岩波英知 DAL Dream Art Laboratory
岩波英知DALへの予約・問い合わせはこちら
 
Return to DAL Dream Art Laboratory HP 岩波英知先生の言葉・講演集 岩波英知先生のプロフィール DAL ドリームアート研究所概要 各種心理脳内プログラムへよくある質問 岩波先生のセミナー/プログラムメール予約はこちら
岩波先生の脳覚醒技術心理脳内プログラムメニュー
脳覚醒プログラム
神経症克服プログラム
あがり症克服プログラム
親子関係悩み不安解決プログラム
メンタル強化プログラム
会話の格闘術
スポーツメンタルトレーニングプログラム
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
・料金システム
[ベーシックコース]
一般向け 通い1コース(10回)
400,000円
※現金一括払いのみとなっています。
集団形式で開催。
※一般向けコースは個人では行っていません。集団のみ受け付けています。
東京の西新宿、大阪の森ノ宮の事務所まで通ってきて下さい
東京西新宿連絡事務所
東京西新宿事務所電話番号03-6416-0611
東京都新宿区西新宿 3-5-3-216
大阪事務所電話番号06-6973-6100
大阪市東成区中道3-3-7-207
親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉
脳覚醒へ 成功哲学、自己啓発方法、神経症あがり症克服 自己啓発、神経症克服、無意識、潜在意識、瞑想言葉集 トップへ
会話・固定観念を捨て去れ コミュニケーション、人間関係劇的向上方法

会話を捨て去れ

会話、及びコミュニケーション能力の劇的向上のために、まず会話をしないといけないという固定観念を破壊しなくてはいけません。
それが人間関係改善のコツを獲得する前、是非やらなくてはいけないことです。

この世に生まれてきた以上、人と関わらなくちゃいけない。
うまく世を渡るためには、この人間どもを攻略したい。
だから、人を上手に処理する方法を獲得したいと望むけれど、それは会話しかないと思ってしまう幻想がある。
その方法は、会話でもないし話し方でもない。
まして容姿でもない。

人とうまくやる、または上手に扱うために必要な要素は、実は会話ではない。
逆に話しては駄目だ。
話そうとすればするほど失敗をする。

ますますうまく取り繕うとすると、自分をなくすから、相手の心に響かない。
微妙な空気が流れてしまう気がするのもそのせいだ。

まあ、ほとんどは相手はなんとも思っていないわけだけど、焦っている本人だけは絶対空気が白けたと思い込んでしまう。
だから、ますます「会話上手にならないといけない、それが俺の生きる道だ。うまくやろう!」と技術修練に磨きをかけようとする。

その思考で行った会話の研鑽は、一層の苦手感を磨くだけに終わる。
これは一対一の会話でも複数の喋りでも会議・プレゼンテーションでも交渉ごとでも、言葉を発すること全てにあてはまる。

会話は話そうとした時点で流れが先細りする。
勝手に生まれるのが会話だ。

会話が長続きしようが、途切れようが、もっと重要なのは、自分の「空気を流す」ということ。
「おはよう」「気をつけて」という言葉が、違う人間で、全く印象が異なる受け止め方をされる。
それはその人の流す空気がそうさせているであって、文章の内容ではない。

どもろうが、つっかえようが、その空気さえあれば、人間関係なんて成立する。
ある種の空気を流せる人は、だからこそ、会話なんて考えずとも、余裕があるから次々とベラベラしゃべることができる。
もし話し上手だなと思う人がいたら、それは会話上手だからではなく、結果的にそうなっているだけの話だ。

私(岩波)もよく喋るほうだし、話すことがどんどん出てくる。
だけど、実は喋らなくてもいいと思っている。
それで相手がいい思いをしようがしまいが関係ない。

実際、挨拶をチョットして、短い言葉をかけただけで、もう人間関係が成立してしまう。
街を歩いても店に行ってもどこでもそうだ。

相手が、もし私をよく思っているとしたら、それはたくさん会話をしたからではなくて、私という空気を流して、相手に感じさせただけ。
驚くほど話をしていない。会話の内容も薄っぺらいし、どうでもいいことばかりだ。

相手は私のことを知らないし、私も相手のことなんて何もわかっていない。
でも、とても気持ちいい人間関係がすぐに構築される。

私がとんでもない大悪党だろうが、大慈善家だろうが関係ない。
人間はそこで判断しているわけじゃない。

人間は感情の動物というけれど、更に言えば、感覚で生きている。
相手の感覚を動かすものは、深い意味のある会話や笑いのある会話ではない。ベラベラたくさん話した末のものでもない。
まずそこをわかることから始めなくてはいけない。

私は話すことに執着が全くないからこそ、脳や心の余裕が生まれて、バンバン言葉になって出てくるだけだ。
話上手な人の表面事象だけ掬って、 「会話上手になれば誰とでもとうまくやれるんだ」と話し方を磨こうとすると、望んだものと逆方向にことは進んでしまう。
「あの人はできるのに、何故自分はダメなんだ、どうしてなんだ・・・・」という焦りと迷いと試行錯誤との繰り返しで、泥沼でもがくことになっていく。
このままではよくない。

人間関係、会話、営業やプレゼンを上達させるまえに、大前提となるものがある。
それは、人をコントロールしてやりたいと憧れるより前に、「自分は何なんだろう、何のために生まれてきたのか」ということ。

うまく喋りたいという気持ちをまず捨てることから、すべてを始める。
コミュニケーションの極意は人間の心。

例えば、芸術家が絵を描いたり、モノを創作したりする。
それを見に来た人は、直感で何か受け取る。心が震える。
なんでか? 
そこに絵が飾ってあるからじゃなくて、絵から感動させる何かが出たから。上手い下手は関係ない。

絵から、何がなぜ出たのか?
その作者の心の中にエネルギーがあって、それが抑圧がかかって、もう発散しなくちゃやっていられない、絵にしたい! というパワーが芸術作品になる。
もし知恵を使って書いたならば、絵はとてもつまらなく見える。
「俺は描きたいんだ! 表現したいんだ!」このハートが見るものの感覚に訴える。

人は、会話を知恵や理屈で話す人よりも、感覚で話す人を好む傾向になる。
自信や信念を持っている人の言葉に耳を傾ける。
うちに秘めててもいいから、とにかく情熱を持っている人の話を聞きたくなる。

優柔不断や割り切りの悪い人を避ける。
話そう、話そう! とする人や、深くつっこんでくる会話には距離を置きたがる。
とても面倒くさい生き物だ。

しかし、後者をやってしまっていたとしたら、どれだけ人間関係でもったいないことをしてきたんだろう。
もし会話の固定観念がなければ、どれだけ結果を出せたことか。

だから、会話をしようと頑張るのではなく、特に重要な会話の場面では『自分が作品になれ』ということ。
ハートが乗っていない会話では相手の心は動かせない。
どんなに女性を口説いても、あるいはお客さんを説得しても、話を心から聞いてもらえない。

人の脳は自分に何か価値があるものだけを拾う。
きれいな話し方では、そこまで脳深くにある情動の部分を震えさせられない。

営業・交渉ごとで言えば、商品・サービスを売るのではなく、自分という作品を売る。
よく言われるこの金言は、つまりそういうことなんだ。
その人を通してはじめて商品の価値に目がいく。
自分への情熱でもいい、相手に素晴らしさを伝えたい、聞いてもらいたいという気持ちでもいい。

でも、醒めていて説明や理屈でどうにかしようとしたり、焦りの買ってもらいたいオーラを出すと、聞いている方は退屈でたまらない。
逆の立場になればよくわかる。

つまり テクニックとか技術を超えたものが本当に必要になる。
極論すれば、会話術向上には技術はない。
いかに自然にオーラが開放されるか。本当の自分が出ないとダメ。
ここで注意したいのは、ムキになって話せばいいと言う事じゃない。
オーラとして感じさせればいい。

付け焼き刃じゃ決して会得できないから、普段からの意識改革が必要になる。
もしそれらを妨げる障害があったら、何が止めているか、どんなものが必要になるのか、それを本人の脳のメカニズムに組み込んで作動させるのがプログラムの目的。

人が百回話しても、自分は一回話すだけでいい。
短い言葉や挨拶程度でいい。
耳で聞かないで、心で聞いて、心が動くような会話ができると、人の心も動かしやすい。

喋る必要はないけれど、主体性は持つ。
相手が心を閉ざしているのは、自分が心を開いていないからだから、開いて話してみる。
一つ一つやって、上達していくと、会話や人間関係構築には長い文章の会話なんて全然必要ないとわかる。
むしろ邪魔で、蛇足に感じるだろう。

「言葉なんかいらないんだな、私がいるだけでいい」までいくと、もう一気に道は開ける。
ここに至るには、固定観念を捨てることを始めなくてはいけない。
もし人間関係の修羅場の中で生きてきて、それを克服、コントロールできるようになった人は、これを聞いたら事実だと思うはず。
うまく会話を進めようとすることは、一番人間関係向上の近道に思えて、実は遠回りなんだ。

知識ではわかっていても、それをもっと脳の深いところから、感覚に焼きつかせる手法は世の中にはない。
けれど、当プログラムにはある。

前に言った「空気」とは、言い換えれば、オーラのことだけど、オーラは自分の魂から発しているものだ。
ハートの強さ、情熱、情動、信念、これらのものが、はじめて空気として流れていく。
オーラは勝手に出てくる。出そうと思って出る種類のものではない。
それを人間は一瞬のうちに判断してしまう。

小細工の知恵も人はすぐにわかる。、
勝手にオーラが流れていくためには、 知恵や理性をはるかに超えた、あるいははるかに深い部分で、自分に暗示をかけていかなければいけない。
その部分とは無意識であり、潜在意識だし、脳の原始的な部分(本能・情動レベル)にある。

理性に頼る者ほど見返りを得られず、それを捨てた人間だけが、幸福感を得られる。
ただし、理性や知恵よりもっと強く深いものがあるなんて、言葉で言っても、そんなものあるかどうか実際にはわからない。

だからこそ、ある特殊な脳の状態、意識の状態下で行うことが必要になる。
そこに達するのは、常識ではまず不可能に近いし、えらく時間がかかってしまう。
時間がかかるということは、白けると同意語だから、結局到達できないのが定番だ。
そこの方法や処理は任せておいて欲しい。

でも、今までの会話や人間関係に対する固定観念だけは、今ここから捨てていって欲しい。
もし今まで様々な研鑽をして、結果が出ていないのならば、とても効率が悪い方法だったということの裏返しだ。
そんなものをずっと永遠と繰り返していたのでは未来はないし、時間がもったいない。

その上で、なぜ会話なんて必要なくなるような「空気」を流すことが出来ないのか?
なぜ自分が出せないか、その障壁を減らしていって、出せるものを作り出します。

もう一つ言うと、人間の対話・ 会話・発言といったものには自己主張という要素がある。
自分を主張できず我慢している人は、その壁を取っ払っていく。

同時に自己主張することは重要だけど、そのままやったら喧嘩になる。売り言葉に買い言葉で相手も自分もむかついてしまう。
じゃあ自己主張をしっかりして喧嘩にならない場合には、何があるかというと、やっぱり相手の心に触れた時。
心が触れるために何が必要か? それがテーマになる。

結局、自分という「空気を流す」ことにつながる。

人は何かが心に触れた時に、それしか見えなくなって、それしか考えられなくなる性質がある。
脳の中で最も強い感情に触れるわけで、 そこに執着心が芽生えるからだ。
それが会話の引力となる。
すばらしい文言ではない。

そうなると他と比較する意味もないし必要性もないと相手が思う。
恋愛だったら、ライバルがたくさんいても、相手は自分を選んでくれる。
営業だったら、数あるライバル企業の中で、価格判断を超えて選んでくれる。

会話意思伝達レベルで向上させるのではなく、本能がどういう時に動くか、それを基本に作られ、もっと人間の深い意識レベルから作っていく会話術は他にはないと思います。
自分というプラットフォームをしっかり構築してはじめて、会話や言葉というものが武器になる。
会話なんて実はほとんどいらないという気づきを含めて。
人間関係劇的向上のコツは近道はそこしかない、と思っています。

たくさんの会話術本、営業術本、ホストの口説き方の本などAmazonや書店にたくさん並んでいるけれど、それに頼ろうとする時点で、知恵の世界での構築に終わってしまって、己というプラットフォームをなおざりにしてしまいます。
本を読むのはとてもいい事だけど、肝心の要を忘れてしまうマイナスもある。
人の心を揺さぶる言霊は、言葉や文章の内容に乗るのではなく、自分から発するものだということを強く言っておきます。

※ この文章に当てはまる方は、こちらのプログラムが効果的です

対人関係を解決するはこちら

感情を揺さぶる方法 相手の心をコントロールする秘訣

人間関係対処法】【話し方・会話術向上】【人間心理の本質メンタル強化方法

DAL ドリームアート・ラボラトリー ページ・トップへ
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) 03-6416-0611
DAL大阪事務所(Dream Art Laboratory) 06-6973-6100
プライバシー保護について
Dream Art Laboraotry (DAL) TOP PAGE
当所はいかなる団体・宗教とも関係しません。当サイトにある記事、画像の無断転用を禁止します。 岩波英知書「奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学」 岩波先生の言葉・講演集 e-mail でのお問合せ
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) TEL:03-6416-0611  大阪事務所 TEL:06-6973-6100
COPYRIGHT(c) 2014 DREAM ART LABOLATORY ALL RIGHTS RESDRVED.