岩波英知 DAL Dream Art Laboratory
岩波英知DALへの予約・問い合わせはこちら
 
Return to DAL Dream Art Laboratory HP 岩波英知先生の言葉・講演集 岩波英知先生のプロフィール DAL ドリームアート研究所概要 各種心理脳内プログラムへよくある質問 岩波先生のセミナー/プログラムメール予約はこちら
岩波先生の脳覚醒技術心理脳内プログラムメニュー
脳覚醒プログラム
神経症克服プログラム
あがり症克服プログラム
親子関係悩み不安解決プログラム
メンタル強化プログラム
会話の格闘術
スポーツメンタルトレーニングプログラム
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
東京西新宿連絡事務所
東京西新宿事務所電話番号03-6416-0611
東京都新宿区西新宿 3-5-3-216
大阪事務所電話番号06-6973-6100
大阪市東成区中道3-3-7-207
親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉
脳覚醒へ 成功哲学、自己啓発方法、神経症あがり症克服 自己啓発、神経症克服、無意識、潜在意識、瞑想言葉集 トップへ

能動的注意集中の盲点と理想の意識の
流れ

世の中には様々なより良く自分を変えるための方法があります。
そのどれも自分の内面、それも奥深くに意識が到達すればするほど、理想の自分に変えるためのステージに到達できます。
これは間違いがないことであり、やる価値が確実にあることは保証します。
ところが、です。
自分・自意識・無意識・理性といったものが大きな壁として立ちはだかってしまう。
しかもやればやるほど、真剣に取り組めば取り組むほどです。
自分の精神・無意識・神経・脳内・潜在意識といった類のものに、注意と意識を集中させる訓練をした場合、結果的に裏目に出てしまい、何十年訓練をしても、ある一定以上進歩しないケースが多いのです。

心や脳内に興味を持っている人にとって、避けて通ることができない最初の課題は、『雑念への対処法』となるでしょう。
雑念が浮かぶということは、集中していないから起こる。
そういう考えのもと、誰もが雑念をゼロにしよう、そうじゃなくちゃ先に進まないと、一生懸命意識と注意を内部に集中しようとする。
しかし、雑念というものは、意識して打ち消そうとすればするほどますます肥大化していくもの。
簡単にいえば、雑念の外し方は、『雑念の海の中でやる、その中でやらさせてもらう』『雑念があってもそれがどうした、そのままやるぞ』『雑念だらけなのが私の人生だ。いまさらそれがなんだ。来るなら来てみろ』という覚悟を含んだ気持こそが、最終的に雑念にとらわれない自分になれます。
だけど、『雑念への対処法』を誤ると、一層雑念にとらわれて、落ち着かなくなったり、息苦しくなる。
そもそも訓練すら怖くなる。

もう一つの問題は、あまり認識していない人が多いけれど、集中の方法だ。
意識と注意集中を誤ったやり方でやってしまい、結果的に何の心の変化も体感の変化もない停滞感が続くことになる。
集中すればなんでもいいわけではないんだ。
あらゆる雑念を超えた集中こそ、次なる扉を開く必要不可欠な要素だと、意気込んでもやり方が間違えると、雑念地獄に陥って、せっかくの瞑想も迷走し始めることになる。

では、その間違った『意識の集中方法』というものはどのようなものなのか?
雑念にとらわれ集中できない人からすれば、集中できるのだからいいじゃないか、と思うかもしれない。
私は雑念だらけで全く進歩しないぞ、と。
でも、その集中は、実にもったいないやり方で、結果として、雑念にとらわれる方法でしかない。
それは何かというと、『能動的注意集中』という意識の流れだ。
殊に心・無意識や脳に対して、能動的注意集中で取り組んでしまうと、ある時点から進歩がピタッと止まってしまう。
悪いことにせっかくの内面への掘り下げが退化してしまう恐れもある。

いまさら言うまでもないが、 心や脳の動きはとんでもなくやっかいだ。
気力や知恵、理性だけでは、深いコントロールはできない。
どんなに科学技術や医学薬学のレベルが上がっても、人の心をいい方向には導くことはできない。
逆にその弊害で、人は精神的に、ますます非健康的な状況に追い込まれていなくもない。
だからこそ、古今東西、瞑想や座禅・気功・呼吸法・ヨガやチャクラ、あるいは自己催眠・自律訓練法に至るまで、様々な方法で、己を変えようと大勢の人がチャレンジしてきた。
しかし、ほんの一握りの素質を持った天才といわれる人間のみがその恩恵にあずかっている。
その他ほとんどすべての人間が、やってもやってもますます手が届かないはるか彼方に、無意識と脳の本能レベルは遠ざかっていく。
そうして迷走を続けながら、それでもゴールはあるはずだと、十年、二十年、三十年と時間を費やす。
裏を返せば、それだけ人の潜在意識や脳に可能性が眠っているとみな感じているということだし、追求しがいのある分野だという証明だ。
それに私の経験からも、何十年たっても深く研究するしがいのある、とんでもない可能性を秘めた分野なのは間違いない。
心理学や大脳生理学だの、無意識だの脳内ホルモンだの何だのは陳腐化していて、カビが生えてきているけれど、それは現在の限界が古臭くさせているのであって、脳や潜在意識そのものは、想像を絶する凄味がある。
これはうちで深く体験すればするほど、絶対に知覚できることだと思う。

人生はリセットしてやりはじめることはできない。
人の脳や心にはスペアもない。
そして、一度、己の心や脳内に対し、真剣に取り組んだからには、人生をかけてで大きな成果を上げたいはず。
だからこそ、「己の絶対的な集中力が、不可能と思えることでも可能にさせるのだ!」
そういう決意で取り組んでいる人は多いでしょう。
が、前に言ったように、能動的注意集中で取り組むと、せっかくの集中力が全て裏目に出てしまうんだ。

では、その意識の集中の仕方の何がまずいのか?
そして、理想の注意集中とは何だろうか?
自分の心と脳の奥深くに、己の意識を達するために、その2つはどう違うのか?
心と脳の世界により深く入っていくために、確かに注意集中は必要だ。
しかし、持続力が続かない集中(雑念を引き寄せる集中)と、どんどん深い体感の世界に入っていける集中があるのは認識した方がいいです。
その差をこれから述べていきたい。

瞑想・気功・ヨガ・自己催眠・自律訓練法といった分野すべてに当てはまることだけど、一番身近な方法として、自律訓練法を例にあげてみたい。
これはシュルツが作ったもので、家で気軽に誰でもできるということで多くの人がやっています。
これをやった人の多くがどのような感想を持っているか、あえてここでは言わないけれど、これには集中力が大事だということで、みんな頑張って意識をある一点に向けようとする。
自律訓練法には入り口として「手が重い」「脚が重い」「手が温かい」「お腹が温かい」などの項目があるけれど、どれもこれも意識の集中が『意図的』になってしまう危険性がある。
何のためにその自律訓練法をやっているのかというと、そもそも脳にリラックス感を与えることが目的の一つだ。
それをベースとして次なるステップに進んでいく。
しかし、能動的に「手が重い! 手が重いんだ! 手が重くなれ!」なんて念じていると、脳が緊張感を引き起こし、逆に疲労してしまう。
何も考えないくつろぎどころか、頭がスッキリしなくなってしまう。

理想を言えば、右手の重さを感じる時、受動的な受け身の「右手がここにあるんだな・・・・あるぞ・・・・おもーい」という感じがいい。
どういうことかというと、「ああ・・・・腕って重くなることもあるんだな・・・・」とあるのを認めながら、重いという感覚がある。
脱力した感じのけだるい重さから、さらに広がった重さが必要だということ。
それが受動的な意識の集中で作り出したものがいいし、そうじゃないと生み出せないものだ。
ところが、やる人は、「反応したい、反応しないな、暗示にかからないな」という戦いにすぐ入ってしまう。
すぐに見返りを得ようと、重いという感覚を自分で意図的に無理やり作りだそうとする。
重さの脱力感を待っていられないんだ。
早く作りたい! 作らなくちゃ先に進めない! と思うから、能動的な意図的な意識集中になり、脳が重くなってしまう。
最初の方はまだいい。
なぜなら、手が重くなるとは、能動的注意集中でもある程度可能だからだ。
それで自律神経をコントロールできたと喜ぶ。
しかし、ある時から、どうもうまく重さを感じられなくなる。
だから、なおさら無理矢理頑張って注意集中をして、意識を手の重さに向ける。
「重い! 重くなれ! 重くなるんだ!」
そして、「前はうまくいったのにどうもうまくいかない、何がいけないんだ、集中力が足りないからか?」と雑念と焦りの中で、ますます頑張る。
そこでエンドレスの焦燥感地獄に入って、今度は知恵を使いはじめる。
そうなると、感受性の部分が疎かになり、なんのためにやっているのかわからなくなる。
感じることが最重要なのに。
訓練をやったら疲れた、頭が緊張を残しただけとなる。
それはもう自律訓練法の本来の質から外れてしまう、やればやるほど。
だから、雑念との戦いだけやっていて、進歩していない人がほとんどなんだ。

瞑想・坐禅でもヨガ・チャクラでもそう。
己の内部に意識を集中させるすべての方法において、能動的注意集中は妨げになる。
ただし、ここに心と脳への神秘性と無限性が、それでも十年、二十年とかけて取り組み続ける価値を幻出させる。
たまたまタイミングが合って、能動的注意集中をしなくて、受け身の注意集中がピタッとはまって、今までとは違う意識の流れを経験することがある。
努力感なき努力ができていたり、バカになってやれていたり、そういうときは、自分の想像をはるかに超えた変性意識を味わったりする。
「何なんだ、これは!」と感動できるぐらいの体感だ。
だからこそ、もっともっと深まってやろう、なにか価値を作ってやろうと、頑張るし、そういう体験をしたことがある人だけが、十年、二十年と修行ができる。
途中で迷ったり立ち止まったりしながら。
でも、実際にそれだけの価値は確実にある分野だ。
ほんとうに脳の可能性は凄い。
普段感じている感覚というものは、本物の感覚体験からしたら、ミジンコ並みだといっていい。
しかし、ここでまたしても、内面修行に能動的注意集中で取り組んでしまったりする。
そしてまた袋小路に入る。
しまいにはあのすばらしい過去の感覚まで忘れてしまう。
なまじそこそこの変性意識体感しているだけに、それをまた味わいたいという思考がさらに知恵と雑念を引き寄せる。
本当に人の脳や無意識というのは、手が届かないほど奥深くて複雑怪奇だと呆然とする。
ただ、その複雑怪奇さは、自分の頭で勝手に創り上げてしまったものなんだ。
難しく考えていないときにうまくいっていることを思い起こせば、脳はぴったりハマった時とても単純に深く深く動いてくれる。
注意集中のやり方一つで、脳は単純か複雑難解かはっきり分かれてしまうんだ。

意図的な能動的注意集中になりやすいのは、一人二役で『暗示をかける人と感じる人』をやってしまう理由が大きくある。
誰もが知らず知らず陥りやすい罠だ。
ところが、当所で誘導する場合、自分である感覚の状態を創りだそうと思わないで、聞いているだけでいい。
完全に任せてもらえばもらうほど深く鋭く暗示に反応していく。、
つまり受け身だから、「なんとかしなくちゃ・・・・!」という脳を使っていない分、一人二役やらないからこそ、驚くほど深い暗示にも反応する。
ただ他者暗示ならば入るのかというと、そう単純じゃない。
かなりの技術や経験、心理把握も反射神経も必要となるから、暗示を掛ける人の能力にかなり左右されてしまう。
プロといわれる人間ですら、実は迷いながらやっている人は多い。
うちでは手前味噌だけど、誰でも暗示に反応するための脳の条件付けの威力と効果がすごいから、瞑想や自律訓練法を50年やっても、一瞬でその感覚体験を超えてしまうし、やればやるほど深さを更新していくのだけど、本当はものすごく難しいんだ。

自律訓練法は二役で力んでやってしまうから、一番大事なリラックスして感じる脳はどこにあるのか? それを置きざりにしてしまう。
「重い! 重い! それを作らなくちゃ!」と念じている役と、もう一役の自分で受動的に感じる役がぶつかり合って、そこで成果が逃げてしまう。
だから働きかける注意集中ではない、受動的注意集中が必要になる。
集中といってもそのような種類があるし、脳は後者じゃないと決して変えられない。
うまくいっているときは、必ず感受性に富んだ受動的な注意集中ができているはず。

では、受け身の注意集中が必要は理由は何なのか?
催眠とか暗示とか、無意識といった類の分野で、「腕が勝手に上がりますよ」と暗示をかけられたら、被暗示性の高まっている人は実際に動く。
暗示をかけられた人は「勝手に動きました、自動的に!」と喜んだりする。
実は暗示をかけた人もその場にいる誰も、その人の手を動かしていない。
本人は動かされた、と施術者の言葉で感じている。
でも、あくまで動かしているのは自分以外あろうはずがない。
ということは、その人に動かしている意識がないという話なんだ。
その意識がないのに、「手をあげさせられている、あげさせられたぞ」というのはどんな意識か?
本人の脳内では「わざとやっているのかな?」「無理に上げてやるぞ!」「上がらないぞ」という戦いに入っていない。
能動的な注意集中がそこにはないんだ。
手前でその人の意識がどうなっているかというと、鈍化していて、心ここにあらずというような状態になっている。
例えば、テレビを見ている。
見ているんだけど、心が何処かにいっていて、途中で「あっ」と気づいて、テレビに意識を向けることがある。
テレビを見ていないんだけど見ている、見ているんだけど見ていないそんな状態がある。
そういう注意集中が、瞑想や暗示、催眠、自律訓練法からヨガに至る全てのことについて、ある意味では一番理想なんだ。
注意は集中している、テレビが有るのがわかっているけれど、見ている感じがしているけれど見ていなくて、意図的じゃない。

普通は意図的に何とか訓練を進歩させようとしてしまう。
それに、雑念にも己にもとらわれない無念無想が理想だといって、そうなるべく励んでも、意図的・能動的な世界で無念無想はありえないことだ。
かといって、なんの努力をしなくても、無念無想に至ることもない。
だから、努力感がない努力が理想となる。
ただし、瞑想でもヨガでも、そこの世界を追い求めたりするけれど、実際は難しい。
「求めないから求められる」
では、「求めないものを求められるのか?」となると、禅問答になっちゃうけれど、受動的注意集中はその一つの答えだ。
もう一つ、私の技術ノウハウに絡めて言えば、そのくだらない禅問答を超えるには、理性だの知恵だの工夫だのやり方だの、そういうものをすべて超越した圧倒的な威力のある方法が一番の近道だったりする。

それができるのは、当所と私の技術ノウハウで確実に超えられるし、一瞬で何十年分のプロの瞑想家の変性意識・トランス体感を超えられるものを提供できます。
そして、やればやるほど、普通にやっていたのでは決してたどり着かない脳の体験の深さを味わえ、さらにどんどん超えていくでしょう。
ありきたりの何のエネルギーがないことをちまちまやっている、その努力を当所のプログラムで発揮すれば、最大限の成果を上げることになります。
今までの変化のない努力で、瞑想や自律訓練法・ヨガ・チャクラ・自己催眠、そして自律訓練法をやっていくと、雑念の罠、能動的注意集中の盲点にはまります。
ところが、 五段階脳みそが飛躍した時の「これはなんだろう、なんなんだ!」という凄い感覚体験の回路を先に脳に植えつけて、その『無』を淡々と浸りながら拾って味わい、努力しない努力をつくって、もっと浸らせておいて、さらに次の深い脳内変性状態を作ってやって、またその世界に漂わせてやりながら、次の脳の高度な段階に努力なき努力で、『さらなる高みに深めていく』世界のどこにも存在しない独自のカリキュラムがあります。
簡単に言えば、 先に感じる理想の脳を作ることで、受動的な注意集中ができやすい意識の流れを作ることができます。
なぜなら、圧倒的な体感を実際に脳が味わっているからこそ、受け身の注意集中で、条件づいている脳からそれを引っ張り出せばいいだけになるからです。
脳は一度深い体感を決して忘れることはありません。
つまり、自分でトランス瞑想体感を作りこむことを能動的にする必要がないので、受け身の受動的注意集中ができ、感じる心を最大限に発揮出来ます。
無理矢理、意識を能動的に徹底集中してつくろうとしていたら、浅い変性意識に入ることすら、いやリラックス感ですら距離が遠くなってしまのです。
たくさんの精神修養、脳の訓練を一生懸命やってきた人にこそ、当所の技術を味わって欲しいと思っています。
そのような人ほど、その感動はすごいです。
ありえないと感じるでしょう。
理想の感じる脳、受動的な脳の状態を作り出す技術があります。
家で訓練をやる場合は、能動的注意集中に陥らないようにしてください。
その集中しようという努力は称賛すべきことですが、感じる受動的な脳の動きができるように修練してください。
脳が深く条件づいている人であればあるほど、引っ張り出しやすくなるでしょう。

※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です

脳覚醒プログラムはこちら


心理脳内プログラム】【トランス・瞑想・マインドフルネス】【脳覚醒方法】【潜在意識・無意識・本能】【人間心理の本質

DAL ドリームアート・ラボラトリー ページ・トップへ
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) 03-6416-0611
DAL大阪事務所(Dream Art Laboratory) 06-6973-6100
プライバシー保護について
Dream Art Laboraotry (DAL) TOP PAGE
当所はいかなる団体・宗教とも関係しません。当サイトにある記事、画像の無断転用を禁止します。 岩波英知書「奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学」 岩波先生の言葉・講演集 e-mail でのお問合せ
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) TEL:03-6416-0611  大阪事務所 TEL:06-6973-6100
COPYRIGHT(c) 2014 DREAM ART LABOLATORY ALL RIGHTS RESDRVED.