岩波英知 DAL Dream Art Laboratory
岩波英知DALへの予約・問い合わせはこちら
 
Return to DAL Dream Art Laboratory HP 岩波英知先生の言葉・講演集 岩波英知先生のプロフィール DAL ドリームアート研究所概要 各種心理脳内プログラムへよくある質問 岩波先生のセミナー/プログラムメール予約はこちら
岩波先生の脳覚醒技術心理脳内プログラムメニュー
脳覚醒プログラム
神経症克服プログラム
あがり症克服プログラム
親子関係悩み不安解決プログラム
メンタル強化プログラム
会話の格闘術
スポーツメンタルトレーニングプログラム
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
・料金システム
[ベーシックコース]
一般向け 通い1コース(10回)
400,000円
※現金一括払いのみとなっています。
集団形式で開催。
※一般向けコースは個人では行っていません。集団のみ受け付けています。
東京の西新宿、大阪の森ノ宮の事務所まで通ってきて下さい
東京西新宿連絡事務所
東京西新宿事務所電話番号03-6416-0611
東京都新宿区西新宿 3-5-3-216
大阪事務所電話番号06-6973-6100
大阪市東成区中道3-3-7-207
親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉
脳覚醒へ 成功哲学、自己啓発方法、神経症あがり症克服 自己啓発、神経症克服、無意識、潜在意識、瞑想言葉集 トップへ
岩波英知の言葉 あがり症の治し方、解決方法、克服方法

 治らなかったあがり症が解決される日

あれだけ克服しようとしても治らなかったあがり症。
なぜ人前でのスピーチや会議やプレゼンテーションがトラウマになって、心の傷を積み重ねてしまったのか?
予期不安に襲われて、仕事にも日常生活にも支障をきたしてしまったのか? 
そして、どうして克服ができるのか?

このあがり症の根っこを解決しないと、その場面以外でも、悩みが時とともに波及していくため、一刻も早い根本的処理が必要になります。
場数は失敗のつらい経験を増すだけです。
慣れが必要なんていうものは、反射神経のアガリの前には何の役にも立ちません。

あがり症・話し方でのトラブルや緊張は、悩み単体の苦しみで終わらず、生きること自体への障害となってしまう。
人は人と関わりあって生きていかざるを得ず、その上で一番基本となるものが「発言」「会話」「対話」「コミュニケーション」だ。
そして、学校でも、社会に出てからも、「スピーチ」「プレゼンテーション」「発表」「面接」が嫌というほど待ちかまえている。

ここにあがり症の弱点を持ってしまった人は、いくら仕事ができても、みんなからバカにされて出世にも生きがいにも響くし、プライドが崩壊すると考え、なんとかしないといけないと焦り始め、その焦燥感が次の強度なあがり症を生み出していく。
その終わりのない負の連鎖を断ち切らないかぎり、どこに移ろうが、転職しようが、一生ついて回ってしまう。

それは老人になってもそうで、今あがり症が起きないように避け続けることができても、どこかで壁にぶつかってしまう。
仕事をしている人にとっては、逃げ続けても、いつの間にか四方を取り囲まれて、逃げ場がなくなってしまう。
その時にはもはや時間も残されていないし、それだけにどんな対策をとっても難しくなる。
だから、今克服しなければならない喫緊の改題なんだ。

特に逃げ場がない状況、つまり人前での発表・発言が、出世や自分自身の評価に直結する場合、いよいよあがり症の人は追い詰められてしまう。
あがりも過緊張も、極度にマイナスの感情の渦に呑み込まれた状態であり、そのマイナスの感情はいとも簡単に増幅する。

そうならないためにも、たくさんの話し方やプレゼンテーションの本を読み、心を鍛錬し、話し方の訓練を人生をかけてやる。
あがらずに普通にできている人間が、その時間もキャリアとスキルの向上のために猛進できているのに、「なぜ私はこんなことをしなければならないんだ…」と比較して落ち込んだり、自分に苛立ったりするけれど、とにかくやらなければ始まらない。

だが、徹底的にやりこんだシミュレーションも、冷静でいようとする強い意志も、反射的に一瞬でリセットされてしまう。
手が届かないはるか深みにある「もう一人の自分」だけが説得効かない。
有無をいわさず瞬殺されてしまう。

やればやるほど努力が仇となり、あがり症悪化になっていくことを、多くの人が経験していることだと思う。

上述の通り、場数や経験も、その失敗がトラウマになり、そのトラウマが更なる失敗を呼び起こす悪循環にはまる。
しかし、避け続けることは長い人生では難しく、特に出世すればするほど、人前での発言が増える恐れがある。

かといって、逃げ続けた人生に安堵感と希望があるかといえばそうじゃない。
仕事じゃなくても、地域や学校の集まりでも、あがってしまう場面はこれから先ないわけはない。
結果は自己否定や他者への劣等感につながっていく。
あがる以外は、素晴らしい能力だったり、人に勝る長所をたくさん兼ね備えていたとしてもだ。
これほど悔しくてもったいないことはないと思う。

だからこそ、力を自由に発揮できるようになるためにも、私が根本からの解決の力になりたいと思います。

会話の弱点やあがり症、各種の震えなどの症状を抱えてしまったら、非常に生きづらく不都合なことばかり。
そして、その中で生きねばならぬ現実。

だが、どんなに根性と気力と知恵を武器に立ち向かっても、あがる自分だけはどうにもできない。
その苛立ち。
「なぜ、なぜなんだ?」の罠に陥り、焦りと反射神経だけが強化される。
理性も知恵もふっ飛ばされたあがりの世界でひたすらもがき続ける。

その狭間で多くの人が苦しんでいる。
絶対に克服してやろうと、人の何倍も努力してきている。
だが、現実は変わってくれない、その無力感。

それはまさに呪いにかかっているようなもの。
あがり、震え、過緊張に呪われた人生が長いと、生きている喜びも感じなくなっていく。
常に脳が味わうのが、不安、恐怖、焦り、怒り、自己否定の連続。

なぜ変われないのか?
なぜ克服する努力すべてが、逆に有無をいわさないあがりの反射神経回路を強化してしまうのか?

厄介なことに、あがり症を発症させる種は、平常では手の届かない心の深淵(無意識、情動部)にある。
だから、理性や知恵の対策で終わってしまう話し方教室やたくさんのノウハウ本・テクニック本の知識ではどうしても限界がある。
テクニックは所詮テクニック、小手先は小手先でしかない。

確かに、それぞれが素晴らしい理論・方法論をもっているだろう。
納得いく理論に触れた時、「これならうまくいく、今度はうまくいくかもしれない」という希望が芽生えたりする。

しかし、「本番」ではすべて消し飛び、気休めにしかならなかった現実に直面する。
頭が真っ白になったり、手が震えたり、異常な汗をかいたり、口から心臓が飛び出そうになるほどの動悸、極度の緊張感に襲われ、理性が吹っ飛ぶ。

あがり・過緊張のドロドロとしたものが渦巻いている心の深淵は、地球で言えばマグマであり、どうにかそのマグマの突き上げを抑えようと努力する。
しかし、平素の対策、知恵や理性の対策でやれることといえば、マグマを水で冷やすために、スコップで穴を掘るようなもの。
とてもじゃないけれど届かない。
穴を掘れば掘るほど、自分でどこを掘ったのか混乱し、自分が落とし穴にはまる羽目になってしまう。
墓穴を掘るなんてことになったら最悪だ。

それに一時しのぎの対策を取れば取るほど、どんどんあがり症に執着してしまう。
その執着が毎日あがり症のことを考え、予期不安を起こし、さらに執着する最悪の流れに入っていく。
あがり症のことを考えない日はなく、あがり症とあがり症対策、そして失敗と後悔と憂鬱のためだけに生きてしまう。
何をやってもうまくいかず、自己嫌悪に陥る悪循環…。

その場しのぎの対策(薬を飲む、人を避ける、話す場をとことん避ける)では、ますます自分を追いつめていくだけ。
逃げれば逃げるほど、自分という可能性を制限する悔しさと後ろめたさを感じもする。
普通にできている人間が羨ましいと同時に、自信をなくしていく。

その不安と焦りと恐怖は、ますます自分にマイナスの自己暗示をかけてしまう。
人は感情の渦に飲まれている時に、簡単に不安の暗示が入ってしまうから。
だから、悪循環で溺れながら、話し方教室に通っても、催眠療法に通っても、あがり症から脱出できない人が大半となる。

極度の緊張やあがり、そして手の震えは、その人だけの積み重ねてきた人生のルーツがあり、そういうきっかけがあって極度の苦手になったり、頭が真っ白になる。
つまり常にそこに執着する人生を歩んでしまった、歩まされてしまった、とも言える。
人前で失敗したことがあったり、人から緊張を指摘されたり笑われたり、といったことがあったりする。
「人からよくおもわれないといけない」「失敗をしてはいけない」「人からバカにされてはいけない」「完璧にやらなくてはいけない」といった親の教育も影響したりする。
しかし、誰一人、根本からしてあがり症だったわけではない。
例えば、その時の状況やクラスメートの嘲笑や、失敗や恥が許せないことを植えつける家庭環境があったから。
それとは別に、会議でのたまたまの、たった一度の失敗が、最悪のトラウマになったりもする。

だが、一度失敗し、それがトラウマになり更に失敗を重ねてしまった以上、無意識の底から緊張の容赦ない突き上げが噴出してくる。
これはもう知恵や理性の対策では防ぎようがない。
自分の感情からはどんなに逃げても逃げ切れない。

まずいことに予期不安が追い打ちをかけ、毎日が楽しくなくなってしまう。
常に考えるのは、来週の会議、集まり、プレゼンテーション、冠婚葬祭、発表ごと・・・・。

ただ一つこの症状があるばかりに、すべてが味気なく無感動で、そのくせ不安と焦りだけは感じて生きざるを得ない。
これさえなえれば、と心底思うけれど、その「これさえ」が執着を強める。

地獄のような、呪いのようなこの悩みは、どうしたら解決したらいいのか?
根本的に無意識レベルから対処せずして、本当の解決はあり得えない。

たしかに緊張は誰でもする。
したことがない人は痛感がない人と同じで、逆に危険とも言える。
それらは人間の防衛本能として立派に組み込まれ、そのため人間は生き残れてきた。

だからこそ、緊張を打ち消そうとする試み自体、多大な労力と気力をつぎ込んでも、強力な本能・感情であるため、太刀打ち出来ない。
結果はさんざん言ってきたような悪循環へつながる。

じゃあ、根本から解決しようと思っても、方法をどこも提示してくれない。
心の底から解決する、と言うこと自体、非常に難問なのだ。
それは貴方が一番よくわかっているだろう。

まずそれが可能な心理療法や心理カウンセリング、話し方教室、病院、薬物療法は、理論上ではあってもど存在していないのが現状だ。
私のプログラムには、何を経験してきても結果が出なかった人がとても多い。
日本にも世界の先進地域にも、どこを探してもなかった人が通ってきている。

あがり・緊張のマグマを沈めるためには、普通をやっていてはいけない。
あがり症の症状自体、普通ではない。
普通だったら、とっくに克服できているはずだし、異常な状態だからこそ手に負えない。
理論じゃなく、実際にここでは、人の最も深淵から解決できる技術がある。
溶岩が突き上がってくる、その元のマグマを沈めることが実際にできる。
無意識レベルに切り込めるノウハウと技術と方法を有し、同時に武器となる会話術、コミュニケーション術、オーラの獲得まで高レベルにできるプログラムは他にないと自負している。

極度の緊張が湧き上がる種、トラウマの連鎖を、無意識、情動レベルから破壊・解消していくことが可能だ。
悩みの原因への執着を、特殊な意識の流れの時に解消していくことが可能なため、どんなに全精力をつぎ込んでも不可能だった、自分を変えられる。
これは大きな感動と驚きを伴うため、他のどの方法よりも、すごいプログラムだと確実に感じることだと思う。

この画期的な技術で本来の失ってきた自分と夢を取り戻してください。
劣等感から自信へと劇的な転換をはかってください。
一度や二度人生でつまずいても、弱点が何個あっても、何歳であっても、輝かしい人生は取り戻せる。
自由に羽ばたける。
その意志と願望があれば、今の悪循環でもがいている苦境を脱することができる。

才能も自分も制限せずに発揮し、やりたいことをやれる人生、充実した人生、自由な解放された人生、感動に満ち溢れた人生を走ってください。
短期に劇的に貴方は変われます!

※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です

あがり症克服プログラム

 

会議・プレゼン・人前での発言など 岩波英知の言葉・講演集

潜在意識・無意識・本能】【話し方・会話術向上】【あがり症・手の震え克服法】【対人恐怖・社会不安障害克服法

DAL ドリームアート・ラボラトリー ページ・トップへ
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) 03-6416-0611
DAL大阪事務所(Dream Art Laboratory) 06-6973-6100
プライバシー保護について
Dream Art Laboraotry (DAL) TOP PAGE
当所はいかなる団体・宗教とも関係しません。当サイトにある記事、画像の無断転用を禁止します。 岩波英知書「奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学」 岩波先生の言葉・講演集 e-mail でのお問合せ
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) TEL:03-6416-0611  大阪事務所 TEL:06-6973-6100
COPYRIGHT(c) 2014 DREAM ART LABOLATORY ALL RIGHTS RESDRVED.