットに思い切り頭をぶつけているようなものだ。


では、たくましく生きている人とはどこが違うのか?
防衛本能で言うと、たくましく生き抜く人は受け身になっていない。
「何があってもいい、あったからってそれがどうした」と思っている。
そういう人は土壇場で強い。

つまり「どうでもいい、勝手にすれば!?」と思えたら、悩みはなくなっていく。
しかし、その割り切りが簡単にできたら誰も悩むことはない。

だから、潜在意識の部分から過度の防衛本能を外していくことが、楽になるために必要になります。
一人の世界で解決しようとすると、また今までの対処法と同じことをやってしまいかねない。
防衛本能は、その名の通り本能なのだから、いくら理性で言い聞かせても説得できないからだ。
取り組もうとするほどに、焦燥感と迷いの脳になり、疲労していくだけだ。


なぜ過度の防衛本能がまずいかというと、悩み克服以外でも大いに関係がある。
人生は、極論すれば覚悟がある人間が勝ち抜けるようになっている。
人から一番大きく評価されるポイントが、そこだ。
リスクがあってもいいという覚悟こそが、不可能を可能にし、成功できる。

自分を守ろうと必死な人ほど、冒険が出来ない。覚悟がもてない。リスクを避けてしまう。
だからといって、リスクは生きている以上、どこからでも降りかかってくる。
その気持でいたら、リスクに呑まれて身動きが取れなくなる。


防衛本能は動物である以上、本質的には無くならないもの。あって当たり前の話。

ただし必要以上に「恥をかいたら人生終わりだ」とまで思うから、逆に失敗してしまう。
悪い想像を働かせて、恥をかいたらこんな結末になる、自分を守らなくちゃいけないと思ってしまう。
だから身構える。気を張って様子をうかがう。
「今日は危険じゃないかな、どうかな」と怯えてしまう。

それを繰り返していると、悪循環の泥沼にはまるだけ。未来なんかない。
もっと動きが悪くなって、もっと恥をかく下地をつくる。
一つも建設的な結果を生み出せない。

永遠と10年後、30年後も同じコピーの連続をすることに気づかないと恐ろしいことになる。
逆に言えば、今気づけば、何にも手遅れなことはない。


自己防衛本能と悩みを破るための答えは、自分自身の今までの、そして現在の思考や認知に隠されている。
自分の気張った人生で得られた答え(悩み苦しみ)を心からわかること。
気を抜いた方が楽なんだということを教わることも重要。

恥をかかないための精一杯の努力のおかげで、うんと怪我をしないかというと、実は大けがをしてしまった経験を持つ人は多い。
「そうか、そっち(後者)のほうが恥もかかないですむし、楽なんだ」と頭ではなく、心で思えるといい。
できれば、信念としてつかめると最高だ。
ただの理屈や知識じゃダメだ。

自分の人生とリンクさせて、いかにまずかったのか、効率が悪かったのか心が震えるくらいに認知する方が早い。
感情を伴わせてはじめて、知識も信念に進化する。
もちろん、信念として心に植えつけるサポートを強烈に進めていきます。


頭の奥深くで、今までの思考が良くなかったことを気づかせる。
ルーツ整理をして、脳に入れ込んでいき、納得していくと、いい結果につながる。

「これでは恥をかいたら終わりだ、死ぬしかない」と思う時は、恥をかけない。
理性と防衛本能が勝ってしまうし、肥大化し、毒になる。

まずは、ちょっとずつ「騙し」ながら脳を説得しなくちゃいけない。
理性の部分で説得しても潜在意識や心では納得できない。
ならば、まともな頭じゃない時に説得すると入りやすくなる。
まともな頭じゃない時というのは、理性が外れている時。
そして感情が伴っている時だ。

頭がとても深い変性意識状態になっている時に、はじめて説得が効く。
自分に自分でも説得できるようになる。
それ以外では、残念だけど、表面だけなぞるだけに終始し、意味がない。


※こちらのケースに当てはまる方は、これらのプログラムが最適です

岩波英知’s ドリームアートの神経症克服セミナー(東京、大阪)

あがり症克服セミナー(東京、大阪)

潜在意識・無意識・本能】【心の悩み解決法】【精神分析


奇跡の脳覚醒 本

岩波先生著作『奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学』 絶賛発売中


<< このページの上に戻る



コース形式・料金システム

岩波英知脳覚醒プログラム 料金システム

[ベーシックコース]
通い形式集団コース(10回)
400,000円

※現金一括払いのみとなっています。


予約は、柔軟に決めることができますので、ご自分のペースで通ってきて下さい。

プログラムの時間

脳覚醒セミナー(東京・大阪)、覚醒瞑想プログラム

東京・大阪の事務所を岩波先生は行き来しています。 東京滞在時、大阪滞在時の正午から夜まで行っています。

※火曜日・金曜日は岩波先生は出張等のため事務所にいません。

予約をするには

岩波英知脳覚醒
プログラム予約方法

まずは メール ・及び電話(※) をしてください。
メールでは、目的や悩みの症状、お名前、お住まいの場所を書いて下さい。
その後の流れについて、悩みについて、予約の日時について、電話コンタクトをとられた際に、先生の指示に従ってください。
※東京の事務所と大阪事務所への電話は岩波先生の多忙と出張のため、通じないことが多く、 メールフォームからが確実 です。


電話は「非通知設定」では通じません。
いきなりのご来訪も固くお断りしています。
日本海外問わず遠方の方でも、電話カウンセリングのみのプログラムは行っておりません。
よろしくお願いいたします。

連絡先

連絡可能時間は
11時30分~17時(火曜・金曜以外)
※時間が遅くずれても通じる時もありますので電話されても大丈夫です
ですが、なるべく早い時間にコンタクトをお取りください
岩波先生は西新宿事務所と大阪事務所を行き来しています
東京(大阪)滞在の場合、大阪事務所(西新宿事務所)は不在となります

東京西新宿事務所(西新宿)

03-6416-0611

東京都新宿区西新宿 3-5-3-216


大阪事務所(森ノ宮)

06-6973-6100

大阪市東成区中道3-3-7-207


携帯はこちら↓(お気軽にお問い合わせ下さい。岩波先生の携帯ではありません)

080-3382-0774

脳覚醒
プログラムへのメール申し込み

メールフォームから送れない方はこちら