逆転の発想 神経症克服 悩み解決の秘訣

一度神経症で悩んでしまったら何をするべきか? 逆転の発想

神経症克服のためには逆転の発想が必要になることが多いです。
神経症の人が一番恋い焦がれるのは「普通の状態」になることでしょう。
でも、この思考回路こそ、一番解決を遠のかせてしまう原因になります。

神経症とは、いってみれば「普通の人とは違う」状態と言えます。
イライラや不安感、恐怖感や落ち着きの無さ、パニック状態、強迫観念、孤独感から極度の落ち込みまで、どうして自分だけがこうなるのかというほど非常に苦しい思いをします。
「自分はおかしい、人からおかしな眼で見られる、変に思われている……だから普通になりたい」
「昔のように普通になることが最大の夢」
こう訴える人が多いんですが、この気持ちはわかります。当然の感情です。
本当はそれへの手伝いをしたいと考えているんですが、実は「普通になる」という思考に大きな罠が潜んでいる。
普通は普通以下にしかなれない落とし穴です。

人が普通に何気なく暮らしているのに、自分だけ「なぜこんなことで苦しむのか?」「何のために生まれた来たのか?」「これさえなければ……」と四六時中悩みます。
その境遇や原因を呪う。
うつ病でも、視線恐怖症でも、パニック障害でも、あがり症が強い人でも、一度なってしまったら、「普通」になりたいと思うのが人情です。
この場合「普通」とは神経症的・あがり症的症状とは無縁の落ち着いている、普通に楽しめ、普通に生活でき、普通に学校に行き、社会に出て働ける状態です。

しかしご存じのように神経症は甘いものではなく、あらゆる生活リズムを狂わせます。
やることなすこと、夢や目標すべてに至るまで神経症がついて回る。
人と同じことをしたいのに、どうしても神経・潜在意識の方で許してくれません。
「普通の生活すら満足に送れない」ことは非常にショックだし、周りとのギャップにさいなまれます。自信喪失にもなる。
時間だけが無駄に過ぎていくとともに、焦りも加わります。
人生最大最高の夢が「普通に生活を送ること」に変わってしまいます。
「普通ではない自分」「普通ではなくなってしまった自分」が「普通」になる。
誰もが何気なくやって暮らしていることを、全神経、全気力を振り絞って、必死でなろうとしてしまうのが神経症の一つの側面です。

心の罠がここで待ちかまえています
全身全霊をかけたその試みをしたところで、得られるものは最高の成果を上げて「普通」。
この神経症の人が努力した結果「普通になる」ということには、アキレスとカメの法則みたいなものがあります。

他の人は、その間も着々と人生を構築しています。悩みは人それぞれあるにしても、あまり狂いがなく人生設計をたてられています。
その時点でもう不利になってしまいます。
社会で当てはめると、他の人がバリバリ正社員として役職にも就けているときに、やっと「普通」になり、社会生活ができるようになる。
しかしもう年齢的に会社はなかなか雇ってくれない。
フリーターや非正規社員として働くことができても、周りとの差はすごくあるように感じます。
そのギャップがまた悩む原因になり、自分が失ってきた時間と最悪の元凶たる自分の神経症を呪うことになります。
特に神経症の人はある部分のプライドが肥大化してしまっています。

「他の人は恋人がいる、家族がいる、子供がいる、青春を謳歌してきた、楽しんできたんだな」と思うだけでやるせなく落ち込むような気持ちになったりします。
自分に自信が持てなくなり、不安と憂鬱に襲われる可能性も高まってきます。
結局、最高の成果を上げたところで「普通」以下になってしまう。
これがアキレスとカメの法則です。一生その思考では追いつけないということです。
そもそも、神経症という矛盾だらけの心の状態で、自力で知恵を使ってどうにかしようとすると、ますますドツボにはまるケースが多いです。

あれだけ恋い焦がれ全エネルギーを傾けたにもかかわらず「普通」に近づけない。
焦りがますます症状が悪化させ、普通に暮らせない自分と症状を呪う。
一生この悪循環にはまってしまいます。
これは悲惨だし、あまりにやるせない。
「普通」を目的にするということは、「普通」以下の人生しか送れない。
ますます自分がおかしい、変だ、やばい、苦しい、きついと自己嫌悪に陥ります。
ほとんどの人がこの罠に引っかかり、出口が見えない状態でもがいて、当所の門を叩くことになっています。

そもそも「普通」ってなにか?
「普通」が本当にいいことか?
なぜ「普通」がいいのか?

神経症になり、悩んでしまったら、「普通」の人生は歩めないと覚悟した方が、実は神経症克服に非常に強い効果を発揮できる。
しかし、「普通」になりたいことが最大の願いになったら、設定が低いところでもがき、末端で成果を上げられないまま年齢を積み重ねます。
不安や恐怖感、抑うつ症状から超越できる状態になるには、あまりにレベルが低い設定をしています。
末端で「普通になりたい→なろう→なれない」の永遠のループとコピーを続けていては、出口はますます遠のくものです。

普通に暮らせなくなった以上、その狂った進路のまま生き抜く覚悟が、非常に大きな神経症克服のパワーになる。
またものすごくホッとしてくる
これは低い設定レベルでの闘いではないため、「普通になる・なれない」の底辺の争いよりも遙かに効率的です。
結果的に、症状とは無縁になり、普通に暮らすことは当たり前で、それ以上の成果と自信を得られるようになります。
失ってきたものを、いくらでも取り戻せる。
また、そういう思考ができる人が劇的に神経症に効果を得られている人でもあります。
設定をどこに置くか、高いところに置くか低いレベルに置くかだけでも、悩みは忍び寄ってくるか、はねのける強さをもてるか分かれ道になります。

もちろん、最初から高い設定をおき、それに猛進することは、それまでの人生からハードルが高いことです。
怖いことだし、覚悟も必要。
だから、その障壁を根本から取り除くこともしていきます。
しかし、最終目標を「普通になること」ではなく、「一度普通から外れてしまった以上、もう戻らない。このまま突っ走る」ことに是非置いてください。
最初は全部できなくてもいい。でも高いレベルに設定を置くようにしてください。
ズレたまま走ってください。
ものすごいモチベーションとパワーが生まれます。
それが神経症を跳ね返す、トラウマも破壊するエネルギーです。
貴方自身に打ち勝つことになる。
抜け出せない悪循環とコピーから抜け出せる力、自信がどんどん高まる思考です。

この世の成功者、悩みとは無縁の人間は、そもそも普通ではないズレた人だけだと言えます。
しかし、ズレているからこそ、何か大きなことを成し遂げられます。
普通ではないということは、いわば普通の人が持てない大きな才能と可能性です。
今まで当所にはたくさんの成功者と評されている人がクライアントとして通ってきました。
そういう人たちは、「普通」ではないずれた発想と生き方をしてきて、それができるため、方向修正するだけで悩みに効果が出やすく、それとは無縁になっていきます。
人並みのことができるようになるということが夢であり目的だったら、発想と思考を逆転させてください。
さらにものすごい自信とやる気を獲得できます。
貴方の無限の可能性を自覚できるでしょう。

神経症に陥り、普通になかなか生きられなくなったら、いっそのこと、能力覚醒の「試練なんだ、いい機会だ」と思ったほうがいい。
成功へのパスポートと思ってください。エネルギーが出てきます。
しかし、才能のある人なのに、「普通」になりたいなんてなると、才能が全く花開かずコンプレックスと心の抑圧の原因になります。
非常に才能豊かな感性の鋭い人ばかり通ってきていますが、その才能を存分に生かすにはその発想しかないと思います。
「普通」ができてから、目的に向かって走りたいということでは、その初速すらつかず挫折するケースが多いです。
なぜ「普通」になる必要があるのか、自分の半生と絡めて、ぜひ考えてください。

当所の各プログラムは大変混み合っていて、申し訳ありませんが、予約が入れられない人がたくさん出ています。
なので、そういう設定と思考ができる人、主体的に取り組める人が来ていただければと思っています。

普通、異常、いかれ、ずれ、神経症克服するにはとことんずれて走れ

言葉・講演集
Return To Home
 

心理研究所心理・脳内プログラム会話の格闘術メンタル強化脳内覚醒言葉・講演集当所概要お問い合わせSITEMAP

心理・脳内コンサルタント 岩波先生の言葉・講演集