岩波英知 DAL Dream Art Laboratory
岩波英知DALへの予約・問い合わせはこちら
 
Return to DAL Dream Art Laboratory HP 岩波英知先生の言葉・講演集 岩波英知先生のプロフィール DAL ドリームアート研究所概要 各種心理脳内プログラムへよくある質問 岩波先生のセミナー/プログラムメール予約はこちら
岩波先生の脳覚醒技術心理脳内プログラムメニュー
脳覚醒プログラム
神経症克服プログラム
あがり症克服プログラム
親子関係悩み不安解決プログラム
メンタル強化プログラム
会話の格闘術
スポーツメンタルトレーニングプログラム
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
東京西新宿連絡事務所
東京西新宿事務所電話番号03-6416-0611
東京都新宿区西新宿 3-5-3-216
大阪事務所電話番号06-6973-6100
大阪市東成区中道3-3-7-207
親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉
脳覚醒へ 成功哲学、自己啓発方法、神経症あがり症克服 自己啓発、神経症克服、無意識、潜在意識、瞑想言葉集 トップへ
岩波先生の言葉集 パニック障害の克服方法

パニック障害と自己客観視、パニック脳の上書き

パニック障害の症状には例えばこんなものがあります。

「喉が詰まって呼吸困難になるんじゃないか、窒息死してしまうんじゃないか、このまま息ができないまま、死を迎えなければならない恐怖」
「未経験の動悸の爆発を経験し、心臓も命もどうにかなってしまうんじゃないか」
「手足の末端のしびれ感や震えがどうしようもなくなる」
「胸がこれでもかと締め付けられて、苦しさと恐怖の中でどうにかなってしまうんじゃないか」
「めまいがしたり、気が遠くなって、このままぶっ倒れるんじゃないか、そしてそのまま戻って来られないんじゃないか」
「汗が異常に出て、体が何かおかしいんじゃないか。今までに経験しなかった多汗と悪寒に心を折られそうになる」
「脈が異常に早くなって、どこか血管が破れたり、心臓がおかしくなってしまうんじゃないか」
「頭痛や吐き気の凄まじさやめまいで、とにかくいたぶられる」
「気が狂ってしまうんじゃないか、しかし恐怖と苦しみを味わう意識だけは残っている」
「血の気が一瞬で下がったり、にわかに血液が煮えたぎるような体感を何度も繰り返す」
「一生この恐慌状態が続くんじゃないか、いつ終わるかわからない、それが恐怖と絶望をもたらす」
「これで死んでしまうんじゃないか、どうやっても逃れられない死の恐怖と絶望をもつが、どうあらがっても、ゆっくりと死に襲われ続ける感覚」
「ひどい悪寒を感じ、喉がからからになる」
「落ち着こうとか気を紛らわせようとすると、反対に発作の恐怖に飲み込まれ、もっと恐慌状態が大きくなる」
「どんなにあがいても、逃げ場のない苦しみに繰り返し襲われ続ける」
「パニックに陥っている時、まわりも巻き込んでしまって、恐慌状態の中でも人の視線が気になり、ひどい焦りが生じる、何度も経験しているとまた迷惑をかけてしまうという罪悪感」
など。

これらの生き地獄であるパニック発作を経験してしまうと、ひどい予期不安となって、ずっと日常生活から外せなくなり、常に不安を感じて生きるようになってしまう。
これが転じて、広場恐怖や閉所恐怖、乗り物恐怖になったり、一人でいることに異様に恐怖を覚えて、どこに行くのも付き添いが必要になってしまう(留守番恐怖)。
そこまでいってしまう。

パニック発作への恐怖、もう二度と味わいたくないその強い思いがあるにも関わらず、発作のトラウマが次の不安と恐怖とトラウマを再生産して、とどまることを知れない。
パニック発作が起きない場面に身をおいていても、「もしまた発作が起きたら」「もしあの場所に行ったら」「もし逃れられない閉塞状況に陥ったら」などと、予期不安がずっと苦しめ続ける。

常に予期不安に怯えるということは、抑うつ状態とストレスと抑圧をずっと脳が味わっているため、うつ病に悪化していく。
うつ病はそれ単体で生き地獄だから、ますます逃げ場がなくなる。

どんな人でも、恐慌状態に脳が支配されると、冷静さも自信も吹っ飛び、落ち着かせることは不可能になるし、マイナスの体験が、時間とともにもっと大きなマイナスを作り出す。
その間にプラスの経験がないから、いくら休養をしても、薬を飲んでおさえていても、いつまでたってもパニック発作の影から逃れられない。

さて、パニック状態は、自分の頭だけでパニックになっている。
自律神経の交感神経が極端に優位になって、息が苦しくなるとか、動悸が爆発してしまう。
温度の感覚が熱いのか寒いのか、おかしくなってしまう。
それぐらい普通の感覚からずれてしまう。

パニック状態になった時、先ほど言ったように、「体がこのままおかしくなって命が終わってしまうんじゃないか」と思う。
これは誰もがパニックになったら感じることだけど、パニック障害を克服するためには、それだけではいけない。
あたりまえにやってしまう感じ方、思考を続けていったら、ずっと同じことを繰り返し、悪いことばかりコピーしてしまう
パニック障害から脱するためには、一旦、ちょっと自分の思考の置き位置や角度を変えてみる必要がある。

例えば、パニックになりそうな兆候が押し寄せてきたら「お、お前、今ドキドキしているんじゃないか」と第三者的な視点から自分のその兆候を見てみる。
心臓が激しく動いたり、止まりそうな不安感だったら「心臓がどうなるかちょっと見てやろうか、どのくらいになるか」と客観的に自分の身を置いてみる。
もちろんそんな冷静な状態になれたら、誰だって自力でパニック障害を克服できる。
しかし、不可能でも無理でも、その思考が大事だと知っておくことは、絶対に必要だ。

極度に冷静な客観性のある脳の回路(脳覚醒状態)を、私の技術で作りこむことができるけれど、普段からの思考のベクトルの向きとして、ぜひ客観化をやってほしい。
距離を置いて客観視してみると「ああ、こんなものだったんだな」と思えたらしめたものだ。
パニックに飲まれる位置から、距離を置くことになり、それがちょっとずつ余裕につながっていく。
パニックっても、その角度で見ていると、静まっていく。

「ああ、続いても○○分ぐらいだ、死ぬことはなかったんだ」という結果がちょっとした自信になる。
「○○分だけ我慢すれば、私のパニックっていつまでも続いているわけじゃないし、静まるんだな」と一つ学習できる。

パニックで死ぬことはない、ずっと続くわけじゃない、と専門家の先生は言うけれど、確かにそれはあたっている。
ただアドバイスされても、「そうなんだ!」という心底からの部分がないと意味がない。
それぐらいでパニック障害が良くなったら、こんな苦労はしていないわけだ。

「ああ、そうなんだ、死ぬわけじゃないんだな、おさまるものなんだ」と自分の思考の立ち位置をずらすことで一つ体験すること。
そうしたら、はじめて、その言葉が自分の中で真実に変えられる。

とはいえ、パニック状態って恐慌状態なわけだから、最初簡単には自分を客観視できない。
しかし、心構えがあるのとないとでは、結果に雲泥の差が出る。
極度に体が硬まって、思考も硬直化しパニック一直線になってしまうから、そこを緩める訓練が大事になってくる。

脳に「緩み」「リラックス」を覚えさせて、条件化していくことをやっていきます。
脳は一度覚えた特殊な体感は、一生忘れていない。
普通は引っ張り出すことがないままそのまま過ぎていってしまうけれど、このプログラムではそれを自分でいつでも引っ張り出せるように条件付けをしていきます。
コントロールする技術を教えていきます。

そうするとパニック状態やそれになりそうな自分を客観視できる枠ができてくるから、余裕と自信がついてくる。
パニック障害になると今までの自分の体(思考)への信頼性が一発で崩壊してしまうため、自信を取り戻させてやることが必要。
圧倒的恐怖の中で、無意識に強烈なマイナス暗示が入り込んでしまったのと同じ状態なわけだから、逆ベクトルの暗示を与えていく。

暗示だけじゃなくても、思考の位置をずらすことでも自信を拾える。
そうやって、再び「大丈夫」という精神的栄養を得ていくことがパニック障害克服の大切なことになります。

パニック障害に長い人生のルーツが関係ない人は多い。
心身のバランスの不調のタイミングが悪くて起きてしまったがために、トラウマとなってしまう。
恐慌状態では人は簡単にマイナス暗示にかかってしまう。
だから、また同じ場面になると、マイナス暗示が作動し、第二第三のトラウマを作っていく。

そうなると、脳がもうパニックしか味わえなくなるし、緩みというものが一切なくなる。
強烈な悪い状態を味わってしまった脳には、いくら正しい理屈で対処しても、話を聞いてもらっても、まったく効果が出ない。
脳に伝える言語がまったく違っているからだ。

それに薬を飲んで発作を抑えたとしても、トラウマまで解消してくれない。
無くてはならないものだとはいえ、依存しすぎた時の副作用や、減薬していく時の離脱症状のつらさも加味されていく。

だからこそ、脳に別の強烈なとてつもないリラックス感、恍惚感、つまり脳内の神経伝達物質がほとばしった状態を味合わせることで、パニック脳を上書きする方法が大事になってくる。
脳はいつまでも強烈なインパクトを覚えている。
だからこそ、パニックの恐慌状態は、いくら休養しても安静にしても、ぼやかすことはできない。
何かあるとすぐにスイッチが入ってしまう。

パニックで失ってしまった時間ややりたいこと、これから失うかもしれない時間、望んでもできないであろう夢や希望・・・・これらのことを考えると、根本から克服し、脳の記憶を上書きさせることが一番の近道だと私は思います。

※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です

岩波英知’s ドリームアートの神経症克服プログラム

パニック障害克服のための自己客観視 岩波英知の言葉

【パニック障害克服法】

DAL ドリームアート・ラボラトリー ページ・トップへ
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) 03-6416-0611
DAL大阪事務所(Dream Art Laboratory) 06-6973-6100
プライバシー保護について
Dream Art Laboraotry (DAL) TOP PAGE
当所はいかなる団体・宗教とも関係しません。当サイトにある記事、画像の無断転用を禁止します。 岩波英知書「奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学」 岩波先生の言葉・講演集 e-mail でのお問合せ
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) TEL:03-6416-0611  大阪事務所 TEL:06-6973-6100
COPYRIGHT(c) 2014 DREAM ART LABOLATORY ALL RIGHTS RESDRVED.