岩波英知 DAL Dream Art Laboratory
岩波英知DALへの予約・問い合わせはこちら
 
Return to DAL Dream Art Laboratory HP 岩波英知先生の言葉・講演集 岩波英知先生のプロフィール DAL ドリームアート研究所概要 各種心理脳内プログラムへよくある質問 岩波先生のセミナー/プログラムメール予約はこちら
岩波先生の脳覚醒技術心理脳内プログラムメニュー
脳覚醒プログラム
神経症克服プログラム
あがり症克服プログラム
親子関係悩み不安解決プログラム
メンタル強化プログラム
会話の格闘術
スポーツメンタルトレーニングプログラム
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
・料金システム
[ベーシックコース]
一般向け 通い1コース(10回)
400,000円
※現金一括払いのみとなっています。
集団形式で開催。
※一般向けコースは個人では行っていません。集団のみ受け付けています。当所の技術だからこそ、集団の中で個別の事情に沿ったコアの処理が可能です。また、集団形式の方が非常に効果が上がります。
東京の西新宿、大阪の森ノ宮の事務所まで通ってきて下さい
東京西新宿連絡事務所
東京西新宿事務所電話番号03-6416-0611
東京都新宿区西新宿 3-5-3-216
大阪事務所電話番号06-6973-6100
大阪市東成区中道3-3-7-207
親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉
脳覚醒へ 成功哲学、自己啓発方法、神経症あがり症克服 自己啓発、神経症克服、無意識、潜在意識、瞑想言葉集 トップへ
親子関係の歪み、教育虐待、アダルトチルドレン解決方法

心をもろくする教育方針

心がタフな人と脆い人の差はどこにあるのか?
強いからタフなのか? 決してそうじゃない。
出来が悪い人がとても打たれ強かったりする。

その逆に、優秀な人程、何かあると心が折れたり萎縮しやすい。
そんな人は、それでも頑張れば何とか出来ると思ってしまう。
気持ちを強くしようと頑張れば頑張るほど、ついにはボロボロになってしまうのはなぜなのだろうか?

この矛盾した悲劇を解決しないと、せっかくのいい能力も発揮できないまま埋もれていってしまう。

当所には超一流大学、超一流企業や高度な専門性を持つ職業の人がたくさん通ってきています。
しかし、その優秀性に比べ、心がもろくなっている人が多い。

傍から見ると自信を持って当然なのに、自分に自信がないし、建設的な思考ができなくなっています。
すぐ都合の悪いことばかり考えてしまう。

要は人間は頭じゃないし、結局覚悟や自信で勝負は決まる。
だけど、優秀な人は何か成し遂げた人が多いはず。
入りたくても入れない大学や企業、士業などの職業につけるのだし、それだけ覚悟を決めて努力をしてきたのだから、自信を持って当たり前だと考えるけれど、本人にとってはそうじゃない。
無駄にプライドだけが多くなって、心が追い付いてこないと告げる人が実に多い。

それにはその人のそれまでの人生が密接に関係している。
悩みの悪循環に陥る人の親は、教育熱心な人が多い。
中には異常なぐらいの教育虐待じゃないかという厳格な親がいる。

そのため、その子供も結果的に優秀な成績をおさめたりしている。
その人達の親の多くは、とにかく厳しく、子供が頑張って良い点数をとっても褒めない。
それどころか、もっとできるように叱咤する。

例えば、褒めない親の事情としてはこういったものがあるだろう。
本当は褒めたいけれど、ここで甘やかしてはダメになるから、さらに発破をかけるという考え。
とにかく厳しくすれば子供は立派になる、という考え。
泣く泣く厳しくするけれど、後で子供は私に感謝するだろうという考え。

愛情をかけてあげたいけれど、ただ褒め方を知らない。
親なりのトラウマから発した一種の(子供から見ての)虐待。

しかし、やられた本人にとってはたまったものじゃない。
愛が相手の心に届かなかったら、それは本当の愛じゃない。
親の言いつけを守り、楽しみを減らし、頑張っていい成績をとっても、さらに厳しくされる。
見返りはなんにもない。

「私の親は私のことを愛しているの…?」
こんな思考が意識上でも無意識でも浮かんでしまう。

いくら頑張って高い点数をとっても自分の証明ができない(その理由は後述する)。
そうなると感情が抑圧され、もっと頑張らなくてはいけない(それでも褒められない)という無間地獄に陥る。
常に心に余裕がなくなるから、他人との関わりもギクシャクする。
ただでさえ、あまり遊べないから、孤独感・疎外感を感じる。

家に帰ると厳しいしつけと教育が待っている。
こんな子供のどこにタフな心が根付くだろうか?
いやある意味、非常にタフな子供だ。
他の子供が投げ出すことでも、頑張りぬく力があるからだ。

しかし、それは、伸びきったゴムのタフさだ。
ぎりぎり土俵際ではじき出されないように頑張っているに過ぎない。
本当のタフさは、余裕ある心からしか生まれない。
人生は長い。
心が空虚なまま、いつまでも自分の心を騙し続けられはしない。

そんな生活を子供の頃からしていると、当然感情が満たされない。
まだエネルギーがあって頑張れているうちはいい。
ふと立ち止まった時、不安に襲われたり、生きている意味を失い、ちょっとしたショックにも、ひどく崩れやすくなる。

もしも点数が悪かったら、もう生きた心地はしない。
唯一の自分の証明できることがなくなるからだ。
できの悪い人間=存在価値のない人間と思ってしまう。
挫折したまま大人になって、もともと頑張り屋で優秀な人間が、末端の生活をせざるを得なくなっている。

逃げ切れてずっといい成績だったとしても、勉強以外の自己証明(一番大切な自己存在証明)
家で為されないから、いずれ悩みの悪循環に陥るのは時間の問題だったりする。
心がボロボロになったら、誰もが羨むいい職業についても、生きていること自体、苦痛になる。
経歴・学歴なんて、心を満たしきる材料にはならない。

何のための頑張りだったのか? 
私の人生は一体何なんだ?
楽しいってどういうことなの?
こんな絶望が待っている。

もし出来の悪い子供が良い点数を取ったら、普通、親は褒めるだろう。
「よくがんばった、やればできるじゃないか、すごいぞ!」と。
その子の心は満たされ、成績の良し悪し関係なく、愛を感じながら心もスクスク成長していく。
やりたいことがやれて、自分の感情を満たしながら、大人になっていく。
障害があっても、乗り越えられるエネルギーを持っている。

「こんな点数取ったくらいでいい気になるな、調子にのるんじゃない!」
99点取ったとしても「なんで、ここを間違えているの! 情けない!」
これを言われた人に、心の枠が拡がることはない。

例えば80点という好成績を収めたとする。
80点も取れたことを褒める親と、20減点したことを責める人がいる。
どっちも同じ80点でも、その後の人生、心の点数は大きく開いてしまう。

後者は、頑張り続けた自分の見返りが、苦しみだけになる。
ついにはエネルギー切れで頑張れなくなる。
その時は、遊びすらできない。目標も見つからない

たくさん遊び、ほんのときどき頑張って、愛を感じて生きてきた人は、その先も頑張れる。目標に向け走れる。
そして感情を満たして遊ぶこともできる。
だからますますパワーが出てくる。

この後者との比較でも、前者は苦しむ、落ち込む、焦る、イライラする。
パワー落ちし、人生を呪っていく。

子供が良い点を取り続けても褒められない親は、彼ら自身が、どこか歪んだ成長をしてきていることが多い。
その親がやはり厳格で、愛を愛と感じさせられない不器用な親だったりする。
あるいは虐待に近い育てられ方をしてきたアダルトチルドレンなのかもしれない。
封建主義的な中で成長したのかもしれない。
親の事情で子供に構っていられなかったかもしれない。
親がいなかったのかもしれない。

その親が、自分の子供の感情を満たしてやることはなかなかできない。
愛をどうやって伝えていいか方法を知らないからだ。

だけど、親の強迫観念に近い教育方針は、人間に一番重要な感情をも押しつぶしてしまう。
子供が憎い親はいないと言うけれど、子供の為を思ってやったことが裏目に出てしまう。
親子共々、不幸なことだ。

感謝されたくてやったことが、場合によっては親への恨みへと返ってくるわけだから。
潰れてしまった子供の多くが、親の教育方針に耐え切れずに心が折れた人が圧倒的に多い。

そういう親は、自分が悪いなんて思わない。
子供のことを情けないとしか感じない。
親子が殺しあうような怖いニュースはこれが原因となっていることが多い。

仮に親が悪いと認めたとしても、子供にかかった呪い(トラウマ)は外れない。
親から離れても、親が死んでもそうだ。
どんな謝罪をされても、その呪いはどこまで逃げてもついて回る。

もう一度、子供の事情に戻ろう。
これだけ頑張っても報われない。
ならばもっと頑張らねばいけない、この強迫観念に子供もとらわれる。

だが、頑張れば頑張るほど、自分のやりたいことが何なのかわからなくなる。
それは親の精神的奴隷、操り人形になっているからだ。
これじゃ自分がなくなり、常に不安と戦う人生になるのは当然のこと。
落ち込むのも当たり前。
もろくなって仕方が無いことだ。

そういう人は、これからは自分の感情(エゴ)を満たす生き方に、方向転換していかなくては未来はない。

誰のための人生なのか? 親の無念や理想を叶えるためだけの人生か? 
一度生まれたからには、自分の人生を歩んで行くべきだ!

悩むには、それだけ悩みの種がある。
悩みの種を一つ一つ解決することで心の枠が拡がる。
まずは、今の悩みになった流れを知ること。
同時に脳の奥深くに定着しなくてはいけない。
それは真の理解につながる。
悩みの種がはっきりわかり、脳が受け入れた時、はじめてギリギリで生きてきた心に余裕が生まれる脳の性質がある。

すごい努力をしてきて、精一杯頑張ってきたことはとてもよくわかります。
しかし、頑張る方向性が自分の感情に即した方向でやらなかった。
つまり戦略ミスです。

もともと努力ができて優秀な人が悩むわけだから、正しい戦略のもと歩むことができたら、ものすごい可能性が生まれるでしょう。

深い脳内世界、潜在意識からサポートしていきます。

※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です

岩波英知’s ドリームアートの神経症克服プログラム

親子関係悩み解消・不登校親支援プログラムはこちら

親の目を意識し続ける人生
誰のための人生か?
心をもろくする教育方針 親子関係の歪み、教育虐待、アダルトチルドレン解決方法
親子関係の歪み、教育虐待、アダルトチルドレン解決方法

【心理脳内プログラム】【うつ病克服法】【子供の心のトラブル解決法】【心の悩み克服法】

DAL ドリームアート・ラボラトリー ページ・トップへ
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) 03-6416-0611
DAL大阪事務所(Dream Art Laboratory) 06-6973-6100
プライバシー保護について
Dream Art Laboraotry (DAL) TOP PAGE
当所はいかなる団体・宗教とも関係しません。当サイトにある記事、画像の無断転用を禁止します。 岩波英知書「奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学」 岩波先生の言葉・講演集 e-mail でのお問合せ
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) TEL:03-6416-0611  大阪事務所 TEL:06-6973-6100
COPYRIGHT(c) 2014 DREAM ART LABOLATORY ALL RIGHTS RESDRVED.