岩波英知's ドリームアート(東京、大阪)
岩波英知DALへの予約・問い合わせはこちら
 
Return to DAL Dream Art Laboratory HP 岩波の言葉・講演集 岩波英知のプロフィール、経歴 DAL ドリームアート(東京・大阪)概要 セミナー(東京・大阪)へよくある質問 親子関係悩み解消・不登校克服メール予約
岩波英知不登校克服プログラム他メニュー
親子関係悩み解消・不登校克服セミナー(東京、大阪)
脳覚醒セミナー(東京・大阪)
神経症克服セミナー(東京、大阪)
あがり症克服セミナー(東京、大阪)
メンタル強化セミナー
コミュニケーションセミナー(大阪、東京)
スポーツメンタルトレーニングプログラム
親子関係悩み解消・不登校克服プログラムメール申し込み
東京西新宿連絡事務所
東京西新宿事務所電話番号03-6416-0611
東京都新宿区西新宿 3-5-3-216
大阪事務所電話番号06-6973-6100
大阪市東成区中道3-3-7-207
親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉
親向け 岩波の言葉・講演集 親子関係悩み解決・不登校克服方法 岩波英知の言葉・講演集
親から子供への悪影響 親子関係の悩みと不安解決方法

タイムマシン 
〜子供の将来の苦境を救う親の役割〜

将来子供が心の悩み、神経症で潰れないために

社会人になってから精神的不調で潰れてしまい、当所のプログラムの門をくぐる人が非常にたくさんいます。
うつ病パニック障害社会不安障害、人間関係の悩み、自律神経のトラブル、処理しきれない不安を伴う神経症、そしてアダルトチルドレンなどです。
その多くが家庭環境、親子関係が端を発した神経症です。

アダルトチルドレンになってしまうようなひどい親子関係だった場合もありますが、いい親からでも、生きづらさを抱える大人になってしまう人はいます。
親が優しくて真面目で愛情があって、いい親子関係を築いていても、いざ学校や社会でたくましく生きていけるかどうかは別です。
子供は、その感受性の高さと吸収力から、その絶対的存在である親から、動物の刷り込みのように、親をコピーします。
親が隠す隠さない関わらず、その性格、考え方、挙動、オーラ、内面の意識に至るまで──
親子関係だけが原因ではなく、学校や職場での出来事で神経症になってしまうのですが、少なくとも神経症になりやすい資質は親子関係で出来上がってしまいます。

子供は成長し自意識が芽生える思春期に突入していきます。
その時、自分の心の問題に直面し、早い段階で表面化した場合、不登校やひきこもりになっていきます。
しかし、不登校やひきこもりにならなくても、社会人になってから精神的に潰れてしまう人も出てきます。
社会に入って精神的にダウンしてしまうと、復帰には莫大なストレスとエネルギーを必要とします。

心の問題は早い時期に解決したほうがいい

だから、見方によっては、どうせ悩みで潰れてしまうなら、まだ10代で経験しておいた方がいいのかもしれません。
もし神様仏様がいるとしたら、今のうちに精神的な困難を経験させて、社会に出てから潰れないようにしてくれたのかもしれません。
ただ、これは条件付きで、思春期の時期に立ち直ることができたらの話です。

思春期の頃の、内面的に繊細で傷つきやすい感受性は、誰もが経験してきたことでしょう。
そこで本人が抱えきれないストレスとトラウマを抱えたら、老人になっても続いてしまいます。
それぐらい悪影響を受け続けて生きなければいけないくらいの負のエネルギーが、心の悩みにはあります。

不登校時、準不登校時に、親が子供への接し方が今までと同じだと、「学校に通ってくれた、不登校が解決した!」とホッとしたとしても、社会人になって、子供は再び潰れてしまいます。
精神的に潰れる時期の優劣を言うなら、社会に入ってからより、学生時代に潰れた方が、まだまだマシです。
時間的なこと、社会的猶予のこと、経済的な状況のこと、世間の目からみても。
このときに親として、子供との関係に違った空気が流れることではじめて、「昔悩んでおいて良かった!」と子供はなるわけです。

社会はメンタル面に問題を抱える人に非常に厳しい

ご存じのように、社会はメンタル面に弱点を抱える人に、非常に厳しい。
個々人の内面的な悩みなど、会社利益の追求のためには(表面的にメンタルケアをするとはいえ)、不必要なもの。
まして、若い頃から悩みにどっぷりつかってきてしまった子供は、社会人になっても自分に自信が持てません。

またスキルや社会性を身につける機会が極度に制限されたため、まともに働くことでも、大きな壁に直面します。
残念ながら、社会はそんな人間には冷たい。簡単に切り捨てます。
ずっと降り積もってきた精神的抑圧もあり、その時心が折れてしまった時、取り返しがつかなくなるかもしれません。

無理矢理、登校させても、子供の心が上向かない限り、いずれ社会で潰れてしまいます。
学校に通いたくない子供が卒業してくれたという結果は、対症療法でしかありません。
もっといえば、一時しのぎです。

学生時代は、まだまだ逃げ場があります。
しかし、社会人になった時に、強化されてしまった心のもろさを抱えていたなら、無慈悲な社会に潰されてしまいます。
「またダメだったか・・・・」 このときの心の傷は、思春期の頃よりもよりドロドロしたものを含みます。
定職に就けなかったり、職を転々としたり、中年になっても引きこもりになったり、あるいは自暴自棄になって自分か周囲を傷つける方向に行く人も多い。
そうでもしないとやっていられないからです。
社会が敵に見えたり、ひどく恐ろしいものに見え、そうなると親しか頼る人はいない。

しかし、思春期に色々な葛藤相克があった親に頼ること自体、非常に苦痛だと訴える人がいます。
でも、頼らざる得ない矛盾でますます苦しんでいます。
それすら、自己嫌悪、人間不信の種です。

それでも「私は私だ!」と開き直ればまだ立ち直れる救いはありますが、生きていくと親でも子供でも、否が応でも周りと比較せざるを得ません。
比較は、人の心を折れさせてしまう要因です。

「同世代や世間は、立派に働き、家庭を持ち、幸せ(そう)な人生を歩んでいるのに、自分は・・・・」
このストレスと自信喪失と苛立ち、むなしさ、劣等感、そして憎悪が、様々な事件を起こしてしまいます。
事件といっても、社会的な事件という意味だけではありません。
神経症になったり、うつ病になったり、家庭内暴力を起こしたり、自分を傷つけたり、ひたすら耐えて苦しみ続けるという広い意味です。

負の感情の抑圧には限界がある。暴発か神経症か──

最初は無意識に負の感情を抑圧し、どうにか乗り切ろう、取り繕ってやろうという脳の動きがあります。
でも、抑圧を溜めておけるタンクには許容量があります。
ただでさえ余裕がないため、どこかにはけ口を求めなくてはいけなくなります。
それができない時、処理しきれないストレスは、脳の働きまで狂わせてしまいます。

そして、うつ病という形になったり、様々な神経症状を引き起こします。
肉体的にも内臓的にも不調の津波が押し寄せていきます。
逆に外部に抑圧が暴発という形であらわれることがあります。
それが、ニュースでよく聞く世間を騒がせている数々の社会的事件です。
心の闇やマイナスの感情は、いとも簡単に増幅してしまいます。

「あんないい子だったのに、なぜ・・・・」「そんなことをする人間じゃなかったのに・・・・」とよく耳にしますが、人間は悪い感情に呑まれると、簡単にある一線を越えてしまいます。
負の感情の抑圧が爆発した時、すべての理性も自制心も外れてしまいます。

一方、ずっと引きこもることで、何とか自己の抑圧と精神決壊を食い止め続ける人もいます。
ひたすら必死の努力と忍耐です。
表面的に甘えている、だらけていると見えるかもしれませんが、本人は襲いかかる不安から防御したり、逃避するために必死で戦っています。
それは社会で働いている人以上の、異常な精神的なエネルギーを注入しています。
かといって、戦果は全くあげられず、ただの無駄、浪費に終わっています。
(この繰り返しをずっとコピーし続けている人が圧倒的です)

そもそも、経済的なベースがない引きこもりは不可能です。
親が病気で倒れるとか、定年してしまった後も、子供が引きこもり続けられるのかという、親の心配もあります。
ひきこもる本人もそれを心配しています。
学生時代、幻想とはいえ、まだ時間的な猶予があったと感じていたのに、いまは時間にも追いつめられていきます。
何もしないで耐えていただけだと、ますまず時間という敵が強大化していくわけです。

親が子供をいい方向に導けるのは思春期までしかない

それを考えると、ますます思春期で克服するきっかけが必要になってきます。
将来からものごとを考えたら、今こそが子供の未来の苦境を救う時間が与えられたと言えなくもありません。
タイムマシン的な発想です。

今まで言ってきたように、子供の先行きを想像すると、今の時期に問題が顕在意識化し、解決するきっかけが与えられたことは、チャンスと捉えて下さい。
多感な時期だからこそ、良くも悪くもまだ定まっていない時期です。
子供が確固たる「私はこう生きるんだ!」というものが見つかったら、問題を抱えなかった子供の何倍もパワーと成果を発揮できます。
今までマイナスベクトルにしか使えていなかった、あれだけ厖大なエネルギーが、建設的な方向に発揮できるからです。
悩んでいる子供の、精神的資源のエネルギー量はとんでもないものがあります。

大人になって成功した人間のほとんどが、思春期の頃に誰よりも深く悩み苦しんできたことは、伝記や自伝でいくらでも見聞きします。
不登校や準不登校、引きこもりだった人は、そういう無限な可能性を持つ子供、若者であるという保証です。

その可能性を広げ、強力にサポートしていきたいと考えていますが、保護者向けへの言葉としては、親だからこそ導けることがあるということを言いたいです。
しかし、不登校に陥る頃までと同じ子供への対応を繰り返していたのでは、ただの理想論に終わります。
親が現実を知ること、そして気づきが増えれば増えるほど、子供の心に大きな建設的変化が生まれます。

親子関係悩み解消・不登校親支援プログラムはこちら

親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉

Official Home Page

親子関係不登校悩み不安解消へ 岩波英知先生の言葉・講演集

ドリームアート(東京・大阪)トップへ
親子関係悩み解消・不登校克服プログラムメール申し込み
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) 03-6416-0611
DAL大阪事務所(Dream Art Laboratory) 06-6973-6100
プライバシー保護について
Dream Art Laboraotry (DAL) TOP PAGE
当所はいかなる団体・宗教とも関係しません。当サイトにある記事、画像の無断転用を禁止します。 岩波英知書「奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学」 岩波先生の言葉・講演集 e-mail でのお問合せ
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) TEL:03-6416-0611  大阪事務所 TEL:06-6973-6100
COPYRIGHT(c) 2014 DREAM ART LABOLATORY ALL RIGHTS RESDRVED.