岩波英知 DAL Dream Art Laboratory
岩波英知DALへの予約・問い合わせはこちら
 
Return to DAL Dream Art Laboratory HP 岩波英知先生の言葉・講演集 岩波英知先生のプロフィール DAL ドリームアート研究所概要 各種心理脳内プログラムへよくある質問 岩波先生のセミナー/プログラムメール予約はこちら
岩波先生の脳覚醒技術心理脳内プログラムメニュー
脳覚醒プログラム
神経症克服プログラム
あがり症克服プログラム
親子関係悩み不安解決プログラム
メンタル強化プログラム
会話の格闘術
スポーツメンタルトレーニングプログラム
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
・料金システム
[ベーシックコース]
一般向け 通い1コース(10回)
400,000円
※現金一括払いのみとなっています。
集団形式で開催。
※一般向けコースは個人では行っていません。集団のみ受け付けています。
東京の西新宿、大阪の森ノ宮の事務所まで通ってきて下さい
東京西新宿連絡事務所
東京西新宿事務所電話番号03-6416-0611
東京都新宿区西新宿 3-5-3-216
大阪事務所電話番号06-6973-6100
大阪市東成区中道3-3-7-207
奇跡の脳覚醒 本
親子関係悩み不安解消・不登校克服へ 岩波英知の言葉
脳覚醒へ 成功哲学、自己啓発方法、神経症あがり症克服 自己啓発、神経症克服、無意識、潜在意識、瞑想言葉集 トップへ
脳と無意識の操縦方法 潜在意識と無意識と神経伝達物質のコントロール方法

脳と無意識の操縦方法

当所では潜在意識を扱ったり、無意識を顕在意識に引き上げて、様々な目的に沿って処理・構築をしていけますが、実際、潜在意識や無意識は目に見えないし、手に触れることもできないあやふやなものです。
ただ「それってあるよな!?」といったものです。

証明はできないが、あるに違いない、という潜在意識・無意識は、あまりに抽象的で、一概に潜在意識にプラス暗示を入れるといっても、暗示に反応したことがない人にとっては、ポカーンとするしかない話でしょう。

まあ、ここでは誰もが暗示に反応するようになるし、訓練をすればするほど、高度な暗示にかかるようになります。
無意識ってあるんだな、と実感するようになるでしょう。

でも、雲をつかむような無意識・潜在意識ではなく、言葉に脳が反応すると言えば、より実感が湧くかもしれない。
無意識や潜在意識は結局は脳のことで、人間のハートの底にあるわけではない。
脳が動いてはじめて暗示はかかるし、暗示は脳が動くからかかるとも言えるのだから。

ちなみにプラス暗示は、定番なやり方だと、かからない人がほとんどです。
残念ながら、自己防衛本能が強い人、体が固い人、想像力を普段駆使していない人、悩みが強い人ほど、簡単な運動系の暗示にも反応しません。
それどころかますます白けていくでしょう。

それほど難しいわけで、技術的に修練し経験もあるプロの催眠療法士がとても苦労しています。
プラス暗示にも段階があって、簡単な暗示から、非常に高度な暗示まで様々です。

人の心を変えるには、低いレベルではとうていパワー不足です。
感情を揺り動かす暗示にかかってはじめて、人の心は変わるためのスタートラインに立ちます。
ただし、運動・筋肉系統の暗示で、「あ、私でもかかるんだ、びっくり」となると、暗示に対する自信と確信が出てきます。
そういう脳の条件付けができていくと、さらに深い高度な暗示にも脳は反応していってくれます。

脳は決して一度体験した感覚を忘れません。
怖い話だけど、覚せい剤をやった人の脳は、あの感覚体験を絶対に忘れることはなく、中毒性があるために、何度罰を受けても、追い求めてしまうのです。
理性では到底勝てません。覚せい剤常用者の多くが破滅しているのはそういった理由からです。

一方、自分で出すことができる脳内麻薬(神経伝達物質)には副作用もありません。
その凄さ、心地よさ、恍惚感などは、不自然な外部からの麻薬の何倍も強いにも関わらずです。
しかし、その感覚体験を脳は覚えてくれます。何十年たっても。

だから、脳に条件づけしていくに連れて、さらに感覚体験がより深く、長くなっていくのです。
毎回毎回、脳覚醒トランス状態に入った時、深さや質がバージョンアップしていくのも、そういう脳の特性があるからです。
だから、やるごとに脳が解放されていくのです。

脳に訴えかける方法に暗示があります。
そして人間の脳には、暗示にかかる順番があります。

最初は筋肉・運動系のコントロール、次は五感のコントロール、更には記憶のコントロールへと進みます。
もっといけば、幻覚のように、蛍光灯が2つあっても3つにしか見えないとか、ちゃんと存在しているものが見えなかったりと、ありえないことまで起きます。
ある物が消えるという暗示にかかった時の深さは、2個が3個に増えるよりも深いと言えます。
それぐらい人間の脳は無限の可能性があり、同時に不確かです。
不確かだからこそ、可能性は無限大とも言えるでしょう。

そこまでなる必要もありませんが、感情をコントロールする暗示に自分でかかるようにしたほうが、人生を生き抜く上で大きな武器になることは間違いないでしょう。
暗示はマイナスにせよ、プラスにせよ、感情が揺れ動けば動くほど、深くかかるからです。

そして、悩んでいる時ほど、勝手に自分でマイナス暗示をかけてしまいます。
時間が経っても、悩みが解決できないどころか、エンドレスで苦しみが続いていってしまう原因も、マイナス暗示に常に心が晒されているからです。
それで脆くなった心は、もっとマイナス暗示に反応します。

もう一度言うと、筋肉を反応させる暗示をかけることすら、普通じゃとても難しいものです。
テレビに出るプロであってもです。

脳は不確かなものであっても、実際に変えるとなると、本当に困難です。
自分でも他人にでもです。

机上の空論で、「無意識はコントロールできるし、暗示にもかかる。更にはこんなことができるんだよ」と紹介したところで意味がありません。
そんなものは誰でも理論付けられるから。

重要なのは、結局、「実際そうなれる」か「そうならないか」
その結果だけです。
いくら理論が正しくても、答えが出せないものに、貴重な時間を費やしていたら意味がないと思っています。

「実際そうなる!」「そうさせる!」 これが私が長年執着して研究し、ノウハウを構築して、今も進化中の技術につながっています。
私の技術やノウハウを体験し、そこから得られた実感や気づき、走り続けるためのエネルギーが、その人の目的達成に広く深く利用されることを願っています。
芸術分野でもいい、スポーツでも、芸能でも、音楽でも、瞑想でも、交渉ごとでも、対人関係でも、ビジネスでも、です。

自分で言うのもなんですが、世界のどこにもない一番進んだ脳への訴求技術だと自負しています。
できれば、主体的にそれらを活用し、「頂点に立ちたい!」あるいは「オンリーワンでぶっちぎりたい!」人に駆使してもらいたいと思っています。

一度きりの命、自分の能力を思う存分発揮してこそ人生。
その際、勝ち負け結果うんぬんは関係ない。ただ、やりきれたかどうか、です。
そしていつまでもチャレンジしていってください。

今現在、人生を走っている人は、より早く長く、歩んでいる人は走りだし、くすぶっている人はハートに火をつけ、脳を覚醒させ、皆さん、感情と五感を燃やしきるぐらいやりぬいてください。

脳の話に戻ると、世の中でできると言われる人は、本人の自覚あるなしにかかわらず、プラス暗示力が桁違いです。
いつも悩みにとらわれている人は、マイナス暗示力が極度に発達しています。

でも自分でそう願ったわけではない。
そうならざるをえない事情があったからで、その意味じゃ被害者です。
ただし、この2つの行き着く終着地は言うまでもないでしょう。

結局、生きていてよかった実感というのは、いかに脳をプラスに刺激するか、マイナスが強まり混乱していくかでわかれます。

被害者となってしまった人は辛いことだと思います。
それでも、加害者は責任を取りません。
いや人の心のことだけに、責任をとろうとしても方法がないのです。
一度脳や潜在意識に定着した「呪い」は、自分の脳・あるいは潜在意識で処理しない限り、消えないからです。
だから、とにかくプラスに変えていくしか未来はありません。

では、どんな時に脳が一番変われるか?

脳が一番鋭さを増し、ある意味ズレたり、いい意味での異常さを持つとき、その可能性は無限大になります。
潜在能力を発揮できるだけでなく、普段ではありえない成果を上げることができる。

一番いい例がオリンピック。
まともな脳や受動的な脳では、少しも力を発揮できず大会を去ることになります。
芸術家やミュージシャンでもそう。
企業や組織でも頂点の人はそれらを体験している人が多い。

私が思うに、生きる実感を持てるときは、感情が揺れ動いている時です。
変性意識脳や絶対感、覚醒脳、ランニングハイ、アドレナリン放出など様々に形容されるものが、最高に生きる実感を与えてくれる。
脳が、非日常的なズレた脳みそになり、鋭く活発に作動しているときこそ、至高の実感が得られるのです。

しかし、ある特殊な条件下にならないと、そんな脳にはなりません。
願っているだけでは絶対ならないし、惰性で過ごせば過ごすほど、脳は死んでいく。

まして知恵で構築できる種類のものではない。
知恵・知能の行き着く先は苦悩でしかない。
逆ベクトルにいってしまうだけになります。

それとは全く次元が違う世界で勝負しないと、理想的な脳の状態(精神状態)にはなれない。
脳が変わるのはそんな時だけです。

しかし、当所では逆転の発想をしています。
まず最初に、天才が脳力を発揮している状態、あるいは感覚で勝負する人が最高に成果を上げうる脳というものがあります。
それに似た状態を創り出していきます。

ともかく一番脳が(別の意味では無意識が)作動していることが実感できるでしょう。
それはどんなに瞑想や座禅を頑張っても、手が届かない世界です。
一瞬で超してしまいます。

自律訓練法や瞑想、自己暗示、自己催眠、ヨガなどをやり続けてきた人にとってはショックでしょうが、それ以上の感動があるし、インパクトもあります。
脳が活発に作動する状態から構築していき、それを脳に条件づけることで、より深化させていき、一番脳が変わりやすい理想的な状態を創ります。

さらに、その人の意図や目的に合った脳を創り上げていきます。
訓練によって、いつでも自分で、その理想的な脳の状態を再生できることもやっていく。
また脳力が発揮できない障害があれば、それも処理していけます。

それは、一種の天才の脳だったり、秀才が最高の成果を上げる脳の状態を作ると言い換えられるでしょう。
話を広げると革命家の脳を作るとも言えます。

ただし、それではただの破壊者、扇動者、狼藉者になってしまう。
その後のケアもして、バランスをとっていく。
社会的不適合者をつくることはしません。

社会でも日常でも、都合よく脳力が発揮できるようにしていけます。
視野を狭くするだけじゃなくて、広くし、柔軟な発想ができるようにする。
プラス暗示にかかる訓練もしていきます。

もう一つ。執着は悩みに使うと永遠の苦痛になるぐらい威力があります。
しかし、天才的な執着脳は、ありえない成果を上げ得ます。
これも都合よく、その人の持っている執着の力をプラスに転用していけます。

最後に。
「人が変わる、脳が変化する」とは、洗脳され人格が豹変するということではない。

繊細な人は、よりプラス方向に、繊細な情感豊かな心を利用できるようになります。
鈍感な人間になるわけじゃない。
生きる上で都合よく取捨選択して生産的に生きられるようになるという意味です。

また、私は「ズレてこそ人生だ」と常々言っていますが、ズレないように生きてきた人が急にズレて反対方向に突っ走ることもない。
結局はバランスが取れて、都合いい時にズレて歩めるようになるわけです。

知恵ばっかり使って生きてきた人が、バカになって走るといっても、ノータリンになるわけじゃない。
ちゃんといい場所、良いタイミングでバカになれる(アホになれる)、そういうことです。
そちらのほうが、その人の知性がより醸しだされ、知恵もいい時に使えるようになれます。

でも、今までと逆方向に舵を取らないと、いつまでも船は一方向に迷走して、ぐるぐる同じ事をし続けることになる、ということです。
逆をやってはじめて、船はコントロールでき、目的地に効率良く進めます。

脳は刺激を与えないとどんどん衰えていきます。
生きる実感もそこからしか生まれないし、夢を叶える力も「脳」がすべてです。
脳は変えられる、操縦もできる、それだけは強く言っておきます。

※こちらのケースに当てはまる方は、これらのプログラムが最適です
脳覚醒プログラムはこちら

脳と無意識の操縦方法 潜在意識と無意識と神経伝達物質のコントロール方法

心理・脳内プログラム】【トランス・瞑想・マインドフルネス】【脳覚醒方法】【潜在意識・無意識・本能

DAL ドリームアート・ラボラトリー ページ・トップへ
DALドリームアート各心理脳内プログラム予約メール
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) 03-6416-0611
DAL大阪事務所(Dream Art Laboratory) 06-6973-6100
プライバシー保護について
Dream Art Laboraotry (DAL) TOP PAGE
当所はいかなる団体・宗教とも関係しません。当サイトにある記事、画像の無断転用を禁止します。 岩波英知書「奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学」 岩波先生の言葉・講演集 e-mail でのお問合せ
DAL東京西新宿事務所(Dream Art Laboratory) TEL:03-6416-0611  大阪事務所 TEL:06-6973-6100
COPYRIGHT(c) 2014 DREAM ART LABOLATORY ALL RIGHTS RESDRVED.