岩波英知's ドリームアート(東京、大阪)
岩波英知DALへの予約・問い合わせはこちら
 
Return to DAL Dream Art Laboratory HP 岩波の言葉・講演集 岩波英知のプロフィール、経歴 DAL ドリームアート(東京・大阪)概要 セミナー(東京・大阪)へよくある質問 親子関係悩み解消・不登校克服メール予約
岩波英知不登校克服プログラム他メニュー
親子関係悩み解消・不登校克服セミナー(東京、大阪)
脳覚醒セミナー(東京・大阪)
神経症克服セミナー(東京、大阪)
あがり症克服セミナー(東京、大阪)
メンタル強化セミナー
コミュニケーションセミナー(大阪、東京)
スポーツメンタルトレーニングプログラム
親子関係悩み解消・不登校克服プログラムメール申し込み
東京西新宿連絡事務所
東京西新宿事務所電話番号03-6416-0611
東京都新宿区西新宿 3-5-3-216
大阪事務所電話番号06-6973-6100
大阪市東成区中道3-3-7-207
親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉
親向け 岩波の言葉・講演集 親子関係悩み解決・不登校克服方法 岩波英知の言葉・講演集
親から子供への悪影響 親子関係の悩みと不安解決方法

理性と感情、潜在意識の壁 
親の言葉は子供の心に響かない

心や感情は正当な理屈では動かせられない

なぜ親が、大人が、あるいはスクールカウンセラーのような専門家が心を尽くしても、子供の心に言葉が届かないのか?
あるいは逆に反発を受けてしまうのか?

思春期(中学生・高校生前後)の子供は、非常に心がもろく繊細です。
それでも「いつか私の言うことを聞いてくれる・・・・」と親は願います。
そして、 理性的で大義名分もある「正当なアドバイス」を何度もしてきたと思います。

しかし、それを聞き入れる余地が子供にはありません。
聞いたとしても、とりあえず「うるさいから」と言うことで表面的に聞いていたりします。
心に響いていないことがほとんどです。

人間はどこまでいっても感情優位の生き物です。
ましてや、すごく繊細でもろく傷つきやすく、メンタル面でトラブルを抱える子供は、マイナスの感情も増幅しています。
ありがたいアドバイスも、そのマイナスの感情の壁に跳ね返されてしまいます。

逆にその言葉こそが、マイナスの感情をさらに広げてしまいかねません。
子供にとってよかれと親が思っていること、或いは絶対やっておいた方がいいと大人が思えることでも、子供にはそんな理屈は通りません。
かといって、親が感情的に焦ったり追い詰めたり叱ったりすればするほど、親子関係の溝は修復不能に思えるくらいに広がっていきます。

子供の混乱している脳は溺れている脳と同じ

不登校、引きこもりの子供(準不登校・準引きこもりを含む)は、自分の前にそびえ立つ壁の原因をほとんどを、はっきりとは認識していません。
大人だったら、なぜ自分がダメなのか、できないのか、経験と知識とともにわかってきます。
自分で調べて、どんな症状なのか、神経症なのか認識し、治すための主体的行動を取れます。

しかし、子供は感情的に飲まれやすく、脳が混乱を起こしやすいため、訳もわからずただ溺れてもがくだけなのです(神経症が原因の不登校もあります)。
それが苛立ちや抑うつとなったり、さらなる精神的混乱を引き起こしてしまう原因でもあります。
精神的苦境に訳もわからず、ひたすら耐えるか、無意識に抑圧して、嵐が通り過ぎるのをひたすら待つ。
だが、ますます状況が悪化していることに怯えきって、何にもできなくなってしまいます。

混乱の渦の中に呑み込まれて、自己を客観視することができず、不安と焦りと苛立ちに常にさいなまれています。
悪い感情ばかりの海で溺れて、近くにボートも浮き輪も何もない状態なのです。
だから、助かる方法があれば、それこそ徹底的に全精力をかけて、そこに逃げ込もうとします。

大人から見たら、ただのひきこもりだったり、ネット中毒、ゲーム中毒にしかみえないことでも、子供には逃避先としてこれしかあり得ない状況なのです。
そんなことだから、自分で克服しようという主体性も持てないのです。
リストカットなどの自傷行為も自殺するためにやるのではなく、なぜかやってしまうというのもそれです。
拒食症・過食症もそうです。

不登校・ひきこもりが問題ではなく、それを引き起こす神経症的要素が問題

子供の行動には必ず原因があります。
ただ親が気づかないだけ、教師が気づかないだけの話です。
そこでひきこもりをやめさせればうまくいく、学校に再び通わせれば丸く収まるという目先だけを考えて、対策をとってしまうと、のちのち大きなしっぺ返しが来てしまうことになります。

不登校やひきこもりの問題は、その現象を解消させれば解決ではなく、なぜそうなったかの根本原因を解決せずして、未来はありません。
不登校じゃなくなっても、出社拒否症になったら、後者のほうが遥かにダメージが大きいのです。

無理に親の事情で(親側としては正当なものですが)追いつめてしまうと、ますます子供に逃げ場がなくなり、親の力でも愛の力でも対応が不可能になります。
親のありがたいアドバイスやアクションはすべて的はずれか、裏目に出ます。
子供の心には届かないどころか「どうせ誰もわかってくれないんだ」と反発を招くだけになります。
親の子供への働きかけがどんどん逆効果に陥るマイナスのスパイラルに嵌ります。

感情の抑圧処理と無意識の浄化が脳の混乱を止める

だから、感情の処理、無意識のレベルから対処していく必要があります。
子供の混乱の原因は、必ず何処かに潜んでいます。
いじめ、からかい、親の教育方針の歪み、教師との軋轢、人間不信となるトラウマ、これらの他にもたくさんあるでしょう
そして、その複合要因かもしれません。

メンタル面で非常にもろくなっている子供の無意識的抑圧は、すさまじいものがあります。
それが顕在意識に悪さをするからこそ、常に苦しく、悪い感情に呑まれていってしまうのです。

まず脳の混乱を収めるには、悩みとなっている種を自覚する必要があります。
これはカウンセリングのような理性的対話では、わかるようで実のところわかりません。
やらないよりやったほうがいろいろと学ぶことができます。
とはいっても、過去の出来事は消えません。
原因を知覚したとしても、無意識的抑圧の処理と解放をしてはじめて、心に余裕がもたらされます。

心に余裕がうまれたり、ホッとした気持ちになった時、はじめて、子供は大人の話に耳を傾けることができます。
逆に言えば、余裕が無い状態では何を言っても無理だということでもあります。
とにかく、いろいろなことが現在の苦難につながっていることを自覚できてくると、そして無意識的な抑圧が顕在化して解消していくに連れて、はじめて気持に余裕が生まれます。

そうすると、無意識的な混乱が招いていた、様々な子供の異常な行動、自傷行為や精神的な抑うつ、神経症も治まってきます。
まずは感情的な混乱をおさめてやることが必要になります。
それなしでは、スタートラインにも立てないのです。

逆に、親がありったけの精神力と愛情をどんなに注いでも、子供自身が無意識から混乱していたのでは、あるいは火に油を注ぐだけに終わりかねません。
親と子双方に得るものはまったくありません。

潰れてしまった子供は、それまでに最高の努力をしてきた

ある一線を越えたら、子供の精神面でのトラブルが家族内で解決不可能(あるいは悪化)になるのは、理性で解決できる範疇を超えてしまっているからです。
子供は、さんざん苦しみ耐えてきた末に、ボロボロになっています。
親が知らない間に傷ついています。

子供も、なんとか解決しようともがいてきた結果、うまくいかなかったため、意識的にも無意識的にも混乱状態になってしまうのは当然です。
そこではどんなに素晴らしいアドバイスも、ただのストレス要因にしかならないのです。
さらに、親自身が不登校の問題を通して混乱していたのでは、混乱に拍車をかけてしまうことになるのは、もうお分かりだと思います。

混乱している親は、ドシッと構えたところがなくなります。
子供はそれも不安に思います。
さらに自分のせいで親も困っていると感じると、益々いたたまれなくなり、更に悪循環に入ります。

一番は子供の不登校や悩んでいることへの処理を潜在意識から効果的に対処していくことなのですが、一番難しい問題があります。
子供に当所の不登校プログラムを受けさせようとすると、子供自身原因がわかっていないため、主体的に通う動機がそもそもありません。
これはカウンセリングを受けさせることも同様だと思います。

あるいは、親子関係の悪循環の末、親に反発していて「気持をわかってくれない!」となり、意固地になると主体的な意志も潰れていきます。
ですので、最初に親御さん自身がプログラムを受けることを推奨しています。
親子関係悩み解消・不登校親支援プログラムというものがあります。
親ほど、子供にとってプラスにもマイナスにも導ける存在はいません。
ですので、その支援をどこよりも強力にやっていけますので、ご相談下さい。

親が子供関係なく悩みと無縁に生きることで子供の将来を救う

ただし子供が親にいい方向に導かれる条件として、親が自分自身に不満を持って生きている状態では難しいところもあります。
親自身に弱点があると、どうしてもプラスに導くための足引っ張りになるところがあります。

また、親があまりに子供のことを心配しすぎていると、それも子供の心に良い影響を与えません。
子供は本当に放っておいて欲しいと思っています。
それで親は、子供が自覚して自らの足で立ち上がればと、子供のやりたいようにさせるパターンがあります。

しかし、放っておきながら、異常に子供のことをチェックして心配しているのです。
それは当たり前の心情なのですが、子供は、実は親がとても自分のことを気に病んでいることも知っています。
しっかりと気づいています。
そこがまた心の重荷になっているのです。

それならば、どうせ構わないなら構わないで、親は自分自身のことをやっていればいいと思います。
そうなるためには、親自身も自分をしっかり持っていなくてはいけません。

自分自身を持っていない親の子供は、どこかでいびつな成長をしてしまいます。
これという原因はなくても、長い親子関係の中で、雨水が石を穿つがごとく、子供の心にある影響を与えてしまっているのです。

それらのことを含めて、親子関係悩み解消・不登校親支援プログラムは、親側の心理面、半生の再構築と処理を潜在意識、脳内奥深くから強力に行なっていきます。
それまでの人生で処理しなくてはいけないものがあった人が、その処理を心の底からできた時、必ず子供に良い影響を与えています。

子供は怖いぐらい親をコピーします。
運良く親自身の弱点を反面教師にして、要領良く生きるケースも有りますが、大部分が悪いところを増幅コピーしてしまいます。
悩んで生きてきた親の子供は、もっと生きにくくなる可能性が高いです。

それは子供の心の問題で抑うつ状態やヒステリー状態に陥った親が、さらに子供の精神コンディションを悪化させるのと同じです。
子供が独り立ちをするまでは、親の精神状態は子供の精神状態とリンクしていると思っていいと思います。
だから、子供の問題を機会に、親としてだけじゃなくて、一人の人間として自分を見つめなおすことが大事です。

保護者向け 岩波の言葉・講演集

本人向け 岩波の言葉・講演集

親子関係悩み解消・不登校親支援プログラムはこちら

Official Home Page

親子関係不登校悩み不安解消へ 岩波英知先生の言葉・講演集

ドリームアート(東京・大阪)トップへ
親子関係悩み解消・不登校克服プログラムメール申し込み
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) 03-6416-0611
DAL大阪事務所(Dream Art Laboratory) 06-6973-6100
プライバシー保護について
Dream Art Laboraotry (DAL) TOP PAGE
当所はいかなる団体・宗教とも関係しません。当サイトにある記事、画像の無断転用を禁止します。 岩波英知書「奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学」 岩波先生の言葉・講演集 e-mail でのお問合せ
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) TEL:03-6416-0611  大阪事務所 TEL:06-6973-6100
COPYRIGHT(c) 2014 DREAM ART LABOLATORY ALL RIGHTS RESDRVED.