岩波英知 DAL Dream Art Laboratory
岩波英知DALへの予約・問い合わせはこちら
 
Return to DAL Dream Art Laboratory HP 岩波英知先生の言葉・講演集 岩波英知先生のプロフィール DAL ドリームアート研究所概要 各種心理脳内プログラムへよくある質問 岩波先生のセミナー/プログラムメール予約はこちら
岩波先生の脳覚醒技術心理脳内プログラムメニュー
脳覚醒プログラム
神経症克服プログラム
あがり症克服プログラム
親子関係悩み不安解決プログラム
メンタル強化プログラム
会話の格闘術
スポーツメンタルトレーニングプログラム
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
東京西新宿連絡事務所
東京西新宿事務所電話番号03-6416-0611
東京都新宿区西新宿 3-5-3-216
大阪事務所電話番号06-6973-6100
大阪市東成区中道3-3-7-207
親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉
脳覚醒へ 成功哲学、自己啓発方法、神経症あがり症克服 自己啓発、神経症克服、無意識、潜在意識、瞑想言葉集 トップへ
自信がない理由 自信をつける方法 自信獲得の最短距離

自信を得られない理由 人生喪失の恐れ

自信、これがあれば何でもできる一方、なければ生きていて辛いことばかりになる。
この誰もがノドから手が出るほど欲しい自信というやつは、どうやったら手に入れられるのか。

自信の無さほど、人生の損失はない。
自信がある人生ほど、宝物はない。
お金なんて比較にならないほど、自信は重要だ。

みんな自信を獲得しようと今まで様々なことに血の滲む努力をしてきたと思います。
自己啓発をしたり、体を鍛えたり、格闘技をやったり、懸命に勉強して一流大学に入ったり、資格を取ったり、誰もがうらやむ専門職や役職に就いている人も多い。
それでも自分に自信がもてなくなり、挽回できなくなる人が多い。

その理由の一つに、怪我をした時に立ち止まってしまい、考えている時間が長く不安を引き寄せてしまったことがあるかもしれない。
人間は自信獲得よりも、圧倒的に自信喪失の方がスピードが速い。

根っこの部分から自分を変えていかないと、自信を失うきっかけなんて山ほどこれからも襲いかかってくる。
動きを止めて考えることで対処しようとしたら、一生自信は持てないし結果も出せない。

自信は、どうして起きるのか?
自信はノーベル賞級に考えたって決して生まれない。
知恵や頭脳で構築できるものじゃなく、潜在意識の奥底から発したものが本当の自信だ。
建設的感情と密接にリンクしているものだ。

頭でつくって「自信を持とう、俺は自信があるぞ」と無理に思ったって、結局「出来ないダメだ」となるのがオチだ。
感情が納得してくれるわけがない。
逆に、自信の無さ、つまり不安や恐怖だけを意識して、もっと息苦しくなるハメになる。

今度こそ自信持ってやるぞと念じたとしても、自分の心までは絶対に説得できない。
ただでさえ心の底には不安が渦巻いているからだ。

知恵は感情に決して勝てない。
自分の心を騙すことは、どれだけ大変なことか思い知ることになる。
いや気づかないまま行ってしまう人の方が多いかもしれない。

怖いのは頭で考えて解決できるという願望を持ってしまうことだ。
今度こそ、今度こそとやっていても、今度は決してこない。
そして失った時間に愕然とする人も多い。

自信を得ようとしても自信が得られないまま時が過ぎると、「何をやっても私はダメだ、変われるわけがない」という『自信のないことへの自信』が生まれてしまう。
それって悲劇だ。

自信が生む一番の方法は、実際に行動し、行動した結果と経験が自信に転換させることに尽きる。
これは容易に潜在意識へと定着してくれる。

実態があるから不信や不安を簡単にぬぐい去ってくれる。
自分も信じられる。
「俺はやったぞ、できたんだ!」という気持は感情・本能レベルだからこそ、自分への不信に打ち勝つことができる。

つまり考えているだけじゃ何にも生まれない、時間だけが過ぎていくだけだ。
考えれば考えるほど悩みを引き寄せ、気持を萎えさせ、自信喪失になる。
これじゃ不安や自己不信を克服するなんて夢物語だ。

このまま将来を悲観し絶望したくないのならば、やることは決まっている。

わかりやすいように男女の例を出してみよう。
自信がない人が、想い人に振られてしまった。
この人に振られちゃったら、「俺はやっぱり嫌われているんだ、ダメだ……」と思うかもしれない。

自信がある人間、自信を獲得できるタイプの人間は、そこで終わる。
ダメだったけれど「ダメだ……」はない。
また次に行動する。
この人はダメだったが、次の人を目標にするぞ、絶対自分のものにしてやろうと行動する。
そうしていると落ち込む枠が心から無くなる。
あるいは少なくなってくる。

悩みやすい人はそこで行動が止まってしまう。
閉塞思考だけの世界におちこむ。
後悔と自責の念という結果が出ない世界で、一生考える羽目になる。

とうに過ぎたことでも「ああしていればよかった」とクヨクヨ考えてしまう。
これを十年二十年と繰り返していると当然心も病む。
だから、立ち止まらず、次々行動することが自信を得る一番の近道だ。

そんなことは頭ではわかっているかもしれない。
しかしできないのは、何かが欠けているからだ

悩んでいると、また傷つくことが恐怖になり、行動ができなくなる。
この気持はよくわかるし、今度振られたら終わりだとなるから行動の矛先が鈍る。

しかしここが運命の別れ道だ。
自信を持てるか、一生自信という亡霊を捜してさまよい歩くかの。

この岐路でいかに自分の潜在意識にプラスの暗示や覚悟の暗示を強烈に入れ込むことが大事だ。
「振られたから何なんだ、もっといい人を見つけてやるぞ」というモチベーションが高まれば自信を獲得できる人間になれる。
重要なのは、モチベーションも考えて生まれるものではないということ。
感情や本能、潜在意識のレベルからわき上がるようにしないといけないから、そこは任せて欲しい。

行動を止めず、次の目標にすぐ移行した時、どんなことが起きるのか。
今度のチャレンジは、うまくいくかもしれないし、また失敗するかもしれない。
リスクがつていまわる。

だが、どちらに転ぼうが、実は大きな前進ができているんだ。
失敗したにも関わらず行動した自分、失敗するかもしれないことを覚悟の上で冒険できた自分が好きになる、たいした奴だと認めることができる。

また前ダメだった経験から、自分の仕掛け方が悪かったのかなと客観的に見られる。

例えば、自分は無職だったからダメだったんだ、もっと仕事をやろう、とか、押しが弱かったとか、割り切りが足りない性格だったとか分析できる。

そうしたら女なんかどうでもいい、俺は仕事をするんだという新しいモチベーションが湧いてくるかもしれない。
目の前の仕事を頑張って、自分自身に価値を認めることができたら、改めてアプローチしようとか。
これはこれで考えているばかりじゃ生まれない大きな財産になる。

割り切りがない自分が、いかに減点だったかはっきり気づく機会を持てたことで、さらに成長する目的がはっきりするかもしれない。
もっと自分は自己主張した方がいいと自覚できるかもしれない。
主体的に行動できなかった時の恐怖を逆に頑張りに変えられる。

結果がどうであれ失敗しようがうまくいこうが、行動できるからこそ自信が出る。
チャレンジして女の子を誘って失敗したとしても、「うわーふられちゃったけど、得るものもあったな。俺も女性に話しかけられることができる」「勇気があるんだ」という一つのデーターが心にインプットされる。
それが自信なんだ。

チャレンジが二回目だったらもっと自信になる
普通だったら失敗した後なんか、声なんかもうかけられないのにそれでも俺は声をかけることができたと。
めげない俺ってかわいいな、すごいなと前向きに栄養を拾える。

うまくいったら、それこそ大きな自信だ。
かといって、失敗しても捉え方一つでこれだけ得るものがある。
そうすると「私はダメだ」という考えはどんどんなくなってくる。
すべて覚悟を持って行動したところから生まれてくる。

悩むと行動できない、してもどうせ失敗するという先入観を持っちゃっている。
当たり前の思考だし、誰もが陥る罠だけど、貴方だけはそこから脱しなくてはもったいない。

何のために生まれてきて、これから先もずっと生きなければいけないのか?
一生劣等感や閉塞感を感じて生きていくために、一度きりの人生を送っているのか?

例が悪かったかもしれないけど、異性へのアプローチ一つとっても、行動と冒険には必ずリスクがついて回る。
リスクを背負ってもいいぞという覚悟と持たないと、飛び出しができない。

だから、暗示を潜在意識に定着させることは非常に重要なことだ。
プラス暗示はパワーを与えてくれる、覚悟を持たせてくれる、結果的に自信や生き甲斐も拾えるんだ。

二度と繰り返しがきかない人生だからこそ、とことん勝負して欲しい。
失うものなんてない。
それが当所の技術が存在する価値だと思うし、それだけのものがあると自負している。

今一度、生きている意味を自分に問いかけて欲しい。
怪我して行動を止め、「もう二度と怪我をしたくない、徹底的に避けてやる」と思うと、同じ悪循環を繰り返し、落ちていく人生になる。

いつも不安を拾い、劣等感にさいなまれ、ストレスだけがたまり、悔しい思いだけが募る。
イライラしたり落ち込んだり、マイナスの感情に振り回されつつ、そんな境遇に焦りどうにかしようもがく。
しかし、知恵でこねくり回すことしかできないから、解決できないまま悶々とし、ますます悩み、焦慮に取り憑かれ、コンピュータまで狂ってしまう。

自分だけそんな悔しい思いをしなくてはいけないのか?
いや、自分がいい思いをするために生きているはずだ。
そうじゃなくちゃ、生まれてきた意味なんて感じられないはずだ。

当所の心理・脳内の奥底に強力に働きかけるプログラムで「それでも行動するぞ!」という覚悟と、どんなに潰れても行動する習慣が付いてしまうと、今度は自信が急速につきやすい。
必ず自分がかわいく思える。

ぜひ「生きていてよかったな、俺でもやれるんだ、これからも俺はやってやるぞ」という気概を持ってくれるのが何よりも嬉しく思います。

※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です (同一コースで、同時に受けられます)

岩波英知’s ドリームアートの神経症克服プログラム

あがり症克服プログラム

DAL ドリームアート・ラボラトリー ページ・トップへ
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) 03-6416-0611
DAL大阪事務所(Dream Art Laboratory) 06-6973-6100
プライバシー保護について
Dream Art Laboraotry (DAL) TOP PAGE
当所はいかなる団体・宗教とも関係しません。当サイトにある記事、画像の無断転用を禁止します。 岩波英知書「奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学」 岩波先生の言葉・講演集 e-mail でのお問合せ
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) TEL:03-6416-0611  大阪事務所 TEL:06-6973-6100
COPYRIGHT(c) 2014 DREAM ART LABOLATORY ALL RIGHTS RESDRVED.