岩波英知's ドリームアート(東京、大阪)
岩波英知DALへの予約・問い合わせはこちら
 
Return to DAL Dream Art Laboratory HP 岩波英知先生の言葉・講演集 岩波英知のプロフィール、経歴 DAL ドリームアート(東京・大阪)概要 セミナー(東京・大阪)へよくある質問 岩波先生のセミナー/プログラムメール予約はこちら
岩波英知の各セミナーメニュー 東京、大阪で開催
脳覚醒セミナー(東京・大阪)
神経症克服セミナー(東京、大阪)
あがり症克服セミナー(東京、大阪)
不登校克服親子関係支援セミナー
メンタル強化セミナー
コミュニケーションセミナー(大阪、東京)
スポーツメンタルトレーニングプログラム
Dream Art(大阪・東京) 予約メール
東京西新宿連絡事務所
東京西新宿事務所電話番号03-6416-0611
東京都新宿区西新宿 3-5-3-216
大阪事務所電話番号06-6973-6100
大阪市東成区中道3-3-7-207
親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉
岩波英知の言葉集 成功セミナー、自己啓発、経営セミナー、神経症克服、あがり症克服、瞑想セミナー 成功哲学、神経症あがり症克服、潜在意識、瞑想セミナー言葉集トップ
どの生き方が真のリスクか? 神経症を克服するためにやってはいけないこと、この思考なら劇的に解決できる

どの生き方が真のリスクか?

神経症などの心の悩みがちょっと良くなってから、いい方向に行きたいと思っていると、かなり効率の悪い生き方になる。

悩んでしまった人は、「ちょっと良くなってから、あれをしよう、これをしよう」と思ってしまう。
「普通になったら何でもできるのに・・・・」「これさえなければあれをできるのに・・・・」と。
そうなると冒険もしないし、リスクをとろうとしない。
いかに怪我しないでよくなってやろうか、楽してうまくやってやろうかに意識が偏重する。

そして何にも変化がないまま、時間が過ぎ去っていく。
それが一番のリスクになっているのだが…。

平穏から一度ズレてしまったら、もう普通とは別方向に進んだ方が、劇的に悩みに効果が出る。
「普通になりたい!」「昔はよかったのに……」「これじゃ挽回できない」「時間を潰してきてしまった」と思うよりも、どうせ普通からズレてしまったなら、「私はこっちで行くんだ、そのまま行ってやる!」「この道でいいんだ!」と思う。
普通になろう、前に戻ろうなんて思わない。

仮に普通に戻っても、時間を悩みで潰してきた以上、完璧に取り戻すことは難しいし、一生そんなことをやっていたんじゃ、悩んできた分だけ損をする。
よしんば普通になったとしても、やっぱり時間が経過しているから、普通じゃない自分やその状況に気づく。

いつまで経っても望む答えなんか出ない。
普通になりたいという思考ほど、耐えきれないリスクを選んでしまっている。
神経症は、そういう思考だけじゃ解決は難しい。

たしかに悩みが少なくなって、普通に近づき、ホッとするのも必要。
それまでがそれまでだった人にとって、心の枠を広げることは大切だ。

これまで常に不安や恐怖と闘っていた、その心の負荷や労力は想像に絶する。
今まで大変だったし、よくやったねと言いたい。

普通になろうとする気持ちはわかる。
溺れている人にとって、藁でも必要。
それが浮き輪だったら言うことはない。
必死な時は、普通に戻ろうとすることは重大使命だ。

しかし、安堵感はあっても、喜びがあるかというとない。
所詮は、海の上に浮き輪にしがみついているわけだから。
いつ鮫が襲ってくるかもしれない。
浮き輪に穴が空くかもしれない。

普通ばっかり考えると、そういう不安まで勝手に想像でつくって、心が落ち着けなくなる。
人生は長いのだから、海の上に浮いていたって、また悩みが襲ってくる。
だから、普通を目指しても、効果は永続的ではないし、効果もできにくい。

そこは安住の地ではない。
安住の地に、安寧も安心も安逸もない。
それは悩む人の幻想に過ぎない。
安住を求めないところに真の安住がある。

精神の安定は、矛盾なんだけど、安定を求めてしまうにつれて、もろく壊れやすくなる。
自らリスクを選択する人ほど、精神的安定がやってくるし、さらに充実したエネルギーを感じることが出来る。
そういう逆転の発想が身につかないと、神経症の矛盾の罠から抜け出すことはかなわないだろう。

苦しい思いをしてきたから、普通になりたいと思うのは当然だし、当たり前の思考だ。
だから、大義名分を自分の中でつくり、自分を言い聞かせる、ある意味騙す。
「普通になる、なれない」の低次元の闘争すると、何にも生産性がないし、下手をすると悩みが悪化していき、一生低空飛行を余儀なくされる。

人よりも一週遅れて普通になれた自分を許せるかというと、なかなか許せない。
プライドも見栄もある。
鬱憤が溜まる。
悩んで犠牲にしてきたことを取り戻せないから、また悩む。
こうして、また同じことを繰り返しかねない。

精神的に健康かといったら、普通になれたとしても、それこそ抑圧の元になりかねない。
「わたしは普通でいいんだ、普通で満足だ」と本当に割り切ることが出来たら、それはそれでいいし、無駄な葛藤もなくなる。
だけど、そんな割り切りができていたら、最初から悩んでいない。

一度の人生、せっかく悩みや神経症でズレてしまったのなら、とことんそのまま行けば、そんな自分が好きになる。
それでも通してしまう自分を嫌いになるはずがない。
今までとは何か違う感じがするし、主体的な意志の選択だ。

症状への対策と状況チェックと同じ思考をコピーし続けて、ズルズル精神的地滑りを起こしていたそれまでと比べたら、見える景色まで必ず違ってくる。
自己肯定感も自信もそこから生まれる。

同じ地滑りの中で、「自信を持とう! 平気だ、やれるんだ!」といくら願っても、決して肯定感も自信も安心も生まれはしない。
なぜならリスクを選べない人間には、自信も安心もやってこないから。

「ズレていくぞ!」という覚悟自体、リスク選択だ。
だからこそ、お金を出しても買えない「人生」を取り戻せる。

思っている以上に、悩みの環境や空気の威力はすさまじい。
常にそこに身を置いていたら、脱出は困難だ。
花粉症の人が強烈な花粉の中で、症状が消えればいいのにと願うくらい難しい。

空気・環境を変えることが一個、主体的にやっていくことも一個、普通になれないなら、いっそそのままずれた方向で走り続ける決心も一個。
すべてにリスクがついて回るが、一番のリスクはずっと悩み続けることだ。
それに比べたら、リスクはリスクではなくなる。

そのためには、まずは気づかないといけないし、気づくには自分の人生を振り返ってみて、「ああ、こうなって当たり前だよな。たしかにそうだよな」と思えると早い。
まずは頭で気づいた上で、それが信念になるくらい徹底して、プラス暗示が入る状態で自分に言い聞かせていく。
頭で納得してからやったほうが、プラス暗示はすごく浸透するし、そのために言っていることが役に立つことが出来たら嬉しく思います。

そして、理性の世界を突き抜けて、信念としてハートから植えつけていきます。
リスク選択や勇気は知恵の世界では決して得られない。
理性を突き抜けた感情の世界でのみ可能だし、感情の世界の構築が私の技術でどこよりもできる自信を持ってます。

リスクへの覚悟は、悩みの段階、飛躍の段階で必ずついて回る。
生きること自体がリスクといえるが、対処しきれないリスクにさらされるよりも、主体的にリスク選択をした方が、絶対に生産的だ。
リスクを選択することは感情が沸き立つほど楽しいんだ。

※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です

岩波英知’s ドリームアートの神経症克服セミナー(東京、大阪)

うつ病克服法】【心の悩み解決方法】【自己啓発を成功させる方法 メンタル強化方法

ドリームアート(東京・大阪)トップへ
Dream Art(大阪・東京) 予約メール
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) 03-6416-0611
DAL大阪事務所(Dream Art Laboratory) 06-6973-6100
岩波英知ドリームアート(東京/大坂)のプライバシー保護
Dream Art Laboraotry (DAL) TOP PAGE
当所はいかなる団体・宗教とも関係しません。当サイトにある記事、画像の無断転用を禁止します。 岩波英知書「奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学」 岩波先生の言葉・講演集 e-mail でのお問合せ
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) TEL:03-6416-0611  大阪事務所 TEL:06-6973-6100
COPYRIGHT(c) 2014 DREAM ART LABOLATORY ALL RIGHTS RESDRVED.