岩波英知 DAL Dream Art Laboratory
岩波英知DALへの予約・問い合わせはこちら
 
Return to DAL Dream Art Laboratory HP 岩波英知先生の言葉・講演集 岩波英知先生のプロフィール DAL ドリームアート研究所概要 各種心理脳内プログラムへよくある質問 岩波先生のセミナー/プログラムメール予約はこちら
岩波先生の脳覚醒技術心理脳内プログラムメニュー
脳覚醒プログラム
神経症克服プログラム
あがり症克服プログラム
親子関係悩み不安解決プログラム
メンタル強化プログラム
会話の格闘術
スポーツメンタルトレーニングプログラム
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
・料金システム
[ベーシックコース]
一般向け 通い1コース(10回)
400,000円
※現金一括払いのみとなっています。
集団形式で開催。
※一般向けコースは個人では行っていません。集団のみ受け付けています。
東京の西新宿、大阪の森ノ宮の事務所まで通ってきて下さい
東京西新宿連絡事務所
東京西新宿事務所電話番号03-6416-0611
東京都新宿区西新宿 3-5-3-216
大阪事務所電話番号06-6973-6100
大阪市東成区中道3-3-7-207
奇跡の脳覚醒 本
親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉
脳覚醒へ 成功哲学、自己啓発方法、神経症あがり症克服 自己啓発、神経症克服、無意識、潜在意識、瞑想言葉集 トップへ
洗脳の恐怖 脳の破壊、自我の崩壊

 洗脳の恐怖 脳力は使えてこそ

『脳を変える、心を変える』というとき、必ずついて回るのが、洗脳だ。

洗脳は怖いもの、誰もが感じることだけど、では、なぜ洗脳はまずいのか?
洗脳では決して建設的な脳に変えることはできない、その理由は何か?
洗脳された人間が、実社会で、脳力を発揮できないのはなぜか?
脳がいい方向に変わるとしたら、それはすでに洗脳ではない、その理由は?

そんな洗脳と脳についての話です。

洗脳は英語でbrain-washというけれど、超劇薬の洗剤で洗った洗濯物が、ズタボロになって着られなくなるように、洗脳で作りこまれた不自然な脳は、社会的に全く使いものにならなくなってしまいます。
もし使えるとしたら、洗脳を行う組織にとって、都合良いロボットとしての価値一点でしかなくなる。
組織に対し、うるさかったり敵対していた人間を自分たちのイデオロギーに染まらせたり、一般人を従順なアンドロイドにしたり、あるいは、ひたすらお布施を貢がせるために、洗脳のテクニックを使う。
歴史上、共産主義者が、反体制派や共産主義に染まらない人間に対して、洗脳を行なっていたのは有名な話だ。
ナチスドイツのヒトラーもゲッベルスも、その手法を徹底研究し、ナチスのために洗脳技術を使っている。
さらには、それを研究して戦後の独裁者たちが洗脳を国民に対して使う。

現在でも、カルト教団が妄信的な信者を作るために利用しているわけだけど、反社会的な存在となった教団が、テロ行為や集団自殺、あるいは集団リンチ、社会との軋轢摩擦を起こす例など、世界中どこでも洗脳による事件は発生している。

そういう狭義の誰もが連想する洗脳もあれば、実は、この資本主義社会の広告宣伝が、軽い洗脳となっているとも言える。
一般人にほとんど実害がない、あってしかるべきの細菌、雑菌、ばい菌、小さな虫を大げさに視覚化させて、人々の恐怖を過度に煽り立てて、それ専用の薬品、洗剤を買わせようとする手口はまさしく洗脳のテクニックだ。
まあ、そんなことをいっていたのではキリがないから、いわゆる狭義の洗脳がどうまずいのか、述べて行きたい。

洗脳の怖さは、一つは視野が狭くなってしまうということ。
人間には、主観的な脳と客観的な脳があって、バランスがとれている。
しかし、客観脳と真逆のものを洗脳で作り上げる。
広く柔軟に見る脳を極端に狭くさせ、ある目的に対して盲目的にさせる。
その目的が反社会的、非倫理的なものであったなら、恐ろしいことだ。
そして、自我とエゴを抑えこまれる。
自我を潰され、エゴを抑えこまれた人間は、その時点ですでに非健康的ないびつな存在になってしまう。
その観点から言っても、脳がダメージを受けてしまうことになる。
人間は自我があり、個性があり、主体的に行動できるからこそ、生きている実感があるのに、洗脳はそれを抹殺してしまう。

一方、成功する脳はどんなものかといえば、健康的・建設的・発展的で、柔軟性に富み、自由で前向きで開放感がある、想像力もある。
客観的にものごとを見られる脳もある。
そして夢に向かって、いい具合に執着できる。
つまり洗脳は、成功するための脳を破壊することで、ボロボロにしてしまうんだ。
その人の持っている可能性をいびつな目的のために抑えこみ、視野を狭めて考えさせないようにする。

もう一つ脳みそがズタボロになってしまう何よりの理由は、洗脳が、恐怖の感情を利用することにある。
過去のすごいと言われた洗脳は、すべからくそのテクニックを使っている。
恐怖感というものは、人間が生きのびる上で必要不可欠な要素だけど、過度の恐怖感は人間の脳を破壊してしまう。
それぐらいの圧倒的威力を持っている。
つまり、恐怖という猛毒で、brainをwashするのが洗脳だ。

なぜ恐怖の感情が全てのものにおいて一番洗脳に使いやすいのか?
パブロフの犬で有名なパブロフが直面した、犬の条件反応の実験で起こった事件・事故がそれを物語っている。
食事時にベルを鳴らしていくと、餌を与えなくてベルをチリンチリン鳴らしただけで、犬はよだれを流すという歴史上有名な実験だ。

しかし、それには続きがあって、洪水が実験施設を襲った時、犬達は死ぬ恐怖のあまり、それまでの条件反射を忘れてしまった。
つまり、恐怖は度が過ぎると、それまでの教育や経験を忘れて、洗脳する側の都合の良い脳みそに変えられてしまうんだ。
感情を恐怖によって崩壊させることを洗脳は行うため、社会的にも日常的にも、建設的な脳みそを発揮できない人間になってしまう。
感情が崩壊した人間は、どうなるかというと、錯乱をしてしまう。
その時に、脳に指示を与えるから、聞き分けのいいロボットが生まれる。
仮に洗脳組織から抜けだしたとしても、感情がない人、あるいはいびつな感情を持ってしまった人は、とても生きにくい。
周囲とうまくいかなくなるのは当然だし、エゴも主体的な意志も徹底的に抑えこまれてしまうため、何をやっても苦しみがついて回る。
『自分がない』というのは、何にもまして生き地獄なんだ。

ましてや、超閉鎖的な空間で行われた洗脳ならば、他に情報が入り込まないため、さらに脳みその枠が狭まってしまって、非常に効果的になってしまう。
宗教や国ならば、外部の誰にも干渉されない施設が作れる、それも一般常識から考えたら異常な環境なため、よけい洗脳しやすいのだ。
平気で非人道的なこともできる。
その中で麻痺すればするほど、ありえない行為も人は平気でできる。

さらに、洗脳はやられている人がbrainwashされていることすら気づかない。
脳の視野を狭くして、恐怖で押さえつけて、一過性の脳のみ使わせ、ある一点だけに視野を向けさせるため、多様な脳の思考パターンを必要とされる実社会では脳みそが使えなくなっていく。
メスを使わないロボトミー手術みたいなもの。
カルト宗教組織や偏った国や政府のイデオロギー組織は、自分たちに聞き分けのいいロボットが生まれれば満足で目的を達する。
つまり、その人個々の人格や個性は、組織の目的に比べたら、はるかに下の地位であり、逆にあってはならないものだ。

だから、自我・人格など無下に扱ってもいいわけだから、平気で洗脳ができる。
脳みそが他で使えなくなっても構わない。
たまたま、その組織の外に出ることができた人間であっても、洗脳の呪いはついてまわる。
すべて吸い取られた絞り粕のような脳になっているから、そこに第二の洗脳の悲劇が生まれるわけです。

さて脳をいい方向に使えるように変える、つまり天才や優れた才能を発揮する脳を作るには、洗脳技術ではあり得ない、ということはわかったことだと思います。
恐怖や抑圧では、伸び伸びとした柔軟な創造力豊かな脳は作り得ない。
カルト教団や共産党独裁国家、ナチス、圧政独裁者は、市井に暮らしている人間にとって、遠い話に感じるかもしれない。

しかし、洗脳といかなくても、身近な例で、脳の可能性を非常に制限してしまう残念な事例がある。
幼少期からの子供の教育だ。
ある種の親は、子供のために、あるいは自分のエゴかもしれないけれど、 子供を天才にするために教育をする。
愛情の行き違い、歪んだ愛、愛なき愛、愛し方の喪失などさまざまな要因があって、恐怖と抑圧の中で子供を育ててしまう。
そのように子供を天才にしようと育てたならば、必ず子供に反動が来ている。
早いときは幼児で、つぎに小学生の時、そして思春期、成人してから、働き盛りになってから、と、常に当人は心に爆弾を抱えていきざるを得ない。
トップ大学までは入れたけれど、心はズタズタになっていて、受験勉強以外の能力発揮ができなかったり、それ以前に、人間不信になって引きこもってしまうケースは実に多い。

いずれにしても、社会的にその子供の頑張りが報われるような結果にはなっていない。
もっとも、親は親の事情があるかもしれない。
自分の夢を子供に託すとか、親自身が、その親から同じ扱いを受けて、それ以外の育て方ができないなど、ルーツは様々だ。
とはいえ、そのまんま洗脳行為と似たことを行い、子供の脳の破壊行為を知らず知らずしてしまっていたなんてことは、悲劇だ。
誰も幸せにならない。

子供の脳を最大限に発揮させようという行為が、子供の成功する芽をも摘んでしまう。
脳をいい方向に変え、加えて、すばらしい精神状態にするために必要なことは、脳を自由に伸び伸びとさせること、というのは、これからもわかることだ。
いびつなやり方では、脳は確実に負荷がかかってしまう。

いびつといえば、執着について言いたい。
執着はいい方向にも悪い方向にも使える。
マイナス方向に執着するのが悩みだ。
成功脳、覚醒脳になるためにも確かに必要だけど、いびつな執着は洗脳効果と一緒だから、建設的発展的な執着にしていくことが重要になるし、より長く人生において脳力を発揮できる。
人生は長い。
あらゆる局面でその人の脳力を試される。
ある時期まで脳みそが使えたけれど、それ以降は集中力が潰えた、エネルギーが切れた、なんてことにならないようにすることも大事だ。
洗脳によって、脳の可能性すべてを吸い取られてしまった過去のケースを反面教師にして。

当所の心理脳内コンサルティング・プログラムは、社会的に成功するための脳と精神状態を創るためにやっています。
それも長く長く実力を発揮するためにです。
洗脳が客観性を奪うものであるならば、自由でのびのびした柔軟な脳にしていくことが、当プログラムの主目的でもあります。
天才を作るとして、天才は社会に貢献したり夢を追ったり、想像を豊かに使ったりするから、天才的な成果をあげられる。

だから、ロボットにしては絶対にダメ。
そもそもロボットになって大きな成果を上げたとしても、すぐに尻すぼみで終わり、それに何より感動もしないし楽しめない人生になってしまいます。
本人の脳を限りなく引き出すために、広い視野の脳の動きができるようにしていきます。
感情を崩壊させるのではなく、感情を豊かにして、感受性を深め広げることをしていきます。
想像力と創造力を発揮するための脳を作っていきます。
そして、覚醒した脳、絶対感を持つ脳になるためのプログラムを行います。

そのための障害になっていることは、洗脳の話で言った抑圧と不安と恐怖がくっついているトラウマです。
普通に生きていて、仮に脳力が自分の思い通りに発揮していないなら、その一番の理由は、それらが邪魔になっているからです。

トラウマまでいかなくても、生きていれば色々な葛藤軋轢があります。
学校や会社、世間といったものは、私達の心を抑圧しようとします。
度が過ぎた不安や恐怖による締め付けもあったことでしょう。
親ですらそれらを与えるケースが有るのだから、他人ならば尚更です。
脳はとてもそういうことに敏感です。
成功脳になかなかなれないのも、年月を重ねた負の経験があるからです。

だから、自分の脳を自覚させることからしていきます。
自分の置かれた位置とか状況を自覚させますが、これは深い脳覚醒トランス状態に付随する『魔法の時間』で、つまり理性や知恵のレベルをはるかに超えた意識の流れの中で、気づかせていきます。
当所の訓練はやればやるほど、さらなる高みに脳を引き上げることができるし、さらなる深みに脳を広げることができます。

トラウマ処理、ルーツ整理ができる『魔法の時間』に人生の現在に至るルーツや、うまくいかなかった場面集を思い浮かべてください。
どんなに頭を絞って考えても、全精力をつぎこんでも悟ることができなかったものも、気づくことができるようになっていきます。
気づきは、客観性を広げてくれます。
広がれば広がるほど、枠が広がり、柔軟な自由な発想ができるようになり、それが豊かな想像力へとつながります。
想像力は創造の力も与えてくれます。
つまり、脳力を発揮できるようになっていきます。

脳が存分に使えるってどういうものなのか、使えない脳みそは何が原因なのか、何が付随して影響を与えているのか、洗脳について知ることで、学んでみてください。
特殊な洗脳でなくても、私たちは色々なものの影響を受けて生きてきています。
好影響もたくさんありますが、マイナスの影響を与え、現在にしつこくつきまとっているものもあります。
それは確実に未来にも悪影響を与えることになります。

世の中には占いというものがあります。
ほとんどすべて『当たるも八卦当たらぬも八卦』な占いだろうけれど、腕の立つ占い師もいることでしょう。
凄腕の占い師がいたとして、その人がなぜクライアントの未来がわかるのかというと、現在の脳みその状態がわかれば、未来も容易に読めてしまうのです。
私は占い師じゃないけれど、人の過去も、このまま進んだ場合の未来を当てることはとても得意ですし、人からもよく驚かれます。
別に超能力でも千里眼も何も持っていないただの陽気なおっちゃんだけど、それもその人の現在の脳の動きがわかれば、過去の流れもわかるし、その脳の動きで行った場合、どういうことになるのか、わかってしまうからです。

人はなかなか自分を自分で変えられません。
常に以前の脳の動きを、コピーして、それを繰り返して生きています。
それに私も経験を重ねているから様々な人の人生に触れてきたし、膨大なデータを持っています。
だから、簡単に何をしてきたか、これからどうなるのか、把握できてしまうのです。
まあ、未来を知りたい人がいたら、私に相談してみてください(笑)、というのは冗談だけど、脳の現在の働きは、そういう意味でも、過去と未来に密接につながっています。

洗脳という極端な例を出したけれど、脳みそというのは、狭いより広い方がいいし、硬直しているより柔軟な方がいいし、抑圧よりも自由が脳力を最大限に発揮させてくれます。
脳に良い影響を与える技術があるので、自分の可能性を広げるためにも、脳について、『知覚』『体感』として学んでみてください。
脳は神秘的で偉大な可能性を秘めていることがわかるはずです。
みなさんの脳が今まで以上に動くようになって、覚醒するための努力は私も惜しみません。
せっかくの一回の人生なので、自分の能力を存分に発揮して、満足して死んでいく、そんな人がたくさん増えることを望んでいます。

※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です

脳覚醒プログラムはこちら

洗脳の恐怖 使い物にならなく脳

人生目標達成方法】【心理脳内プログラム】【精神分析】【脳覚醒方法

DAL ドリームアート・ラボラトリー ページ・トップへ
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) 03-6416-0611
DAL大阪事務所(Dream Art Laboratory) 06-6973-6100
プライバシー保護について
Dream Art Laboraotry (DAL) TOP PAGE
当所はいかなる団体・宗教とも関係しません。当サイトにある記事、画像の無断転用を禁止します。 岩波英知書「奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学」 岩波先生の言葉・講演集 e-mail でのお問合せ
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) TEL:03-6416-0611  大阪事務所 TEL:06-6973-6100
COPYRIGHT(c) 2014 DREAM ART LABOLATORY ALL RIGHTS RESDRVED.