岩波英知's ドリームアート(東京、大阪)
岩波英知DALへの予約・問い合わせはこちら
 
Return to DAL Dream Art Laboratory HP 岩波英知先生の言葉・講演集 岩波英知のプロフィール、経歴 DAL ドリームアート(東京・大阪)概要 セミナー(東京・大阪)へよくある質問 岩波先生のセミナー/プログラムメール予約はこちら
岩波英知の各セミナーメニュー 東京、大阪で開催
脳覚醒セミナー(東京・大阪)
強迫性障害克服セラピー(東京、大阪)
あがり症克服セミナー(東京、大阪)
不登校克服親子関係支援セミナー
メンタル強化セミナー
コミュニケーションセミナー(大阪、東京)
スポーツメンタルトレーニングプログラム
Dream Art(大阪・東京) 予約メール
東京西新宿連絡事務所
東京西新宿事務所電話番号03-6416-0611
東京都新宿区西新宿 3-5-3-216
大阪事務所電話番号06-6973-6100
大阪市東成区中道3-3-7-207
親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉
強迫性障害克服セラピー(東京・大阪)メール申し込みはこちら
岩波英知の言葉集 成功セミナー、自己啓発、経営セミナー、神経症克服、あがり症克服、瞑想セミナー 成功哲学、神経症あがり症克服、潜在意識、瞑想セミナー言葉集トップ
強迫性障害克服セラピー

強迫神経症克服の為に知るべきこと 強迫性障害(OCD)の原因と対処法


強迫神経症、強迫性障害(OCD Obsessive-Compulsive Disorder)とは?

強迫性障害の人の脳は、その脳力とエネルギーの観点からすると、とんでもない可能性を秘めている。
しかし、それを自分の強迫観念のみに使ってしまったら、何もできなくなり普通の日常生活もままならなくなる。
では、強迫性障害とどう付き合っていけば、建設的な方向にその脳力を存分に発揮できるのか?

そもそも強迫性障害(OCD)、強迫神経症などと呼ばれている症状はどういうものか述べていきたい。

強迫性障害とは強迫観念に囚われ続け、強迫行為を何十時間もやっても気になる、収まりがつかなくなる精神的な症状だ。
繰り返し同じ事をやっても、どんな努力や儀式行動をしても意識の外に追い出すことができない。
心配が心配を呼び、確認をしてもそれでも不安になる。

そして人から理解されない、孤立化するという第二、第三の悩みも生じる。

強迫性障害に苦しまないことにも不安を感じる

強迫観念にとらわれ、神経が高ぶり、緊張し、不安になり、安心を得ようと頑張るが、その頑張りが対象へのさらなる執着を生む。
強迫観念が一時的におさまっても、「なぜおさまっているのか? どうしたらいいのか」とまた悪いことを考えてしまう。
「なぜ悪いことが起きないのだろう」と悪いことを勝手に探してしまい、強迫観念にとらわれて落ち込むことを繰り返す。

うまくいかないととことん納得いくまで自分を追いつめないと気が済まない。
人から言われるまでもなく、強迫行為をばからしいとわかっているが、どうしてもやらないと気が済まない。
だからエンドレスで続いていってしまうし、強迫観念解決にどんなに時間を浪費して取り組んだところで解決するわけでもない。

しかし、この悪循環をどこかで断ち切らないと社会生活も日常生活も幸せに送れなくなる。

強迫性障害の人の執着の強さと天才的な脳の構図

執着の異常なまでの強さが強迫神経症になる人に共通した特徴だ。
強迫観念、その対象への執着が普通の人の何百倍も強い。

執着は天才の証だ。
執着し続けることで、人が見えないものを見えるようになる。

だから、歴史を動かす人物となったり、ノーベル賞級の発明ができたりする。
実際に強迫性障害でありながら、社会的に成功している人はたくさんいる。
執着が強いということ自体、異常な頭の良さをもっているという証拠だから、それを建設的な方向に振り分けることができたら、とんでもないことができる。

ただし、強迫観念の執着はひたすら苦しいだけだ。
不幸せで未来がない。
精神を蝕んでいく、人生をボロボロに破壊していく。

一方天才の執着は、そこに夢と希望と充実感がある。つまり幸せな執着だ。
執着が苦しみしか生まない強迫性障害は、そのエネルギーを沈めない限り、建設的な幸福感には繋がることは難しい。

強迫性障害の人は、人と脳の構図が違うこと自体、プラスだと思ってほしい。
自分を肯定してほしい。
実際にそれだけの脳力をもっている。
天才的な脳を持っているという自信を持って、脳と無意識をコントロールをしてほしい。
天才ゆえの苦悩なんだと思って、強迫行為を余裕持って眺めてほしい。ストレスにしかならないとは思わずにだ。

強迫観念と強迫行為に取り組む時間を少なくしていけば未来は開ける

強迫観念に取り組む時間を短くすることで、その天才的な脳を別に振り分けることができたら、凡人がどんなに努力をしても届かない世界に到達できる。
芸能人やスポーツ選手、経営者に強迫観念の持ち主が異常に多いのも、それができているからだ。

多くの強迫性障害の人は生活の質を維持することもままならない状態にあるけれど、強迫観念をゼロにしようと考えるのはよくない。
余計ストレスになって強迫観念が悪化するだけだ。

強迫行為に取り組む時間を切り詰めることで、社会の誰よりも成功できると思ってほしい。
世界中にその実績がたくさんあるのだから。
ハワード・ヒューズ、レオナルド・ディカプリオ、デヴィッド・ベッカム、エリック・サティなどがそうだし、日本人にもたくさんいる。

強迫性障害/強迫神経症の種類

そもそも自分が被害にあうこと、危険な目に遭うこと、もしくは自分が加害者になってしまうもので強迫観念や強迫行為が起きる。
いちばん身近なものは不潔恐怖(手洗い、洗剤の泡など)、確認行為(鍵やガス、戸締まり、電化製品のスイッチなど)だ。

加害恐怖もある。自分が他者に知らず知らず危害を加えているのではないかという観念で、何度も確認してしまう。
自分にも危害を加えてしまう恐怖感を持ってしまう人もいる。

疾病恐怖症も強迫性障害の一種で、とんでもない病気にかかってしまう不安から逃れられないものだ。

数字を異常に気にしたり、縁起を病的なほどかついだり、罪の意識を感じてしまったりする。
家をゴミ屋敷にしてしまう人も、孤独が原因なのもあるが、強迫性障害だからこそなっているケースも多い。

強迫性障害であるがゆえに、周囲の人を巻き込んでしまうこともあり、家族や友人知人や職場の人間関係が悪化してしまう。
さらに強迫行為を全く理解されないため、孤立して人間関係でも悩む人もいる。
もともと強迫性障害になる人は、対人緊張とは無縁の人が多いが、人間関係の悩みで二重三重の苦しみを感じてしまう。

どんなときに強迫性障害が悪化するのか?

人それぞれ強迫観念の対象は細かく別れる。
いずれにしてもストレス負荷がかかっている時に、特に強迫観念と強迫行為が悪化する。

そして、まずいことに強迫性障害そのものがストレスになってしまうから、年月を経れば経るほど前は30分で強迫行為が終わっていたのに、10時間やってもまだ気がすまない状態になってしまって、社会的な廃人になっていってしまう。

ストレスがストレスを再生産し続けるマイナスのスパイラルと悩みのエネルギーを消滅させない限り、一生強迫性障害に苦しめられることになる。
つまり、ストレスをいかに消滅させるかが鍵になるんだ。
ストレスが少ない状態、つまり体が緩んで、脳が緩んで、気持ちに余裕が出てくれば、強迫性障害は大きくやわらいでくれる。

強迫性障害の原因の一つ

では、どうして強迫性障害に自分だけがなってしまったのかというと、もともとの脳の構図が天才的なものがあるということがある。
そして、結構な割合で以下のようなルーツをたどっている。

強迫性障害の人の母親や家族が、過保護・過干渉だったり心配症で、その環境下で育てられた子供ほどなりやすい(もちろん例外はある)。
いつも親に不安のあまり過剰に見守られている子供が発症しやすいんだ。

親が子供のことを心配(愛情)のあまり気にかけすぎると、本人は「これでいいのかな」と心配しやすくなる脳の思考が極端に発達してしまう。
そうすると、何かやった時に「これでいいのかな、大丈夫かな…」という不安とストレスの種が生まれやすい。
そしてストレスが大きくかかった時に強迫性障害へと発展しやすくなる。

強迫神経症が他の神経症と大きく違う悩みの二重構造

強迫性障害は、過去のルーツを洗い出して処理しようとしても、それだけでは難しい。
それが他の精神的な悩みや神経症と大きく違うところだ。

なぜかと言うと、強迫性障害は症状が少なくなったとしても、自分で悩みを作り出してしまうからだ。
悩みは苦しいし無くしたい、だが悩んでいないことも気持ち悪い。
その二重構造が非常に厄介な点だ。

どうしても、悩もうとしてしまうんだ。
悩んでいない気が楽な状態も落ち着かない。
どちらにいっても地獄になってしまう。

強迫性障害ゆえの二重構造が周り人からの理解を遠ざける。
強迫性障害を知らない人からしたら、「なんでまた悩みを探し始めるんだ!?」とあきれるが、そんな脳の構図があるのだからしょうがない。
親や家族にすら理解されない孤独な症状だ。

人からおかしい、変わっていると思われ、居場所も少なくなる。
人間関係が崩れていくことで、強迫性障害のストレスの他に人間関係のストレスも加わる。

ただし、ストレスが少ない時、強迫観念は襲ってこないというのも事実だ。
つまり、ストレスに苛まれないようにならなければならない。
特に脳はストレスに常に曝されており、快適な状態をすっかり忘れている。
精神的なストレスが、肉体的なコンディションも自律神経のバランスも崩し、常に緊張状態になっている。

その状態でいくら強迫観念をなくそうとしたり、儀式行為をすることで何とか抑えようとしても難しくなるだけだ。

強迫神経症に効果が上がる方法 ストレスの根本解消と脳の抜本的緩み

まずストレスに強くなる、そして抜本的に無くすことが大きな効果を上げる最短の道になる。
疲弊し続けた脳と神経に緩みを取り戻させることしかない。

そして、強迫観念、強迫行為をやりつづけても、いつまでも答えが出ないことに気づく。
どうせ答えが出ないのならば、この辺でいいだろうという納得する暗示を入れる必要がある。
これには修行がいるが、気持ちがホッとしている時は「まあいいか」という割り切りをしやすくなる。

強迫行為をしなくなったその時間だけ、神経がやすらぎ、脳と心に余裕が出る。
他のことができるようになり、ストレスも減っていく。

そうなると強迫観念が起こるエネルギーが減るから、強迫性障害がやわらいでいく。

ストレスが少なくなるから、もっと取り組む時間が減る。
こうして建設的なサイクルに入れるようになる。

前頭葉と天才と強迫性障害

また強迫行為をフルにやってしまう時は、前頭葉のところの頭皮が非常に硬くなっている。
そもそも強迫性障害の人は前頭葉が発達していることが多く、天才も同じだ。
天才的な発想、人が見ていないものを見られる脳力、そして行動力がずば抜けている。
強迫観念の持ち主に世界を動かす、世の中を動かせる人が多いのも納得がいく。
そこは自信を持っていい。

ただし前にも言ったように使い方を間違え、内面の強迫観念に使うと社会的にも身動きが完全にとれなくなる。
そのエネルギーの浪費たるや、本当にもったいない。

そして悪い方向にエネルギーを使ってしまうと前頭葉の頭皮が固まる性質がある。
そしてオーバーヒートを起こして、思考の幅が狭くなるだけだ。

頭皮を遠赤外線が出る炭火で暖めたり、筋をはじいて、緩みを与えなければならない。
そこで緩めた感覚を脳に植え込むことも必要だ。
私の施術で、トランス状態、脳覚醒状態の深い体感の時に脳に条件付けをしていく。

これらをやることで元々持っていた潜在能力を社会的に建設的に使えるようになった人は多い。

薬で一時しのぎをするか、自己をコントロールするか

はっきり言って、強迫性障害を抑える方法は、世の中に薬を飲んで思考の動きを鈍く方法しかないのが現状だ。
薬を飲んで一日中ぼーっとするしか手はない。
それではせっかくの天才的な脳を死なせることになる。

脳の使い方を生産性のある方向にうまく振り向けることに、強迫観念を使っていくべきだ。
強迫観念は使用法を注意しないといけない。

まずはストレスによるオーバーヒートを落ち着かせる。
前頭葉の頭皮、脳の緩み、体の緩み、心の緩みを味あわせ、強迫観念の時間を減らしていく。
その心と脳の余裕が、さらなる強迫観念を沈めていく。

そうすると、恐ろしいくらいの切れる脳と行動力を持てるようになり、社会的成功を成し遂げられるようになる。

※ 強迫性障害/強迫神経症を克服したい方はこちら

神経症克服

強迫観念について(短編)

強迫観念の処理方法(短編)

強迫性障害・強迫神経症克服法

ドリームアート(東京・大阪)トップへ
Dream Art(大阪・東京) 予約メール
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) 03-6416-0611
DAL大阪事務所(Dream Art Laboratory) 06-6973-6100
岩波英知ドリームアート(東京/大坂)のプライバシー保護
Dream Art Laboraotry (DAL) TOP PAGE
当所はいかなる団体・宗教とも関係しません。当サイトにある記事、画像の無断転用を禁止します。 岩波英知書「奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学」 岩波先生の言葉・講演集 強迫性障害克服セラピーのお問合せ
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) TEL:03-6416-0611  大阪事務所 TEL:06-6973-6100
COPYRIGHT(c) 2014 DREAM ART LABOLATORY ALL RIGHTS RESDRVED.