岩波英知's ドリームアート(東京、大阪)
岩波英知DALへの予約・問い合わせはこちら
 
Return to DAL Dream Art Laboratory HP 岩波の言葉・講演集 岩波英知のプロフィール、経歴 DAL ドリームアート(東京・大阪)概要 セミナー(東京・大阪)へよくある質問 親子関係悩み解消・不登校克服メール予約
岩波英知不登校克服プログラム他メニュー
親子関係悩み解消・不登校克服セミナー(東京、大阪)
脳覚醒セミナー(東京・大阪)
神経症克服セミナー(東京、大阪)
あがり症克服セミナー(東京、大阪)
メンタル強化セミナー
コミュニケーションセミナー(大阪、東京)
スポーツメンタルトレーニングプログラム
親子関係悩み解消・不登校克服プログラムメール申し込み
東京西新宿連絡事務所
東京西新宿事務所電話番号03-6416-0611
東京都新宿区西新宿 3-5-3-216
大阪事務所電話番号06-6973-6100
大阪市東成区中道3-3-7-207
親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉
親向け 岩波の言葉・講演集 親子関係悩み解決・不登校克服方法 岩波英知の言葉・講演集
親から子供への悪影響 親子関係の悩みと不安解決方法

親から子への不可避的影響 
弱点の連鎖

 ※ここに書かれてある親子のケースがすべてではありません
子供の精神的なトラブルは複合要因でなっています
各々の事情に添ってお読み下さい

愛情と努力が裏目に行く無意識の怖さ

親が子供の将来に良かれと思ってやったことが、どんどん裏目に出てしまうことがあります。
子供への必死の頑張りが報われないことほど悲劇はないと思いますが、人の心や無意識はどうにも厄介です。
勉強ならばやればやるほど報われるものですが・・・・。
不登校や引きこもり、メンタル的な弱点の多くは、学校などの人間関係で傷つくことがほとんどですが、そのベースとして家庭内に、その種が埋まっているかもしれません。

親自身、当然子供時代や思春期がありました。
生きていれば誰だって色々なことがあります。
学校でも、社会でも、友達関係でも、恋愛関係でも。
人の数だけ悩みや抱えているものがあり、さらにそのぶつかり合いの中で、更なる悩みの種がドンドンと増えていきます。
大きな心の傷を抱えてしまった人もいれば、様々な小さなことの積み重ねや悩みの複合要因で、生きにくい自分になったりします。

あるいは、家庭環境の中でもたくさんのことがあります。
その時の親の教育方針や性格、時には親の抱えていたトラウマや欠点(虐待やコミュニケーション不足、愛情不足、過依存、過干渉など)によって、心に空白ができたりします。
これから、ある例を出しますので、各人の事情やルーツに照らし合わせて考えてみてください。

親自身の無意識に刻み込まれた人生の心の傷と抑圧

兄弟の中で自分だけ疎外されて生きてきたとか、親に厳しくしつけられてきた、自由がなかった、努力した割に褒めてくれない、頑張ったのに更なる努力を強いられるなど、そういう孤独を経験した人がいるとします。
自分を認めてくれなかったり、愛情を与えてくれなかったり、疎外感を経験した人は、どこか心が淋しくてボロボロになっていきます。
ひどい親から、ネグレクトや虐待を受けたり、アダルトチルドレンになってしまった人など大きなトラウマを抱えたりもします。
そういう人は自分を証明する機会が奪われて、自信を喪失したり、不安や孤独を抱えて生きていきます。

女性を例にとって先に進みます。
そんな大小のトラウマを抱える女性が結婚します。
それらを受け入れてくれそうな夫を見つけたりしますが、夫は夫の都合や様々な社会的な状況、彼の置かれている状況で奥さんをもらいます。
しかし、結婚したら仕事ばかりして、奥さんに執着しないケースが多々あります。
夫側の事情だけでなく、奥さん側にもコミュニケーションがうまく取れないとか、色々なマイナスを抱えて、理想のようにうまくいきません。

特に重要なことは、人間は自分を認めてくれる、つまり存在証明ができることを本能的に欲しています。
子供でも、思春期でも、中年になっても、老人でさえもです。
それがないと心を充たせず、ボロボロになって生きざるを得ないと感じているからです。
寂しさ、やるせなさを抱えてきた人や自信がなかった人は、「自信を持ちたい、そして自己証明したい」と思いますが、男が仕事で証明できるようには、女性は存在証明できる機会があまりありません。
主婦業の場合、なおさらです。

しかし、母親としての存在証明があります。
つまり子供への期待と執着です。
これは親として当たり前のことですが、それが子供へ大きすぎる負担になると、子供の心はどんどんすり減っていって、ついにはエネルギー切れとなってしまいます。

子供に執着して、いい子にした時、はじめて「あの母親はこんなに立派な子を育て上げた」という価値がそこに行きます。
すごく自慢になる。
親兄弟、親戚、そして世間へも。
そして、心も充たされる。

自分の代替として、子供を教育することによって、存在証明したいという母性本能があります。
それがある故にどんどん執着していきます。
周りが見えなくなっていきます。
親が子供に執着・依存すると、依存先の子供に、自分の抱えてきたもの(大なり小なりのトラウマ)をコピーさせてしまうことがあります。
あるいは、親子代々濃縮されて、倍にしてしまったかもしれない。

うまく子供が期待に応えた時は認めてあげるけれど、それでももっと頑張らせたい。
そうしたら、より子供は立派になってくれる。
子供の頑張りを認めたいけれど、口の渇かぬうちに、「もっと頑張って」と言ってしまう。

子供から見ると、負荷と抑圧がかかってしまう。
子供心に「遊びたい! ああしたい! こうしたい!」と言う時、「なぜそうするの? アンタそういうことをやっている時期じゃないでしょ!」と拒否する。
勉強できなくなるとか、遊んでいると遅れをとるとか。

子供はつまらないし、どこかで「心を汲んでくれない、私のことをわかってくれない」と孤独を感じる。
一番安心するべき母親の前が何より苦しくなってしまう。
親としては、本当に子供のためを思ってやっているのに・・・・
ここにすでに悲劇が起きてきます

子供からすると、どんなに頑張っても認めてくれない、今度は子供自身が、自分に存在価値を見いだせない。
心にぽっかり穴が空く。
それは孤独であったり、やるせなさであったり、つまり親が受けてきた不都合な感情を味わっている。

でも親はそれまでの人生の流れもあって、精一杯だから、「私の感情をわかってほしい」「僕の言うことを聞いて欲しい」という子供の欲求をあまり聞いたこともないし、あえて無視したりする。
そして、プレッシャーを知らず知らずかけてしまう。

もっといくと、子供が学校など人間関係で嫌なことが起きたりする。
学校で平穏無事に過ごせれば本当はいいけれど、そうは問屋が卸さない。
人間関係のトラブルはどこに行っても起きてしまうものだけど、もろくなっている子供は、深く傷つき悩み苦しむ。

そんな子供の悩みを聞かないで、母親は「こうなったらダメ」「これをしなさい」「こうあるべき」とやってしまう。
子供はますますストレスと疲労を背負ってしまう。
そして病んでいってしまう。
脳は疲労困憊になる。

こうなると心身一体だから、体の不調も出てきて、勉強どころではない。
こういう子供への執着が強いと、知らず知らず悪循環に入っていく。
では、誰が悪いのかというと、これといって悪い人はいない。
ここに悲劇性があります。

でも、母親は子供が病んだことをなかなか気づかない。
どこか元気がない、溌剌さがない、落ち込んでいるかなと感じるけれど、それが親としての危機感につながる。
「ここで、もっと一生懸命させないといけない!」「頑張らせないとこの子のためにならない」と焦りを感じる。

だから、ますます子供に「頑張り」「しつけ」「教育」を要求してしまう。
それが立派になってくれる試練だからと。
自分がそこに執着してしまっているから、子供はどんどん追いつめられていってしまう。

そうなると、子供が動けなくなった時、手遅れになってしまう。
子供なりに今まで努力して、精一杯負けないように頑張ってきたにもかかわらず、より頑張らせることで現状打破させようとしてしまう。
子供の将来を誰よりも考えて執着した結果、やることなすこと裏目に裏目に行ってしまうことに、この問題の複雑さ、厄介さがあります。

もう一度言いますが、誰も悪いわけではありません。
しかし、不幸は存在しています。
最初のちょっとした矛盾やすれ違いは、時間が経てば経つほど、大きくなります。
これが不登校や引きこもりの形で、思春期に発症します。
早ければ小学生の時点で・・・・。

そして、その時には家族だけでは解決できないぐらいに問題が膨れあがっています。

代々の親子関係の負の連鎖

細部は違うかもしれないけれど、大まかなこういう流れが、子供の心の病みの原因となることが非常に多いです。
大人になって自らの意志で神経症克服プログラム等に通う人は、かなり多くの人が同じ子供時代の経験をしています。

これらは母親の例を出しましたが、父親にしてもそうです。
何らかの原因は、子供だけの問題でも学校での問題でもなく、親自身の人生の問題として存在している、ということを言いたかったのです。

貴方も親の嫌なところ、嫌いだと思いながら、そっくり受け継いだところがあるかもしれません。
悩みを抱えて生きてきた人は、影響されないつもりが、そっくり自分に取り込んでしまって、はまってしまうケースが意外にいます。
それで通ってきている人が多いです。

極端な例を挙げれば、親から精神的、もしくは肉体的な虐待を受けて大人になった人が、自分の子供に同じことをやってしまう負の連鎖はよく知られているところです。
それらの連鎖を断ち切る役目は、子供が大人になった時に任せるか、いま親が断ち切ってあげるか、です。

親は親なりに大小のトラウマ、心の傷を抱えて生きています。
心の中に抱えるものがない人はほとんどいません。
強がってそういうことを見ないように生きている人も、冷静に感傷的に自分の胸に手をおいて考えてみたら、意外に多くのことにとらわれて生きているものです。

悪循環を断ち切るには、自分自身と子供を救うためには、まずは「気づき」が大切になります。
今までの自分とは違う考え方を持たないと、また知らず知らずやってしまいます。
子供の子供にまで不可避的な影響を与えてしまいます。

精神的ベースが脆いと、今乗り越えても次は潰されてしまう

子供のメンタル面のトラブルは、なんとか災禍なく思春期を乗り切っても、社会というもっと怖い世界が待っています。
厳しいだけでなく、そこで精神的に潰れた時の時間的猶予、精神的猶予はほとんどありません。
それは、先に社会で生きてきた親御さん自身がよくわかっていることだと思います。

親が、今までのようなことを理解していないと、先行き、子供の未来は「未来」ではなくなる恐れもあります。
子供の将来を考えてやってきたことが、子供の未来を奪ってしまう矛盾です。
これほどの悲劇はありません。
ギリシア悲劇『オイディプス王』なんて目ではないほどの──。

思春期はまだまだ時間的に猶予があります(精神的には猶予はあってないようなものですが)。
しかし、大きな弱点やもろさなどのマイナス面を心の中に抱えて大人になってしまい、何かあって潰れた時、親も子も「今までの努力は何だったんだ」となりかねません。
親も精神的に病んでしまうのも、その報われない努力をし続けても、出口の見えないトンネルにずっといるからです。
親がうつ病にまでなってしまうと、家族すべてが真っ暗闇に突入してしまいます。

気づくこと、悟ること、ここから問題解決のすべてがスタート

悪循環の連鎖が断ち切るヒントになれば幸いです。
また、その支援、ケア、方法や心の内の処理など、いろいろと力強くお手伝いできると思います。
お任せ下さい。

親がそれまでの流れを無意識から断ち切り、変化を得ることで、子供にもとても良い影響が蓄積されていきます。
親の心の底からの『気づき』はとても重要です。
気づきの数が多ければ多いほど、心が軽くなるでしょう。

しかし、頭でわかる気づきでは、意味がありません。
心が納得しないからです。
感情で腑に落ちる「気づき」、それが大事です。

そのための『心底からの気づき』=『悟り』の積み重ねをするための脳内・無意識訴求技術を使ったプログラムを用意しています。
ですので、私のプログラムは非常に特殊で、脳の奥深くで、言葉を変えれば無意識・潜在意識に、強く訴えかけることができます。
普通には存在しないプログラムなので、たくさんの方が海外を含め通ってきています。

もし親御さん自身が、何かを抱えている場合、その処理をしていきます。
それが、ひいては、子供の心に余裕をもたせ、強くしていくことにつながっていきます。
任せて下さい。見えなかった出口が見えてくるはずです。

保護者向け 岩波の言葉・講演集

本人向け 岩波の言葉・講演集

親子関係悩み解消・不登校親支援プログラムはこちら

親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉

Official Home Page

親子関係不登校悩み不安解消へ 岩波英知先生の言葉・講演集

ドリームアート(東京・大阪)トップへ
親子関係悩み解消・不登校克服プログラムメール申し込み
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) 03-6416-0611
DAL大阪事務所(Dream Art Laboratory) 06-6973-6100
プライバシー保護について
Dream Art Laboraotry (DAL) TOP PAGE
当所はいかなる団体・宗教とも関係しません。当サイトにある記事、画像の無断転用を禁止します。 岩波英知書「奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学」 岩波先生の言葉・講演集 e-mail でのお問合せ
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) TEL:03-6416-0611  大阪事務所 TEL:06-6973-6100
COPYRIGHT(c) 2014 DREAM ART LABOLATORY ALL RIGHTS RESDRVED.