岩波英知 DAL Dream Art Laboratory
岩波英知DALへの予約・問い合わせはこちら
 
Return to DAL Dream Art Laboratory HP 岩波英知先生の言葉・講演集 岩波英知先生のプロフィール DAL ドリームアート研究所概要 各種心理脳内プログラムへよくある質問 岩波先生のセミナー/プログラムメール予約はこちら
岩波先生の脳覚醒技術心理脳内プログラムメニュー
脳覚醒プログラム
神経症克服プログラム
あがり症克服プログラム
親子関係悩み不安解決プログラム
メンタル強化プログラム
会話の格闘術
スポーツメンタルトレーニングプログラム
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
東京西新宿連絡事務所
東京西新宿事務所電話番号03-6416-0611
東京都新宿区西新宿 3-5-3-216
大阪事務所電話番号06-6973-6100
大阪市東成区中道3-3-7-207
奇跡の脳覚醒 本
親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉
脳覚醒へ 成功哲学、自己啓発方法、神経症あがり症克服 自己啓発、神経症克服、無意識、潜在意識、瞑想言葉集 トップへ
トランス状態における根源的感動 パワーとエネルギーが落ちずに永続的に発揮させる方法

 脳覚醒トランス下における根源的感動

どうせ生きているのなら、感動を味わいつくしたい、それは誰もが願っていることだと思います。
でも、仕事や学校、人間関係やしがらみ、社会状況が、それを許さない。
様々な条件や思惑の中で、人は生きていかなくてはいけない。

さらに文明が発達し便利になればなるほど、それと引き換えに、人間の最も大事な『何か』が抜け落ちて、何か空虚感を感じながら多くの人が生きている。
『何か』とは何か?

生命的な、根源的な何かだ。
もっと言えば、生命としての歓び、生命的情動が打ち震える歓び、それらの感動は、最も原始的でありながら、一番深いものだと思う。
それを取り戻すことが、空虚感を埋める一本道だ。

歓び・感動には色々な種類があるけれど、今の社会じゃ、表面的な・刹那的な・享楽的な喜びはたくさんある。
皆それで楽しんでいるけれど、どこか虚しさを感じたり、「何か違う」「私のやりたいのはこれなのか・・・」と思っている人は実に多い。
うすぼんやりと「何か」が足りないと思っているが、その答えは、原始レベル・本能レベル・情動レベルの感動だと私は思う。

表面的な楽しさといったけれど、それはそれで価値がある。
味合わないよりも味わったほうがいいに決まっている。

しかし、人生全体から見た場合、もっと根源的な・生命的な感動というものが、今の社会は希薄になっていると思う。
冒険したり、スポーツに一生懸命取り組んだり、大きな仕事を達成した時ぐらいしか、生命的な情感のようなものが、心の底から打ち震える経験がない。
味わったことがあったとしても、また味わえる保証はない。
下手すると一生味わえないまま、老い衰え、命の灯火が消えていく可能性だってある。
その時の辛さ、苦しさ、むなしさは絶対味わいたくないものだ。

人間は、本質的に生物であり動物なんだ。
脳に根源的感動を味あわせないと、生命的なエネルギーがどんどん退化していってしまう。

各個人が悪いわけではなく、そういう社会状況だからしょうがないこともある。
でも、私は、心が打ち震える感動をしてこそ、生きている価値が増すと思っている。
「とりあえず」「ぼちぼち」「何となく」「つまらない」「めんどくさい」「まあまあ」「やる気が起きない」「こんなもんさ」「どうせやったって・・・」
こういう思考に陥らせやすい社会構図だからこそ、もっと生命的に、もっと根源的に、脳と心を打ち震わす感動をしてほしいと思っています。

脳は味合わなくなった刺激は、どんどん片隅に追いやってしまう。
あったのかなかったのか、あったとしても思い出そうとすればするほど遥か彼方に追いやられて、もはや日常では思い出せなくなる。

例えば、子供時代の天真爛漫な楽しさを味わっていたとしても、大人になるにつれ、どんどん記憶が薄れていって、現在はただ耐えて、辛さを感じながら生きている人がいる。
その数は実に多い。
こういう人に「子供時代を思い出せ、あの頃の気持を取り戻せ、そうすれば人生は楽しいぞ」とアドバイスをしても、思い出せないのだから難しい。
それにせいぜい、「あの頃は楽しかったよなぁ」という追憶だけで終わる。
それが現在の脳には結びつかない。

とてもじゃないが脳を変えることなんて不可能だ。
まずいことに「昔は良かったのに・・・なぜ今は・・・」といった方向で気に病んでしまう。
辛さを感じて生きていない人でも、やっぱり現代病ともいうべき、本能の衰退によるエネルギー不足を感じ悩んでいたりする。
そして、焦りが焦りを呼ぶ悪循環に陥る。
そういう人は、本能再生を果たさないことには、かつてのようなエネルギーは発揮できないだろう。

人間は思っている以上に脆い生き物だ。
それは本能を大事にしていない人ほど脆い傾向にある。
だから、原点に戻って、抜本的対策を取らないとひどいことになる。

植物が大きくなるために太陽光と二酸化炭素と水が必要なように、人間にも空気と水と食料がいる。
しかし、人間には物理的側面の他に、心理的側面がある。
心理面には、愛と感動が圧倒的な心の栄養を与えてくれる。
ひいては脳にも良い影響を与える。
いい神経伝達物質を分泌して隅々まで行き渡らせてくれる。

心の栄養がないと、死にはしないけれど、ストレス、忍耐、つらさ、苦しさ、希死念慮の中で生きることになる。
これは悪化すると、死んだほうがマシと思うぐらいの生き地獄になってしまう。
しかし、耐えたから、その先に幸せがあるかというとなくて、ひたすら苦行が続く。
神も仏もいないのか! そう嘆きたくなるぐらい先が見えない。

そんな人が現在進行的に脳で味わっているのが、先ほど言った「忍耐、苦しい、辛い、焦り、落ち込み」だけになる。
こうなったら、アドバイスもカウンセリングもコーチングも気休めに近い潜在意識アプローチもすべてが脳とメンタルブロックによって跳ね返される。
脳がすっかりマイナスの要素に上書きされているのだから、聞き入れたくても受け入れようがないからだ。

こうなると、本質的・根源的アプローチが必要になる。
脳は久しく味合わない感覚を片隅に追いやっていくと言ったけれど、脳は一度味わった感覚は忘れない。
それを再び脳に味合わせるのが私の仕事になる。

忘れた感覚を思い出させるのが一つ、さらに生命的な根源的な感動・歓びを味合わせることが一つだ。
トランス状態が深まれば深まるほど、人間の本能情動レベルの操作が可能になる。
人は生きていくと抑圧が心の底に溜まっていくものだけど、その消化をしながらも、脳の条件付けによって、非常にすごみのある心地よさ、恍惚感を味わえるようになる。

その時の神経伝達物質は、ものすごい感動を味あわせてくれる。
これが根源的感動だ。生命的情動が打ち震えるような、ただ凄みと感動だけ。
一も二もなく、四の五もなく、ただひたすら『感動』と『歓び』の世界。
みんな「すごい」「なんなんだ」という言葉で表現しているけれど、逆に言えばそれしか言いようが無いぐらい、ありえない感動の世界だ。

この感動を脳が味わうことになるけれど、心の栄養を同時にとっていることになる。
それも表面的な楽しさを超えた、根源的生命的なものだから、その好影響は計り知れない。
知らず知らず奥深くの片隅に追いやっていた建設的感情をこれによって引っ張りだすことができるし、この感動のエネルギーが『生き抜く力』を与えてくれる。
生命的満足感ほど心強い味方はいないんだ。

人間のどこにエネルギーが眠っているのかといえば、情動と本能の部分だ。
その袋はいくらでも貯めることができる。
マイナスにもプラスにも。

マイナスならば抑圧として心の底にひたすら貯めこむ。
しかし悪いことに、無意識に貯めこまれた抑圧は、意識の上にもひたすら顔をのぞかせる。
とんでもない負のエネルギーを味あわせ続ける。

そうなると、常に不安で恐怖で心が攻撃され続ける。
自分の意識に入り込むから、どうやっても逃れられない。
不安と恐怖と治らない焦りによって支配された脳は、オーバーヒートを起こす。
爆発しそうなくらいイライラしたり、急にエネルギー切れを起こして、最悪の落ち込みに襲われる。
無意識から発する凶悪で劣悪なエネルギーだから、自分ではどうすることもできない。

薬を飲んで紛らわせようとしても、薬そのものが根本原因を治すものではなく、薬が強くなったらそちらの反動も来てしまう。
無意識に追いやってなかったコトにするなんて、都合よく人の心はできていない。
欠陥なんだけど、ある意味人間的でもある。

同時にプラスにも貯め込める。
愛と感動体験だ。
そこから、人は心の活動にそのエネルギーを費やしていく。

よく言われる実態のない自信やエネルギーは、そこから沸き上がってくるものだと思う。
ちょうど抑圧とは対となっている。
抑圧を使ってしまうか、建設的エネルギーを使うか、ここが決定的な人生の分かれ道だ。

ここで大事なことがある。
情動や本能レベルにいくらエネルギーが眠っているからといっても、無理やり意志の力を振り絞っても、なかなかひねり出せるものではない。
下手をすると、気力だけを浪費してしまう。

努力家が、どうにか気力と意志の力で保たせてきたとしても、長い人生、歪みが生じていく。
そもそも人が一番エネルギーを持続して発揮できるのは、感動と結びついた時だ。
感動とリンクしない意志と気力のドーピングだけでは維持もできないし、一気に反動が来る。
ましてや薬で保たせようとすれば、それだけ反動が強くなる。

根源的な感動と結びついた場合、不可能を可能にしてしまうパワーにまで高まる。
強い人間とは、根源的歓びを味わっている人間だ。
魂が打ち震える感動があるからこそ、タフだし、エネルギーを保つことができる。

私の脳内無意識訴求技術も、いってみれば本能と情動にダイレクトに働きかけることができる技術だし、根源的な感動を味わうことができる。
そこまで行った人は、はじめて自分の無限の可能性に気づいたり、「いける! やれる!」という自信をもつことができるようになる。

また知らず知らず眠らせてしまった本能の情動エネルギーを建設的に方向に目覚めさせることもできる。
生き抜くって、結局、そのエネルギーを存分に使えるかどうかだ。
無理やり追い詰めてエネルギーを情動レベルから出させるのではなく、根源的感動と結びつかせるからこそ、より自然なんだ。
生命的・動物的活動の理にもかなっている。

『この世に生まれてよかった』と『ただ何となくの人生』がそこで分かれるだろう。

脳覚醒トランス状態の深化による根源的感動をたくさん味わい、そしてもっと自分自身の活動、仕事や冒険、あるいは広い意味での愛を味わい、それを具体的に肉付けして、生命的情動を打ち震えさせる機会を自分でも増やしてください。
その時、「生きるってほんとうに素晴らしい」「こんな感動を味わって幸せだ」「生まれてきた価値があった」と思えることでしょう。

さらに「もっと頑張ってやる やってやる!」、そのエネルギーがどんどん湧き出てくるでしょう。
自分自身の心の奥底に眠る無尽蔵の可能性を開放させて、根源的な感動をぜひ味わってください。

※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です

脳覚醒プログラムはこちら

岩波英知’s ドリームアートの神経症克服プログラム

憂鬱・抑うつ状態・うつ病・落ち込み・希死念慮    生命的感動 根源的感動 本能的情動と魂が揺れ動く

 人生目標達成方法】 【トランス・瞑想・マインドフルネス】 【脳覚醒方法】 【メンタル強化方法】 【潜在意識・無意識・本能】【うつ病克服方法

DAL ドリームアート・ラボラトリー ページ・トップへ
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) 03-6416-0611
DAL大阪事務所(Dream Art Laboratory) 06-6973-6100
プライバシー保護について
Dream Art Laboraotry (DAL) TOP PAGE
当所はいかなる団体・宗教とも関係しません。当サイトにある記事、画像の無断転用を禁止します。 岩波英知書「奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学」 岩波先生の言葉・講演集 e-mail でのお問合せ
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) TEL:03-6416-0611  大阪事務所 TEL:06-6973-6100
COPYRIGHT(c) 2014 DREAM ART LABOLATORY ALL RIGHTS RESDRVED.