岩波英知's ドリームアート(東京、大阪)
岩波英知DALへの予約・問い合わせはこちら
 
Return to DAL Dream Art Laboratory HP 岩波の言葉・講演集 岩波英知のプロフィール、経歴 DAL ドリームアート(東京・大阪)概要 セミナー(東京・大阪)へよくある質問 親子関係悩み解消・不登校克服メール予約
岩波英知不登校克服プログラム他メニュー
親子関係悩み解消・不登校克服セミナー(東京、大阪)
脳覚醒セミナー(東京・大阪)
神経症克服セミナー(東京、大阪)
あがり症克服セミナー(東京、大阪)
メンタル強化セミナー
コミュニケーションセミナー(大阪、東京)
スポーツメンタルトレーニングプログラム
親子関係悩み解消・不登校克服プログラムメール申し込み
東京西新宿連絡事務所
東京西新宿事務所電話番号03-6416-0611
東京都新宿区西新宿 3-5-3-216
大阪事務所電話番号06-6973-6100
大阪市東成区中道3-3-7-207
親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉
親向け 岩波の言葉・講演集 親子関係悩み解決・不登校克服方法 岩波英知の言葉・講演集
親から子供への悪影響 親子関係の悩みと不安解決方法

親の「空気」をコピーしてしまう
不登校・ひきこもりの子供

人間は感覚を総動員して、相手の空気を無意識で感じている

人は知らず知らず、ある空気を発して、人に影響を与えてしまいます。
その逆もしかりで、影響を受けているのです。
「愛しているよ」と言葉をかけなくても通じるものがあるように、「苦手だ」と口に出さなくても空気感として相手に伝わってしまうように。
人はいくら理性が発達していても、五感、第六感によって生きています。

子供は親の空気、オーラを吸って育つ

『親の背を見て子は育つ』という格言があります。
親子関係の場合、生まれてからずっと一緒にいるため、親の出す空気、オーラ、雰囲気の波及力は絶大です。
子供にとって、親という存在はかけがえのないものであると同時に、唯一絶対です。

鳥類の世界に『刷り込み』というものがあります。
卵からかえった雛が、最初に見たものを親だと思い込む、というものです。
刷り込みまではいかないけれど、親と子の間には、それぐらい強い影響力があると思っていいと思います。
それが共同生活を何年も、しかも赤ん坊の頃から一緒にしていくのだから、プラスもマイナスも影響を受けないはずはありません。

そして、行動、言葉に出さなくても、親の『空気』、家庭の『空気』は、親も子も知らず知らず発したり感じたりしているのです。
不登校に陥ったり、悩みやすい子供がいるとしたら、親、あるいは家庭から発する『空気』が不登校やひきこもりの下地を作っていたりするのです。
そのため学校などでトラブルがあると、子供だけの力では対処できずに悩んでしまいます。

その『空気』とは、言葉による教育、しつけではなく、親の性格・受け止め方・思考・あるいは人生そのものが発するものです。
子供は敏感に幼児期から、小学生、思春期に至っても、家族・家庭・親を意識的・無意識的にコピーしてしまいます。
都合のいいところだけ取捨選択して、親のオーラ、空気をコピーできる子供は圧倒的少数です。
そういう子供は、どこに行ってものびのびとできます。
何があっても、たくましく切り開いていけるでしょう。
それすら、都合のいい所を拾うことができるための『空気』を、その親が発して、それを感じたり学んだりしているからできることなのですが。

教育、しつけ以外で子供が感じる親の空気の例

一方、社会や集団生活で、もろくて傷つきやすく、自信をすぐ喪失してしまう子供は、親から都合の悪いところまでコピーしてしまいます。

例えば、親が世間の目にとらわれて生きていると、子供は教わらなくても、勝手に世間の目を意識して生きるようになります。
恥の概念が強い親だと、子供は冒険ができず、強くなる機会を作る機会を制限してしまいます。
親が情緒不安定な場合、子供も情緒が安定しなくなります。
社会性に乏しい親の場合、子供も社会性が身につかなくなります。
社交性がない親の元で育つと、子供はどう人と接していいかわからないため、孤立していってしまいます。
神経過敏な親の子供は、やはり神経がもろく何かあったら傷つきやすく育ちやすいです。
親が抑うつ状態で過ごしていても、やはり子供にとって抑うつが忍び寄っていきます。
夫婦仲が悪い家庭の子供は、自分否定をしやすくなります。

人の性格は同じようその中にプラスもマイナスも内包していて、例えば神経過敏な親の子供は、繊細さを発揮して活躍できるということでもあります。
ただし、親の発する空気をプラスのものとして、子供が建設的に利用できる能力、親の空気や教育が必要になってきます。
そして、家庭だけでなく、ある程度、学校や習い事など集団生活をすることで、いくらでも挽回できます。

が、そもそも学校などの集団生活になじめない要素を身に着けてしまった場合、成長できる機会を失い、そこから挫折してしまいます。
もちろん、親の発する『空気』だけで、子供は悩み傷ついたり、不登校になるわけじゃありません。
しかし、ベースとして、もろく崩れやすい子供として育ってしまうことは避けられません。
親も、そのまた親の思考や空気に影響を受けたり、学校や社会での経験から、固定観念が出来上がるわけで、責任は誰にあるわけでもありません。
人間は誰であっても、知らず知らず感覚的に影響を与えてあって生きているのです。

学校、社会生活で成功する人、失敗する人のベースはどこで作られるのか?

不登校や心の悩みで潰れてしまう直接的な原因は、学校などでの人間不信や心の傷があります。。
一方、いじめを受けたり、友達とのトラブルがあっても、翌日普通に登校している子供もいます。
なぜ分かれてしまうのでしょうか?

それは、その子供の感じ方、受け止め方、不安への耐性が、それ以前のベース(つまり家での空気)によって、大きく左右されてしまうからです。
一度不登校になった子供、引きこもりを選ばざるを得なくなった子供が、いくら表面的に外に出たとしても、また別の機会で、同じことの繰り返し(挫折)をしてしまう恐れが非常に強いわけです。

ましてや、ますます殻に閉じこもってしまったら、親だけの力では、対応がいよいよ困難になります。
そうなると、子供が勝手にいい方向に変わっていってくれる期待が難しくなります。
表面的登校を装っても、子供は無理をして登校するわけなので、変われません。
心にますます負荷と抑圧がかかり、脳がダメージを受けてしまいます。
大きな傷と不安ともろさを抱えて、さらなる自信喪失して戻ってくるケースが多いのです。

何より親や周囲の期待に応えられない自分を信じられなくなります。
もう対症療法的なアプローチはきかなくなります。
言葉の説得も、どんな為になるありがたい言葉も意味をなしません。
そこで思い浮かべるべきは、根本的なベースになります。
つまり、親の出す空気(=家での空気・雰囲気)です。

親の内面が少しでも変化すると、子供は大きく変化するエネルギーを吸い込む

そこが変わるだけでも、子供は感じ取るベースがしっかりとしてきます。
子供の人生はこれから先長いです。
強固な土台がないと、いつ崩れてしまうかわかりません。
もろいままだと、一生心の地盤沈下に苦しみ、自己嫌悪や人間不信、社会憎悪に陥るでしょう。
様々な不安障害、うつ病、神経症にかかってしまい、生きていて楽しい思いができず、苦しい思いしか経験できなくなります(実際、そのなってからうちに通われる方が多いです)

親が発する空気は、それほどまでに重要です。
今まで子供が吸ってきた空気(どうしても不安を感じやすく崩れやすくさせていた空気)が変わることで、気持に変化が生まれます。
親の変化に、今度もまた子供は敏感に感じ取ります。

それが、不登校克服、自分の壁を破るための大きなエネルギー、動機付けになっていきます。
空気を変えずして、子供が完璧に登校できないし、、社会でたくましくやっていけません。
親からの自立・独立という空気の変え方もあります。
ただし、海外留学、山村留学を行ったとしても、そこでもろいベースのままだと挫折しやすいことが一つ。
また首尾よくこなして戻ってきたとしても、また以前と同じ過程の空気を吸った時に、前の闇をひきよせてしまって、元の木阿弥になります。

不登校、ひきこもりに陥った子供の問題の真の解決は、子供側だけの対策だけでは不十分なところがあります。
親も様々な行うべきことがあります。
もちろん、誰よりも心労と努力を繰り返してきたことだと思います。
子供が変わるための様々なことにチャレンジしてきたことでしょう。

しかし、結果として変わらないと、この問題には努力も何も意味をなさないのです。
また、意外に子供を変化させることばかりに意識が向いて、親自身がどうなるべきなのか、そこが疎かになっている場合があります。

もし自分自身について、自分の幼少期から現在に至るまでの流れの中で、子供にマイナスの影響を与えてしまうものがあるならば、そこの処理と執着からの解放をなされたほうが、必ず子供にいい影響をあたえることになります。
自分自身の心と脳の処理が、親の発する空気に変化を与えることになるためです。

どう親が、その空気を変えていくかは、親子関係悩み解消・不登校親支援プログラムでやっていきます。
子供が変わるためには、絶対的不可避的影響を持つ親が、何らかの変化をすることが一番の近道です。
一番は、学校に通うことでもなく(いまは大検の資格など、柔軟に進路を選べるようになっています)、一生を充実して送るためのたくましさ、自信、スキル、覚悟を獲得できるかどうかです。
そのためには親がそれを(知らず知らず無意識的に)妨げると、子供にとって悪影響を与えてしまいます。

そちらについても、お任せ下さい。そのための強力な支援プログラムを用意しています。
またどうやっていったらいいか、どうやって変われるのか、それが子供にとってどういう好影響を与えるのかの方法を教えることができます。

(子供が感じ取る親の「空気」と、親自身が自分で感じている「空気」はまた違うものです。
子供が挫折していても、親は全く悩まないというケースがたくさんあります。
また親子関係も良好で、家庭に問題はないというケースもあります。
ただ、そうだといって、子供が悩みやすい方向に親の「空気」を受け止めてしまっています。
親の事情と子供の事情は全く違うので、親の視点から子供を捉えようとすると失敗することがほとんどです)

保護者向け 岩波の言葉・講演集

本人向け 岩波の言葉・講演集

親子関係悩み解消・不登校親支援プログラムはこちら

Official Home Page

親子関係不登校悩み不安解消へ 岩波英知先生の言葉・講演集

ドリームアート(東京・大阪)トップへ
親子関係悩み解消・不登校克服プログラムメール申し込み
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) 03-6416-0611
DAL大阪事務所(Dream Art Laboratory) 06-6973-6100
プライバシー保護について
Dream Art Laboraotry (DAL) TOP PAGE
当所はいかなる団体・宗教とも関係しません。当サイトにある記事、画像の無断転用を禁止します。 岩波英知書「奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学」 岩波先生の言葉・講演集 e-mail でのお問合せ
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) TEL:03-6416-0611  大阪事務所 TEL:06-6973-6100
COPYRIGHT(c) 2014 DREAM ART LABOLATORY ALL RIGHTS RESDRVED.